日韓の主要行事






フォーラム
  • 東京伝説
  • GOOD FRIENDS Charity Premium Concert
日韓スペシャル企画

ネパール図書館建設プロジェクト報告

GFSCネパール希望の図書館
建設プロジェクト報告!


ナマステ! ネパール

海抜2400m、本当に山上に学校があるのか?水は出るのか?人が住む村があるのか?という疑問をもつうち、ガタンガタンしながら非舗装の道路を走っていたバスは、ネパールカブレの山の下に長い息をしながら停車した。この地域は山岳地域であるがブミマタ学校へ行くにはここから4Kmほどまた歩いて山を登らないといけない。



段々畑が階段のように空に向かっている。 約2時間後、嘘のように家が一つ二つ見え始めた。ブミマタ学校は本当に山上に位置していた。外部からお客さんが来るからと学生たちは花の輪を作り、大人たちは食事準備でにぎやかであった。図書館を作るうちに村の人々がしょっちゅう学校に来るようになった。この図書館は学生、教師だけではなく地域住民たちにも利用できるからである。

希望の図書館
ブミマタ希望の図書館は最初地域住民自治会と学校がこの地域発展の為に何かの求心点が必要だということで企画され、この内容が外部に知らされネパールNGO団体とGFSCがこのプロジェクトに参加するようになった。


カマチャラヤ校長先生はこういう“図書館は学生たちに本当に希望と喜びを与えるところになるでしょう。学生たちは教科書以外何も持っていません。自由に本を読む事は学生たちの夢であります。”

この図書館プロジェクトを現場で実際指揮取っているサヌ 青年会長は工事現場だけではなく地域住民たちがこのプロジェクトにもっと参加するように呼びかけるし、関連団体との協力も呼びかけている。“私たちの地域に図書館という希望を与えたGFSCに感謝致します。この図書館は学生だけではなくこの地域の希望のセンターになると思います。地域を発展させるためにはまず住民たちの意識啓蒙が必要ですが、この図書館がこの地域の情報センター役になると思います。”

今回の図書館建設はブミマタ学校の校長先生の地域指導者を育成したいという熱情と、この地域を発展させようとする地域自治体の願望にGFSCが応えて出来た地域活性プロジェクトである。今後GFSCはネパールの山岳地域で教育環境が厳しい地域に図書館建設を中心した、地域発展を促す活動を継続的に実施する方針である。

希望は与えるものではなく共に作るもの


今回図書館建設に直接参加したボランティアメンバーは住民たちと一緒にブロックを置き、ペイントも塗った。一緒に食事をし、宿泊は学生の家で泊まった。やはり希望は与えるものではなく共に作っていくことを実感した。 GFSCはこの図書館プロジェクトを継続的に続けるために本の寄贈と建築用ブロック寄贈キャンペーンを実施している。
GFSCはこの図書館プロジェクトを継続的に続けるために本の寄贈と建築用ブロック寄贈キャンペーンを実施している。
詳しくはこちらをクリック



校長先生のメッセージ

青年会長のメッセージ

もっと詳しくはこちらをクリック

ネパール図書館建設プロジェクト に戻る

一般会員募集中!!



マイページ
日韓カレンダー

リンク

アクセスカウンタ

  • 総訪問者数:
ページ上部へ戻る