日韓の主要行事






フォーラム
  • 東京伝説
  • GOOD FRIENDS Charity Premium Concert
日韓スペシャル企画

マスコミ掲載2015年

▼2015年のマスコミ掲載記事

防弾少年団、2/6雪の札幌へ進撃開始!さっぽろ雪まつり8th K-POPFESTIVAL2016出演に向けて動画メッセージ到着

Kstyle 2015年11月17日

来年2月6日、Zepp Sapporoにて開催する「第67回さっぽろ雪まつり 8th K-POP FESTIVAL2016」で、札幌初上陸が決定した今年最強の人気グループ防弾少年団から動画メッセージが到着!

動画メッセージは全て日本語で、RAP MONSTARの「札幌と言えばどんなイメージ?」の問いかけに、「お元気ですか~?」「ラーメン!」「温泉!」など、メンバーそれぞれが札幌のイメージを挙げる中、「やっぱり札幌は、雪まつりが有名ですよ!」とJ-HOPEが言うと、「その通りです! 僕達、防弾少年団が札幌に初登場します! さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVALに出演することになりました!」とRAP MONSTARが笑顔で出演の喜びを伝えた。

また今回、GFSC(Good Friends Save the Children) 特別広報大使として、期間中様々なGFSCチャリティー活動応援をする防弾少年団は、「GFSCチャリティー活動にも参加できるので、嬉しく思っています」と、メッセージを残し、最後は末っ子ジョングクが、「めんこいARMYの皆さんに会えることを楽しみにしています!」と北海道弁を取り入れ、道産子ファン心をくすぐっている。

毎年2月、札幌の冬を彩る雪と氷の大祭典「さっぽろ雪まつり」期間中、さっぽろ雪まつり公式協賛行事として行われている冬の恒例音楽祭「K-POP FESTIVAL」は、来年2月6日(土)、7日(日) の2日間に渡りZepp Sapporoにて開催し、コンセプトの違う多彩なK-POPの世界をお届けし、伝統あるさっぽろ雪まつりを熱く盛り上げる。

6日は、防弾少年団、MR.MR、MADTOWNの3組が、K-POPのエナジー溢れるステージで、心も体も熱くする「最強K-POPの祭典 Winter Special」を開催。
7日は、ガラリと一転。韓国男性最強デュオHOMME、TRITOPS✳、MR.MRが小さなオーケストラで有名な“バラダン”の演奏にのせ、ロマンチックな雪景色にピッタリな甘く、極上のバラード音楽でヒーリングの世界へ誘う「バラードの祭典」を開催する。

北の大地、札幌から発信される冬の音楽祭「第67回さっぽろ雪まつり 8th K-POP FESTIVAL2016」2Daysに乞うご期待!


第67回さっぽろ雪まつり8th K-POPFESTIVAL2016 「防弾少年団」から動画メッセージ到着!2月6日、雪の札幌へ進撃開始!

Korepo 2015年11月17日


第67回さっぽろ雪まつり8th K-POPFESTIVAL2016
「防弾少年団」から動画メッセージ到着!2月6日、雪の札幌へ進撃開始!

来年2月6日、Zepp Sapporoにて開催する
「第67回さっぽろ雪まつり 8th K-POP FESTIVAL2016」で、
札幌初上陸が決定した今年最強の人気グループ“防弾少年団”から動画メッセージが到着!

12月8日に日本5枚目となるシングル「I NEED U (Japanese Ver.)」を発売する防弾少年団は、日本でも大活躍中のグループらしく、動画メッセージはオール日本語だ。
RAP MONSTARの「札幌と言えばどんなイメージ?」の問いかけに、「お元気ですか~?」「ラーメン!」「温泉!」など、メンバーそれぞれが札幌のイメージを挙げる中、「やっぱり札幌は、雪まつりが有名ですよ!」とJ-HOPEが言うと、「その通りです!僕達、防弾少年団が札幌に初登場します!さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVALに出演することになりました!」とRAP MONSTARが笑顔で出演の喜びを伝えた。
また今回、GFSC(Good Friends Save the Children)特別広報大使として、期間中様々なGFSCチャリティー活動応援をする防弾少年団は、「GFSCチャリティー活動にも参加できるので、嬉しく思っています」と、メッセージを残している。
そんな中、ジミンにはちょっと心配ごとがあると言う。ジミンが心配する訳とは?直接、動画メッセージで確認したい!
最後は末っ子ジョングクが、「めんこいARMYの皆さんに会えることを楽しみにしています!」と北海道弁を取り入れ、道産子ファン心をくすぐっている。

防弾少年団は、2013年6月12日にシングル『2 COOL 4 SKOOL』で韓国デビューし、「Boy In Luv」「Danger」「I NEED U」などのヒット曲を持つ今、最も勢いのあるHIP HOPグループで、来月には横浜アリーナ、神戸ワールド記念ホールにて初の単独アリーナ公演を控えている。
今年、11月8日に開催された韓国最大級の音楽授賞式「2015 MelOn Music Awards 」では、男性ダンス部門賞を受賞した彼らのパワフルなキレッキレのダンスパフォーマンスを間近で見られる、超プレミアムチャンスをお見逃しなく!
また、GFSC特別広報大使としての応援活動にも注目したい!

毎年2月、札幌の冬を彩る雪と氷の大祭典“さっぽろ雪まつり”期間中、さっぽろ雪まつり公式協賛行事として音楽ファンの目と耳を満足させている冬の恒例音楽祭「K-POP FESTIVAL」は、来年2月6日(土)、7日(日)の2日間に渡りZepp Sapporoにて開催し、コンセプトの違う多彩なK-POPの世界をお届けし、伝統あるさっぽろ雪まつりを熱く盛り上げる!
6日は、防弾少年団、MR.MR、MADTOWNの3組が、K-POPのエナジー溢れるステージで、心も体も熱くする「最強K-POPの祭典 Winter Special」を開催。
7日は、ガラリと一転。韓国男性最強デュオHOMME、TRITOPS✳、MR.MRが小さなオーケストラで有名な“バラダン”の演奏にのせ、ロマンチックな雪景色にピッタリな甘く、極上のバラード音楽でヒーリングの世界へ誘う「バラードの祭典」を開催する。
北の大地、札幌から発信される冬の音楽祭「第67回さっぽろ雪まつり 8th K-POP FESTIVAL2016」2Daysに乞うご期待!


2月開催「さっぽろ雪まつり 8th K-POP FESTIVAL2016」防弾少年団、Homme…他全5組のアーティストが出演決定

Kstyle 2015年11月5日


防弾少年団

毎年2月、札幌の冬を彩る雪と氷の大祭典“さっぽろ雪まつり”期間中、さっぽろ雪まつり協賛行事として音楽ファンを楽しませている冬の恒例音楽祭「K-POP FESTIVAL」が、来年2月6日(土)、7日(日)Zepp Sapporoにて開催。2日間に渡り、コンセプトの違う多彩なK-POPの世界をお届けする。

6日(土) は、雪を溶かすほど、心も体も熱くするK-POPのエナジー溢れる3組の競演、「最強K-POPの祭典 Winter Special」を開催。

注目の出演者1組目は、今、最も輝く若きカリスマヒップホップグループ防弾少年団が遂に、札幌初上陸。かねてよりGFSCチャリティー活動に関心の高い防弾少年団は、本期間中、GFSC(Good Friends Save the Children) 特別広報大使として3日間の滞在を予定しており、様々なGFSC応援活動やプロモーションなどを通し、ファンと共に本公演、そしてさっぽろ雪まつりを熱く盛り上げる予定だ。
12月に自身初の横浜アリーナ単独公演を控えている防弾少年団。今やアリーナクラスで単独公演を行う彼らの熱いパフォーマンスをより近くで体感できるライブ会場Zepp Sapporoは、超プレミアム! 希少価値を一層高めると共に、道外からも足を運びたくなるほど魅力的な要素だ。自身初となる札幌公演で、新たな魅力が炸裂する。


MR.MR

MAD TOWN

2組目は、「札幌が大好き!」という男性的な魅力溢れるアイドルグループMR.MR。今年から本格的な日本活動をスタートさせ、全国各地でプロモーション活動を展開し、ステージパフォーマンスに磨きをかけファンを着実に増やしている。
日本活動の原点とも言える札幌で、気持ちを新たに再出発する意気込みで、ステージに挑む。

3組目には、2014年10月、MBLAQを輩出したJ.Tune Campからデビューした7人組ボーイズグループMAD TOWN。防弾少年団と同じく札幌初登場となるMAD TOWNは、抜群のルックスだけでなく耳に残る強烈なサウンド、力強いラップとアクロバットパフォーマンスで完成度の高い舞台を見せる実力派。9月に行われた「KMF2015」の新人枠として日本初登場し、新人らしからぬ堂々としたパフォーマンスで魅了。12月には、日本初単独ファンミーティング、ライブを東京、K-Stage O!で開催する。
先輩のMBLAQやRainも出演してきた「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL」で、先輩達と同じようにファンの心を掴む華麗なステージパフォーマンスを大いに期待したい。


Homme

そして、7日(日) は、ガラリと一転。感受性豊かに表現する小さなオーケストラで有名な“バラダン”の演奏にのせ、ロマンチックな雪景色にピッタリな甘く、極上のバラード音楽でヒーリングの世界へ誘う「バラードの祭典」を開催する。

出演は、2AMのチャンミン、8eight出身のイ・ヒョンで構成された圧倒的な歌唱力を誇る最強男性デュオHomme。「ご飯だけはちゃんと食べてたよ」「男だから笑うよ」などのヒット曲を持ち、2014年3年ぶりに音楽シーンに帰ってきたHommeは、今年10月には秋の感性を込めたR&Bバラードナンバー「No More Cry」を発表。2人の甘く切ない歌声が心に響く。名実ともに最高の歌唱ドルであるチャンミンと名品ボーカリストであるイ・ヒョンのパワフルかつ高い歌唱力、感性溢れる表現力、幻想のハーモニーがバラダンと融合したヒーリング音楽は、雪のようにしっとりと札幌の街に沁みこむだろう。

2組目には、人気時代劇「夜警日誌」「太陽を抱く月」等のOSTに参加し、自慢のハーモニーでドラマ人気を後押しする4人組ハーモニーグループTRITOPS✳。
一度聞いたら虜になるハーモニーで、現在本格的に日本でライブ活動を中心に活躍する彼らは、バラダンとも相性もぴったりだ。高い歌唱力は勿論のこと、4人で創り出される美しいハーモニーは、聴いた人の心を一瞬で捉えて離さない。


TRITOPS

さらに、バラダンとのコラボ経験もあるMR.MRも出演。前日6日とは180度違ったシックな姿で、歌唱力が光るバラードの世界に挑戦し、新たな魅力を開花させる。
7日は、全席座席指定でゆったりと珠玉のバラードが堪能でき、大人の音楽ファンも満足させること間違いなしだ。

2005年には日韓友情年を記念して「水原華城」、2009年の「韓国崇礼門(南大門)」、2010年「韓国・百済王宮」大雪像制作がきっかけとなり、韓国の人気音楽・文化を紹介しながら、日韓文化交流及び友情の輪をアジアに広げていきたい、そして、さっぽろ雪まつりを更に盛り上げたい! との思いから始まった「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL」は、札幌で行う冬のK-POP行事として恒例となり、音楽ファンを楽しませ、文化芸術を通した日韓友好親善に貢献してきた。

今回、8回目の開催となる「第67回さっぽろ雪まつり 8th K-POP FESTIVAL2016」2Days開催は、文化芸術を通した日韓友好親善に貢献すると共に、多彩な音楽とGFSC(Good Friends Save the Children) チャリティーキャンペーン展開で、日韓両国の文化交流の更なる発展と友好を促進させ、伝統あるさっぽろ雪まつりを熱く盛り上げだろう。

また「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL」では、これまでほぼ毎年のようにGFSCチャリティー活動として、出演アーティストが児童福祉施設を訪問し、逆境にも負けずに元気に頑張る子供を励まし、プレゼント贈呈やゲームなどで温かい交流を続けてきた。

今回も児童福祉施設を慰問し、子供達との心温まる日韓交流を持つ予定だ。ピュアな雪景色が美しい札幌から発信する文化芸術を通じた愛を分かち合うチャリティー精神は、アジア人の心に暖かい<Love& Peace>メッセージを刻みこむことになるだろう。


「第67回さっぽろ雪まつり 8th K-POP FESTIVAL2016」「最強K-POPの祭典Winter Special」

Korepo 2015年11月5日

第67回さっぽろ雪まつり 8th K-POP FESTIVAL2016 「最強K-POPの祭典Winter Special」「バラードの祭典」

8回目となる2016年は2Days開催で、伝統あるさっぽろ雪まつりを盛り上げる!
心も体も熱くする!パワー溢れる音楽エナジー!&ドラマチックに奏でるヒーリングバラード!
音楽とGFSCチャリティーキャンペーンと共にする超プレミアム札幌公演!

毎年2月、札幌の冬を彩る雪と氷の大祭典“さっぽろ雪まつり”期間中、さっぽろ雪まつり協賛行事として音楽ファンの目と耳を満足させている冬の恒例音楽祭「K-POP FESTIVAL」は、来年2月6日(土)、7日(日)の2日間に渡りZepp Sapporoにて開催し、コンセプトの違う多彩なK-POPの世界をお届けする。

6日(土)は、雪を溶かすほど、心も体も熱くするK-POPのエナジー溢れる3組の競演、「最強K-POPの祭典 Winter Special」を開催。

注目の出演者1組目は、今、最も輝く若きカリスマヒップホップ軍団‘防弾少年団’遂に、札幌初上陸だ!

かねてよりGFSCチャリティー活動に関心の高い防弾少年団は、本期間中、GFSC(Good Friends Save the Children)特別広報大使として3日間の滞在を予定しており、様々なGFSC応援活動やプロモーションなどを通し、ファンと共に本公演、そしてさっぽろ雪まつりを熱く盛り上げる予定だ。

9月の「KMF」では、強烈なパフォーマンスで会場を一体化させた防弾少年団は、12月に自身初の横浜アリーナ単独公演を控えている。
今やアリーナクラスで単独公演を行う彼らの熱いパフォーマンスをより近くで体感できるライブ会場Zepp Sapporo公演は、超プレミアム!希少価値を一層高めると共に、道外からも足を運びたくなるほど魅力的要素だ。
‘防弾少年団’自身初となる札幌公演で、新たな魅力が炸裂する!

防弾少年団は、2013年6月12日にシングル『2 COOL 4 SKOOL』で韓国デビューすると、彼らだけの音楽世界観が共感を呼び、韓国で新人賞を総なめ。2014年6月には日本デビューも果たし、瞬く間に韓国を代表するK-POPグループへと成長。今、最も勢いのあるホットアイコングループ。
防弾少年団がアイドル激戦時代をリードするのは、メンバーたちが作詞や作曲に参加し、若者だけではなく大人世代でも共感できる、彼らならではの感性を表現した音楽性や溢れる才能、強烈なダンスパフォーマンス、舞台を降りると覗かせるあどけない少年の姿など一言では表しきれない。

11月30日には、韓国でのカムバック曲「花様年華 pt.2」をリリースし本格的な活動に乗り出す他、12月8日には日本でニューシングル「I NEED U(Japanese Ver.)」の発売も決定している。

2組目は、「札幌が大好き!」という男性的な魅力溢れるアイドルグループ‘MR.MR’

2012年10月に「Who’s That Girl」で韓国デビューした彼らは、高い歌唱力、長身から繰り広げられるダイナミックかつセクシーなパフォーマンスで魅了する急成長中のアイドルグループだ。
今年から本格的な日本活動をスタートさせ、全国各地でプロモーション活動を展開し、ステージパフォーマンスに磨きをかけファンを着実に増やしている。

日本活動の原点とも言える札幌で、気持ちを新たに再出発する意気込みで、ステージに挑む。
オリジナル楽曲だけでなく、ガールズグループカバーや日本の名曲カバーなど、毎回違ったスペシャルステージを披露している彼らが、2年ぶりの「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL」で用意するスペシャルステージとは!?今回も注目だ!

3組目は、2014年10月、MBLAQを輩出したJ.Tune Campからデビューした7人組ボーイズグループ‘MADTOWN’こちらも札幌初登場!

