日韓の主要行事






フォーラム
  • 東京伝説
  • GOOD FRIENDS Charity Premium Concert
日韓スペシャル企画

マスコミ掲載2013年4月~12月

▼2013年4月~12月のマスコミ掲載記事

SHINee、NU’EST、MR.MR出演!『第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL 2014』開催!

K-PLAZA 2013年12月17日

札幌の冬を彩る雪と氷の大祭典“さっぽろ雪まつり”期間中に恒例開催されている、「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」が、来年も引き続き、2月8日(土)ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館)にて開催される。

 2009年の「韓国崇礼門(南大門)」、2010年「韓国・百済王宮」大雪像制作がきっかけとなり、韓国の人気音楽・文化を紹介しながら、日韓文化交流及び友情の輪をアジアに広げていきたい、そして、さっぽろ雪まつりを更に盛り上げたい!との思いから始まった本行事は、札幌で行う冬のK-POP行事として恒例となり、音楽ファンを楽しませてきた。

これまで、ワールドスター‘Rain’、日本でも活躍中の‘SHINee’‘MBLAQ’‘ZE:A’‘TEENTOP’などの人気アイドルの他、バラードの貴公子‘ソン・シギョン’‘パク・ヒョシン’など、多様な音楽アーティストが出演してきた。

日韓国交正常化50周年を目前に控えた来年2014年は、今後の日韓関係を左右する重要な年になるだろう。そんな中、2014年最初のK-POPオムニバスコンサートとして注目度の高い「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」には、本行事と縁の深いアーティストが登場する。

1組目は、公正性と大衆性のある受賞式として有名な「MelOn Music Awards」で、2013年、大賞を受賞し、大きな感動を残した、今、最も輝くアーティストSHINee
SHINeeは、以前、「第61回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2010」で、札幌初公演した経歴がある。
当時、日本デビュー前にも関わらず爆発的な人気を見せつけ、チケットは即日Sold Out!会場に入りきれなかったファンの為、同時中継車も登場した。
また、雪まつり会場である大通り公園に設置された「韓国・百済王宮大雪像」前の特設ステージでサプライズゲストとして登場し、忘れられない思い出を残した。
2年連続でアリーナツアーを成功させ、もはや日本でも不動の人気を誇るSHINeeが、再び、思い出深い本行事のステージに戻ってくる。
トップアーティストとして帰還する彼らのステージは、プレミアものといえそうだ。

2組目は、札幌初登場となる期待度No.1!スタイリッシュな10代のボーイズグループ!NU’EST
現在、日本デビュー前にも関わらず、既に単独公演を成功させ、人気急上昇中のNU’EST。そんな彼らの日本初訪問先は何と札幌。2011年に行なわれた「第62回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2011」に出演した事務所の先輩「ORANGE CARAMEL」の公演の為、来日した。
日本デビュー前だった彼らの目に映った「第62回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2011」の舞台は、とても熱く、輝いており、「いつかこの舞台に立ちたい!」と強い憧れを持ったという。
そんな彼らの夢の舞台「第65回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2014」で、札幌初の舞台に挑む。

3組目は、今年9月「KMF」で日本初登場し、かっこよく、またキュートなステージで強烈な印象を残したMR.MR。
初めての日本公演は、緊張の連続だったが、多くのファンから声援をもらい、とても感激し大きな喜びをもらったという。
11月に新メンバーHONを加え、6人態勢でカムバックしたMR.MR。思い出が残る札幌で、感謝の気持ちを伝え、更に成長した姿を見せたい!と、新たなパフォーマンスを準備し、再び札幌の舞台に立つ。

NPO法人日韓文化交流会、(一社)札幌観光協会で共同開催となる「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」は、GFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンで構成。
ピュアな雪景色が美しい札幌から発信する音楽を通じた愛を分かち合うチャリティー精神は、アジア人の心に暖かい<Love & Peace>メッセージを刻みこむことになるだろう! 世界3大祭り期間中に継続開催してきている「さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL」での、日韓友情の変わらない姿で、日韓間の民間交流を促進しつつ友好的な日韓関係へと進めていきたい。

今、最も輝く旬のアーティストから、人気急上昇中のフレッシュアイドルまで。
プレミア感たっぷりのスペシャルドリームライブに乞うご期待。




SHINee、NU’EST、MR.MRが出演決定!『第65回 さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL 2014』

K-fan★me 2013年12月17日


SHINee、NU’EST、MR.MRが出演決定!『第65回 さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL 2014』

札幌の冬を彩る雪と氷の大祭典“さっぽろ雪まつり”期間中に恒例開催されている、「第65回 さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL 2014」が、2014年2月8日(土)、札幌のニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館)にて開催。SHINee、NU’EST、MR.MR3組のが出演が決定した。


2009年の「韓国崇礼門(南大門)」、2010年「韓国・百済王宮」大雪像制作がきっかけとなり、韓国の人気音楽・文化を紹介しながら、“日韓文化交流及び友情の輪をアジアに広げていきたい、そして、さっぽろ雪まつりを更に盛り上げたい”との思いから始まった本行事は、札幌で行う冬のK-POP行事として恒例となり、音楽ファンを楽しませてきた。

これまで、ワールドスター Rain、日本でも活躍中のSHINee、MBLAQ、ZE:A、TEENTOPなど人気アイドルの他、バラードの貴公子 ソン・シギョン、パク・ヒョシンなど、多様な音楽アーティストが出演してきた。

日韓国交正常化50周年を目前に控えた来年2014年は、今後の日韓関係を左右する重要な年になることが予想されるが、2014年2月8日開催の本行事には、縁の深いアーティストが登場する!

1組目は、公正性と大衆性のある受賞式として有名な「Melon Music Awards」で、2013年に大賞を受賞して大きな感動を残した、SHINee(シャイニー)。「第61回 さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL 2010」にも公演を果たした経歴がある。当時、日本デビュー前にも関わらず爆発的な人気を見せつけ、チケットは即日ソールドアウト。会場に入りきれなかったファンのため、同時中継車も登場したほど。日本でも不動の人気を誇るSHINeeが、トップアーティストとして帰還するステージは、プレミアものだ。

続いて2組目は、札幌初登場となる期待度No.1、スタイリッシュな10代のボーイズグループ NU’EST(ニューイースト)。現在、日本デビュー前にも関わらず、すでに単独公演を成功させ、人気急上昇中の5人。実は2011年に行なわれた「第62回 さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2011」に出演した事務所の先輩“ORANGE CARAMEL”公演のため、来日を果たしている。“いつかこの舞台に立ちたい!”と強い憧れを持った彼らの夢の舞台で、札幌初公演に挑む。

そして3組目は、今年9月「KMF」で日本初登場し、カッコよく、またキュートなステージで強烈な印象を残したMR.MR(ミスターミスター)。初めての日本公演は、緊張の連続だったが、多くのファンから声援をもらい、とても感激し大きな喜びをもらったという。11月に新メンバー HONを加え、6人態勢でカムバックした彼らは、さらに成長した姿を見せたいと、新たなパフォーマンスを準備し、再び札幌の舞台に立つ予定だ。

今、最も輝く旬のアーティストから、人気急上昇中のフレッシュなアイドルまで。プレミア感たっぷりのスペシャルドリームライブに期待が集まる。




「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」2014年2月8日開催!

アジアエンタメLIFE 2013年12月16日

『第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL 2014』

Let's enjoy! Music!
Let's enjoy! Snow Festival!
Let's enjoy! Everybody!


日韓両国の友好親善を深める冬のK-POP祭りを熱くした彼らが、再びやってくる!

スタイリッシュかつパワフルなダンス!魅惑のボーカル!

ダイヤモンドダストが降り注ぐ雪まつりの札幌を舞台に、今最も輝く3組が夢の競演!!


札幌の冬を彩る雪と氷の大祭典“さっぽろ雪まつり”期間中に恒例開催されている、「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014が、来年も引き続き、2月8日(土)ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館)にて開催される。


2009年の「韓国崇礼門(南大門)」、2010年「韓国・百済王宮」大雪像制作がきっかけとなり、韓国の人気音楽・文化を紹介しながら、日韓文化交流及び友情の輪をアジアに広げていきたい、そして、さっぽろ雪まつりを更に盛り上げたい!との思いから始まった本行事は、札幌で行う冬のK-POP行事として恒例となり、音楽ファンを楽しませてきた。


これまで、ワールドスター‘Rain’、日本でも活躍中‘SHINee’‘MBLAQ’‘ZE:A’‘TEENTOP’などの人気アイドルの他、バラードの貴公子‘ソン・シギョン’‘パク・ヒョシン’など、多様な音楽アーティストが出演してきた。


日韓国交正常化50周年を目前に控えた来年2014年は、今後の日韓関係を左右する重要な年になるだろう。そんな中、2014年最初のK-POPオムニバスコンサートとして注目度の高い「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」には、本行事と縁の深いアーティストが登場する!

