日韓の主要行事






フォーラム
  • 東京伝説
  • GOOD FRIENDS Charity Premium Concert
日韓スペシャル企画

9th KMF2016 ~K-POP秋の音楽祭♪~  ライブレポ

今年で9年目となる「9th KMF2016」は、9月17日(土)Zepp Sapporo、9月19日(月・祝)Zepp DiverCity Tokyoと2日間に渡り開催された。
「KMF」は、NPO法人日韓文化交流会が、毎年9月にK-POPを通じて分かち合いのチャリティーを行ってきているGoodwillコンサートで、韓国で話題のK-POPアーティストが、日本活動に弾みをつけるスター登竜門コンサートとしても注目される人気公演だ。
今年は、今、最もホットな新人グループ「OH MY GIRL」「SNUPER」「KNK」そして、KMF連続4年目の出演となるMR.MRが特別友情出演で花を添えた。まさしく新人祭りとなった今年のKMFは、フレッシュかつ爽やかなエネルギーいっぱいのステージで、各アーティストそれぞれの魅力を存分に発揮したキラキラした輝く公演となった!

日韓GFSCチャリティー映像のあと、今回も札幌会場・東京会場共に、オープニングを飾ったのは、「日韓Dance de Smile」のカバーダンス!この日の為に、猛特訓を重ねてた日頃の練習の成果を思う存分発揮した!
K-POPが大好きなメンバーたちが舞台に立つと、「日韓Dance de Smileファイティーン」の掛け声もかかった。明るく元気に出演者のヒットナンバーメドレーカバーダンスを披露し、これからスタートするライブに向けて会場と観客を熱く盛り上げた!

トップバッターは、札幌初登場!爽やかなルックス、親近感のある兄、弟のような魅力を持つSNUPER!大歓声の中、レトロな雰囲気の曲調が印象的な「Platonic Love」からスタートし、爽やかな笑顔で観客の心を掴む。10月26日に「YOU=HEAVEN (너=천국)」日本語verでデビューが決定しているSNUPERはトークも日本語で進行し、初めて会う札幌のファンに愛嬌を見せるなど楽しい雰囲気でSNUPERの魅力をアピール。また、東京公演ではモデルウォーキングやテコンドーなどの特技も披露した。
「ポラロイド」、韓国ドラマOST「ハイドジキル」「Oh My Venus」、韓国デビュー曲「Shall we dance」、日本デビュー曲「YOU=HEAVEN (너=천국)」と心地よい楽曲で観客を楽しませた。2部では、「Oh My Venus」に変え「U」を披露。
さらには、日本のファンにも見せてあげたかったという、この日のために準備したスペシャルステージEXOの大ヒット曲「Growl」をSNUPERバージョンで披露!溌剌とした清涼感溢れるSNUPERのステージで観客を笑顔にした!

2番手は、スラリとしたモデル体型をいかしたスーツ姿で登場した高身長グループKNK。待望の日本初登場だ!!彼らの来日を待ち望んでいたファンから大歓声が巻き起こる。
歌唱力をいかした「Angel Heart」で観客をうっとりさせると、2曲目は、彼らのデビュー曲「KNOCK」。イントロが流れると、歓声はさらに大きくなった。長い手足を存分に生かした大きなパフォーマンスでカリスマを放ち、観客の心の扉を強烈KNOCK!
日本初上陸KNKも日本語で挨拶。歌う時はかっこよくシックなスタイルのKNKだが、トークタイムでは初々しい日本語や可愛い愛嬌など、180度違う一面を見せ観客を喜ばせた。
スタンドマイクを使った「Propose」「I Remember」そして、スペシャルステージとして準備した東方神起の名曲「Love in the ice」日本語Ver.の素晴らしい歌声に、思わず涙ぐむ観客の姿もあった。
「このような素晴らしいKMFに出演できて嬉しい!」と日本初登場でKMFのステージに立った喜びもファンへ伝えた。
また東京公演では、「Back Again」の掛け声を直接レクチャーし、「Gone」「Back Again」と立て続けに披露。KNK直伝レクチャーで更に大きくなった掛け声に後押しされ、熱くシックな最高にカッコいい「Back Again」で、会場を熱狂させた。