MADTOWNは、抜群のルックスだけでなく耳に残る強烈なサウンド、力強いラップとアクロバットパフォーマンスで完成度の高い舞台を見せる実力派。「情熱を持つ自由奔放で音楽を愛する、遊び方のわかる7人の悪童 が集まった」という意味の込められたMADTOWNの名のもとで、HIPHOP界の新星として注目されている。
9月に行われた「KMF2015」の新人枠として日本初登場し、新人らしからぬ堂々としたパフォーマンスで魅了。
12月には、日本初単独ファンミーティング、ライブを東京、K-Stage O!で開催する。

先輩のMBLAQやRainも出演してきた「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL」で、先輩達と同じようにファンの心を掴む華麗なステージパフォーマンスを大いに期待したい!

7日(日)は、ガラリと一転。感受性豊かに表現する小さなオーケストラで有名な“バラダン”の演奏にのせ、ロマンチックな雪景色にピッタリな甘く、極上のバラード音楽でヒーリングの世界へ誘う「バラードの祭典」を開催する。

出演は、2AMのチャンミン、8eight出身のイ・ヒョンで構成された圧倒的な歌唱力を誇る最強男性デュオ‘HOMME’

「ご飯だけはちゃんと食べてたよ」「男だから笑うよ」などのヒット曲を持ち、2014年3年ぶりに音楽シーンに帰ってきた“HOMME”は、今年10月には秋の感性を込めたR&Bバラードナンバー「No More Cry」を発表。2人の甘く切ない歌声が心に響く。
名実ともに最高の歌唱ドルであるチャンミンと名品ボーカリストであるイ・ヒョンのパワフルかつ高い歌唱力、感性溢れる表現力、幻想のハーモニーがバラダンと融合したヒーリング音楽は、雪のようにしっとりと札幌の街に沁みこむだろう。

さらに「KMF2014(東京開催)」に出演、人気時代劇「夜警日誌」「太陽を抱く月」等のOSTに参加し、自慢のハーモニーでドラマ人気を後押しする4人組ハーモニーグループ‘TRITOPS✳’

一度聞いたら虜になるハーモニーで、現在本格的に日本でライブ活動を中心に活躍する彼らは、バラダンとも相性もぴったりだ。高い歌唱力は勿論のこと、4人で創り出される美しいハーモニーは、聴いた人の心を一瞬で捉えて離さない。
また、リーダー バン・ヒョンムンは作詞作曲も手がけるなど多彩な才能を発揮。「TRITOPS✳」の楽曲は勿論のこと、アイドルグループ“MYNAME”“MBLAQ”にも楽曲提供で活躍し、チャン・ユジュンは、人気ミュージカル『宮』で2011年からイ・ユル役を連続して演じているなど、幅広く活動している。

また、バラダンとのコラボ経験もある‘MR.MR’も出演。前日6日とは180度違ったシックな姿で、歌唱力が光るバラードの世界に挑戦し、新たな魅力を開花させる。
7日は、全席座席指定でゆったりと珠玉のバラードが堪能でき、大人の音楽ファンも満足させること間違いなしだ!

2005年には日韓友情年を記念して「水原華城」、2009年の「韓国崇礼門(南大門)」、2010年「韓国・百済王宮」大雪像制作がきっかけとなり、韓国の人気音楽・文化を紹介しながら、日韓文化交流及び友情の輪をアジアに広げていきたい、そして、さっぽろ雪まつりを更に盛り上げたい!との思いから始まった「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL」は、札幌で行う冬のK-POP行事として恒例となり、音楽ファンを楽しませ、文化芸術を通した日韓友好親善に貢献してきた。

今回、8回目の開催となる「第67回さっぽろ雪まつり 8th K-POP FESTIVAL2016」2Days開催は、文化芸術を通した日韓友好親善に貢献すると共に、多彩な音楽とGFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーン展開で、日韓両国の文化交流の更なる発展と友好を促進させ、伝統あるさっぽろ雪まつりを熱く盛り上げだろう!

また「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL」では、これまでほぼ毎年のようにGFSCチャリティー活動として、出演アーティストが児童福祉施設を訪問し、逆境にも負けずに元気に頑張る子供を励まし、プレゼント贈呈やゲームなどで温かい交流を続けてきた。
今回も児童福祉施設を慰問し、子供達との心温まる日韓交流を持つ予定だ。
ピュアな雪景色が美しい札幌から発信する文化芸術を通じた愛を分かち合うチャリティー精神は、アジア人の心に暖かい<Love& Peace>メッセージを刻みこむことになるだろう!
北の大地、札幌から発信される冬の音楽祭「第67回さっぽろ雪まつり 8th K-POP FESTIVAL2016」2Daysに乞うご期待!


物産販売でにぎわう 日韓交流の催しも 夢商店街さんま祭り

東海新報 2015年9月29日

(記事をクリックすると大きくなります。)


サンマ祭り:仮設「夢商店街」で最後 炭焼き2000匹振る舞う 大船渡 /岩手

毎日新聞 地方版 2015年9月29日


「おおふなと夢商店街」で行われた
仮設最後のサンマまつり

 大船渡市のJR大船渡駅に近い「おおふなと夢商店街」で27日、サンマ祭りがあった。来年9月には土地区画整理事業に伴うかさ上げ工事のために商店街は撤去される予定で、大船渡の秋の味覚でもてなす仮設でのイベントは、今回が最後となる。

 会場では炭火焼き約2000匹が振る舞われたほか、八幡平市の農協も「きりたんぽ」300本を提供。韓国から訪れたアイドルユニット「MR.MR」などのライブもあって大勢の人でにぎわった。

 がれきの積もる中で2011年12月に夢商店街を発足した計31の事業者は今後、二つのグループに分かれて、新たな商店街の再建に向けて動き出す。

 鮮魚店を営む上野英明さん(64)は「皆が団結して頑張ってきた。道は異なるけれども、生活再建という方向は同じ。これまでの絆は宝物」と話し、目を潤ませていた。


復興へ歩む街にぎわう 食や鉄道、芸術楽しむ

岩手日報 2015年9月28日


(記事をクリックすると大きくなります。)


【PHOTO】CNBLUE、防弾少年団、U-KISS「SHOW CHAMPION Special KMF2015」に登場!“会場のボルテージは最高潮に”

Kstyle 2015年9月16日

2015年9月13日(日) 韓国人気音楽番組MBC MUSICの「SHOW CHAMPION」が8年間行われてきたKMFと合同で「SHOW CHAMPION Special KMF2015」として日本初上陸! 韓国で活躍する総勢8組のアーティストが横浜アリーナに集結。
MAD TOWN、LABOUM、MR.MR、NU'EST、Homme、U-KISS、防弾少年団、CNBLUEが熱いステージを繰り広げた。


【PHOTO】KARA ハラ&ヨンジ、Homme、NU'EST他「SHOW CHAMPION Special KMF2015」に登場“ステージを熱く盛り上げる”

Kstyle 2015年9月16日

2015年9月13日(日) 韓国人気音楽番組MBC MUSICの「SHOW CHAMPION」が8年間行われてきたKMFと合同で「SHOW CHAMPION Special KMF2015」として日本初上陸! 韓国で活躍する総勢8組のアーティストが横浜アリーナに集結。
MAD TOWN、LABOUM、MR.MR、NU'EST、Homme、U-KISS、防弾少年団、CNBLUEが熱いステージを繰り広げた。


【REPORT】人気番組「SHOW CHAMPION」日本初上陸!豪華な出演陣のパフォーマンスがアリーナ級の感動を!

Kstyle 2015年9月16日

2008年から続く音楽イベント、韓流ミュージックフェスティバル(KMF)。8回目を迎えた今年は、韓国の人気歌謡番組「SHOW CHAMPION」(毎週水曜19時、MBC MUSIC & MBC every1にて生放送) のスペシャル・プレミアム版とひとつになり、「『SHOW CHAMPION』 Special KMF2015」として開催。例年以上の豪華な出演陣を迎え、9月13日、横浜アリーナにて開催された。

レギュラーMCはタレントのキム・シニョンだが、この日はMCもスペシャル。KARAのハラとヨンジが舞台上手のMC席から出演者を紹介していく。

新人2組による晴れの舞台

まずは日本初登場の二組が場内を温めていく。一番手はトップを夢見るヒップホップ・アイドル、MADTOWN。男性デュオのPro Cから7人組へと一気に拡大し、昨年10月にデビューした彼らはMBLAQの弟分。デビュー曲「YOLO」は組み体操や新体操的な動きを取り入れた振り付けがユニークだ。

そして同じく昨年デビューの女性6人組、LABOUMへとバトンタッチ。U-KISSの妹分となる彼女らはこの日の紅一点。それを意識してか、赤のワンピースをふわりとまとい、キャンディやお菓子の絵をバックに、甘くポップな「SUGA SUGA」を歌えば、アリーナはスウィートなパーティー空間に一転した。
ファンシー色に染まった場内を一瞬にして塗り替えたのは身長180cm以上が揃う野獣系アイドル、MR.MR。「もっともっと盛り上がっていきましょう」との声にフロアも次第にヒートアップし、日本デビュー曲「Do you Feel Me (日本語ver)」では華麗なスタンドマイク裁きで酔わせた。

U-KISSメンバーがスペシャル・パフォーマンスで魅せる

さて、フェスティバルにはスペシャルなパフォーマンスが不可欠。この日、それはU-KISSのメンバーによって早くも前半に行われた。まずは今年8月にシングル「君だけを」でソロ・デビューしたリーダーのスヒョン! 彼はタイトル曲ではなく、敢えてカップリング曲「Melody」(玉置浩二の同名曲をカバー) をプレゼント。白のシャツにジャケットを重ねたシンプルな井出達の彼は、歌っている間、ずっと左手を胸に当て、バックには幾つものポートレート写真が映し出されていた。そのステージからはスヒョンのボーカリストとしての飾らぬ姿勢が伝わってくる。そして歌い終えるな否や表情を一変させ、「(他のメンバーがいなくて) ちょっと寂しくて、本当にドキドキ」と心情を吐露するが、「みんな、素敵な笑顔だな」とファンの頬を緩ませる余裕も忘れない。

スヒョンによる「次は本当に美しいステージです」との紹介に続いてステージ入りしたのはフンとLABOUMのソヨン。二人は男女混声ユニットCOOLが2000年にヒットさせた「All For You」をカバーするが、その姿はファンが羨むほどにアツアツ。手を繋ぎながら、はもちろん、フンがソヨンの肩に手をかけたり、ソヨンからフンの腕を組み、肩にしなだれかかったりとラブラブモード。でも、歌い終えたフンはすぐさま恥ずかしがり、反応の薄いファンに「もっと反応をくれ!」とS調になったのも照れ隠しの表れか。その後は「とっても上手かったソヨンちゃんに拍手をお願いしますと」と後輩を思いやり、舞台袖に下がるときも彼女の手をとりながら、と頼もしき先輩ぶりを発揮していた。

甘い余韻が残る場内を男性5人組みのNU'ESTがダイナミックな雰囲気に変えていく。20日から行われる東名阪ツアーに万全の態勢で臨む彼らはこの日もツアーの成功を確信させるステージを披露。自分達を知っていること人が会場に多数いることを知り「恐れ入ります」なんて上級日本語で和ませ、ライブでは黒の傘を使った振り付けで話題の「NA.NA.NA.涙」で沸かせた。

互いにリスペクトしあう防弾少年団とHomme

そして中盤にもプチ・サプライズが! アリーナの一角に防弾少年団がプレゼンテーターとして現れたのだ。彼らが「僕たちも大好き」と紹介して呼び込んだのは男性デュオのHomme。人気爆発中の防弾少年団がプッシュするだけあって、4年ぶりとなるHommeのライブは圧巻だった。

混声グループ、8Eight出身のイ・ヒョンは自己紹介もままならない(?) ほどの恥ずかしがり屋。だが、「人類の平和のために何ができるかを考えたことがある」という真面目キャラだ。相棒のチャンミンは2AMのメンバーでイ・ヒョンより2歳ほど若い。水を飲むときも、ボトルのキャップを外してイ・ヒョンに渡す……そんな素晴らしき関係も彼らの魅力のひとつだ。共に歌唱力には定評があり、アップテンポの曲でもそれに揺らぎはなく、2人の歌声は天を突き抜けていくかのように、どこまでも伸びる。ノリノリな「男だから笑うよ」やカントリー調のイントロからロックに転じていく「ご飯だけはちゃんと食べてたよ」では「Make some noise~」「叫べ~」「ソリジロ~」と3ヶ国語でフロアを煽りまくり。客席は、踊らずとも会場を徹底的に盛り上げるHommeのパワーに圧倒されっぱなしだった。

そしてHommeが先程の返礼とばかりに「次は僕らが大好きな防弾少年団」と紹介。赤く染まるステージと客席に舞う緑のカクテル光線。ステージ上の炎も今迄以上に華々しくなり、ここから”大型コンサート”らしくなってくる。防弾少年団にとって横浜アリーナは初だが、この夏の大型フェス、サマーソニックも経験済みとあって、2万人規模の観衆をコントロールするのはお手の物。SUGAは耳に手を当て、観客の反応を煽り、フロアをホットにさせていく。本国のチャート1位をゲットした「I NEED YOU」や「DOPE」といった新曲ではクールネスを炸裂させ、都会の夜のスカイクルージンを演出した「いいね!Pt.2~あの場所で~」ではムーディーに攻める。ジミンは、この会場でライブが出来たことを「大きなステージでファンに会えて嬉しい」と素直に喜び、リーダーのRAP MONSTERは「もっと努力して、いい音楽をお聞かせします」と話し、今後を楽しみにさせた。

会場をひとつにしたU-KISSとCNBLUE

コミュニケーション・アプリで連絡を取りながら会場入りするーそんな設定で楽しませたU-KISSは11日に発売したシングル「Stay Gold」がオリコンのシングル・デイリー2位を記録し、ただいま絶好調。客席にはU-KISSのことを余り知らず、末っ子メンバーのジュンの年齢(18歳) を聞いて驚く人もいたが、彼らは勢いのままステージに上がり、ファンも、そうじゃない人もひとつにしていく。日本デビュー前からのヒット曲にして彼らの代表曲「Man Man Ha Ni」では彼らのサビにオーディエンスが一緒になって「ヘイ」と合いの手を入れ、「Stay Gold」でタオルを使った振り付けを演じれば、観客も思い思いのタオルを手に一緒に楽しむ。U-KISS目当てじゃない人も参加型で楽しめるー彼らはそんなフェスティバルならではのエンターテインメント空間を作り上げていた。

フロアの誰しもが、「次はトリのCNBLUE?」と思ったとき、そのボーカル、ヨンファが登場。これも事前のアナウンスがなかったため、ファンにとってはビッグなサプライズ!

彼はバラード「ある素敵な日」を聞かせて、バンドへと繋ぐのだが、その繋ぎが余りにお見事。ヨンファは自分の言った韓国語の台詞をすぐさま日本語に翻訳し、演者と通訳をひとり二役。そして最後は「Ladies & Gentlemen, Please welcome CNBLUE!」と司会役まで兼ねて、ひとり三役の大活躍を見せたのだ。そしていよいよ韓国代表イケメン4ピース・バンドが登場し、L(ラブ) のフィンガーサインをキメて歌う「LOVE」からスタート。ヨンファは「ライブは僕たちだけじゃなく、みんなで作るもの」と語ってカメラを取り出し、フロアの笑顔をモニター画面に大映し。客席にはピンクのライトを持つU-KISSファン、白のライトを持つ防弾少年団ファンも目立ったが、ヨンファの優しさがその垣根を溶かしていく。

その後、失恋ソングの「I'm sorry」では「ソリジロ~(叫べ)」「Everybody, Jump」との掛け声にフロアもジャンプ、ジャンプ。本公演中、最も縦に揺れた瞬間となり、最後はド派手な炎が! その火柱のすごさに、ヨンファは「ホントに熱いよね」、ジョンヒョンは「若干、(焼き) 鳥になりそうだった」と笑うほどだった。そして幕締めはヨンファがキーボードを手に「僕たちの気持ちをみんなに捧げます。ヨコハマ、I can't stop loving you」と語って歌った「Can't Stop」。観客はみな彼らのラブをしっかりと受け止め、公演はクライマックスを迎えた。
フィナーレの「風船」では出演者とMCの全員がシングアロング。80年代後半のバンド“5本指”による原曲を、東方神起バージョンのアレンジで歌う場内は笑顔に溢れ、アーティストが歌い、ファンがそれを口ずさむ光景は、色とりどりの2万個の風船に夢や希望を詰めて、天高く飛ばしているかのようだった。


【REPORT】CNBLUE、防弾少年団、U-KISS、Homme…「SHOW CHAMPION Special KMF2015」記者会見に登場「一緒に盛り上がりましょう!」

Kstyle 2015年9月14日

2015年9月13日(日) 韓国人気音楽番組MBC MUSICの「SHOW CHAMPION」が8年間行われてきたKMFと合同で「SHOW CHAMPION Special KMF2015」として日本初上陸! 韓国で活躍する総勢8組のアーティストが横浜アリーナに集結した。 公演前に記者会見が行われ、MAD TOWN、LABOUM、MR.MR、NU'EST、Homme、U-KISS、防弾少年団、CNBLUEが登場。公演に向けて意気込みを語った。

―本公演「SHOW CHAMPION Special KMF2015」に向けて、意気込み・メッセージをお願いします。

MAD TOWN ムース:僕たち一生懸命頑張りますので、皆さん温かい目で見ていただければと思います。

LABOUM ユジョン:私たちLABOUMは今回、初めて日本で公演することになりましたが、こんな大きな舞台に立ててすごく光栄に思っています。素晴らしい先輩たちと一緒に立てるというのがとても嬉しいです。一生懸命頑張りますので、皆さん応援をよろしくお願いします!