1組目は、公正性と大衆性のある受賞式として有名な「MelOn Music Awards」で、2013年、大賞を受賞し、大きな感動を残した、今、最も輝くアーティスト SHINee。SHINeeは、以前、「第61回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2010」で、札幌初公演した経歴がある。当時、日本デビュー前にも関わらず爆発的な人気を見せつけ、チケットは即日Sold Out!会場に入りきれなかったファンの為、同時中継車も登場した。また、雪まつり会場である大通り公園に設置された「韓国・百済王宮大雪像」前の特設ステージでサプライズゲストとして登場し、忘れられない思い出を残した!2年連続でアリーナツアーを成功させ、もはや日本でも不動の人気を誇るSHINeeが、再び、思い出深い本行事のステージに戻ってくる!!トップアーティストとして帰還する彼らのステージは、プレミアものだ!!

2組目は、札幌初登場となる期待度No.1!スタイリッシュな10代のボーイズグループ!NU’EST。現在、日本デビュー前にも関わらず、既に単独公演を成功させ、人気急上昇中のNU’EST。そんな彼らの日本初訪問先は何と札幌!2011年に行なわれた「第62回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2011に出演した事務所の先輩「ORANGE CARAMEL」の公演の為、来日した。日本デビュー前だった彼らの目に映った「第62回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2011の舞台は、とても熱く、輝いており、「いつかこの舞台に立ちたい!」と強い憧れを持ったという!そんな彼らの夢の舞台「第65回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2014」で、札幌初の舞台に挑む!

3組目は、今年9月「KMF」で日本初登場し、かっこよく、またキュートなステージで強烈な印象を残したMR.MRだ!
初めての日本公演は、緊張の連続だったが、多くのファンから声援をもらい、とても感激し大きな喜びをもらったという。
11月に新メンバーHONを加え、6人態勢でカムバックしたMR.MR。思い出が残る札幌で、感謝の気持ちを伝え、更に成長した姿を見せたい!と、新たなパフォーマンスを準備し、再び札幌の舞台に立つ!!


NPO法人日韓文化交流会、(一社)札幌観光協会で共同開催となる「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014は、GFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンで構成。ピュアな雪景色が美しい札幌から発信する音楽を通じた愛を分かち合うチャリティー精神は、アジア人の心に暖かい<Love & Peace>メッセージを刻みこむことになるだろう!世界3大祭り期間中に継続開催してきている「さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL」での、日韓友情の変わらない姿で、日韓間の民間交流を促進しつつ友好的な日韓関係へと進めていきたい。


今、最も輝く旬のアーティストから、人気急上昇中のフレッシュアイドルまで。プレミア感たっぷりのスペシャルドリームライブに乞うご期待!


詳細は、www.japankorea.org




SHINee、NU'EST、MR.MR出演!『さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL』 2/8開催!

ほっとコリア 2013年12月16日


日韓両国の友好親善を深める冬のK-POP祭りを熱くした彼らが、再びやってくる!
スタイリッシュかつパワフルなダンス!魅惑のボーカル!
雪まつりの札幌を舞台に、SHINee、NU'EST、MR.MRが夢の競演!!

札幌の冬を彩る雪と氷の大祭典“さっぽろ雪まつり”期間中に恒例開催されている、「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」が、来年も引き続き、2月8日(土)ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館)にて開催される。

2009年の「韓国崇礼門(南大門)」、2010年「韓国・百済王宮」大雪像制作がきっかけとなり、韓国の人気音楽・文化を紹介しながら、日韓文化交流及び友情の輪をアジアに広げていきたい、そして、さっぽろ雪まつりを更に盛り上げたい!との思いから始まった本行事は、札幌で行う冬のK-POP行事として恒例となり、音楽ファンを楽しませてきた。

これまで、ワールドスター‘Rain’、日本でも活躍中の‘SHINee’‘MBLAQ’‘ZE:A’‘TEENTOP’などの人気アイドルの他、バラードの貴公子‘ソン・シギョン’‘パク・ヒョシン’など、多様な音楽アーティストが出演してきた。

日韓国交正常化50周年を目前に控えた来年2014年は、今後の日韓関係を左右する重要な年になるだろう。そんな中、2014年最初のK-POPオムニバスコンサートとして注目度の高い「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」には、本行事と縁の深いアーティストが登場する!

1組目は、公正性と大衆性のある受賞式として有名な「MelOn Music Awards」で、2013年、大賞を受賞し、大きな感動を残した、今、最も輝くアーティストSHINee。SHINeeは、以前、「第61回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2010」で、札幌初公演した経歴がある。当時、日本デビュー前にも関わらず爆発的な人気を見せつけ、チケットは即日Sold Out!会場に入りきれなかったファンの為、同時中継車も登場した。

また、雪まつり会場である大通り公園に設置された「韓国・百済王宮大雪像」前の特設ステージでサプライズゲストとして登場し、忘れられない思い出を残した!2年連続でアリーナツアーを成功させ、もはや日本でも不動の人気を誇るSHINeeが、再び、思い出深い本行事のステージに戻ってくる!!トップアーティストとして帰還する彼らのステージは、プレミアものだ!!

2組目は、札幌初登場となる期待度No.1!スタイリッシュな10代のボーイズグループNU'EST。現在、日本デビュー前にも関わらず、既に単独公演を成功させ、人気急上昇中のNU’EST。そんな彼らの日本初訪問先は何と札幌!2011年に行なわれた「第62回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2011」に出演した事務所の先輩「ORANGE CARAMEL」の公演の為、来日した。

日本デビュー前だった彼らの目に映った「第62回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2011」の舞台は、とても熱く、輝いており、「いつかこの舞台に立ちたい!」と強い憧れを持ったという!そんな彼らの夢の舞台「第65回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2014」で、札幌初の舞台に挑む!

3組目は、今年9月「KMF」で日本初登場し、かっこよく、またキュートなステージで強烈な印象を残したMR.MRだ!初めての日本公演は、緊張の連続だったが、多くのファンから声援をもらい、とても感激し大きな喜びをもらったという。11月に新メンバーHONを加え、6人態勢でカムバックしたMR.MR。思い出が残る札幌で、感謝の気持ちを伝え、更に成長した姿を見せたい!と、新たなパフォーマンスを準備し、再び札幌の舞台に立つ!!

NPO法人日韓文化交流会、(一社)札幌観光協会で共同開催となる「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」は、GFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンで構成。

ピュアな雪景色が美しい札幌から発信する音楽を通じた愛を分かち合うチャリティー精神は、アジア人の心に暖かい<Love & Peace>メッセージを刻みこむことになるだろう!世界3大祭り期間中に継続開催してきている「さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL」での、日韓友情の変わらない姿で、日韓間の民間交流を促進しつつ友好的な日韓関係へと進めていきたい。

今、最も輝く旬のアーティストから、人気急上昇中のフレッシュアイドルまで。プレミア感たっぷりのスペシャルドリームライブに乞うご期待!

詳細は、www.japankorea.org




『第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL 2014』 SHINee、NU’EST、MR.MR出演決定!

韓流Mpost 2013年12月16日

日韓両国の友好親善を深める冬のK-POP祭りを熱くした彼らが、再びやってくる!
スタイリッシュかつパワフルなダンス!魅惑のボーカル!
ダイヤモンドダストが降り注ぐ雪まつりの札幌を舞台に、今最も輝く3組が夢の競演!!

札幌の冬を彩る雪と氷の大祭典“さっぽろ雪まつり”期間中に恒例開催されている、「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」が、来年も引き続き、2月8日(土)ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館)にて開催される。

2009年の「韓国崇礼門(南大門)」、2010年「韓国・百済王宮」大雪像制作がきっかけとなり、韓国の人気音楽・文化を紹介しながら、日韓文化交流及び友情の輪をアジアに広げていきたい、そして、さっぽろ雪まつりを更に盛り上げたい!との思いから始まった本行事は、札幌で行う冬のK-POP行事として恒例となり、音楽ファンを楽しませてきた。

これまで、ワールドスター‘Rain’、日本でも活躍中の‘SHINee’‘MBLAQ’‘ZE:A’‘TEENTOP’などの人気アイドルの他、バラードの貴公子‘ソン・シギョン’‘パク・ヒョシン’など、多様な音楽アーティストが出演してきた。

日韓国交正常化50周年を目前に控えた来年2014年は、今後の日韓関係を左右する重要な年になるだろう。そんな中、2014年最初のK-POPオムニバスコンサートとして注目度の高い「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」には、本行事と縁の深いアーティストが登場する!

1組目は、公正性と大衆性のある受賞式として有名な「MelOn Music Awards」で、2013年、大賞を受賞し、大きな感動を残した、今、最も輝くアーティスト SHINee
SHINeeは、以前、「第61回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2010」で、札幌初公演した経歴がある。
当時、日本デビュー前にも関わらず爆発的な人気を見せつけ、チケットは即日Sold Out!会場に入りきれなかったファンの為、同時中継車も登場した。
また、雪まつり会場である大通り公園に設置された「韓国・百済王宮大雪像」前の特設ステージでサプライズゲストとして登場し、忘れられない思い出を残した!
2年連続でアリーナツアーを成功させ、もはや日本でも不動の人気を誇るSHINeeが、再び、思い出深い本行事のステージに戻ってくる!!
トップアーティストとして帰還する彼らのステージは、プレミアものだ!!