次に登場したのは、4年連続出演となり、今年で『KMF』を卒業するMR.MR!
熱くなった会場を更にヒートアップさせる8月30日に発売したばかりの日本2nd Single「ROCK this WORLD」で男らしくパワー全開で貫禄あるステージで観客をひきつけた!
「ROCK this WORLD」のカップリング曲「夢の途中」は、「KMF」で初登場以来、韓国、日本活動と走ってきた彼らの姿と重なる歌詞と美しい歌声、ハーモニーが調和し、胸に響く。
「KMFは今年で卒業しますが、これまで僕達を成長させてくれたKMFの舞台に感謝し、これからもKMFを応援します!」と感謝と力強いメッセージを残した。
1部では「Just 1 Light」「Highway」、2部では「Tiger and Lion」「Who’s that Girl」と、違う楽曲を用意し、4曲ながらも先輩らしく存在感のあるステージでKMF卒業ステージを飾った!

ラストに登場したのは、一度見たら絶対はまる!超絶可愛いOH MY GIRL!
札幌1部は赤、2部はライトブルー、東京1部はイエロー、2部はブルーと全て違ったセーラー服のようなキュートな衣装で登場!男性客は勿論、女性客からも「可愛い!」と黄色い声援が送られた。
デビュー曲「CUPID」では可愛く溌剌と、「CLOSER」はシックにしっとりと緩急をつけ、一気にOH MY GIRL Worldへと観客を引き込む。
札幌公演では、当日、誕生日だったユアへのサプライズプレゼントとして、バースデーケーキとメンバー、観客からバースデーソングが贈られた。とても驚いたユアは感激で涙しメンバー同士で抱き合った。終始、「ユアちゃんおめでとう~」のメンバー達の言葉に、メンバー同士の仲の良さが垣間見え、その場にいた全ての人が笑顔になった。
同じ事務所の先輩B1A4のジニョンが手掛けた「One Step, Two Steps」、「Listen to my word」、そしてインド風サウンドが耳に残る「WINDY DAY」、明るく元気な「LIAR LIAR」では、一緒にふり真似をし、身体を動かしながら楽しむファンも多かった。
最後は日本初披露のスペシャルステージ「SUGAR BABY」で、「一緒に遊んでくださ~い!」の掛け声のもと、ファンと一緒に楽しく歌いながらステージを後にした。

MCの「皆さん楽しかったですか?もう一度会いたいですか?」に観客も反応!「それでは行きましょう~!」の掛け声と共に、全アーティストが今年のフィナーレ曲 オム・ジョンファの「Festival」の曲にのり再び登場。
「Festival」の歌詞にある『さあ 笑おう Smile again!~ 幸せな瞬間だわ Happy days~・・・』の通りに、ステージを右へ行ったり、左に行ったりしながら、出演者同士もグループの垣根をこえ肩を抱き合い、ファンとコミュニケーションを取りながら楽しく元気にフィナーレを盛り上げた。曲の途中、恒例となったサインボールを会場に投げ入れ、ファンを喜ばせた。最後は、MR.MRのチャンジェが「K-POPを愛してくれてありがとうございます。」とリードすると、全員で「ありがとうございました!」と来場の感謝を伝え幕を下ろした。

また公演後は、出演アーティストの温かい協力のもと総勢22名とのGFSCワンコインチャリティーハイタッチ会も行われ、溌剌とした明るい歌とダンスパフォーマンスは勿論、ファンとの温かいふれあいで観客を満足させた!

これまで日本での活動を見据えたアーティストが更に飛躍できる舞台を作ってきた「KMF」だが、今年は特に、各出演者が自身の実力を最大限発揮し、出演者、観客、スタッフが一体した、想像をはるかに超えた輝く素敵な「9th KMF2016」となり、音楽とチャリティーを通じての日韓交流活動を発信する2日間となった。

戻る

一般会員募集中!!



マイページ
日韓カレンダー

リンク

アクセスカウンタ

  • 総訪問者数:
ページ上部へ戻る