MR.MR チャンジェ:アリーナでの公演は初めてで、本当に光栄です。そして、KMFはチャリティー公演ですので、参加できて嬉しいです。皆さん、今日は一緒に盛り上がって行きたいと思います。ありがとうございます。

Homme チャンミン:皆さん本当にお久しぶりです。皆さんにお会いできて本当に嬉しいです。今日も命をかけて歌いたいと思います!頑張りますので、皆さんたくさんの応援をよろしくお願いします。

NU'ESTのJR:このような舞台に立てるということで、とても光栄に思っています。そして素晴らしい先輩・後輩のアーティストの方々と共にステージに立てるというのはとても素晴らしいことだと思います。思い切り楽しもうと思っていますので、よろしくお願いします。

防弾少年団 RAP MONSTER:僕たちもこんなに素敵な場所で公演することができて本当に光栄です。かっこいい姿、パフォーマンスをお見せしたいと思います!よろしくお願いします。

CNBLUE ジョン・ヨンファ:今年4月にこの横浜アリーナでライブをやったんですが、今日また素敵なアーティストたちと一緒にステージができて本当に嬉しいです。応援よろしくお願いします。

U-KISS スヒョン:韓国の素敵なアーティストの皆さんとステージができて本当に嬉しいです。僕たちもHOMME先輩のように命をかけてかっこいいステージを見せたいと思います!

―今回「SHOW CHAMPION」がスペシャル版として日本初上陸となりましたが、「SHOW CHAMPION」の紹介と、今回スペシャル版となる「SHOW CHAMPION Special KMF2015」の公演の一番の注目ポイントを教えてください。

U-KISS フン:「SHOW CHAMPION」は今回初めて日本でやることになりましたが、今日は素敵なアーティストがいっぱい出演して、素敵でパワフルなパフォーマンスが見ることができます。今日は見逃すことなく、最初から最後までしっかり見届けてほしいです。

―本公演はGFSCのチャリティー公演でもあります。Hommeのお二人は2011年にもKMFに参加し、今回4年ぶりのKMF参加になりますが、どんな気持ちですか?

Homme チャンミン:僕たちの声で癒すことができるなら、それが一番だと思います。今日も一生懸命頑張ります。

―K-POPは韓国はもちろん、日本、世界中で愛されていますが、世界中のK-POPファンにメッセージをお願いします。

防弾少年団 RAP MONSTER:日本の皆さんもK-POPをとても愛してくださっていますが、K-POPは本当にエネルギーが行き交うものだなと思います。色々な国へ行って公演をしましたが、僕たちが韓国語やその国々の言語で歌っても、皆さん音楽そのものを楽しんでくれていますし、それぞれお互いにエネルギーを行き交わすことができているんじゃないかと思います。K-POPのそういうところが素晴らしいと思いますので、これからもそういった部分を大切にしながらやっていきたいと思います。

―日本でも大活躍のCNBLUEですが、日本での活動を成功させる秘訣があれば教えてください。

CNBLUE ジョン・ヨンファ:僕たちは2009年からインディーズとしてライブ活動をしてきました。日本で武者修行をして、今までライブで勝負をしてきました。僕たちの魅力はやはりそのライブだと思います。ライブで勝負! が一番だと思います(笑)


「速報」CNBLUE、防弾少年団、U-KISSら8組が登壇!「SHOWCHAMPION Special KMF2015」記者会見開催!

Korepo 2015年9月14日

日韓国交正常化50周年記念&GFSC Charity Campaignの一環として韓国の人気音楽番組「SHOW CHAMPION」が日本初上陸。
9月13日(日)神奈川・横浜アリーナにて「SHOWCHAMPION Special KMF2015」が開催された。
公演に先駆け記者会見が行われ、CNBLUE、防弾少年団、U-KISSら出演アーティスト8組が登壇した。

今話題の新人グループから人気グループまで計8組が会見場に登場。今回は抽選で選ばれた約100人のファンも会場に集まり、彼らが姿をあらわすと、大きな歓声が上がった。


MADTOWN

今回のステージが日本初となるLABOUMとMADTOWN。
2014年10月にデビューしたMADTOWN。フレッシュなパワーで会場を盛り上げるとコメントした。


LABOUM

続いて、2014年8月に「PETIT MACARON」でデビューしたLABOUM。赤いワンピースを着てキュートな姿を見せた。


MR.MR

2015年6月24日に日本デビューを果たし、高い歌唱力とダンスに定評があるMR.MR。メンバー全員が身長180cm以上とモデル並みのスタイルを持った彼ら。

グループを代表して、チャンジェは「アリーナでの公演に出演するのが初めてなので光栄です。チャリティイベントでもあるので出演できて本当にうれしいです。先輩チームと友達チームと一緒に盛り上げたいと思います!」と、流暢な日本語で本公演に出演できた喜びを伝えた。


HOMME

2010年に2AMチャンミンと8eightイ・ヒョンの2人がタッグを組んで生まれた最強デュオHOMMEが日本初上陸。チャンミンは、「皆さん、お久しぶりです。皆さんにお会いできてうれしいです。この中で1番大先輩なので、今日も命をかけて歌いたいと思います!たくさんの応援よろしくお願いします!」と、先輩らしくビシッとコメントした。


NU’EST

AFTERSCHOOLの弟分として2012年にデビューした5人組グループNU’EST。
韓国だけでなくアジアを中心に欧米や南米へと活動の拠点を広げ、ワールドワイドな活躍を見せている。リーダーのJRは「素晴らしい先輩、後輩と一緒にステージが出来て光栄です。思いっきり楽しもうと思うのでよろしくお願いします!」と、元気よく語った。


防弾少年団

そして今、若者を中心に絶大な人気を誇る防弾少年団。

2013年にデビューして以来、韓国主要音楽アワードで5つの新人賞を受賞するなど、瞬く間にスターダムへと上り詰めた7人組アイドルグループ。2014年に待望の日本デビュー。オリコンランキングトップ10に入るなど、日本での人気を確かなものとした。

リーダーのラップモンスターは「こんな素敵な場所で公演出来てうれしいです!グループ名のようにかっこいいパフォーマンスをお見せしたいと思います!」と、勢いあるコメントで本番に向けてのやる気を語った。


U-KISS

続いて9月9日に日本11枚目となるシングル「Stay Gold」を発売、そして8月にはメンバーのスヒョンが初のソロデビューを果たすなど、活動の幅を広げているアイドルグループU-KISS。

スヒョンは、「素敵なアーティストの皆さんと一緒に公演で来てうれしいです。僕たちも命をかけて!死ぬほど!頑張ります!」と、2AMのチャンミンの真似をして会場を沸かせた。


CNBLUE

最後に、今や世界中から注目され、名実ともに最強の実力派4ピースバンドCNBLUE。

9月14日には「2gether」で本国カムバック。30日には日本4枚目のアルバム「colors」の発売が決定している。良い音楽をファンに届けたいという熱い想いで、ロックやバラード、EDMなど様々なジャンルの音楽に挑戦し続けている。

リーダーのヨンファは「今年の4月にCNBLUEとして横浜アリーナで公演しましたが、またこのような素敵なステージに立てて光栄です。応援よろしくおねがいします!」と、本公演に出演できることを感謝した。

同公演ならではの他では見られない豪華出演アーティストが横浜に集結。スペシャルステージではKMF2015だけのコラボステージも用意。360度見渡せる花道を使って全アーティストが全力でステージを盛り上げること間違いなし。
どんなステージになるのか大いに期待したい。


KARAク・ハラ、ホ・ヨンジ 日本 特集 ‘SHOW CHAMPION’ MC 抜擢

スポーツ東亜 2015年9月11日

原文はこちら
(以下はその日本語訳)

KARAのク・ハラとホ・ヨンジ、日本特集‘SHOW CHAMPION’ MC抜擢

KARAのク・ハラとホ・ヨンジが日本の横浜で開かれる‘特集 SHOW CHAMPION’のMCに抜擢された。

MBC MUSICは日韓国交正常化50周年を迎え9月 13日午後 5時 30分に日本の横浜アリーナ特設ステージで行われる‘2015 KMF 特集 SHOW CHAMPIOM’のスペシャルMCとしてKARAのク・ハラとホ・ヨンジを発表した。

ク・ハラとホ・ヨンジは長い日本活動を通し圧倒的なファン層を確保している最高のK-popアーティストであり日本語を駆使し、現地の人にも劣らない実力を誇り、日本で行われる日韓国交正常化50周年記念公演のMCとして最も適任者として選ばれた。また、ク・ハラは音楽番組は勿論、特集のコンサートと年末の授賞式等、豊富なMC 経験を持っており、ホ・ヨンジも‘SHOW CHAMPION’を始めとする音楽番組のスペシャルMCとして活躍し才能を認められている。

今回、日韓国交正常化50周年記念‘2015 KMF 特集 SHOW CHAMPION’では、国を代表するイケメンバンド CNBLUEが‘LOVE', '愛の光’, 'Can't stop' など自身の代表曲とチョン・ヨンファのソロ曲‘ある素敵な日’まで、特別なステージは勿論日本のファン達のためサプライズイベントを披露する予定だ。
また、最近日本で人気を博している 防弾少年団は‘Boy in Luv’, ‘DOPE’などのヒット曲と一緒に最近日本で発表した新曲‘For You'のステージを初めて披露し、韓流ドルのU-KISSとLABOUMが一緒に歌う’All For You'のスペシャルステージも続く。 CNBLUE,防弾少年団,U-KISS,LABOUMの他にも今回の公演にはHOMME,NU’EST,MR.MR,MADTOWNなどが出演し華やかな K-pop 舞台の神髄を披露する予定だ。

一方,‘KMF’は日本の非営利機構である‘NPO法人日韓文化交流会’が慈善特別キャンペーンとして今年で8年目を迎え、アジアの貧困地域の子供教育支援のための慈善コンサートだ。 MBCミュージックは去る2012年から 4年連続 ‘KMF’を一緒にしており、今年は日韓国交正常化50周年を記念し、‘SHOW CHAMPION’特集としてさらに盛大に行われる予定だ。

また、‘KMF’は、この間キム・ボムス,チョ・ソンモ,フィソン,K.will, 2AM, SISTAR, B1A4,VIXXなど本格的な日本活動を目の前にしている K-pop アーティスト達の本格的な登竜門として位置づけられており、特に出演当時日本デビュー前であった B1A4とVIXXは本公演を通して日本での認知度と影響力を一気に確保することが出来た。

KARA,CNBLUE,防弾少年団など最高の K-pop アーティスト達が一緒にする日韓国交正常化 50周年記念‘2015 KMF 特集 SHOW CHAMPION’は、来る 9月 13日(日) 午後 4時に現地媒体を対象の記者会見を始めとして午後6時に華麗な本公演が開かれ、9月 30日 午後 7時にMBC MUSICを通し放送される。


今週のトピックス KMF2015

読売新聞 2015年8月21日

(記事をクリックすると大きくなります。)


9月開催!日本初上陸の「SHOW CHAMPION」ついに公式MC決定!

Kstyle 2015年8月17日

9月13日横浜アリーナに日本初上陸する『SHOW CHAMPION』Special KMF2015に公式MCとしてKARAのハラと新メンバーのヨンジが出演することが決定した。

ハラは7月にソロデビューを果たし、ガールズ大戦の中でも精力的に活動。さらに成長・成熟したハラの魅力に注目。そして昨年7月に厳しいオーディションを勝ち抜き新メンバーとして合流したヨンジ。合流後すぐにMCやバラエティーに出演し飾らないキュートなヨンジはウェブドラマのヒロインも決まり活躍の場をどんどん広げ人気上昇中。この豪華MCが繰り広げる進行とMCとアーティストとの絡みにも注目が集まる。

KMFはこれまで、K-POPファンから注目度&関心度が高い話題性抜群のコンサートであり、これから本格的な日本活動を見据えたK-POPアーティストが一番飛躍できるK-POPアーティストの登竜門の舞台として、ショーケース的な役割を担ってきた。
そして今回、9月13日横浜アリーナに日本初上陸する『SHOW CHAMPION』Special KMF2015に、これまでKMFが毎年開催して来た「新人登竜門」が復活。復活を担う新人は、2014年デビューの可憐な“LABOUM”そして、もう一組はメンバー全員が抜群のルックスとパワフルなダンスの実力を誇り、“情熱を持つ自由奔放で音楽を愛する、遊び方のわかる7人の悪童が集まった”という意味を持つ“MAD TOWN”出演決定。
MBLAQの弟分としても知られている彼らは、J.Tune Camp初のヒップホップグルーとして2014年に「Yolo」でデビュー。デビューしてまだ1年もたたない“MAD TOWN”の影響力は韓国だけに留まらない。発売したアルバムがまだ2枚しかない新人にも関わらず海外からのラブコールを受け、昨年香港でのステージをも成功させた、今後ますます注目のグループだ。

今回復活した「新人登竜門」は、当初、昨年人気を博した“EXID”が遅咲きの新人として担うはずであったが、今回、韓国側のやむを得ぬ諸事情により不参加が決まり、“EXID”に代わり新人の“LABOUM”と“MAD TOWN”の2チームが日本初公演である『SHOW CHAMPION』Special KMF2015の日本初舞台で「新人登竜門」にふさわしい熱いバトルを繰り広げる。今後の活躍が最も期待される男女2チームの日本初のパフォーマンスに期待したい。


『SHOW CHAMPION』Special KMF2015 特別企画 “Let’s Enjoy KMF2015” 第4弾!VIPリハーサル見学特別抽選会が決定!