2組目は、札幌初登場となる期待度No.1!スタイリッシュな10代のボーイズグループ!NU’EST
現在、日本デビュー前にも関わらず、既に単独公演を成功させ、人気急上昇中のNU’EST。そんな彼らの日本初訪問先は何と札幌!2011年に行なわれた「第62回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2011」に出演した事務所の先輩「ORANGE CARAMEL」の公演の為、来日した。
日本デビュー前だった彼らの目に映った「第62回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2011」の舞台は、とても熱く、輝いており、「いつかこの舞台に立ちたい!」と強い憧れを持ったという!
そんな彼らの夢の舞台「第65回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2014」で、札幌初の舞台に挑む!

3組目は、今年9月「KMF」で日本初登場し、かっこよく、またキュートなステージで強烈な印象を残したMR.MRだ!
初めての日本公演は、緊張の連続だったが、多くのファンから声援をもらい、とても感激し大きな喜びをもらったという。
11月に新メンバーHONを加え、6人態勢でカムバックしたMR.MR。思い出が残る札幌で、感謝の気持ちを伝え、更に成長した姿を見せたい!と、新たなパフォーマンスを準備し、再び札幌の舞台に立つ!!

NPO法人日韓文化交流会、(一社)札幌観光協会で共同開催となる「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」は、GFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンで構成。
ピュアな雪景色が美しい札幌から発信する音楽を通じた愛を分かち合うチャリティー精神は、アジア人の心に暖かい<Love & Peace>メッセージを刻みこむことになるだろう! 世界3大祭り期間中に継続開催してきている「さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL」での、日韓友情の変わらない姿で、日韓間の民間交流を促進しつつ友好的な日韓関係へと進めていきたい。

今、最も輝く旬のアーティストから、人気急上昇中のフレッシュアイドルまで。
プレミア感たっぷりのスペシャルドリームライブに乞うご期待!

Let’s enjoy! Music!
Let’s enjoy! Snow Festival!
Let’s enjoy! Everybody!

詳細は、www.japankorea.org




SHINee、NU'EST、MR.MRが登場! 「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL 2014」

KEJ Press - J-News/Livedoor NEWS/BIGLOBEニュース 2013年12月16日

札幌の冬を彩る雪と氷の大祭典「第65回 さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL 2014」が、2014年2月8日(土)に北海道・ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館)にて開催される。

09年の"崇礼門(南大門)"、10年の"百済王宮"大雪像制作がきっかけとなり、韓国の人気音楽・文化を紹介しながら「日韓文化交流及び友情の輪をアジアに広げていきたい」、そして、「「さっぽろ雪まつり」を更に盛り上げたい」との思いから始まった「K-POP FESTIVAL」は、今では札幌で開催される冬恒例のK-POPイベントとなり、音楽ファンを楽しませている。日韓国交正常化50周年を目前に控えた来年の本イベントには旬のアーティストから人気急上昇中のフレッシュアイドルまで3組が登場。プレミア感たっぷりのスペシャルドリームライブになりそうだ。

1組目は、今年9月の「KMF」で日本初上陸を果たしたMR.MR。初めての日本公演は緊張の連続だったが、多くのファンから声援をもらいとても感激し大きな喜びをもらったという彼らは、11月に新メンバーHONを加え6人態勢でカムバックした。思い出が残る札幌で感謝の気持ちを伝え「更に成長した姿を見せたい」と新たなパフォーマンスを準備した彼らが、再び札幌の舞台に立ち熱いパフォーマンスを披露する。

2組目は、11年に事務所の先輩ORANGE CARAMELが出演したために彼女たちとともに来日したNU’EST。当時、日本デビュー前だった彼らの目に映った本舞台はとても熱く輝いており、「いつかこの舞台に立ちたい!」と強い憧れを持ったという。

そして、3組目は今、最も輝くアーティストSHINee。「第61回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2010」へも出演経験をもつ彼らは当時、日本デビュー前にも関わらず爆発的な人気を見せつけてチケットは即日Sold Out!会場に入りきれなかったファンの為に同時中継車も登場した。また、雪まつり会場である大通り公園に設置された”韓国・百済王宮大雪像“前の特設ステージでサプライズゲストとして登場し、忘れられない思い出を残した。

「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」は、GFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンで構成。ピュアな雪景色が美しい札幌から発信する音楽を通じた愛を分かち合うチャリティー精神は、アジア人の心に暖かい"Love&Peace"のメッセージを刻みこむことになるだろう。イベントの詳細は、NPO法人日韓文化交流会HP( www.japankorea.org )をチェック。




「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL 2014」SHINee、NU’EST、MR.MR出演へ

WoW!Korea 2013年12月


上から「SHINee」、「NU’EST」、「MR.MR」

日韓両国の友好親善を深める冬のK-POP祭りを熱くした彼らが、再びやってくる! スタイリッシュかつパワフルなダンス! 魅惑のボーカル! ダイヤモンドダストが降り注ぐ雪まつりの札幌を舞台に、今最も輝く3組が夢の競演!!

 札幌の冬を彩る雪と氷の大祭典“さっぽろ雪まつり”期間中に恒例開催されている、「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」が、来年も引き続き、2月8日(土)ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館)にて開催される。

 2009年の「韓国崇礼門(南大門)」、2010年「韓国・百済王宮」大雪像制作がきっかけとなり、韓国の人気音楽・文化を紹介しながら、日韓文化交流及び友情の輪をアジアに広げていきたい、そして、さっぽろ雪まつりを更に盛り上げたい! との思いから始まった本行事は、札幌で行う冬のK-POP行事として恒例となり、音楽ファンを楽しませてきた。

 これまで、ワールドスターRain(ピ)、日本でも活躍中の「SHINee」「MBLAQ」「ZE:A」「TEENTOP」などの人気アイドルの他、バラードの貴公子ソン・シギョン、パク・ヒョシンなど、多様な音楽アーティストが出演してきた。

 日韓国交正常化50周年を目前に控えた来年2014年は、今後の日韓関係を左右する重要な年になるだろう。そんな中、2014年最初のK-POPオムニバスコンサートとして注目度の高い「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」には、本行事と縁の深いアーティストが登場する!

 1組目は、公正性と大衆性のある受賞式として有名な「MelOn Music Awards」で、2013年、大賞を受賞し、大きな感動を残した、今、最も輝くアーティスト「SHINee」。SHINeeは、以前、「第61回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2010」で、札幌初公演した経歴がある。当時、日本デビュー前にも関わらず爆発的な人気を見せつけ、チケットは即日Sold Out! 会場に入りきれなかったファンの為、同時中継車も登場した。また、雪まつり会場である大通り公園に設置された「韓国・百済王宮大雪像」前の特設ステージでサプライズゲストとして登場し、忘れられない思い出を残した! 2年連続でアリーナツアーを成功させ、もはや日本でも不動の人気を誇る「SHINee」が、再び、思い出深い本行事のステージに戻ってくる!! トップアーティストとして帰還する彼らのステージは、プレミアものだ!!

 2組目は、札幌初登場となる期待度No.1! スタイリッシュな10代のボーイズグループ「NU’EST」。現在、日本デビュー前にも関わらず、既に単独公演を成功させ、人気急上昇中の「NU’EST」。そんな彼らの日本初訪問先は何と札幌! 2011年に行なわれた「第62回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2011」に出演した事務所の先輩「ORANGE CARAMEL」の公演の為、来日した。日本デビュー前だった彼らの目に映った「第62回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2011」の舞台は、とても熱く、輝いており、「いつかこの舞台に立ちたい! 」と強い憧れを持ったという! そんな彼らの夢の舞台「第65回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2014」で、札幌初の舞台に挑む!

 3組目は、今年9月「KMF」で日本初登場し、かっこよく、またキュートなステージで強烈な印象を残した「MR.MR」だ! 初めての日本公演は、緊張の連続だったが、多くのファンから声援をもらい、とても感激し大きな喜びをもらったという。11月に新メンバーHONを加え、6人態勢でカムバックした「MR.MR」。思い出が残る札幌で、感謝の気持ちを伝え、更に成長した姿を見せたい! と、新たなパフォーマンスを準備し、再び札幌の舞台に立つ!!

 NPO法人日韓文化交流会、(一社)札幌観光協会で共同開催となる「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」は、GFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンで構成。ピュアな雪景色が美しい札幌から発信する音楽を通じた愛を分かち合うチャリティー精神は、アジア人の心に暖かい<Love& Peace>メッセージを刻みこむことになるだろう!  世界3大祭り期間中に継続開催してきている「さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL」での、日韓友情の変わらない姿で、日韓間の民間交流を促進しつつ友好的な日韓関係へと進めていきたい。

 今、最も輝く旬のアーティストから、人気急上昇中のフレッシュアイドルまで。プレミア感たっぷりのスペシャルドリームライブに乞うご期待!




