日韓男女グローバルオーディション『青春スター』#1予告映像公開! 5月19日(木)初放送!

2022.05.12

【© CHANNEL A All rights reserved】

「ABEMA」にて日韓同時、国内独占放送
日韓男女グローバルオーディション『青春スター』
#1の予告映像公開!いよいよ5月19日(木)より放送開始
前代未聞!?審査員が“いない“オーディションによる予測不能な展開に
エンジェルミュージシャンたちも涙
~TikTokからの視聴者投票が5月12日(木)夕方6時より開始~

 新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は、2022年5月19日(木)夜9時30分より日韓同時、国内独占無料放送するグローバルK-POPアーティストへの道のりを追う男女の新たなオーディション番組『青春スター』の#1の予告映像を公開いたしました。(URL:https://youtu.be/D_EnYy9OYo8

本番組は、世界を舞台に活躍するスターが誕生する瞬間をお届けするとともに、参加者たちによる完成度の高いステージパフォーマンスや、オーディション番組ならではの挫折や葛藤、そして共に苦悩を乗り越え芽生える友情や希望など、参加者たちの成長過程をリアルに描きます。

本番組に参加する男女108名は「アイドル」派、「ボーカル」派、「シンガーソングライター」派に分かれ、“青春スター”になるべく、狭き門をくぐります。このたびオーディションに参加する108名はいずれも実力派揃いで、今波に乗るK-POPアイドルグループのKep1erが誕生した『Girls Planet 999:少女祭典』の参加者や、社会現象を巻き起こし、これまでIZ*ONE、Wanna Oneなど多くのスターが誕生した『PRODUCE 101』シリーズの『PRODUCE X 101』出身者など、実力者たちも参加しています。
今回公開された#1の予告映像の中では、それぞれの派ごとの参加者たちが緊張の面持ちでパフォーマンスを披露していく様子や、結果が発表された瞬間の表情などが映し出されており、5月19日(木)の#1の放送が待ち遠しくなる内容となっています。

 さらに、2022年5月12日(木)夕方6時よりTikTokにて視聴者投票がスタートします。『青春スター』では審査員がおらず、会場にいる192名のスターメーカー(※1)と8名のエンジェルミュージシャンによる合計200票の投票によってオーディションは展開していきます。さらに、それに加えて最終回において視聴者投票も組み込まれていくので、審査員がいない状況で進んでいくオーディションの中で視聴者投票も重要な役割を果たします。投票は1人1日7票まで可能となっております。

公開された視聴者投票のPR映像では、エンジェルミュージシャンたちが予測不能な厳しい展開に対して、思わず涙を流す場面が映し出され、審査員がいないことによってさらに熾烈な戦いが繰り広げられることが予想されます。日本人4名の参加者を含む、世界中から集まった選りすぐりの108名は果たしてどんなステージをみせてくれるのか。#1放送前に改めて、個性豊かな108名のPR動画でぜひ推しを見つけながら番組をお楽しみください。

(※1)スターメーカーとは、「青春スター」の参加者を応援する世界中のファンの名称

■TikTok視聴者投票サイト(※5月12日(木)夕方18時サイトオープン/投票スタート)

URL:https://vt.tiktok.com/ZSdu3sXKD/

■108名のPR映像

アイドル派
https://abema.tv/video/title/577-2?s=577-2_s201
ボーカル派
https://abema.tv/video/title/577-2?s=577-2_s202
シンガーソングライター派
https://abema.tv/video/title/577-2?s=577-2_s203

■ABEMA『青春スター』放送概要

放送日時:2022年5月19日(木)夜9時30分~
放送URL:https://abema.tv/channels/special-plus/slots/9Tv1eGYnP2rWSB

▼MC

チョン・ヒョンム

▼エンジェルミュージシャン

イ・スンファン
ユン・ジョンシン
キム・イナ
イ・ウォンソク(Daybreak)
ユンナ
ソユ(元SISTAR)
カン・スンユン(WINNER)
NO:ZE(WAYB)

▼スペシャルエンジェル

パク・ジョンヒョン

関連記事

一般会員募集中!!



マイページ
日韓カレンダー

リンク

アクセスカウンタ

  • 総訪問者数:

日韓の主要行事






フォーラム
  • 東京伝説
  • GOOD FRIENDS Charity Premium Concert
日韓スペシャル企画
ページ上部へ戻る