Kstyle 2015年8月3日

9月13日、横浜アリーナに日本初上陸する『SHOW CHAMPION』Special KMF2015にて、特別企画 “Let's Enjoy KMF2015 Meet&Greet”第4弾として「VIPリハ見学特別抽選会」が急遽決定! 限定100名がメインアーティスト(1組) のリハーサルを体感できる。
しかも、そのうち約半数の当選者が特別にボックスシートに案内される予定。ボックスシートは、通常コンサートではVIP席や関係者席で利用されることが多い為、一般観客が入ることは少ない。何度も横浜アリーナに来場したことのある方の中には、一度、このボックスシートに座ってみたい!と憧れていた方もいるのではないだろうか。是非この機会に、幸運を引き寄せ、貴重なVIP体験を味わいたいところだ。

本公演ではこれまで、出演アーティストの温かい協力のもと本公演への全参加観客を対象とした「アーティスト別チャリティースペシャルハイタッチ特別抽選会」など、公演を2倍、3倍楽しんでもらえる様々な特別企画 “Let's Enjoy KMF2015 Meet&Greet”を発表してきたが、今回この「リハ見学特別抽選会」決定を受け、『SHOW CHAMPION』Special KMF2015公演チケット1枚につき「リハ見学特別抽選会」か「アーティスト別チャリティースペシャルハイタッチ特別抽選会」のどちらか一方の特別抽選会参加が選択可能となった。両特別抽選会は12時半から開始を予定しており、どちらの特別抽選会も当選予定人数に達し次第終了となる。尚、当選者は参加する際、GFSCワンコインチャリティーが必要となる。(※第1弾「Meet&Greet」で既に「アーティスト別チャリティースペシャルハイタッチ会参加」に当選している方は対象外)

今回、『SHOW CHAMPION』日本初上陸を記念した特別公演でもある為、近くでアーティストを体感していただこうと、会場を1周できる360度の花道を設置することが決定した。特に全出演者で迎えるフィナーレでは、総勢8組のアーティストが花道に分散し、サインボールプレゼントやファンサービスパフォーマンスなど、観客と一体化し楽しく盛り上がる演出プランが考えられている。
この日本初登場となる『SHOW CHAMPION』 Special KMF2015は、CNBLUE、防弾少年団、U-KISSをメインアーティストに迎え、HOMME、NU'EST、MR.MR、EXID、LABOUM……と、バラエティー豊富な豪華な顔ぶれ。この日、横浜アリーナは熱い1日となること間違いないだろう。


日本初上陸!『SHOW CHAMPION』Special KMF2015 ステージプラン決定!会場を一周できる360度花道&アーティストからのサプライズプレゼントも準備

Kstyle 2015年7月30日

CNBLUE、防弾少年団、U-KISSといった日本でも高い人気を誇る韓国トップクラスのアイドル達が出演し、日本初上陸となる『SHOW CHAMPION』Special KMF2015開催まで約1ヵ月半と迫ってきた中、ステージプランが徐々に明らかになりはじめた。

今回、日本初上陸を記念するべく演出を担当するMBC MUSIC『SHOW CHAMPION』チームは、アーティストをより近くで体感してもらいたいと、何と会場を1周できる360度の花道を用意し、ステージから若干距離を感じる座席でも楽しんでもらえるよう、この花道を生かした演出プランを特別企画している。

MBC MUSICの初の海外公演として『SHOW CHAMPION』を直接演出するチョPDは先日打ち合わせの為来日し、「メインアーティストのオリジナル曲もたっぷりと楽しんでいただきますが、この日限りのスペシャルステージで、日本のK-POPファンの皆さんを驚かせたい! 特に全出演者で迎えるフィナーレでは、日本でも活躍している人気メインアーティスト、これからのブレイクが期待できる沢山のアイドル達が沢山揃う合同公演という利点を生かし、この客席を取り囲む花道を最大限使いながら、アーティストを近くに感じていただけるよう演出していきたい。サインボールプレゼントなどのサプライズプレゼントも用意したいです。どの席でも音楽を通じて観客と一体感を生み出し感動と記憶に残るサプライズ演出プランを練っていきますので楽しみにしていてください! 9月13日は一緒に楽しい思い出を作りましょう」と抱負を語った。

日本初上陸となる『SHOW CHAMPION』 Special KMF2015は、CNBLUE、防弾少年団、U-KISSをメインアーティストに迎え、8eight出身イ・ヒョン&2AM チャンミンからなるHOMME、NU'EST、EXID、MR.MR、更にはキュートで可憐なLABOUMとK-POPの全てを楽しむことができる、この秋一番の豪華な音楽祭り!


「KMF2015 in SAPPORO」BTOBに続きNU'EST、MR.MRの出演が決定!

Kstyle 2015年7月6日

10月12日(月・祝) 札幌ニトリ文化ホールで開催する「KMF2015 in SAPPORO」に、NU'EST、MR.MRの出演が決定。これに既に発表されていたBTOBが加わり、今年の「KMF2015 in SAPPORO」は全3組ホットなラインナップで秋の北海道を熱く盛り上げる。

毎年開催されるKMFには、今後活躍が期待されるアーティストが多数出演し、さらには合同公演ながらもアーティストにはたっぷりと曲数を準備。オリジナル曲は勿論スペシャルステージやフィナーレなどKMFだけでしか見る事の出来ない演出が用意されている。

「KMF2015 in SAPPORO」は1部・2部2回公演であるが、1部と2部では構成を変え、変化を持たせ何度見ても新鮮で新しく楽しめるように準備。また、BTOB、NU'EST、MR.MRの3組は個々のステージでは単独公演さながらの内容で楽曲とパフォーマンスを準備しているだけに本公演はファンには一度で二度・三度美味しいファンには堪らない公演になる事間違いなしだ。

本公演はかねてより、温かい分かち合いの精神を発信するGFSC(Good Friends Save the Children) チャリティーキャンペーンを展開してきており、本行事でもGFSCチャリティーキャンペーンを展開し、本行事を通じ、観客と共に「分かち合いの精神」を発信しアジアの未来の子供たちに希望と夢をプレゼントする。

今後「日韓国交正常化50周年記念&GFSC Charity Campaign KMF2015 in SAPPORO」詳細は、オフィシャルHPを通じて発表される。


BTOB「KMF2015 in SAPPORO」に出演決定!

Kstyle 2015年6月30日

10月12日(月・祝)、札幌・ニトリ文化ホールで「KMF2015 in SAPPORO」が開催決定、第一弾出演者にBTOBが決定した。

毎年秋、K-POPを通じ分かち合いのチャリティーを行っているGoodwillコンサート「KMF」だが、日韓国交正常化50周年を迎えた今年は9月13日(日)の横浜アリーナに日本初上陸する『SHOW CHAMPION』Special KMF2015に続き、今回「KMF2015 in SAPPORO」の開催が発表された。

期待の一組目に決まったのは、“BORN TO BEAT”=“新しい音楽(ビート) とステージを披露するために生まれた”という意味で全世界を音楽で圧倒するBTOB。
日韓両国でも大人気グループRAIN、4Minuts、BEASTなどが所属するCUBEエンターテインメントからBEASTの弟分として2012年韓国デビュー。デビューから注目を浴び、現在はメンバーが俳優やバラエティーにと多方面で活躍。2014年に発表した「Beep Beep」では印象的で中毒性のあるリフレインが彼らの人気に更なる拍車をかけ、秋には日本デビュー。日本デビューからわずか4ヶ月後にリリースしたシングル「未来(あした)」はオリコンウィークリーチャート2位に。2015年GWに行われた日本単独コンサートでは1万人を動員させ、日本での人気を証明した。
また、6月29日には昨年の12月以来約6ヶ月ぶりにバラードタイトル曲「大丈夫」で韓国カムバックを果たした。今回のアルバムではこれまでに発売した6枚のミニアルバムに続き、初のフルアルバム「Complete」をリリース。これまで華やかなパフォーマンスやBTOBならではの活気溢れるカリスマで魅了してきた彼らは、これまでのイメージを脱ぎ捨て今回初のバラードタイトル曲でカムバックし、優れた歌唱力と美しいハーモニーを披露し周囲の注目を一気に集めている。

本公演はかねてより、温かい分かち合いの精神を発信するGFSC(Good Friends Save the Children) チャリティーキャンペーンを展開してきており、2012年には、GFSC海外支援プロジェクトのひとつとして、ネパールの山岳地帯の劣悪な教育環境の子供達の教育環境改善の為に「GFSCネパール希望の図書館」を建設し、子供達に未来の夢をプレゼントする教育支援に貢献してきた。
本行事でもGFSCチャリティーキャンペーンを展開し、本行事を通じ、観客と共に「分かち合いの精神」を発信しアジアの未来の子供たちに希望と夢をプレゼントする。

また、「KMF2015 in SAPPORO」に先駆けて9月13日(日) 横浜アリーナに日本初上陸する韓国人気音楽番組『SHOW CHAMPION』の日本公演「日韓国交正常化50周年記念&GFSC Charity Campaign『SHOW CHAMPION』Special KMF2015」が開催され、CNBLUE、防弾少年団、EXID、U-KISS、HOMME、NU'EST、MR.MRの豪華7組のアーティストが夢の共演を果たし、秋の音楽祭として横浜アリーナを熱く盛り上げる予定だ。

今後「日韓国交正常化50周年記念&GFSC Charity Campaign KMF2015 in SAPOORO」詳細は、オフィシャルHPを通じて発表される予定だ。


日本初上陸「SHOW CHAMPION」横浜アリーナ出演アーティスト第3弾!最後の1組は今ホットなガールズグループEXID!

Kstyle 2015年6月9日

発表と同時に熱い関心が寄せられている日本初上陸『SHOW CHAMPION』 Special KMF2015(9月13日横浜アリーナ開催) 注目の第3弾ラインナップは、このイベントで日本初上陸となる今最もホットな美しくセクシーな5人組ガールズグループ“EXID”に決定した。

彼女たちの人気に火がついたのは、ファンが撮影した楽曲「UP&DOWN」の動画。“美しすぎるアイドル ハニ”のセクシーな振り付けがSNSを通じて拡散され、徐々にチャートを逆走行し始めると、2014年8月に発売した「UP&DOWN」が何と2015年1月には地上波音楽番組で1位に輝いた。
「UP&DOWN」のセクシーな骨盤ダンスとクセになるメロディに改めてスポットが当たり、EXIDは爆発的人気ガールズとなり、最新曲「AH YEAH」でも1位を獲得するなど、“一発屋”の法則を破り高い人気を証明した。

今回、最後のガールズグループの発表で総勢7組の全出演者が出揃った。CNBLUE、防弾少年団、EXID、U-KISS、HOMME、NU'EST、MR.MR……8年間続いてきたKMFの集大成ともいえるバラエティー豊富な豪華な顔ぶれは、「K-POPファンなら一度は見てみたい!」という最強LINE UPとなっている。

この豪華なラインナップは、韓国放送局「MBC MUSIC」が担当し、『SHOW CHAMPION』 Special版としても進行される。
メインアーティストの楽曲はしっかりと! また、アーティストの単独公演とは一味違った「KMF」だけのスペシャルステージ、コラボやフィナーレなど期待を裏切らない最高のステージにも期待したい。

また、ガールズグループを待ち望む多数の声に応え、急遽、オープニングアクトとして可愛く可憐なU-KISSの妹グループ “LABOUM”の参加が決定。
2014年8月に「두근두근 (Pit-a-Pat)」でデビューしたLABOUMは、キレイでキュートなコンセプトで男性ファンをドキドキさせると、今年3月に発売した最新曲『SUGAR SUGAR』ではパジャマファッションを披露。明るくポップな曲調にコミカルさを加えたキュートな姿で、彼女たちだけの魅力をアピールしている。

また、例年通りGFSC(Good Friends Save the Children) チャリティーキャンペーンを展開しアジアの子供達に夢と希望をプレゼントする計画だが、今回特別に「GFSCネパール希望の学校&図書館 復旧支援キャンペーン」を行い、今後「ネパール希望図書館」又、首都カトマンズにある「希望の教室」復旧支援及び子供教育支援を中心に支援を行う予定だ。
今回展開するGFSCチャリティーキャンペーンを通じ、新たにGFSC後援者となった参加者には、本公演を2倍、3倍楽しむことができる特別参加型イベントも企画されており、音楽を通じ分かち合いの温かい感動を発信していく。

他とは一味違った温かい感動と興奮の秋の音楽フェスティバル『SHOW CHAMPION』 Special KMF2015詳細は、オフィシャルHPにてチェック。


『SHOW CHAMPION』SpecialKMF2015 注目の第3弾ラインナップは美しすぎるセクシーガールズ「EXID」に決定!オープニングアクトに「LABOUM」

Korepo 2015年6月9日

日韓国交正常化50周年記念&GFSC Charity Campaign
GFSCネパール希望の学校&図書館 復旧支援キャンペーン
『SHOW CHAMPION』Special
KMF2015

KMF史上最強LINE UP!
第3弾!今最も注目を浴びる最高Hot issue 決定!
奇跡の“チャート逆走行”美しすぎるセクシーガールズ「EXID」
オープニングアクト フレッシュな天真爛漫ガールズ「LABOUM」

発表と同時に熱い関心が寄せられている日本初上陸『SHOW CHAMPION』 Special KMF2015(9月13日 横浜アリーナ)注目の第3弾ラインナップは、本行事に合わせ日本初上陸する、今、最も旬な最高Hot issue!美しくセクシーな5人組ガールズグループ“EXID”に決定!

彼女たちの人気に火がついたのは、ファンが撮影した楽曲「UP&DOWN」の動画に始まる。“美しすぎるアイドル ハニ”のセクシーな振り付けがSNSを通じて拡散され、徐々にチャートを逆走行し始めると、2014年8月に発売した「UP&DOWN」は何と!2015年1月には地上波音楽番組で1位に輝いたのだ!
「UP&DOWN」のセクシーな骨盤ダンスとクセになるメロディに改めてスポットが当たり、EXIDは爆発的人気ガールズとなり、最新曲「AH YEAH」でも1位を獲得するなど、“一発屋”の法則を破り高い人気を証明した。EXIDと言えば、セクシーなダンスを思い浮かべるファンも多いが、実は歌唱力にも長けている。
覆面をしたまま歌い歌唱力を競うMBCミステリー音楽ショー『覆面歌王』に出演したソルジは、その爆発的な歌唱力で優勝している。
これまでNPO法人日韓文化交流会が主催してきたチャリティーコンサートに出演したガールズグループは、2010年KMFで日本初登場の“Sistar”、2011年GOOD FRIENDS Charity Concert 2011で日本初登場の“A Pink”と、今、日本でも大人気のトップガールズグループを日本に初めて登場させてきた。
これに続き日本初上陸となるのは、今、韓国で男性の心を虜にしている話題の“EXID”。
今、最も輝く“EXID”も先輩のように、本公演をきっかけに、唯一無二のガールズグループとして日本ファンの心を捉え大きく羽ばたくに違いない!

これで、「KMF史上最強LINE UP!」全出演者、総勢7組が出揃った!
最高最強バンド“CNBLUE”、若きカリスマヒップホップ“防弾少年団”、今、最も旬な最高Hot issue!“EXID”、最強グローバルアイドル“U-KISS”、最強男性デュオ“HOMME”、「NA.NA.NA.涙」で活動中の“NU'EST”、今月17日にシングル「Ⅰ-one-」で日本デビューが決定した“MR.MR”と、「K-POPファンなら一度は見てみたい!」8年間続いてきたKMFの集大成ともいえるバラエティー豊富な豪華な顔ぶれだ!
この豪華なラインナップを演出するのは、今年も韓国放送局「MBC MUSIC」が担当し、『SHOW CHAMPION』 Special版としても進行される。
メインアーティストの楽曲はしっかりと!また、アーティストの単独公演とは一味違った「KMF」だけのスペシャルステージ、コラボやフィナーレなど期待を裏切らない最高のステージにも期待したい!
またガールズグループを待ち望む多数の声に応え、急遽、オープニングアクトとして可愛く可憐なU-KISSの妹グループ “LABOUM”の参加が決定した!
2014年8月に「두근두근 (Pit-a-Pat)」でデビューしたLABOUMは、キレイでキュートなコンセプトで男性ファンをドキドキさせると、今年3月に発売した最新曲『SUGAR SUGAR』ではパジャマファッションを披露。明るくポップな曲調にコミカルさを加えたキュートな姿で、彼女たちだけの魅力をアピールしている。
これにより、本公演で違うタイプのガールズグループ2組に会えることになり、特に男性ファンのからの注目を一気に集めそうだ!

オフィシャルサイト(http://www.gfsc.asia/kmf/)を通じ出演者からのメッセージ動画も順次公開されている。
また、例年通りGFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンを展開しアジアの子供達に夢と希望をプレゼントする計画だが、今回特別に「GFSCネパール希望の学校&図書館 復旧支援キャンペーン」を行い、今後「ネパール希望図書館」又、首都カトマンズにある「希望の教室」復旧支援及び子供教育支援を中心に支援を行う予定だ。
※GFSC 夢・希望プロジェクト映像は(https://youtu.be/LgvWX0sChdE?t=176)にて
今回展開するGFSCチャリティーキャンペーンを通じ、新たにGFSC後援者となった参加者には、本公演を2倍、3倍楽しむことができる特別参加型イベントも企画されており、音楽を通じ分かち合いの温かい感動を発信していく!

他とは一味違った温かい感動と興奮の秋の音楽フェスティバル『SHOW CHAMPION』 Special KMF2015
詳細は、オフィシャルHP(http://www.gfsc.asia/kmf/)にて


第2弾アーティスト発表!日本初上陸「SHOW CHAMPION」横浜アリーナに防弾少年団、U-KISSが決定!