SHINee、NU’ESTらが参加『第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL 2014』

Korepoニュース 2013年12月25日

日韓両国の友好親善を深める冬のK-POP祭りを熱くした彼らが、再びやってくる!
スタイリッシュかつパワフルなダンス!魅惑のボーカル!
ダイヤモンドダストが降り注ぐ雪まつりの札幌を舞台に、今最も輝く3組が夢の競演!!

札幌の冬を彩る雪と氷の大祭典“さっぽろ雪まつり”期間中に恒例開催されている、「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」が、来年も引き続き、2月8日(土)ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館)にて開催される。

 2009年の「韓国崇礼門(南大門)」、2010年「韓国・百済王宮」大雪像制作がきっかけとなり、韓国の人気音楽・文化を紹介しながら、日韓文化交流及び友情の輪をアジアに広げていきたい、そして、さっぽろ雪まつりを更に盛り上げたい!との思いから始まった本行事は、札幌で行う冬のK-POP行事として恒例となり、音楽ファンを楽しませてきた。

これまで、ワールドスター‘Rain’、日本でも活躍中の‘SHINee’‘MBLAQ’‘ZE:A’‘TEENTOP’などの人気アイドルの他、バラードの貴公子‘ソン・シギョン’‘パク・ヒョシン’など、多様な音楽アーティストが出演してきた。

日韓国交正常化50周年を目前に控えた来年2014年は、今後の日韓関係を左右する重要な年になるだろう。そんな中、2014年最初のK-POPオムニバスコンサートとして注目度の高い「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」には、本行事と縁の深いアーティストが登場する!

1組目は、公正性と大衆性のある受賞式として有名な「MelOn Music Awards」で、2013年、大賞を受賞し、大きな感動を残した、今、最も輝くアーティスト SHINee

SHINeeは、以前、「第61回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2010」で、札幌初公演した経歴がある。

当時、日本デビュー前にも関わらず爆発的な人気を見せつけ、チケットは即日Sold Out!会場に入りきれなかったファンの為、同時中継車も登場した。

また、雪まつり会場である大通り公園に設置された「韓国・百済王宮大雪像」前の特設ステージでサプライズゲストとして登場し、忘れられない思い出を残した!

2年連続でアリーナツアーを成功させ、もはや日本でも不動の人気を誇るSHINeeが、再び、思い出深い本行事のステージに戻ってくる!!

トップアーティストとして帰還する彼らのステージは、プレミアものだ!!

2組目は、札幌初登場となる期待度No.1!スタイリッシュな10代のボーイズグループ!NU’EST

現在、日本デビュー前にも関わらず、既に単独公演を成功させ、人気急上昇中のNU’EST。そんな彼らの日本初訪問先は何と札幌!2011年に行なわれた「第62回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2011」に出演した事務所の先輩「ORANGE CARAMEL」の公演の為、来日した。

日本デビュー前だった彼らの目に映った「第62回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2011」の舞台は、とても熱く、輝いており、「いつかこの舞台に立ちたい!」と強い憧れを持ったという!

そんな彼らの夢の舞台「第65回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2014」で、札幌初の舞台に挑む!

3組目は、今年9月「KMF」で日本初登場し、かっこよく、またキュートなステージで強烈な印象を残したMR.MRだ!

初めての日本公演は、緊張の連続だったが、多くのファンから声援をもらい、とても感激し大きな喜びをもらったという。

11月に新メンバーHONを加え、6人態勢でカムバックしたMR.MR。思い出が残る札幌で、感謝の気持ちを伝え、更に成長した姿を見せたい!と、新たなパフォーマンスを準備し、再び札幌の舞台に立つ!!

NPO法人日韓文化交流会、(一社)札幌観光協会で共同開催となる「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」は、GFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンで構成。

ピュアな雪景色が美しい札幌から発信する音楽を通じた愛を分かち合うチャリティー精神は、アジア人の心に暖かい<Love & Peace>メッセージを刻みこむことになるだろう!

世界3大祭り期間中に継続開催してきている「さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL」での、日韓友情の変わらない姿で、日韓間の民間交流を促進しつつ友好的な日韓関係へと進めていきたい。


今、最も輝く旬のアーティストから、人気急上昇中のフレッシュアイドルまで。

プレミア感たっぷりのスペシャルドリームライブに乞うご期待!


詳細は、www.japankorea.org




第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL 2014(出演:SHINee/NU’EST/MR.MR)

新大久保コリアンタウン ホットガイド 2013年12月13日

日韓両国の友好親善を深める冬のK-POP祭りを熱くした彼らが、再びやってくる!
スタイリッシュかつパワフルなダンス!魅惑のボーカル!
ダイヤモンドダストが降り注ぐ雪まつりの札幌を舞台に、今最も輝く3組が夢の競演!!


札幌の冬を彩る雪と氷の大祭典“さっぽろ雪まつり”期間中に恒例開催されている、「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」が、来年も引き続き、2月8日(土)ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館)にて開催される。

2009年の「韓国崇礼門(南大門)」、2010年「韓国・百済王宮」大雪像制作がきっかけとなり、韓国の人気音楽・文化を紹介しながら、日韓文化交流及び友情の輪をアジアに広げていきたい、そして、さっぽろ雪まつりを更に盛り上げたい!との思いから始まった本行事は、札幌で行う冬のK-POP行事として恒例となり、音楽ファンを楽しませてきた。

これまで、ワールドスター‘Rain’、日本でも活躍中の‘SHINee’‘MBLAQ’‘ZE:A’‘TEENTOP’などの人気アイドルの他、バラードの貴公子‘ソン・シギョン’‘パク・ヒョシン’など、多様な音楽アーティストが出演してきた。

日韓国交正常化50周年を目前に控えた来年2014年は、今後の日韓関係を左右する重要な年になるだろう。そんな中、2014年最初のK-POPオムニバスコンサートとして注目度の高い「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」には、本行事と縁の深いアーティストが登場する!

1組目は、公正性と大衆性のある受賞式として有名な「MelOn Music Awards」で、2013年、大賞を受賞し、大きな感動を残した、今、最も輝くアーティスト SHINee

SHINeeは、以前、「第61回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2010」で、札幌初公演した経歴がある。
当時、日本デビュー前にも関わらず爆発的な人気を見せつけ、チケットは即日Sold Out!会場に入りきれなかったファンの為、同時中継車も登場した。
また、雪まつり会場である大通り公園に設置された「韓国・百済王宮大雪像」前の特設ステージでサプライズゲストとして登場し、忘れられない思い出を残した!
2年連続でアリーナツアーを成功させ、もはや日本でも不動の人気を誇るSHINeeが、再び、思い出深い本行事のステージに戻ってくる!!
トップアーティストとして帰還する彼らのステージは、プレミアものだ!!

2組目は、札幌初登場となる期待度No.1!スタイリッシュな10代のボーイズグループ!NU’EST

現在、日本デビュー前にも関わらず、既に単独公演を成功させ、人気急上昇中のNU’EST。そんな彼らの日本初訪問先は何と札幌!2011年に行なわれた「第62回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2011」に出演した事務所の先輩「ORANGE CARAMEL」の公演の為、来日した。
日本デビュー前だった彼らの目に映った「第62回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2011」の舞台は、とても熱く、輝いており、「いつかこの舞台に立ちたい!」と強い憧れを持ったという!
そんな彼らの夢の舞台「第65回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2014」で、札幌初の舞台に挑む!

3組目は、今年9月「KMF」で日本初登場し、かっこよく、またキュートなステージで強烈な印象を残したMR.MRだ!

初めての日本公演は、緊張の連続だったが、多くのファンから声援をもらい、とても感激し大きな喜びをもらったという。
11月に新メンバーHONを加え、6人態勢でカムバックしたMR.MR。思い出が残る札幌で、感謝の気持ちを伝え、更に成長した姿を見せたい!と、新たなパフォーマンスを準備し、再び札幌の舞台に立つ!!

NPO法人日韓文化交流会、(一社)札幌観光協会で共同開催となる「第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2014」は、GFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンで構成。
ピュアな雪景色が美しい札幌から発信する音楽を通じた愛を分かち合うチャリティー精神は、アジア人の心に暖かい<Love & Peace>メッセージを刻みこむことになるだろう! 世界3大祭り期間中に継続開催してきている「さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL」での、日韓友情の変わらない姿で、日韓間の民間交流を促進しつつ友好的な日韓関係へと進めていきたい。

今、最も輝く旬のアーティストから、人気急上昇中のフレッシュアイドルまで。
プレミア感たっぷりのスペシャルドリームライブに乞うご期待!

詳細は、www.japankorea.org




SHINee さっぽろ雪まつりにK-POPの代表として4年ぶりに再会!

hankooki.com 2013年12月17日

翻訳

さっぽろ雪まつり公式行事 K-POP FESTIVALのヘッドライナー
NU’ESTとMR.MRも共にするステージ

SHINeeが、世界3大まつりである、さっぽろ雪まつりを訪れる。
彼らは来年の2月8日 札幌ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館)で開かれる‘第65回 さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL’ のステージに立つ。2010年にも同じステージに立ったSHINeeは4年ぶりに、雪まつりと再会することになった。 SHINeeの他にも、NU’ESTとMR.MRが一緒のステージに上がる。

今回の公演は毎年300万名が訪れる‘さっぽろ雪まつり’の公式行事として日韓両国の人気の音楽と文化を紹介し‘文化交流及び友情をアジアに発信しよう’という趣旨で開かれる。南大門と百済王宮の大雪像を制作し両国の友情を象徴したこともある。これに先立ちRain、MBLAQ、ZE:A、ソン・シギョン、パク・ヒョシンなどが、このステージでファンに出会った。
NPO法人日韓文化交流会と一社)札幌観光協会が共同主催し札幌市・駐札幌大韓民国総領事館・韓国文化産業交流財団・GFSC(Good Friends Save the Children)などが後援する今回の行事はGFSC チャリティーキャンペーンとして構成される。収益金は GFSCアジア貧困地域の子供教育支援、東日本大震災復興支援活動に全額寄付される予定だ。

原文

샤이니,삿포로 눈축제와 K-POP 대표로 4년 만에 재회!

삿포로 눈축제 공식행사 K-POP 페스티벌 헤드라이너
뉴이스트 미스터미스터 등도 한 무대

그룹 샤이니가 세계 3대 축제인 삿포로 눈축제를 찾는다.

이들은 내년 2월8일 삿포로 니토리 문화홀(예술문화관)에서 열리는 ‘제65회 삿포로 눈축제 K-POP 페스티벌’ 무대에 선다. 2010년에도 같은 무대에 섰던 샤이니는 4년 만에 눈축제와 재회하게 됐다. 샤이니 외에도 뉴이스트와 미스터미스터가 함께 무대에 오른다.

이번 공연은 매년 300만 명이 찾는 ‘삿포로 눈축제’의 공식행사로 한일 양국의 인기 음악과 문화를 소개하며 ‘문화 교류 및 우정을 아시아에 발산하자’는 취지로 열린다. 남대문과 백제 왕궁 대설상을 제작해 양국의 우정을 상징하기도 했다. 앞서 비 엠블랙 제국의아이들 성시경 박효신 등이 이 무대에서 팬들을 만났다.

NPO법인 일한문화교류회와 삿포로관광협회가 공동 주최하고 삿포로시· 주삿포로대한민국총영사관· 한국문화산업교류재단 GFSC(Good Friends Save the Children)등이 후원하는 이번 행사는 GFSC 채리티 캠페인으로 구성된다. 수익금은 GFSC 아시아 빈곤지역 어린이교육지원?동일본부흥지원활동에 전액 기부될 계획이다.




「さんまキムチ鍋」いかが? 大船渡・仮設商店街で祭り

河北新報 2013年10月16日

(記事をクリックすると大きくなります。)




おおふなと夢商店街 夢さんま祭りを開催 日韓コラボで盛大に

東海新報 2013年10月14日

 大船渡市大船渡町のおおふなと夢商店街で13日、「夢さんま祭り」が開かれ、炭火焼きさんまが振る舞われたほか、日韓の物産が出店されるなどして多くの来場者でにぎわった。
 夢さんま祭りは、商店街の活性化などを目指す活動の一環として昨年も開かれたが、今年はNPO法人日韓文化交流会が共催。日韓コラボによる盛大な祭りとなった。
 開会セレモニーでは、おおふなと夢商店街協同組合の伊藤修理事長が「きょうは皆さんと楽しい一日を過ごしたい」とあいさつ。来賓の戸田公明大船渡市長らも祝辞を述べた。
 炭火焼きサンマコーナーには開会前から長蛇の列ができ、会場は塩焼きの香りに包まれた。
 商店街前に設けられた特設ステージでは、日本での活動を精力的に行っている韓国の若手ボーカルグループ「FIX」によるライブのほか、大船渡東高校太鼓部、復興志縁和太鼓プロジェクト「福面」による演奏も披露され、会場は盛大な盛り上がりをみせた。
 また、商店街内では韓国の物産コーナー、同商店街で定期的に開かれている「夢市」メンバーによる出店も。
 日韓コラボの「夢さんまキムチ鍋」の300食無料提供もあり、来場者が多彩な飲食物の品々に舌鼓を打った。
 福島県から訪れていた和田美由紀さん(33)は「サンマがすごくおいしかった。私の住んでいる福島も被災したけど、ともにがんばって行けたらと思う」と話していた。
 祭り終了後には、駐日韓国企業&kotraから同商店街へ義援金も贈られた。




U-KISS、K.Will、MR.MR、FIX出演!「KMF 2013~K-POP最強祭り~」@渋谷公会堂

ほっとコリア 2013年9月24日

U-KISS、K.Will、MR.MR、FIX出演!「KMF 2013~K-POP最強祭り~(6th 韓流Music Festival)」東京公演二部の模様!


K-POPファン注目のGoodwillコンサートは今年も大盛況!!

アジア貧困地域子供教育支援・東日本大震災支援GFSCチャリティーキャンペーンとして、趣旨に賛同したアーティスト達が子供達の夢を応援し、参加者と共に愛を分かち合うチャリティーコンサート「KMF2013~K-POP最強祭り~(6th韓流ミュージックフェスティバル)」が、今年も札幌と東京で開催された。昼・夜と2回開催された東京公演の第二部の模様!!

オープニングアクトを務めたFIXは、『僕の女』を披露したあと、自己紹介に続き「今日は天気が悪くてとても心配していましたが、たくさんの方が来てくださいましたね。今日はこの舞台に立たせていただいて、とても光栄です。ありがとうございます」とチョンウク。次いで「僕たちは韓国の歌手ですが、日本のみなさまにも愛される歌手になりたいです。日本でも一生懸命活動していきますので、よろしくお願いします(ペ・ヌリ)」「僕たちはGFSCの広報大使としても活動しています。アジアの貧困地域の子どもたちを援助する団体です。みなさん、たくさんの関心を寄せていただければと思います(オソン)」とコメント。最後は『さよならと言わないで』を披露し、イベントを盛り上げた。

1組目のアーティストは、2012年に韓国デビューしたモデル並みのビジュアルを誇るMR.MR。『Who’s that girl』『Highway』と、ダンスナンバーを立て続けに披露したメンバー。まずは「はじめまして! 私たち男の中の男、MR.MRです!!」と全員で挨拶。「今日は日本ではじめてみなさんにご挨拶する場なので、まずはメンバー一人ずつ自己紹介をしたいと思います」というジンの言葉で「はじめまして。僕はMR.MRのボーカル、チャンジェです」「はじめまして。ホントにホントに可愛いMR.MRのリードボーカル、リュウです」「僕はリーダーのジンです。どうぞよろしくお願いします」「はじめまして。私はメインボーカルのテイです。よろしくお願いします」「僕はMR.MRのドヨンです」と、それぞれ日本語で自己紹介。

次いで「実は僕たち、今回の“KMF 2013”のステージに立つ前、本当にワクワクしていました。日本のみなさんに、こうやってご挨拶をできる機会もできましたし、また、この“KMF 2013”はアジアの子どもたちを支援するチャリティ公演ですよね。とても光栄に思います(ジン)」「今回はじめての来日で、正直とても緊張していましたが、最後まで思いっきり燃え尽きたいと思っています(ドヨン)」「今日、とても嬉しいです。残りの時間、みなさん思いっきり楽しんでいただきたいと思います(リュウ)」「みなさんとこうやってお会いできて一緒に呼吸できるということ、とても幸せに思います(ジン)」「今日こうやってこんなに大きなステージに立てることが、とても光栄だなと思います。先輩のみなさんもご一緒していますが、僕たちのこともっともっと可愛がってくださいね(笑)(テイ)」「このように大きなステージに立つことができて、とても光栄です。(日本語で)みなさん、大好きです(ドヨン)」と、このイベントに参加できた喜びを語った。

続くステージは、バラードナンバー『約束するよ』。歌いながらステージに腰かけ、ファンを喜ばせたメンバー。日本の曲『Only Human』と続け、さらに会場を魅了していた。「今回の“KMF2013”をきっかけに、僕たちMR.MRも頻繁に日本に来られるといいなと思います(ジン)」「明日、韓国に帰りますが、韓国に帰る前の最後のステージがこのような意味のあるステージになったこと、みなさんに感謝したいと思っています(チャンジェ)」「みなさんが本当に一生懸命応援してくださったおかげで、僕たちも集中してステージを務めることができました。(日本語で)みなさん、本当に愛してる!(ドヨン)」「あとわずかな時間ですが、僕たちのステージ楽しんでください(テイ)」「今日、こんなにたくさんのみなさんがいらしてくださるとは思ってもいませんでした。僕たち、みんなで感動しています。本当にありがとうございます。(日本語で)愛してるー!(リュウ)」と、ファンに感謝の気持ちを伝えたメンバー。最後はファンのかけ声に包まれながら『Waiting for you』をパフォーマンス。曲の途中で客席に降り立ち、会場を大いに盛り上げた。