Kstyle 2015年5月27日

9月13日、横浜アリーナに日本初上陸する『SHOW CHAMPION』Special KMF2015出演の第2弾ラインナップが遂に発表となった。

一組目は、昇竜のごとくトップアーティストへと駆け上がる、若きカリスマヒップホップグループ“防弾少年団”。2013年6月12日にシングル「2 COOL 4 SKOOL」で韓国デビューすると、彼らだけの音楽世界観が共感を呼び、快進撃をスタートさせた。
その年、韓国で新人賞を総なめにすると、2014年6月には日本デビューも果たし、第29回日本ゴールドディスク大賞で“ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(アジア)”と“ベスト3 ニュー・アーティスト(アジア)”の2冠にも輝くなど、注目度No.1グループとして、アイドル激戦時代をリードした。
現在、最新曲「I NEED U」で活動中の彼らはより成熟した姿を披露し、遂に、初の地上波1位を獲得。今、最も勢いのある彼らのエナジーが『SHOW CHAMPION』Special KMF2015で炸裂する。

二組目は、日本でも高い人気を誇る“U-KISS”。一昨年のKMF2013にも出演した彼らが再びKMFの舞台に帰ってくる。
2008年8月28日に韓国でデビューし、日本でも2011年12月にデビューしたU-KISSは、地道に日本活動を続けてきた。そんな彼らも遂に、今年3月18日に発売された4枚目のアルバム「Action」で念願のオリコンチャートデイリー1位に輝き、感激の涙を流した。
歌手活動だけでなく、ミュージカル、ドラマ、バラエティーなど多方面で活躍し、韓国、日本のみならずアジア、ヨーロッパ全世界で愛されている人気アイドルグループU-KISS。多くの愛を一身に受ける理由の鍵は? 舞台で発揮される彼らのステージパフォーマンスに注目しながら、KMFで直接確認したい。

これまで6組の男性アーティストが発表されたが、残る出演者はあと1組。間もなく第3弾ラインナップとして、本公演をより一層華やかに輝かせるガールズグループがベールを脱ぐ。果たしてどのグループが登場するのか、期待大だ。

第一弾発表の最高最強バンド“CNBLUE”、最強男性デュオ“HOMME”、際立つビジュアルが目を引く“NU'EST”、男性的な魅力溢れる“MR.MR”に、今回、若きカリスマヒップホップ“防弾少年団”、最強グローバルアイドル“U-KISS”が加わり、バンド音楽、ヒップホップ、ダンスミュージック、至高のハーモニーと豪華ラインナップに。

人気音楽番組『SHOW CHAMPION』Special Premium版として開催されるこのステージ。メインアーティストの楽曲はしっかりと! また、アーティストの単独公演とは一味違った「KMF」だけのスペシャルステージ、コラボやフィナーレなど期待を裏切らない最高のステージにも期待したい。

毎年9月、行われてきた秋の音楽フェスティバル「8th KMF2015」。例年通りGFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンを展開しアジアの子供達に夢と希望をプレゼントする計画だが、今回特別に「GFSCネパール希望の学校&図書館 復旧支援キャンペーン」を行い、今後「ネパール希望図書館」又、首都カトマンズにある「希望の教室」復旧支援及び子供教育支援を中心に支援を行う予定だ。
今回展開するGFSCチャリティーキャンペーンを通じ、新たにGFSC後援者となった参加者には、本公演を2倍、3倍楽しむことができる特別参加型イベントも企画されており、音楽を通じ分かち合いの温かい感動を発信する。


日韓交流「地方発」の力

朝日新聞 2015年5月24日

(記事をクリックすると大きくなります。)


人気音楽番組「SHOW CHAMPION」が日本初上陸!9月横浜アリーナで開催決定!第一弾アーティスト発表

Kstyle 2015年5月15日


CNBLUE

毎年9月、K-POPを通じ分かち合いのチャリティーを行っているGoodwillコンサート「8th KMF2015」が日韓国交正常化50周年という節目の今年、韓国人気音楽番組『SHOW CHAMPION』Special Premium版として例年よりグレードアップされ横浜アリーナにて開催されることが決定。“KMF史上最強LINE UP”とうたわれる、注目の出演者の第一弾ラインナップが発表された。

一組目は、高い音楽性で絶大な人気を誇る、ツインギター&ボーカルの4ピースバンドCNBLUE。言わずと知れた韓国を代表する超人気バンドであると共に、今や音楽活動だけでなく、メンバー全員が演技、バラエティーにとマルチな才能を開花させている魅力溢れる4人組。
韓国デビュー前には、バンド文化が根付く日本で経験を積みたいと“音楽武者修行”のために来日。半年間ライブハウス公演・ストリートライブなどで音楽の実力を磨いたCNBLUE。日韓国交正常化50周年という節目の年に、日韓両国で愛され活躍を続けている彼らの音楽パフォーマンスに期待が高まる。

二組目は、2AMのチャンミン、8eight出身のイ・ヒョンで構成された最強男性デュオHomme。Hommeは、2011年に開催されたKMFに続き2度目の登場。最高の歌唱力を誇るチャンミンと名品ボーカリストであるイ・ヒョンのパワフルかつ高い歌唱力、感性溢れる表現力、相乗効果を生む幻想のハーモニーは大人の音楽ファンも満足させること間違いなし。


Homme

さらに、爽やかな美少年から、大人の男性へと変貌を遂げつつある平均年齢20歳のアイドルグループNU'EST、新メンバー2人が加わり個性的な6人で構成される“男の中の男”の愛称で知られるMR.MRが加わり、ステージを彩る。

最高最強バンド“CNBLUE”、最強男性デュオ“Homme”、際立つビジュアルが目を引く“NU'EST”、男性的な魅力溢れる“MR.MR”と、発表された第一弾ラインナップアーティストだけでもバラエティー豊富な音楽が堪能でき“感動と興奮の秋の音楽祭り!”に相応しい顔ぶれだ。


NU'EST

「KMF」では、これまでK.will、2AM、SISTARなど人気アーティストが日本初登場。また、日本での本格的活動を見据えたキム・ボムス、MBLAQ、B1A4、U-KISS、VIXX等も過去出演してきており、今後の活躍を予感させるエネルギッシュなステージをいち早く楽しむことができる公演として音楽ファンを楽しませている。
また「KMF」がK-POPファンに支持されてきた理由のひとつに、数組のアーティストが出演する合同公演ながらも、メインとなるアーティストにはしっかりと曲数を準備し、参加者を満足させてきた点も挙げられる。出演アーティストのオリジナル楽曲もしっかりと楽しめる上、韓国放送局「MBC MUSIC」が直接演出を担当する為、アーティストの単独公演とは一味違った「KMF」だけのスペシャルステージ、コラボやフィナーレなど期待を裏切らない最高のステージにプレミア感もたっぷりとなりそうだ。


MR.MR

本公演はかねてより、目と耳を満足させ共に温かい分かち合いの精神を発信する参加型イベントとしてGFSC(Good Friends Save the Children) チャリティーキャンペーンを展開してきており、2012年には、GFSC海外支援プロジェクトのひとつとして、ネパールの山岳地帯の劣悪な教育環境の子供達の教育環境改善の為に「GFSCネパール希望の図書館」を建設、子供達に未来の夢をプレゼントする教育支援に貢献してきた。この「希望の図書館」は学生、教師だけではなく地域住民たちも利用できるとあり、この地域発展の情報センターの役割を担うと共に、地域コミュニティとしても大切な場所にもなっていたが、4月25日に発生したネパール大地震により被害を受けた。
今回、本イベントでもGFSCチャリティーキャンペーンを展開し、特別な縁を繋いできた「ネパール希望図書館」又、首都カトマンズにある「希望の教室」復興支援及び子供教育支援に乗り出す計画だ。

今後、「日韓国交正常化50周年記念&GFSC Charity Campaign GFSCネパール希望の学校&図書館 復旧支援キャンペーン『SHOW CHAMPION』Special KMF2015」詳細は、オフィシャルHPを通じて発表される。第二弾のアーティスト発表も間もなく発表。今後の情報に注目したい。

9月13日(日)、『SHOW CHAMPION』 Special KMF2015は、今年一味違った秋の音楽フェスティバルとして、最高の思い出を贈るだろう。


日韓国交正常化50周年を記念し、音楽番組「SHOW CHAMPION」Special 版とKMF2015が合体!

WoW!Korea 2015年5月18日


『SHOW CHAMPION』 Special KMF2015

 毎年9月、K-POPを通じ分かち合いのチャリティーを行ってきているGoodwillコンサート「8th KMF2015」はK-POPファンにはお馴染みの目と耳を満足させる秋の音楽フェスティバルとして開催されてきている。日韓国交正常化50周年という節目のことしは、韓国人気音楽番組「SHOW CHAMPION」Special Premium版として例年よりグレードアップされ横浜アリーナにて開催されることが決定した。

 「KMF史上最強LINE UP! 」とうたわれる、注目が集まる出演者の第一弾ラインナップが発表された。

 一組目は、高い音楽性で絶大な人気を誇る、ツインギター&ボーカルの4ピースバンド「CNBLUE」。言わずと知れた韓国を代表する超人気バンドであると共に、今や音楽活動だけでなく、メンバー全員が俳優業、バラエティーにとマルチな才能を開花させている魅力溢れる4人組だ。韓国では、2010年1月にミニアルバム 「Bluetory」でメジャーデビューし、瞬く間にトップアーティストの仲間入り。その後も発表する作品全てが大ヒットを飛ばしている彼らだが、バンド文化が根付く日本で経験を積みたいと、2009年6月から半年間 「音楽武者修行」 のために来日。ライブハウス公演・ストリートライブなどで音楽の実力を磨いてきた、日本との縁が深いバンドでもある。日韓国交正常化50周年という節目の年に、日韓両国で愛され活躍を続けている彼らの音楽パフォーマンスに期待が高まる。

 二組目は、「2AM」のチャンミン、「8eight」出身のイ・ヒョンで構成された最強男性デュオ「Homme」。「ご飯だけはちゃんと食べてたよ」「男だから笑うよ」などのヒット曲を持ち、2014年3年ぶりに音楽シーンに帰ってきた「Homme」は、2011年に開催されたKMFに続き2度目の登場となる。名実ともに最高の歌唱ドルであるチャンミンと名品ボーカリストであるイ・ヒョンのパワフルかつ高い歌唱力、感性溢れる表現力、相乗効果を生む幻想のハーモニーは大人の音楽ファンも満足させること間違いなし。

 三組目は、爽やかな美少年から、大人の男性へと変貌を遂げつつある平均年齢20歳のアイドルグループ「NU'EST」2012年3月に「FACE」で韓国デビューした彼らは当時、高校生。10代の代弁者となった彼らによる完璧な椅子パフォーマンスと楽曲とが相まって、強烈なインパクトを残した。昨年11月には、待望の日本オリジナルデビューシングル「Shalala Ring」で日本デビューも果たすと、今年は全国6大都市でのライブツアーを成功させ、更には今月20日に日本セカンドシングル「NA.NA.NA.涙」も発売、またレンの主演映画が決定するなど、活発な日本活動を展開し人気を広げてきている。シックな大人に成長してきた彼らの、これまでとは違った魅力に触れるチャンスだ!

 四組目は、新メンバー2人が加わり個性的な6人で構成される「男の中の男! 」の愛称で知られる「MR.MR」2012年10月に「Who’s That Girl」で韓国デビューした彼らは、高い歌唱力、長身から繰り広げられるダイナミックかつセクシーなパフォーマンスで魅了する急成長中のアイドルグループだ。4月24日、韓国にて新生「MR.MR」初となる「OUT」でカムバックし、精力的に音楽活動を続け新たな魅力を披露している。昨年、何度も日本でライブホール公演を行う中、多彩な姿を見せると共にステージセンスを磨き、ファンとコミュニケーションを取るべく日本語を勉強してきた彼らの熱意と経験が、カムバック活動にも充分に生かされているようだ。デビューから順風満々とは言えない彼らに熱い声援を送り続け支えてきたファンの愛に応えるべく、横浜アリーナという最高の舞台で花開く!

 本公演はかねてより、目と耳を満足させ共に温かい分かち合いの精神を発信する参加型イベントとしてGFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンを展開してきており、2012年には、GFSC海外支援プロジェクトのひとつとして、ネパールの山岳地帯の劣悪な教育環境の子供達の教育環境改善の為に「GFSCネパール希望の図書館」を建設し、子供達に未来の夢をプレゼントする教育支援に貢献してきた。

 ネパール山岳地域に建設された「希望の図書館」は学生、教師だけではなく地域住民たちも利用できるとあり、この地域発展の情報センターの役割を担うと共に、地域コミュニティとしても大切な場所にもなっていたが、4月25日に発生したネパール大地震により被害を受けた。

 本行事でもGFSCチャリティーキャンペーンを展開し、特別な縁を繋いできた「ネパール希望図書館」又、首都カトマンズにある「希望の教室」復旧支援及び子供教育支援に乗り出す計画だ。

 「SHOW CHAMPION」Special KMF2015は、他とは一味違った秋の音楽フェスティバルとして、今秋は 「秋の東京伝説」として記憶される最高の思い出を贈る事になるに違いない!


9/13@横アリで開催!CNBLUE、HOMME、NU'EST、MR.MR 豪華第一弾ラインナップ発表!『SHOW CHAMPION』Special KMF2015!

Korepo 2015年5月15日


日韓国交正常化50周年記念&GFSC Charity Campaign
GFSCネパール希望の学校&図書館 復旧支援キャンペーン
『SHOW CHAMPION』Special KMF2015

8年間の総決算!KMF史上最強LINE UPで贈る感動と興奮の秋の音楽祭り!
日韓国交正常化50周年を記念し、韓国人気音楽番組『SHOW CHAMPION』Special 版とKMF2015が合体!!超グレードアップでお届け!

毎年9月、K-POPを通じ分かち合いのチャリティーを行ってきているGoodwillコンサート「8th KMF2015」はK-POPファンにはお馴染みの目と耳を満足させる秋の音楽フェスティバルとして開催されてきている。
日韓国交正常化50周年という節目の今年は、韓国人気音楽番組『SHOW CHAMPION』Special Premium版として例年よりグレードアップされ横浜アリーナにて開催されることが決定した!

「KMF史上最強LINE UP!」とうたわれる、注目が集まる出演者の第一弾ラインナップが発表された!

CNBLUE

一組目は、高い音楽性で絶大な人気を誇る、ツインギター&ボーカルの4ピースバンド“CNBLUE”
言わずと知れた韓国を代表する超人気バンドであると共に、今や音楽活動だけでなく、メンバー全員が俳優業、バラエティーにとマルチな才能を開花させている魅力溢れる4人組だ。
韓国では、2010年1月にミニアルバム 『Bluetory』 でメジャーデビューし、瞬く間にトップアーティストの仲間入り。その後も発表する作品全てが大ヒットを飛ばしている彼らだが、バンド文化が根付く日本で経験を積みたいと、2009年6月から半年間 「音楽武者修行」 のために来日。ライブハウス公演・ストリートライブなどで音楽の実力を磨いてきた、日本との縁が深いバンドでもある。
日韓国交正常化50周年という節目の年に、日韓両国で愛され活躍を続けている彼らの音楽パフォーマンスに期待が高まる!

Homme

二組目は、2AMのチャンミン、8eight出身のイ・ヒョンで構成された最強男性デュオ“Homme”
「ご飯だけはちゃんと食べてたよ」「男だから笑うよ」などのヒット曲を持ち、2014年3年ぶりに音楽シーンに帰ってきた“Homme”は、2011年に開催されたKMFに続き2度目の登場となる!名実ともに最高の歌唱ドルであるチャンミンと名品ボーカリストであるイ・ヒョンのパワフルかつ高い歌唱力、感性溢れる表現力、相乗効果を生む幻想のハーモニーは大人の音楽ファンも満足させること間違いなし!

NU'EST

三組目は、爽やかな美少年から、大人の男性へと変貌を遂げつつある平均年齢20歳のアイドルグループ“NU'EST”
2012年3月に「FACE」で韓国デビューした彼らは当時、高校生。10代の代弁者となった彼らによる完璧な椅子パフォーマンスと楽曲とが相まって、強烈なインパクトを残した。
昨年11月には、待望の日本オリジナルデビューシングル「Shalala Ring」で日本デビューも果たすと、今年は全国6大都市でのライブツアーを成功させ、更には今月20日に日本セカンドシングル「NA.NA.NA.涙」も発売、またレンの主演映画が決定するなど、活発な日本活動を展開し人気を広げてきている。
シックな大人に成長してきた彼らの、これまでとは違った魅力に触れるチャンスだ!

MR.MR

四組目は、新メンバー2人が加わり個性的な6人で構成される「男の中の男!」の愛称で知られる“MR.MR”
2012年10月に「Who’s That Girl」で韓国デビューした彼らは、高い歌唱力、長身から繰り広げられるダイナミックかつセクシーなパフォーマンスで魅了する急成長中のアイドルグループだ。
4月24日、韓国にて新生MR.MR初となる「OUT」でカムバックし、精力的に音楽活動を続け新たな魅力を披露している。昨年、何度も日本でライブホール公演を行う中、多彩な姿を見せると共にステージセンスを磨き、ファンとコミュニケーションを取るべく日本語を勉強してきた彼らの熱意と経験が、カムバック活動にも充分に生かされているようだ。
デビューから順風満々とは言えない彼らに熱い声援を送り続け支えてきたファンの愛に応えるべく、横浜アリーナという最高の舞台で花開く!