K.Willは、ファンのかけ声を受けながら『どうかやめてくれ』『Lay Back』と2曲を披露。歌い終えると「久々に会えた方、嬉しいでしょう」とファンに声をかけ、「ほかの歌手を見に来た方たちも、お会いできて嬉しいですよね(笑)」と続け、会場の笑いを誘ったK.Will。さらに「この時間は僕と一緒に過ごす時間です。バラード歌手とともに過ごす、みなさんで泣く時間を持ちたいと思います(笑)。先ほどのMR.MRの熱狂的な熱いステージ、楽しみましたよね? 彼らはダンス歌手、アイドルですね。そして僕のあとに出てくるチームU-KISSも、アイドルですね。僕はバラード歌手です。僕は僕なりの時間を持ちたいと思います」とコメントし、会場は再び笑いに包まれた。

はじめて東京に来たのはこのKMFのコンサートだというK.Will。チャリティ公演の場ということで、満たされた温かい気分だと明かし「この温かい席を本来の僕のステージでやるような、重くて暗くて悲しい曲をやるのはちょっと早いかなと思います(笑)」という前置きで、ダンサーを従え『Lay Back』を披露。続いてバラードナンバー『恋しくて恋しくて恋しい』を歌い上げると「これでやっと、僕が望んでいた雰囲気ができましたね(笑)」と語り、暑い夏が終わりバラードにぴったりな季節がやってきたと笑顔を見せた。

続いて「僕には、とてもたくさんのバラード曲があります。悲しいバラード、とても悲しいバラード、すごく悲しいバラード、めちゃめちゃ悲しいバラード(笑)。ノリのいいバラードもありますよ。MR.MR、U-KISSに会いに来た方たち、たくさんいますよね? “すごく泣きたい”というときは、ぜひ僕の曲を聴いていただけたらと思います」と語り、「最後はちょっと明るい曲で、次に出てくるチームのために少し盛り上げたいと思います」との紹介で、ファンの歓声が響き渡る中『胸がときめく』を披露。最後は客席に投げキッスを贈り、ステージを締めくくった。

割れんばかりの大歓声に迎えられて登場したU-KISS。ファンのかけ声が響き渡る中、パワフルなダンスとともに『Standing Still』『ALONE』を披露し、会場は一気に興奮に包まれた。歌い終え全員で挨拶と自己紹介をしたメンバー。「“2013KMF”へようこそ!(AJ)」「KMFはアジアの子どもたちために準備した、GFSCチャリティー公演です。僕たちの音楽のパフォーマンスで、みなさんと一緒にこの意味のあるステージができて、とても嬉しいです(フン)」「ケビンさん、今日はどんなステージを用意してますか?(AJ)」「今日のために楽しいステージをたくさん準備しましたので、みなさん一緒に楽しんで欲しいですね。サプライズイベントもありますので、期待してください(ケビン)」「サプライズイベントは内緒じゃん!(フン)」と日本語でのトークでも、ファンを楽しませてくれた。


続いて、軽快なナンバー『Inside of Me』に続き、キレのあるダンスとともに『Neverland』をパフォーマンス。会場を熱く盛り上げ、トークタイムに。「僕たちU-KISSはパシフィコ横浜でファンミーティングがあります。みなさん、遊びに来てくれますか?!(ファン:大歓声)そしてその後、韓国の大邱(テグ)でもファンミーティングが!(フン)」「そして12月18日に、U-KISSの7枚目のシングルの発売が決定しました!!(スヒョン)」と明かすと、会場に大歓声が広がった。次いで「さっき歌った曲『Neverland』が最後の曲だったんです。U-KISSは、いつでもどこでも頑張ってるので、みなさんU-KISSのことたくさん愛してください。そしてMR.MRとK.Will先輩も、応援よろしくお願いします(スヒョン)」「以上、U-KISSでした!(全員)」と挨拶をし、ステージを後にした。

U-KISSのステージがあっさりと終わりざわめく会場に、スペシャルステージの始まりを予感させるアナウンス。本当にU-KISSのステージが終わってしまったのかと、ファンがどよめいているところに「みなさん残念ですか?」とメンバーの声。期待が広がるファンの耳に「後ろですよ、後ろ」と言う声が届いたかと思うと、何とメンバーが客席後方から登場! 『Man Man Ha Ni』を歌いながら客席を通ってテージに戻るという、思わぬサプライズに会場は興奮に包まれた。途中で、スヒョンとフンが再び客席に降り立つなど、メンバーもファンも最高潮に盛り上がっていた。

続いて、スペシャルステージがスタート。着ぐるみ姿で登場したMR.MRは、CRAYON POPの『パパパ』に合わせて“直列5気筒ダンス”をパフォーマンス。さらに、メンバー全員でキヨミダンスも披露し、会場を大いに盛り上げた。K.Willは、ドラマ「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」のOST『Real Love Song』を披露し、その歌声で会場を魅了していた。U-KISSは、スヒョン、フン、ケビンの3人が、4MENの『できない』を熱唱。高い歌唱力を見せつけた。ラストは3組全員が登場。『赤い夕焼け』を歌いながら客席にサインボールを投げ入れ、大盛り上がりのステージは幕を降ろした。




U-KISS、K.will、MR.MR出演の「KMF2013」。K-POP最強祭り、熱く温かい雰囲気のなか大盛況のうちに終了!

K-fan★me 2013年9月20日

毎年9月の恒例行事として、K-POPファンを楽しませ続け、今年で6回目を迎えた「KMF2013」(U-KISS、K.will、MR.MR出演)が温かい雰囲気の中、大盛況の内に幕を下ろした。


昨年に続き、今年もNPO法人日韓文化交流会がMBC MUSIC と共催で、9月15日(日)札幌・9月16日(月・祝)東京の2都市で開催。「KMF2013」は、アジアの貧困地域の子供たちの教育支援や、東日本大震災で被害にあった子供たちの為に支援を行っているGFSC(Good Friends Save the Children)チャリティー公演でもあり、GFSCの趣旨に賛同した出演者U-KISS、K.will、MR.MRの3組が「困難な環境にいる子供たちのために」と素晴らしい歌とパフォーマンスを披露した。

昨年、大好評だったライブ本番前から楽しめる客席中継イベントが用意。客席に座っているファンがスクリーンに映し出されると、「ようこそ!」「ありがとう」「誰のファン?!」などのメッセージと共に、いたずら書きや、ハートマークなど、アーティストが直接メッセージを送る楽しいふれあいに、駆け付けたファンは大喜び。

東京では、オープニングアクトとして数々のOSTに参加している歌唱力が魅力の実力派・FIX(フィックス)が登場。「僕の女」を歌った後、「今日は台風で、天気がよくないのにたくさん来ていただきありがとうございます」「僕たちはGFSC広報大使を行っていますが、これからもGFSCの活動に沢山の関心をよろしくお願いします」と、GFSC広報大使らしくメッセージを伝え、「さよならと言わないで」を熱唱。美しい歌声で、余韻を残した。

また札幌では、NPO法人日韓文化交流会「K-POPダンス教室 Dance de Smile」の生徒達によるU-KISSのカバーダンスも披露!

会場が暗転すると、カンボジアトイレ建設・ネパール図書館建設、東日本大震災で被害を受けた雄勝中学校への和太鼓支援、また、雄勝中学校の生徒がオープニングアクトとして参加したKMF2011と応援に駆けつけた2AMなどのアーティストの姿、そして困難な環境にいる子供たちへGFSC活動をまとめたが映し出され、最後には「Good Friendになってください」とのメッセージが流れると、会場は自然と温かい拍手で包み込まれた。

「KMF2013オープニング映像」が流れ一気に会場中の期待感が膨らむ。

MR.MRのイントロ映像後、ライトが点灯し、5人のシルエットが見えた瞬間、大歓声が響き渡る。いよいよ日本初登場となるMR.MRのステージがスタートだ。「Who's that girl」「Highway」と、キレのあるダンスとヒットナンバーで観客の心をつかむ。

「初の海外公演だったので、ずっと緊張していました」「初の海外公演で、このような意味のある行事に参加できて光栄です」と、初々しいコメントの他、声のトーンを徐々に高く上げながらの自己紹介で、笑いも誘う。

「約束するよ」ではステージ前に座り、甘い歌声を披露すると、日本のファンのことを考え準備した「Only human(『1リットルの涙』OST)」と、ボーカルグループらしく美しいハーモニーで実力を見せつけた。

その後のトークでは「『Only human』が日本の人気ドラマ『1リットルの涙』のOSTでだったので、みなさんに1リットルの涙を流させたかったのですが、まだ実力不足でした。みなさんの代わりに僕たちが1リットルの汗を流しました。次来たときは、1リットルの涙を流していただけるように頑張ります」と笑いを誘いながらも、日本での活躍に意欲を覗かせた。最後の「Waiting for you」では、ステージを飛び降り、元気いっぱいに客席の1階後方まで駆け抜け、会場を多いに盛り上げた。