最高最強バンド“CNBLUE”、最強男性デュオ“Homme”、少年から大人の男性へと成長!際立つビジュアルが目を引く“NU'EST”、急成長中!男性的な魅力溢れるアイドルグループ“MR.MR”と、発表された第一弾ラインナップアーティストだけでもバラエティー豊富な音楽が堪能でき「感動と興奮の秋の音楽祭り!」に相応しい顔ぶれだ。

「KMF」ではこれまで、‘K.will’、‘2AM’、‘Sistar’など人気アーティストが日本初登場してきた。また、本行事は日本での本格的活動を見据えた‘キム・ボムス’、‘MBLAQ’、‘B1A4’、‘U-KISS’、‘VIXX’、‘MR.MR’等も出演してきており、今後の活躍を予感させるエネルギッシュなステージをいち早く楽しむことができる公演として音楽ファンを楽しませてきている。
また「KMF」がK-POPファンに支持されてきた理由のひとつに、数組のアーティストが出演する合同公演ながらも、メインとなるアーティストにはしっかりと曲数を準備し、参加者を満足させてきた点も挙げられる。出演アーティストのオリジナル楽曲もしっかりと楽しめる上、韓国放送局「MBC MUSIC」が直接演出を担当する為、アーティストの単独公演とは一味違った「KMF」だけのスペシャルステージ、コラボやフィナーレなど期待を裏切らない最高のステージにプレミア感もたっぷりだ!

本公演はかねてより、目と耳を満足させ共に温かい分かち合いの精神を発信する参加型イベントとしてGFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンを展開してきており、2012年には、GFSC海外支援プロジェクトのひとつとして、ネパールの山岳地帯の劣悪な教育環境の子供達の教育環境改善の為に「GFSCネパール希望の図書館」を建設し、子供達に未来の夢をプレゼントする教育支援に貢献してきた。
ネパール山岳地域に建設された「希望の図書館」は学生、教師だけではなく地域住民たちも利用できるとあり、この地域発展の情報センターの役割を担うと共に、地域コミュニティとしても大切な場所にもなっていたが、4月25日に発生したネパール大地震により被害を受けた。
本行事でもGFSCチャリティーキャンペーンを展開し、特別な縁を繋いできた「ネパール希望図書館」又、首都カトマンズにある「希望の教室」復旧支援及び子供教育支援に乗り出す計画だ。
『SHOW CHAMPION』 Special KMF2015は、他とは一味違った秋の音楽フェスティバルとして、今年の秋は <秋の東京伝説>として記憶される最高の思い出を贈る事になるに違いない!

今後「日韓国交正常化50周年記念&GFSC Charity Campaign GFSCネパール希望の学校&図書館 復旧支援キャンペーン『SHOW CHAMPION』Special KMF2015」詳細は、オフィシャルHP(http://www.gfsc.asia/kmf/)を通じて発表される!!
間もなく発表される第二弾!追加アーティスト発表にも注目したい!


イ・スヒョク、韓流スターへ大きく一歩 '日韓友情フェスタ' 韓国代表

sportsseoul.com 2015年4月6日

原文はこちら
(以下はその日本語訳)

俳優イ・スヒョクが韓流スターへ一歩大きく近づいた。
イ・スヒョクが去る 5日、東京で開かれた‘7th日韓友情フェスタ2015’でファン達と出会った。

この日、ファン達とドラマのワンシーンを一緒に演出するなど、多様なイベントを通して楽しい時間を過ごした。また、イ・スヒョクは特有の低音で歌を歌い、日本のファン達から熱い歓声が沸いた。

両国の文化交流の席に韓国を代表し参加することになり、その意味がさらに深いと話したイ・スヒョクはこれからもこのような様々な行事を通して、ファン達に会う機会があれば嬉しいと感懐を明かした。特に公演が終わり帰るファン達に温かい挨拶を伝え、かえって異国のファン達の有難さに感動を受けたと伝えた。

本行事は、非営利活動法人日韓文化交流会(www.japankorea.org)が2008年から毎年4月 韓国の時代劇をテーマに開催して来た行事であり、日韓両国の文化交流と親睦と疎通のための場である。この間、チェ・スジョン、キム・ナムギル、チ・チャンウク他、韓流スターが毎年招待されている。

一方、2月に終了したドラマ ‘一理ある愛’での好演で注目を受けたイ・スヒョクは来月上海でのファンミーティングを控えており、現在は次期作を検討中である。


イ・スヒョク、 日本のファン達と特別な出会い…歌のプレゼントまで ‘特級ファンサービス

donga.com 2015年4月6日

原文はこちら
(以下はその日本語訳)

俳優イ・スヒョクが日本でファンと出会った。
イ・スヒョクは 5日、東京で開かれた‘7th日韓友情フェスタ2015’を通してファン達と楽しい時間を過ごした。
この日、ファン達と自身が出演した作品のドラマのワンシーンをファンと一緒に演出した。また、イ・スヒョクは特有の低音で歌と歌い、日本のファン達からの熱い歓声を沸かせた。

イ・スヒョクは “両国の文化交流の場に韓国を代表し参加することになり、その意味がさらに深い”と言い “これからもこのような様々な行事で、ファン達に会える機会があれば嬉しい”と感懐を明かした。彼は、公演が終わり会場を後にするファン達に温かい挨拶を伝え注目を集めた。

本行事は、非営利活動法人日韓文化交流会(www.japankorea.org)が2008年から毎年4月 韓国の時代劇をテーマに開催して来た行事であり、日韓両国の文化交流と親睦と疎通のための場である。この間、チェ・スジョン、キム・ナムギル、チ・チャンウク他、韓流スターが毎年招待されている。

一方、2月に終了したドラマ ‘一理ある愛’での好演で注目を受けたイ・スヒョクは来月上海でのファンミーティングを控えており、現在は次期作を検討中である。


【速報イベントレポ】イ・スヒョク、歴史ロマン列車に乗ってファンと共に高麗郷への旅を満喫

WoW!Korea 2015年4月6日


俳優イ・スヒョク

4月6日(月)ドラマ「根の深い木」、「サメ~愛の黙示録~」、「高校世渡り王」、「一理ある愛」などに出演し、トップモデルとしても活躍中の人気若手イケメン俳優イ・スヒョクが「7th日韓友情フェスタ2015 高麗郷への旅×イ・スヒョク」と題した日韓交流スペシャル企画で特別列車にて、ファンと共に韓国との縁が深い高麗郷・高麗神社(埼玉県日高市)を訪問した。

 後方車両から乗車したイ・スヒョクは同乗したファンの熱い出迎えを受けながら先頭車両へ移動。

 笑顔と喜びでいっぱいとなった車内に「みなさん、こんにちは。イ・スヒョクです。桜が美しい花道にそって、みなさんと一緒に美しい高麗郷に向かうことができ、本当にうれしいですし、ドキドキしています。これから高麗駅までの1時間半、窓際に見る景色を楽しみながら高麗郷旅行を楽しんでください」とその魅力的な低音ボイスで特別アナウンスを行い、車内中を沸かした。


俳優イ・スヒョク

さらに途中、同乗したファン、一人ひとりにイ・スヒョクがキャンデイーをプレゼントするうれしい一幕も。

 高麗駅に到着したイ・スヒョクは、高麗神社にちなみ、駅前広場に建てられた朝鮮半島の道祖神「将軍標」の前でファンと共に記念撮影を行い、思い出の1ページをしるした。

 高麗神社に到着したイ・スヒョクは参拝後、境内に詰めかけた大勢のファンの前であいさつすると大きな歓声が上がった。


俳優イ・スヒョク

 またフォトセッションではイ・スヒョク自らがファンの前に歩み寄る優しさを見せると境内にはファンの笑顔の花が咲いた。

 最後に咲き誇る桜の木をバックに記念撮影に臨むなど、心温まる日韓の交流が実現した。



イ・スヒョク、TRITOPS✳出演!「日韓友情フェスタ2015」4月5日開催!!

ほっとコリア 2015年2月16日

韓国歴史ドラマをテーマに繰り広げられるロマン溢れるチャリティースペシャルイベント!
『根の深い木』出演イ・スヒョク、美しいハーモニーで魅了するTRITOPS✳出演!
日韓国交正常化50周年記念& GFSC Charity Campaign
「7th日韓友情フェスタ2015」4月5日(日)開催決定!!

韓国との縁が深い高麗郡建郡(埼玉県日高市)1300年(2016年に1300年を迎える)を祝い、日韓両国の文化交流と友好親善を高めながら、日韓の歴史の疎通の場として生かす「7th日韓友情フェスタ2015」を4月5日(日)渋谷公会堂にて開催する。

韓国歴史ドラマをテーマに、両国で一番話題性と注目度が高く、チャリティー行事に尽力されている韓国俳優を特別招聘するチャリティーイベント「日韓友情フェスタ」の第7回目となる今年のスペシャルゲストは、2011年、韓国SBS『根の深い木』で仮面の護衛武士ユン・ピョンで、強烈なインパクトを残したイ・スヒョクに決定した。

今回、同じ事務所の先輩キム・ナムギルから「日韓友情フェスタ」のバトンを渡されたイ・スヒョク。自身がメインゲストとなり進行される行事は、「日韓友情フェスタ」が日本初となる!「“日韓友情フェスタ”は、キム・ナムギル先輩も出演された良い主旨の公演。日韓国交正常化50周年という節目の年に、ナムギル先輩からバトンを引き継いでいただき光栄です。初めてお会いする日本のファンの皆さんも多いと思うので、今からとても楽しみです。」と、本行事への出演を決めた。新韓流の中心G-DRAGON、キム・ウビン、キム・ヨングァン、ソンジュン、ホン・ジョンヒョンなど今、韓国で最も熱い反応を集める旬のスター達との幅広い交友関係で知られているイ・スヒョク。俳優の先輩後輩、モデル仲間、歌手、ファッション関係とトップクラスの芸能界で友人が多いイ・スヒョクからどんな話題が飛び出すか!?こちらも注目したい。

また昨年9月に開催された「KMF2014」に出演、人気時代劇「夜警日誌」「太陽を抱く月」等のOSTに参加し、自慢のハーモニーでドラマ人気を後押しする4人組ボーカルグループ「TRITOPS✳」の出演も決定した!日本でも精力的に活動を続けるTRITOPS✳は、昨年10月には日本デビューも果たしている。ダンスアイドルグループが中心のK-POP界において、ダンスなしの歌だけで勝負する正統派ハーモニーグループだ。

さらには、「癒しの芸術品」“バラダン”が、「日韓友情フェスタ」に出演してきた歴代ゲスト俳優主演の韓国歴史ドラマスペシャルメドレーを壮大なスケールで演奏!韓国ドラマの名場面を蘇らせる!!これまで“バラダン”とコラボを重ねてきた「TRITOPS✳」の息のあった“スペシャルコラボ日韓友情フェスタ特別バージョン”も準備されており、美しいハーモニーにのせた贅沢で上質な音楽にも期待大だ!

また翌日6日(月)には、高麗駅直行の貸切臨時電車で、韓国との縁が深い高麗郷・高麗神社(埼玉県日高市)へ訪問する予定だ。

毎年、桜の美しい季節にお届けする「7th日韓友情フェスタ2015」は、今年も韓国歴史ドラマファン必見の日韓国交正常化50周年記念& GFSC Charity Campaignとして、大きな関心と期待を集める事だろう!!

※「7th日韓友情フェスタ2015」の収益金は、GFSC(Good Friends Save the Children)アジア貧困地域子供教育支援、東日本復興支援活動に寄付されます。


【イベントレポ】「Block.B」、「C-CLOWN」ら日韓アーティストが競演!

WoW!Korea 2015年2月11日


グループ「Block.B」

毎年様々な国や地域から観光客が訪れる“さっぽろ雪まつり”。今年で66回目の開催であるこの祭典に、一際熱気が集まる場所があった。

 2月7日(土)、雪まつり会場から程近いニトリ文化ホールで開催された「第66回 さっぽろ雪まつり 日韓国交正常化50周年記念 日韓友情まつり K・J-POP FESTIVAL」である。

 「日韓友情まつり2015」は、NPO法人日韓文化交流会、(財)韓国文化産業交流財団、(一社)札幌観光協会が共催して7回目となる今年は日韓国交正常化50周年を記念して2月6日から8日まで様々なイベントが行われる。

 ことしの出演グループは7組と、昨年よりも大幅に出演者の数も増え、更に勢いを増したこのイベント。当日は晴れやかな天候とは裏腹に、気温はマイナスであったにも関わらず、会場には開演前から多くのファンが集った。

 トップバッターを飾ったのは、日韓両国で活躍する女性5人組アーティスト「Carat」だ。4月1日にメジャーデビューが決まったという彼女達は、ピンクと黒を基調としたセクシーな衣装で「Heart Break」、「Love Potion」、「Shake it Up」を披露。日本人の彼女らだが、2曲目の「Love Potion」は韓国語で歌い上げた。

 MCでは、去年札幌を訪れた際、余りの寒さに驚いたため、ことしはヒートテックを5~6枚重ね着していると明かし、客席の笑いを誘った。韓国で合宿を行なったり、ソウルでのライブにも出演を果たしたりしている彼女達。今後も日韓の架け橋としてますます活躍する姿が期待出来そうだ。

 2組目に登場したのは、ジフ。デビュー前の彼は、青いジャケットにアイボリーのパンツという爽やかなスタイルで、アコースティックギターを抱えて登場し、「Baby」をしっとりと弾き語った。大物さながらの余裕で歌っていたかのように見えた彼だが、MCでは一転、緊張している! と身振り手振りを交えながら初々しい一面を見せ、客席のハートをガッチリキャッチ。「ジフ~! 」と黄色い声援が飛んだ。

 また、ドラゴンボールの大ファンだという彼は、今回のために特別に練習したという「DAN DAN 心魅かれてく」を披露。アコースティックギターによるアレンジを施したメロディラインで魅了した。キュートな笑顔と明るいキャラクターが魅力のジフ。今後の活躍に注目だ。

 続いての登場は男女ユニット「ジョンフンバンド」だ。伸びやかで綺麗な歌声が印象的な女声ヴォーカルと実力派のギターで織り成されるサウンドは耳に心地よく、「JUST FEEL」、「FOR MY BEBE」、「宇宙PLZ」の3曲を披露。2曲目の「FOR MY BEBE」では赤ちゃんや子猫の日常風景をホームビデオ風に編集した映像が映し出され、歌声共々会場をほっこりとさせてくれた。現在毎月新曲を発表するなど勢力的に活動している彼ら。新曲にも期待したい。

 4組目は地元札幌のユニット「Team くれれっ娘! 」。今回のK・J-POP FESTIVALはより日韓交流を深めるべく、国内アーティストも出演するという豪華な内容だ。

 13人という大所帯の彼女らは赤いブレザー姿で元気よく「Fight! 」と「青春チャイム」という2曲を熱唱。「ZARD」の「負けないで」をオリジナルの振りつきでカバーし、客席を沸かした。


グループ「C-CLOWN」

 5組目は昨年2月に正式にメジャーデビューを果たした女性4人組ボーカルユニット、「Melody Day」。美脚を主張するタイトな黒のドレス姿で登場した彼女らは、1曲目に「怖い」を披露。続くトークでは札幌の食を堪能したか? と問われると、ラーメンよりもジンギスカンよりもコンビニのプリンが1番美味しかった! と返し笑いを誘った。続いてはデビュー曲である「とあるさようなら」と、韓国版「のだめカンタービレ」のOSTである「Listen to my heart」を披露。数多くの韓国ドラマのOSTに参加してきただけあって圧巻の歌唱力とハーモニーで大いに会場を盛り上げた。

 続いての登場は美少年6人組グループ「C-CLOWN」だ。「C-CLOWN」の文字が映し出されると会場は総立ちになるとともに黄色い歓声に包まれ、人気の高さを伺わせた。彼らが前日に訪れた児童福祉施設での交流の様子がスクリーンに映し出され、笑顔で子供達と触れ合う姿にも女性達の好感度は大だ。映像が終了すると、思い思いのストリートファッションに身を包んだ「C-CLOWN」が登場し、「Justice」「揺れている」の2曲を続けて熱唱。キレのあるダンスと熱い歌声に客席のテンションも最高潮に。

 MCで自己紹介を促されると、それぞれ個性的なパフォーマンスでオーディエンスを沸かせ、トークでも大いに魅せてくれた。また、昨年の「KMF」で「少女時代」の「Gee」をカバーしたという話題に言及されると、その場で踊ってくれるというサプライズが! ファンには堪らない一幕だ。

 その後「僕と会って」をパワフルに歌い上げC-CLOWN最後の曲は看板曲のひとつ、「SOLO」。サビではファンから「SOLO~」の合の手が入り、会場が一体となって盛り上がりを見せた。


出演者全員が昨年大流行したこの季節にピッタリの曲「Let it go」を日本語、韓国語、英語で合唱し、サインボールを投げるファンサービスで締めくくった。

 そしてこのイベントのトリを努めるのは「Block.B」。映像が流れた瞬間、会場はこの日一番の盛り上がりを見せたことは言うまでもない。「Very Good」のロックな曲調に乗って登場した彼らは、黒に金糸の刺繍が豪華に施された衣装に身を包んでいた。激しいダンスパフォーマンスの後は「滅多にいない女」で軽快なラップを披露。パフォーマンスの幅の広さで会場を釘付けにした。

 MCでは流暢な日本語で各々挨拶をする姿が見られた。今の気持ちを尋ねられるとステージを縦横無尽に走り回ったり、客席近辺まで歩み寄ったりしてサービスをする場面もあり、ファンからは悲鳴に似た歓声も上がっていた。

 また、即興でダンスや歌を披露してほしいという要望を司会者から振られると、テイルがソロ曲を綺麗な歌声で披露し、それに他のメンバーも追随して歌いだす、といった茶目っ気溢れる一面もあり、ここでも大いにファンを沸かせた。

 3曲目は「HER」。アップテンポなリズムで客席と一体化して盛り上がると、続く「Nice Day」ではキレのあるダンスで「Block.B」の勢いを見せ付けた。

 最後は出演者全員が登場し、昨年大流行したこの季節にピッタリの曲「Let it go」を日本語、韓国語、英語で合唱し、サインボールを投げるファンサービスで締めくくった。

 ことしも多くのアーティストが盛り上げてくれた「K・J-POP FESTIVAL」。来年はどんな交流が行われ、どんなドラマが生まれるのか。今から楽しみで仕方ない。


【イベントレポ】チョ・インソン、イ・グァンスらドラマチームが北海道初上陸!