続いては、4年ぶりにKMFに帰ってきたK.will。「どうかやめてくれ」の曲が流れると歌いながら登場すると、ひときわ大きな歓声が響き度たり、1曲目から歌唱力を存分に発揮。観客を魅了した。

続けて明るくポップながらもK.willの歌唱力が際立つ軽快な「Love Blossom」を。ダンサーとの息もぴったりだ。トークでは、「日本に初めて来たのがKMFでした。また、このようにKMFに参加することができて嬉しい。今回の公演はアジア貧困地域の子供たちや東日本大震災で被害を受けた方へ支援するチャリティー公演です。みなさんもたくさん関心を持っていただければと思います」と公演の趣旨を伝え、また、「僕はバラード歌手ですが、やっとバラード歌手のぴったりの季節(秋)がやってきました。他のアーティストのファンのみなさんも、年に一度泣きたい時は、僕の歌を聴いてください」とユーモアあふれるトークセンスで観客を楽しませた。さらに、ダンサーと一緒に椅子を使ったパフォーマンスを取り入れた「Lay Back」をかっこ良く歌い上げ、K.willらしい定番のバラード曲「恋しくて恋しくて恋しい」を切なくしっとりと歌い上げ、観客はうっとりとなりK.willの世界へと引き込んだ。

「ようやく悲しいバラードにぴったりの雰囲気になりましたね」と笑いを誘う。「このまま悲しい雰囲気のまま終わらせることはできませんね」と、最後は「胸がときめく」で会場全体をひとつにし、U-KISSへとバトンを引き継いだ。

最後は、日本でも大活躍中。新韓流の中心ともいえる、U-KISSが登場!

この日一番の歓声が上がると、1曲目からダンスナンバーの「Standing stil」を披露し、会場はヒートアップ。立て続けに「ALONE」でさらに会場は熱狂の渦となった。

「こんにちは、U-KISSです。初めてU-KISSとお会いしたかたもいらっしゃるかと思いますので」とそれぞれメンバーが挨拶をするたびに割れんばかりの歓声が巻き起こる。「GFSCはアジアの困難な環境にいる子供たちや東日本大震災で被害を受けた方のためのチャリティー公演です。みなさんの温かい声援をよろしく願いします」と心温まるメッセージを伝えた。

Newシングル「Inside of Me」「Neverland」のキレのあるダンスと歌で観客のボルテージも最高潮に達していたが、何と「さっきの『Neverland』が最後の曲でした」と告げられファンは名残惜しそうにするも、メンバーは「また会いましょう」とステージを去った。しかし、U-KISSのステージはそれだけでは終わらない…!

何と、後ろの客席より登場するサプライズにファンは大喜び。目の前を通り過ぎるメンバーに悲鳴を上げる場面も! 大ヒットナンバー「Man Man Ha Ni」で観客も一緒に大合唱し、大興奮の内にステージを終えた。

いよいよここからが、KMFのもうひとつのお楽しみのスタート!

各アーティストによるスペシャルステージのスタートだ。トップバッター、MR.MRが可愛い着ぐるみ姿で登場。今、韓国でシンドロームを巻き起こすほど大人気のCRAYON POP「パパパ」を愛嬌たっぷりに歌い踊る。あまりの可愛さに、会場は悲鳴あり、笑いありで、一緒にジャンプをしながら盛り上がるファンも。「僕達は、新人なので~」と、流行の“キヨミ”を見せてくれるサービスも!

続く、K.willのスペシャルステージでは、2011年度の韓国人気ドラマに選ばれた『最高の愛~恋はドゥグンドゥグン』より「Real Love Song」を披露。ドラマの名場面や、感動が再び胸に浮かんでくる。

最後のスペシャルステージは、U-KISSのフン、ケビン、スヒョンの3人がMENの「できない」を熱唱。歌唱力を改めて実感できる見事なハーモニーとマッチした歌声に、観客は息をのんで聞き入った。心に響くステージは大きな感動を残した。

フィナーレは、U-KISS、K.will、MR.MRと全出演者が「赤い夕焼け」を歌いながら観客へプレゼントとしてサインボールを投げこんだ。キャッチしたファンは大喜び。また、終盤にはU-KISSのキソプとK.willが「パパパ」のジャンプを見せると、ファンから悲鳴と笑いが起こり、和気あいあいの温かい雰囲気。

最後、K.willとU-KISSのリーダーからは、「アジア貧困地域の子供たちのため、また、東日本大震災の被災者の支援のため、ワンコインチャリティーにどうぞ温かいご声援をよろしくお願いいたします」とメッセージが伝えられると、会場からも自然と拍手が起こり最後は出演者全員で手をつないで挨拶し、ステージを後にした。

今年の「KMF2013」もスタートからラストまで、情熱的なパフォーマンスと心に響く歌と温かいメッセージで、心温まる雰囲気で幕を下ろした。




U-KISS、K.Willら人気アーティストが「KMF」で熱唱

@韓流ぴあ 2013年9月19日

 U-KISS、K.Will、MR.MRが9月16日、東京・渋谷公会堂で開催されたK-POPイベント「KMF2013(6th 韓流ミュージックフェスティバル)」に出演、ライブを行った。


<U-KISS>

 同イベントは、音楽を通じて日韓の交流を深めるとともに、アジア貧困地域子供教育支援(Good Friends Save the Children)や東日本大震災へのチャリティとして2008年より毎年9月に開催されている人気公演。前日には札幌・ニトリ文化ホールでも3組画はライブを行い好評を博した。初来日を果たしたMR.MRのリーダー、ジンは「日本での初ライブがチャリティ公演ということで、良いことが出来て光栄」と挨拶し、最新活動曲『Waiting for you』や日本ドラマ『1リットルの涙』の主題歌『Only Human』など5曲を披露した。毎年、注目の新人の初来日を実現させている同公演だが、MR.MRは全員がモデル級のスタイルのボーカリストというK-POPアイドルとしては珍しいグループ。この日は「皆さんに僕たちの歌を聴いてもらって1リットルの涙を流してほしかったのですが、僕たちの力不足で僕たちが今、1リットルの汗を流しています」と、緊張気味ながら熱いステージを見せた。


<MR.MR>

 続いて登場したK.Willは、「僕はバラード歌手なので、盛り上がった雰囲気は苦手なのですが、ダンスといえないまでも、バラード歌手のステージとしてはノリの良いステージをお見せします」と、ベテランらしい巧みなトークとダイナミズムのある歌で『Love Blossom』など5曲を熱唱した。


<K.Will>

 トリを務めたのは、日本でも活躍しているU-KISS。メンバーのドンホが体調不良で欠席し6人でのライブとなったが、日本最新曲『Inside of Me』や韓国最新曲『Standing Still』など日韓半々の楽曲構成で、最後の『Man Man Ha Ni』では客席後方から登場し、客席を練り歩きながら歌うという単独公演とは一味違ったライブで沸かせた。また、公演中にスヒョンから「12月18日に7枚目のシングルの発売が決定しました!」という嬉しい知らせも届けられた。

 「KMF」といえば話題のアーティストがライブを行うだけでなく、趣向を凝らしたスペシャルステージが呼び物のひとつ。フレッシュなMR.MRは、韓国で大ブレイク中のクレヨン・ポップの『BarBarBar(パパパ)』の直列5気筒ダンスや、「1+1=キヨミ♪…」と歌いながら手をつかって可愛さをアピールする“キヨミプレイヤー”を動物の着ぐるみ姿で披露し、笑いを集めた。K.Willはドラマ『最高の愛 ~恋はドゥグンドゥグン~』のオリジナル・サウンド・トラック『Real Love Song』を、U-KISSのフン、ケビン、スヒョンのボーカル組が4MENの『できない』をカバーし、圧倒的な歌唱力で客席の大喝采を浴びた。そして、最後は出演者全員による、大先輩であるイ・ムンセの名曲『赤い夕焼け』の大合唱で幕を閉じた。

 また、この日はオープニングアクトでFIXも登場した。


<MR.MRの直列5気筒ダンス>

<FIX>



U-KISS、K.will、MR.MR出演『KMF 2013~K-POP最強祭~』取材レポート

上野まり子のアジアンスタービュー 2013年9月19日

 毎年9月に開催され恒例となった韓流Music Festival、第6回を迎えた本年は「K-POPの祭典~日韓Charity Premium Presents~『KMF 2013~K-POP最強祭~』」として9月15日札幌、16日東京で開催された。

 コンサートオープ二イングアクトはGFSC広報大使を務めるFIX。2人の女性ダンサーを加えて「♪僕の女」。「天気が悪い中を大勢お越し頂きありがとう」と挨拶。日本でも愛される歌手になりたいと抱負を語った。続いては手拍子に乗って「♪さよならと言わないで」、メンバーの高い声が特徴の曲。10月13日に岩手県大船渡でGFSCのイベントにゲスト出演すると告知。また単独ライブ iconも開催決定。