WoW!Korea 2015年2月11日


左から俳優チョ・インソン、脚本家
ノ・ヒギョン、キム・ギュテ監督、
俳優イ・グァンス

ドラマ、映画で活躍中の韓国を代表する超人気俳優チョ・インソンとバラエティでも活躍する人気俳優イ・グァンスが特別ゲストとして登場した「第66回さっぽろ雪まつり日韓国交正常化50周年記念日韓友情まつり日韓DRAMA FESTIVAL」が、2月6日(金)に北海道・ニトリ文化ホールで行われた。

 「純白の夢よぶ世界のひろば」をテーマにしている“さっぽろ雪まつり”は、日本だけでなく、世界各国からも観光客が訪れる冬のメインイベント。2015年は2月5日から11日までの7日間の開催で、207基の雪氷像が観光客の目を楽しませている。韓国の子どもたちの“大統領”とも言われるキャラクター、ポロロの雪像前では一緒に写真を撮る韓国人の姿も多く目にする。

 さっぽろ雪まつりの協賛行事「日韓友情まつり2015」は、NPO法人日韓文化交流会、(財)韓国文化産業交流財団、(一社)札幌観光協会が共催して7回目となる今年は日韓国交正常化50周年を記念して2月6日から8日まで様々なイベントが行われる。

 「日韓友情まつり2015」の初日である6日が、「日韓DRAMA FESTIVAL」である。札幌で俳優、作家、監督が一同に会し、韓国ドラマの魅力を堪能できるイベントはほとんどないということもあり、今回の出演者は、MCを除く、全員が北海道初上陸での公演となった。

 トップバッターで登場したのは、韓国ドラマの感動をドラマチックに奏でる日本の室内管弦楽団の「バラダン」。ピアノ、ヴァイオリン2名、ヴィオラ、チェロ、オーボエ、パーカッション2名の合計8名で構成されている小さなオーケストラ。雪まつりにちなみ女性5名は白いドレス、男性3名は白シャツに黒い衣装に身を包んで登場。
ドラマ「冬のソナタ」メドレー「最初から今まで~My Memory」、「美しき日々」より「Good Bay」、「天国の階段」より「会いたい」を続けて演奏した。「最初から今まで」のピアノのイントロが流れ、素敵なバラダンの音色に一曲終わるごとに大きな拍手が会場内に響き渡る。MCのメンバー紹介のあとは、「イ・サン」より「テーマ~約束」、「太陽を抱く月」より「時間に逆らって」、「宮廷女官チャングムの誓い」より「フェブガ」、「トンイ」より「愛別離」の演奏と歴史ドラマの音楽を披露。「愛別離」の演奏の後半では、パーカッション演奏者が韓国伝統打楽器のチャンゴを持ちステージ前方へ行き、連打で魅了すると拍手が沸き起こった。途中で叩いているような動作をしながら叩いていないというユニークなパフォーマンスも披露すると会場内は笑いの渦に。


グループ「Melody Day」

 会場が一体感でいっぱいとなったところに続いて登場したのは、韓国女性4名のヴォーカルグループ「Melody Day(メロディーデイ)」。

 昨年2月に正式デビューした彼女たちは、デビュー前から韓国ドラマの挿入歌を歌っているという実力派。すでに20本ほどのOSTに参加しているという。白のミニドレスで登場したメンバーは、あいさつ代わりにドラマ「主君の太陽」から「All About」を披露した。

 「はじめましてMelody Dayです」と4人揃ってあいさつ後、「私はヨウンです。はじめまして~」、「私はチャヒです。今日は来てくれてありがとうございます」、「みなさ~ん はじめまして。私はユミンです。どうもありがとうございます」、「みなさ~ん、こんばんは。私はイェインです。どうぞよろしくお願いします」と、たどたどしくも可愛らしい日本語で自己紹介。日本に来る前に日本語の勉強を2時間受けて練習したあいさつとのこと。札幌どころか日本に来るのが初めてだったという彼女たち。

 続いて、ドラマ「運命のように君を愛している」より「愛を知らなくて」、「ネイルもカンタビーレ」より「Listen To My Heart」を披露。そして最後の曲は札幌に似合う曲として「雪の華」を「バラダン」による演奏と共に、しっとりしつつも力強く歌い上げた。

 再登場した「バラダン」は、本日の特別ゲストであるチョ・インソンの主演作品「バリでの出来事」から「ダメなのか~MY Love」、「その冬、風が吹く」から「冬の愛」を演奏。「My Love」のサビではオーボエ演奏者による口笛が披露されると観客から大拍手を浴びた。
札幌で初披露となった「バラダン」の演奏は、すっかり韓国ドラマファンの心をつかんだ。

 日韓国交正常化50周年を記念した委嘱杯の授与が行われた後、ドラマを通じ、日韓両国文化交流活性化の功労に対して、キム・ギュテ監督、脚本家のノ・ヒギョン、俳優チョ・インソン、俳優イ・グァンスが「『特別感謝杯』の授与」というアナウンスと同時に彼らが登場すると、客席からは割れんばかりの大歓声が上がった。


管弦楽団「バラダン」

 チョ・インソンが授与される際にはさらに大声援が飛び、イ・グァンスへの授与では、男性ファンからの声援も大きかった。授与の後あいさつではチョ・インソンへの大声援で会場後方は観客の歓声でほとんど聞こえない状態になるほど大興奮。気が付けば、おもむろに双眼鏡を取り出している観客が大多数。

 イ・グァンスが「セイ ホー! 」と会場に声をかけると、観客も「ホー! 」と応え、コール&レスポンスで会場を盛り上げ、そのままトークタイムへ。

―今回どのようなお気持ちで来てくださいましたか?
キム・ギュテ監督:何よりも雪の国札幌に来られたことがうれしいです。
ノ・ヒギョン:北海道というと「北の国から」というドラマが大好きで全て見ました。雪道も歩いて心がわくわくして、いい気分です。

―雪まつりには行かれましたか?
チョ・インソン:昨日の午後4時から5時くらいに行きました。

―札幌の印象はいかがですか?
イ・グァンス:雪まつりも見ることも出来ましたし、ちょうどワカサギ釣りをしていたおじいさんがいたので、「ちょっと一度やらせてくれませんか? 」とお願いしてワカサギ釣りもしました。

 2月15日からの日本で放送される韓国で話題をさらったドラマ「大丈夫、愛だ」のドラマチーム4人が揃う貴重な機会となった同イベント。それぞれに役どころを聞いたあとに「大丈夫、愛だ」のPR映像を観客とともに鑑賞。

―映像をご覧になってどうでしたか?
キム・ギュテ監督:ちょうどリビングにみんなが集まってサッカーをみている場面がありますが、ほとんどの登場人物が一同に会して、「あの時は本当に楽しかったな」と思っています。

―チョ・インソンさんとイ・グァンスさんをキャスティングされた理由は?
キム・ギュテ監督:最初にこのドラマを企画した段階からチョ・インソンさんに作品を読んでもらい、快諾してくれました。イ・グァンスさんにお願いした役は非常に難しい役柄です。“トュレット症候群”という病を抱えているが明るく演じてもらう必要があったからです。韓国の俳優の中で演じることが出来るのは「イ・グァンスさんしかいない」と思いました。

 ここからは写真を見ながらのトークタイムへ。

 最初の写真は、台本の読み合わせでの写真。チョ・インソンは「私達がドラマを作る時には出演者スタッフで台本読みをしますが、これは第一回目の読み合わせの時の写真です」と説明。

 2枚目の写真は、白いバスタブの中に赤いブランケットをまとったチョ・インソンとコン・ヒョジンの2人が写っている写真。チョ・インソンは「劇中で僕が演じたチャン・ジョエルという人物にとっては普通の浴槽以外にもう一つ大切な意味合いがあります。これは今お話し出来ないのでドラマをみて確認していただきたいと思うのですが、このポスターを撮影する時にこのポーズをとったらどうかというアイデアはノ・ヒギョン先生が出しくださったのですが、すごく綺麗に出来上がったと思います」と感想を述べた。続けて家ノ・ヒギョンは「男性、女性の主人公が美しいので私自身が見たかったからということがまずあります。そして、そのバスタブや寝床を一緒にするという行為が、主人公たちが抱えている“キズ”というものに大きく関連しているので、こうやって撮ったらどうかという提案をしました」と秘話を明かした。

 次はチョ・インソンとコン・ヒョジンが仲良く一緒に写っている写真。これを見てチョ・インソンは「コン・ヒョジンさんのおかげで僕自身が新しいアプローチができたと思います。もし、相手役がコン・ヒョジンさんではなければ、僕チョ・インソンの新しい演技がうまく出せなかったのではないかと思います。このドラマが面白くて僕が演じたチャン・ジョエルかっこ良く不憫にも見えるように出来上がったのはコン・ヒョジンさんがいてくれたからではないかと思います」と共演のコン・ヒョジンを惜しみなく絶賛した。

 三枚目の写真は、チョ・インソンと「EXO」メンバーのD.Oが一緒に空を見上げている写真。チョ・インソンは「彼のいいところは決して軽すぎることもなく、そして重たくもない。彼ならではの魅力があることです。これからも、もっともっと良くなっていくと思いますし、演技に対しての姿勢がとても素晴らしいので可愛がらずにいられません。(「EXO」の東京公演に行ったことについて質問され)個人的に日本での用事があって東京にいた時に彼も日本にいて、東京でコンサートがあるという話を聞きました。コンサートを見られるのか聞いたら、快く招いてくれたので、カッコイイコンサートを見ることが出来ました」と仲睦まじい様子を語った。

 撮影中の監督が写っている写真を見ながら、撮影中のエピソードを紹介した後は、エンディングメッセージへ。

 ノ・ヒギョンは「このドラマはそれぞれ心にキズを抱えている人たち全ての人たちのためのドラマです。テーマ自体は決して軽いものではありませんが、とても楽しいものとなっているので、みなさんの心の慰めになれたらと思います」と述べると、チョ・インソンは「イ・グァンスさんがドラマの中でコメディの場面もありますし、カッコイイので、ぜひ観てください! 」とアピールすると、イ・グァンスも「このドラマでたくさんのことを学び感じました。このドラマを見て『あぁ面白いなぁ』と思ったら周りの人に薦めていただけたらと思います」とPRした。

 最後にキム・ギュテ監督は「チョ・インソンさんの多彩な素晴らしい演技、特にキスシーンはみなさんに楽しんでいただけるんじゃないかと思います。沖縄で月光の下で撮ったシーンもあります。みなさんのたくさんの関心と愛情をよろしくおねがいします」と締めくくった。

 会場の観客と一緒に記念写真を撮影した後は、写真撮影タイムとのうれしいサプライズに客席は大興奮! 最高潮の盛り上がりを見せたまま、さらに来年開催される「さっぽろ雪まつり」への期待感を高めたまま、約2時半のイベントが終了した。


日韓文化交流フォーラム開催

毎日新聞 2015年2月8日

(記事をクリックすると大きくなります。)


[ルポ]札幌雪祭りのポロロが暖めてくれる冷え切った韓日関係

ハンギョレ新聞 2015年2月8日

ポロロ像、タヨバスと一緒に日本の観客の目を引く
専門家「文化や人的交流増やし、両国関係の改善せねば」
ポロロ雪像の隣にXOなど韓国の有名アイドルグループ、「星から来たあなた」など韓流ドラマを紹介するソウル市の専用ブースも設置されている。

「きゃ〜、ポロロだ!」
 7日午前、世界3大祭りの一つとされている第66回「さっぽろ雪まつり」が開かれている北海道札幌市の中心地大通公園。この会場の片隅にそびえている韓国の漫画のキャラクター、ポロロの雪像を発見した20代の日本女性3人が笑い出した。そのすぐ横には、ソウルの代表マスコットであるタヨバスの雪像が観覧客たちに向かってキュートな笑顔を振りまいている。

 彼女らに「とうしてポロロを知っているのか」と尋ねると、「韓国ドラマと音楽が好きで、自然に知ることになった。キャラクター人形を持っている友人もいる」と答えた。ポロロ雪像の傍にはXOなど韓国の有名アイドルグループ、「星から来たあなた」など韓流ドラマを紹介するソウル市の専用ブースも設置されている。ブースを運営しているボランティア、ユ・ジグァン氏(25)は、「あまりにも多くの人々が訪れ、一日の訪問者がどのぐらいなのか、集計できない」と笑った。札幌雪祭りは、これまで南大門(2009年)、百済王宮(2010年)、大田市街地(2011年)の巨大雪像を設置するなど、韓国に対する身近なイメージ作りに寄与してきた。

展示場の片隅にそびえている韓国の漫画のキャラクターポロロとソウルのマスコットタヨバスの雪像。
展示場の片隅にそびえている韓国の漫画のキャラクターポロロとソウルのマスコットタヨバスの雪像。
世界3大祭りの一つとされている第66回「さっぽろ雪まつり」が開かれている。祭りの参加のために行を長く並んで観覧客たち。

 韓日国交正常化50周年を迎え、冷え切ってしまった両国関係を回復させるためにはどうしたらいいのか。この問題の解決策を探るため、札幌雪祭り期間に両国の政治家や文化の専門家が参加した「日韓友情フェスティバル2015」のイベントが開かれた。今回のイベントを主催したNPO法人日韓文化交流会は、韓国文化産業交流財団などの支援を受けて、6日には人気俳優チョ・インソン、イ・グァンス氏が出演した「韓日ドラマフェスティバル」、7日にはブロックビーなど韓国アイドルが多数登場する「K・ Jポップフェスティバル」などの多彩な文化行事も開催した。これ先立ち、5日にはパク・ウォンスン ソウル市長が札幌を訪れ、上田文雄札幌市長と高橋はるみ北海道知事などと面会し、観光・祭り交流を通じた関係強化に乗り出すことにした。

日韓国交正常化50周年を迎え、冷え切った両国関係を回復させるためにはどうしたらいいのか。この問題の解決策を探るため、札幌雪祭り期間に両国の政治家や文化の専門家が参加した「日韓友情フェスティバル2015」のイベントが開かれた。

 慰安婦問題などをめぐる韓国と日本の間における見解の違いで3年も首脳会談が開かれななどの対立が続いているが、雪祭り現場ではそのようなぎこちない雰囲気は見当たらなかった。 7日北海道ニトリ文化ホールで開かれたポップフェスティバルで、韓国歌手たちが舞台に上がって歌うたびに観客は温かい拍手を送った。一部の観客は熱唱が続くたびに、嬉しい悲鳴を上げた。
 観客席で会った大学生小林くれな氏(19)は、中学1年生の時から5年の間、韓国で生活した経験がある韓国専門家だ。彼女は「領土や歴史に関連する困難な問題があるが、お互いが頻繁に会って交流し、留学生の数を増やしてお互いに対する理解を高めようとする努力が重要である」と述べた。彼女は続いて「お互いがお互いをよく理解するには、日本と韓国だけではなく、中国の子供たちも一緒に学ぶことができる共同教科書の開発が必要だと思う」と話した。

 同日開かれた韓日文化フォーラムで発言者として参加した出石直NHK放送解説委員も「日韓関係を一気に改善できる特効薬はない。すぐには効果が目に見えないけど、飲み続けると免疫力が付く漢方薬のように、人的、文化交流を増やし、両国が互いに許容して寛容する姿勢を育てなければならない」と述べた。


日韓友情まつり多彩に

北海道新聞 2015年2月4日

(記事をクリックすると大きくなります。)


韓国の文化人らが中央区で7日公演

読売新聞 2015年1月31日

(記事をクリックすると大きくなります。)


チョ・インソン、さっぽろ雪まつり「日韓DRAMA FESTIVAL」に出席

Kstyle 2015年1月26日

俳優チョ・インソンが札幌で開催される「第66回さっぽろ雪まつり・日韓国交正常化50周年記念・日韓友情まつり2015」の「日韓DRAMA FESTIVAL」(主催:韓国文化産業交流財団)に参加する。

昨年、ドラマ「大丈夫、愛だ」で熱い反響を得たチョ・インソンはキム・ギュテ監督、ノ・ヒギョン脚本家、俳優イ・グァンスとともに「日韓DRAMA FESTIVAL」に参加し、会場を盛り上げる予定だ。

チョ・インソンは来月6日、札幌のニトリ文化ホールで開催されるイベントで「大丈夫、愛だ」を通じて日韓文化交流に寄与した功労を認められ、日韓友情まつり共同組織委員長から感謝の牌を渡される予定だ。

今回のイベントは日韓国交正常化50周年記念と第66回さっぽろ雪まつりを連携させた日韓友情まつりの一環であり、日韓両国の歴史的な国交正常化50周年を記念して開催される共同イベントだ。

他にもさっぽろ雪まつりの公式イベントとして韓国の文化やドラマ、音楽で交流し、体験できるように構成され、世界中の人々に韓国の大衆文化を紹介し、日韓両国の文化交流と友好親善を図る予定だ。

日韓国交正常化50周年記念・第66回さっぽろ雪まつりと連携した「日韓友情まつり」は来月6日から8日の3日間にわたって開催される。


'大丈夫、愛だ' チョ・インソン•イ・グァンス、札幌 '日韓友情まつり'出席…特別感謝牌 受賞
'괜찮아 사랑이야' 조인성•이광수, 삿포로 '한일우정한마당' 참석… 특별감사패 수상

kyeongin日報 2015年1月26日

ドラマ“大丈夫、愛だ”作家PDと一緒に特別感謝牌受賞
드라마 “괜찮아,사랑이야”작가,PD와 함께 특별감사패 수상


'大丈夫、愛だ' チョ・インソン、イ・グァンス 札幌'日韓友情まつり'出席… 特別感謝牌 受賞.
写真は俳優 チョ・インソン(右側)とイ・グァンス
'괜찮아 사랑이야' 조인성•이광수, 삿포로 '한일우정한마당' 참석… 특별감사패 수상.
사진은 배우 조인성(오른쪽)과 이광수

俳優 チョ・インソンとイ・グァンスが来月6~8日 札幌で開催される'日韓友情まつり'に参加する。

韓国文化産業交流財団はドラマ'大丈夫、愛だ'の俳優チョ・インソンとイ・グァンス、ノ・ヒギョン脚本家、キム・ギュテPDが参加する'日韓DRAMA FESTIVAL'が「日韓友情まつり」の初日として札幌ニトリ文化ホールで開催されると 26日伝えた。

特に彼ら4名は、この日韓文化交流に寄与した功労が認められ日韓友情まつり共同組織委員長から特別感謝牌を受け取る。
これと共に'日韓友情まつり'の行事では日韓文化交流フォーラム、'K・J-POP FESTIVAL'、'K-FOOD特別体験'などの行事も行われる。

また、K-POPグループのC-CLOWNなど行事参加者たちは、札幌の児童福祉施設を訪問し子供たちの激励に訪問する予定だ。

'日韓友情まつり'は日韓国交正常化50周年を記念して開く、日韓両国初の共同行事としてNPO法人日韓文化交流会と韓国文化産業交流財団と一社札幌観光協会が共同主催する'日韓国交正常化50周年記念&第66回 さっぽろ雪まつり'と連携し行われる。

배우 조인성과 이광수가 내달 6~8일 일본 삿포로에서 열리는 '한일우정한마당'에 참석한다.

한국문화산업교류재단은 드라마 '괜찮아 사랑이야'의 배우 조인성과 이광수, 노희경 작가, 김규태 PD가 참가하는 'K 드라마 & J 드라마 페스티벌'이 행사 첫날 삿포로 니토리 문화홀에서 열린다고 26일 전했다.

특히 이들 4명은 이날 한일문화교류에 이바지한 공로를 인정받아 한일우정한마당 공동조직위원장으로부터 특별 감사패도 받는다.

이와 함께 '한일우정한마당' 행사에서는 한일문화교류포럼, 'K팝 & J팝 페스티벌', 'K푸드 & J푸드 특별체험' 등의 행사도 진행된다.

또 그룹 씨클라운 등 행사 참가자들은 삿포로의 아동복지센터를 방문해 아이들과 시간을 보낼 예정이다.

'한일우정한마당'은 한일수교 50주년을 기념해 열리는 한일 양국의 첫 공동행사로, 한국문화산업교류재단과 일본 삿포로관광협회, NPO법인 일한문화교류회가 공동주최하는 '한일수교 50주년 기념 & 제66회 삿포로눈축제'와 연계해 진행된다.


チョ・インソン、イ・グァンス 札幌 '日韓友情まつり'出席
조인성•이광수, 삿포로 '한일우정한마당' 참석

聯合ニュース 2015年1月26日

ドラマ '大丈夫、愛だ' 作家•PDと一緒に特別感謝牌 受賞
드라마 '괜찮아 사랑이야' 작가•PD와 함께 특별감사패 수상

俳優 チョ・インソンとイ・グァンスが来月6~8日 札幌で開催される'日韓友情まつり'に出席する。
'日韓友情まつり'は日韓国交正常化50周年を記念して開かれる日韓両国の最初の共同行事として、NPO法人日韓文化交流会と韓国文化産業交流財団と一社札幌観光協会が共同主催する'日韓国交正常化50周年記念&第66回 さっぽろ雪まつり'と連携して行われる。
韓国文化産業交流財団は26日、ドラマ'大丈夫、愛だ'の俳優 チョ・インソンとイ・グァンス、ノ・ヒギョン作家、キム・ギュテ監督が参加する'日韓DRAMA FESTIVAL'が本行事の初日であり札幌ニトリ文化ホールで開催すると伝えた。
彼ら4名は、この日日韓文化交流に寄与した功労が認められ日韓友情まつり共同組織委員長から特別感謝牌も受ける。
これと共に'日韓友情まつり'の行事では、日韓文化交流フォーラム 'K・J-POP FESTIVAL'、'K-FOOD 特別体験'などの行事も行われる。

また、C-CLOWNは札幌の児童福祉施設を訪問し、子どもたちと時間を過ごす予定だ。

배우 조인성과 이광수가 내달 6~8일 일본 삿포로에서 열리는 '한일우정한마당'에 참석한다.
'한일우정한마당'은 한일수교 50주년을 기념해 열리는 한일 양국의 첫 공동행사로, 한국문화산업교류재단과 일본 삿포로관광협회, NPO법인 일한문화교류회가 공동주최하는 '한일수교 50주년 기념 & 제66회 삿포로눈축제'와 연계해 진행된다.
한국문화산업교류재단은 26일 이같이 밝히며 드라마 '괜찮아 사랑이야'의 배우 조인성과 이광수, 노희경 작가, 김규태 PD가 참가하는 'K 드라마 & J 드라마 페스티벌'이 행사 첫날 삿포로 니토리 문화홀에서 열린다고 전했다.
이들 4명은 이날 한일문화교류에 이바지한 공로를 인정받아 한일우정한마당 공동조직위원장으로부터 특별 감사패도 받는다.
이와 함께 '한일우정한마당' 행사에서는 한일문화교류포럼, 'K팝 & J팝 페스티벌', 'K푸드 & J푸드 특별체험' 등의 행사도 진행된다.

또 그룹 씨클라운은 삿포로의 아동복지센터를 방문해 아이들과 시간을 보낼 예정이다.


日韓国交正常化 50周年 ‘日韓友情まつり’開催
한일수교 50주년 ‘한일우정한마당’개최

ハロルド経済 2015年1月26日

-‘大丈夫、愛だ’チョ・インソン,イ・グァンス,キム・ギュテ監督,ノ・ヒギョン 脚本家など出席
-‘괜찮아사랑이야’조인성, 이광수, 김규태 PD, 노희경 작가등 참가

日韓国交正常化50周年記念&第66回 さっぽろ雪まつり‘日韓友情まつり’が来る2月6~8日札幌で開催される。

NPO法人日韓文化交流会と韓国文化産業交流財団と一社札幌観光協会が共同主催する、今回の行事は日韓国交正常化50周年を記念し開催される日韓両国の最初の共同行事として、歴史的問題など様々な政治的なことから、最近冷え込んでいる日韓関係を文化交流を通じて新しい突破口を用意しようと準備された。

6日、札幌ニトリ文化ホールでは品格のあるドラマ‘大丈夫、愛だ’のキム・ギュテ監督,ノ・ヒギョン脚本家,俳優チョ・インソン,イ・グァンスなどが参加する‘日韓DramaFestival‘が開催される。この日、4名はドラマを通じて日韓文化交流に寄与した功労を認められ、日韓友情まつり共同組織委員長から特別感謝牌を受賞する。また、多くのドラマOSTに参加した新鋭の女性グループMelody Dayと日本のBaladinオーケストラの共同公演も披露する予定だ。

[헤럴드경제 =서병기 선임기자]한일수교 50주년 기념 & 제66회 삿포로눈축제 연계 ‘한일우정한마당’이 오는 2월 6~8일 일본 삿포로에서 개최된다.

한국문화산업교류재단(이사장 이팔성)과 일본 삿포로관광협회(회장 호시노 히사오), NPO법인일한문화교류회(회장 이시바시 타쿠마)가 공동주최하는 이번 행사는 한일수교 50주년을 기념하여 개최하는 한일 양국의 첫 공동 행사로, 역사문제 등 다양한 정치 현황으로 인해 최근 냉각된 한일 관계를 문화교류를 통해 새로운 돌파구를 마련하고자 준비되었다.

6일 삿포로 니토리 문화홀에서는 고품격 드라마 ‘괜찮아, 사랑이야’의 김규태 감독, 노희경 작가, 배우 조인성, 이광수 등이 참가하는 ‘K-Drama & J-Drama Festival‘이 개최된다. 이날 4인은 드라마를 통해 한일문화교류에 이바지한 공로를 인정받아 한일우정한마당 공동조직위원장으로부터 특별 감사패를 수상한다. 또한 다수의 드라마 OST에 참가한 신예 여성그룹 멜로디데이(Melody Day)와 일본의 바라단(Baladin) 오케스트라의 합동공연도 선보일 예정이다.


7日 午前には、日韓国交正常化50周年を迎え、双方向の文化交流を通じて両国間の関係改善方案を論議する‘日韓文化交流フォーラム’が開催される。今回のフォーラムには韓国の韓国文化産業交流財団 理事長、韓国ドラマ制作者協会 会長、韓国国会議員と日本の衆議院議員、 一社札幌観光協会 会長、NHK 解説主幹などが参加し、司会はKBS 報道委員が担当する。

同日の午後は、札幌ニトリ文化ホールで‘K・J-POP FESTIVAL’が盛況に開催される。
個性のある音楽スタイルで注目を受けているグループBlock-Bを始めとし、エナジーが溢れるステージで日本でも人気の高いC-Clownの他、インディーズアコースティックデュオのジョンフンバンド、ガールズグループのMelody Day、そして2015年俳優デビュー目前のスーパールーキー ジフが出演、日本側からは人気アイドルグループTeamくれれっ娘!とDJ&ダンスボーカルユニットCaratなどが出演し札幌雪まつりを一層華やかに盛り上げる。

8日には‘ユネスコ世界無形文化遺産日韓同時登録記念K-Food Special体験’行事と最近人気が高まっているカバーダンスを直接学べる‘K-POP &J-POPカバーダンス体験’など、家族みんなで参加できる様々なプログラムが準備されている。今回の行事は、GFSC(Good Friends Save the Children)慈善キャンペーンとして行われ収益金はGFSCに寄付される。

一方、アイドルグループC-Clownは札幌の児童福祉施設を直接訪問し子供たちと一緒に温かい交流の時間を持つ予定だ。

韓国側 李八成 共同組織委員長は“さっぽろ雪まつりの観覧客を対象に韓流コンテンツを知らせる良い機会であり本行事の成功開催がこれからの日韓関係の重要な礎になる”とし、パク・チャンシク 共同組織委員長もまた“文化交流を通じ冷え込んだ日韓関係に火種をつけ再点火させると同時に韓国の文化隆盛の土台になる事を期待する”と明かした。

今回の行事は文化体育観光部、駐札幌大韓民国総領事館、日韓議員連盟、などが後援して行われる。

7일 오전에는 한일수교 50주년을 맞아 쌍방향 문화교류를 통해 양국간 관계 개선 방안을 논의하는 ‘한일문화교류포럼’이 개최된다. 이번 포럼에는 한국의 이팔성 한국문화산업교류재단 이사장, 박창식 한국드라마제작사협회 회장(새누리당 국회의원), 염동열 새누리당 국회의원과 중의원의원, 삿포로관광협회, NHK 해설주간 등이 참석하며 사회는 KBS 보도위원이 맡는다.

같은 날 오후 삿포로 니토리 문화홀에서는 ‘K-POP & J-POP Festival’이 성황리에 개최된다. 개성있는 음악 스타일로 주목받은 그룹 블락비(Block-B)를 비롯하여 에너지 넘치는 무대로 일본에서도 인기가 높은 씨클라운(C-Clown)을 비롯해 인디 어쿠스틱 듀오 정흠밴드, 걸그룹 멜로디데이(Melody Day) 그리고 2015년 배우 데뷔를 앞두고 있는 슈퍼루키 지후가 출연하며 일본 측에서는 인기 아이돌 팀쿠레렛코(Teamくれれっ娘)와 DJ&댄스 보컬 유닛 캐럿(Carat) 등이 출연하여 삿포로 눈축제를 한층 더 화려하게 수놓을 것이다.

8일에는 ‘K-Food & J-Food 특별 체험’ 행사와 최근 인기가 높아지고 있는 커버댄스를 직접 배워볼 수 있는 ‘K-POP &J-POP 커버댄스 체험’ 등 온 가족이 함께 참가할 수 있는 다양한 프로그램들이 준비되어있다. 이번 행사는 GFSC(Good Friends Save the Children)자선 캠페인으로 진행되며 수익금은 GFSC에 기부된다.

한편, 한국문화산업교류재단과 아이돌그룹 씨클라운(C-Clown) 등 행사 참가자들은 삿포로의 아동복지센터를 직접 방문하여 어린이들과 함께 따뜻한 교류의 시간을 가질 예정이다.

한국측 이팔성 공동조직위원장은 “삿포로눈축제 관람객을 대상으로 한류콘텐츠를 알릴 수 있는 좋은 기회이고 본 행사의 성공개최가 앞으로 한일 관계의 중요한 초석이 될 것”이며, 박창식 공동조직위원장 또한 “문화교류를 통해 냉각된 한일 관계에 불씨를 재 점화 시키는 동시에 우리나라 문화융성의 토대가 되길 기대한다”고 밝혔다.

이번 행사는 문화체육관광부, 주삿포로대한민국총영사관, 한일의원연맹, 일한의원연맹, 한국드라마제작사협회 등이 후원하여 진행한다.


韓国文化に触れよう

室蘭民報 2015年1月22日

(記事をクリックすると大きくなります。)


日韓友情まつり2015 雪まつり、エネルギッシュに

北海道新聞 2015年1月13日

(記事をクリックすると大きくなります。)


一般会員募集中!!



マイページ
日韓・GFSCサポーターズ大募集!!

日韓カレンダー&movie

リンク

愛知県で韓国語を学ぶなら HaHaHa韓国語学院
アンニョン!韓国語学堂学生割引特別応援キャンペーン

アクセスカウンタ

  • 総訪問者数:
ページ上部へ戻る