 コンサート本編のトップを飾ったのは2012年にデビューした5人組男性グループMR.MR、“男の中の男”という意味を持つ。日本初舞台はダンスパフォーマンスと共に「♪Who’s that girl」。続いてビートの利いた「♪Highway」。其々自己紹介し、意味深いチャリティーに参加できて光栄だと挨拶した。続いてミニアルバムから「♪約束するよ」と日本のファンの為に選曲したドラマ『1リットルの涙』から「♪Only Human」,、スクリーンには下弦の月が映し出された。「これから日本で活動できるようにかんばります」と宣言。「♪Waiting for you」ではステージを下り、ファンの元へ。

 次のステージはアメリカビルボードにもランキングされ、“感性のボーカリスト”と言われるK.will。口笛でスタートした「♪どうかやめてくれ」、続いて「♪Love Blossom」。「お久しぶりです」と挨拶したK.will、日本での初ステージもこのKMFのステージ、あの頃はわずかなファンだったが今は多くの方から愛されて感慨無量と彼。今年の来日は3度目、更に10月には単独コンサート iconも開催される。 アイドルで盛り上がったステージを冷静にするのがバラード歌手の得意と笑いを誘い、バラード歌手としては乗りの良い曲とイスを持ち出してのダンスパフォーマンスと共に「♪Lady Back」。続いてしんみりとバラード曲「♪恋しくて 恋しくて 恋しい」を歌い上げた。シーンとその声に聴き入るファンたち、「望んでいた雰囲気になってきた」と彼。男性バラード歌手にとっては最も大切な季節「秋」、新しいアルバムもリリースするとファンにとっては嬉しい報告。このステージ最後は「♪胸がときめく」。

 一層大きな歓声に迎えられたのはU-KIISS、この日は6人での参加だ。まずは「♪Standing Stil」、パーツを歌い継ぐ「♪ALONE」日本語バージョン。日本での活動も5年目、全員日本語での自己紹介。チャリティーと言う意味ある公演に参加できて嬉しい「楽しいですか?」とメンバー。続いては7月24日にリリースした2ndアルバムからタイトル曲「♪Inside of Me」、日本語で歌った。ハードビートな「♪Neverland」。12月18日7枚目のアルバム(*イベント参加券A) をリリース、またパシフィコ横浜国立大ホールでファンミーティング iconも開催される。「みんな遊びに来て!」と一旦ステージを後にした。しばらくすると客席後方の扉から「♪Man Man Ha Ni」を歌いながら登場。そのサプライズプレゼントにファンは大騒ぎ。次のステージへとバトンタッチした。

 すると登場したのは着ぐるみをつけたMR.MRのメンバー。今韓国で最も旬なダンスでCRAYON POPの「♪パパパ」、その姿がとても可愛い。 続くスペシャルステージはK.will。ドラマ『最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~』 オリジナルサウンドトラック から「♪Real Love Song」。U-KISSの3名のメンバーでバラード曲「♪できない」(4MEN)。その歌唱力に会場はシーンと静まり返った。
全員が登場し「赤い夕焼け」を歌いながらサインボールを客席へと投げ込んでプレゼント。其々メンバーが最後のメッセージ。「濃く楽しい時間を過ごせた。またまもなくお会いします」と挨拶し、全員が勢ぞろいして手を繋ぎ「さようなら ありがとう!」の言葉でコンサートは終了した。

 このコンサートはGFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンとしてアジア貧困地域子供教育支援、東日本大震災復興支援を行い、アジアの未来の子供たちに希望と夢の種をプレゼントする活動の一環として行われている。その活動の模様がコンサートの中で「♪ガチョウの夢」に載せて映像で紹介された。東日本の被災地で亡くなった子供達に奉げる「青いこいのぼり」、被災地雄勝への和太鼓の贈呈、東日本の被災地の高校生と韓国の高校生との交流、またアジアの国への図書館建設などなど東日本の被災地の復興とアジアの貧困地域への援助、希望の種はやがて花を咲かせ、実を結ぶ事だろう。




K.will、U-KISS、MR.MR、FIXが台風を吹き飛ばす!「KMF2013」

KEJ Press - J-News 2013年9月18日

毎年9月に開催されるK-POPアーティストの登竜門「KMF」が9月15日に札幌、16日に東京で計3公演開催された。台風が上陸し、関東の天気は大荒れとなった東京公演。会場の渋谷公会堂は公演の中止を心配しながらも集まったファンで埋め尽くされ、いつにも増して熱気を放っていた。

NPO法人日韓文化交流会が主催し、アジア貧困地域の子どもたちおよび東日本大震災の被災者を支援するGFSC(Good Friends Save the Children)のチャリティコンサート「KMF」。GFSC広報大使を務めるFIXのオープニングアクトで幕を開け、いよいよ始まった「KMF2013~K-POP最強祭り」本編はMR.MRの熱いステージでスタートを切った。日本では初お披露目となった彼らだったが、彼らを迎える観客の歓声は爆発的。一気にヒートアップしたファンを前にMR.MRは「Who’s that girl」「Highway」でグループ名にふさわしい男らしく力強いパフォーマンスを繰り広げた。「はじめまして」と挨拶を伝えた彼らは、その後「約束するよ」、「Only Human」(K)でそれまでとは打って変わった優しくしっとりとした雰囲気を演出。ダンスだけでなく歌の実力も抜群に持ち合わせていることを証明した。

MR.MRにつづき、茜色の照明に包まれて現れたK.will。「どうかやめてくれ」で切ない歌声を聴かせた彼は「バラード歌手と“泣く時間”を過ごしましょう。先ほどの熱い雰囲気を一気に冷めさせるのが得意です」と、この日も彼ならではのトークで観客を笑わせ、「次のチームのため少しノリのいい曲をお届けする」と、5曲目には「胸がときめく」で自身のステージを締めくくった。

ドンホを除く6人でステージに立ったU-KISSは「Standing Still」「ALONE(日本語ver)」で大迫力のパフォーマンスを披露し会場中を沸かせた。4曲を終えてステージを後にしたU-KISSだったが、アンコールではなんと客席1階後方から登場。「Man Man Ha Ni」を歌いながら、大興奮のファンの合間を縫って再びステージへ上がり、全5組のファンをひとつにする華やかなパフォーマンスでコンサートを彩った。

その後スペシャルステージではMR.MRがキュートな着ぐるみを着てこの夏韓国中を虜にした「Bar Bar Bar」(CRAYON POP)を披露したほか、K.willは大ヒットドラマ『最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~』(12/MBC)のOST「Real Love Song」、U-KISSのスヒョン、フン、ケビンは4MENの「できない」でその歌声を響かせた。ラストにはステージ上に出演者全員が集結し、イ・ムンセの「赤い夕焼け」を熱唱。サインボールを投げたり客席に降りたりとも満点のサービスでファンを喜ばせ、「KMF2013」の幕を閉じた。




KMF2013、札幌&東京で開催決定!

ブロコリ 2013年8月22日

毎年9月に開催され、今年6年目となるK-POPアーティストの登竜門イベントK-POP最強祭り!
「KMF2013」が今年も開催されます!出演は「U-KISS」「K-will」「MR.MR」の3組です。

No1の次世代K-POPアイドル、万能エンターテイナーグループ【U-KISS】、
感性に響く甘い歌声で魅了する【K.will】、4年ぶりの出演となります!

更に、日本初登場!モデル並みのルックスと高い歌唱力の5人【MR.MR】が
ホットなステージをお見せします!

韓国放送局「MBC MUSIC」が演出する一味違うオムニバスコンサート、
GoodwillコンサートKMF2013では、GFSCチャリティーキャンペーンを展開いたします。

観客と共に「分かち合いの精神」を発信し、
アジアの未来の子供たちに希望と夢をプレゼントいたします。

期待の公演に是非足をお運びください。




KMF2013 6th韓流ミュージックフェスティバル

北海道新聞 2013年7月30日

(記事をクリックすると大きくなります。)




K.will、U-KISS出演『KMF2013~最強K-POP祭り』9月札幌、東京で開催

上野まり子のアジアンスタービュー 2013年7月18日

『KMF2013~最強K-POP祭り』が9月15日(日)ニトリ文化ホール、9月16日(月・祝)渋谷公会堂で開催される。出演は2009年に同イベントに初登場したK.will、2012年10月韓国でデビューしたMR.MR、そしてお馴染み大人気K-POPアイドルU-KISS。

ソロ歌手として超売れっ子となったK.willは2009年に札幌でのKMFを通して初めて皆さんに挨拶した記憶が今も鮮明に残っている。久しぶりにご挨拶することになった。この時の皆さんの応援をきっかけに日本でも活動する事になった。良い曲を用意しているので期待してほしいとメッセージしている。

また、昨年10月に韓国でデビューを果たした男性5人組グループMR.MRは現在最新の「1st Mini Album - Waiting for You 」 で活動中。男性美あふれるパワフルなパフォーマンスを披露している。念願の日本初舞台を踏むことになった彼らは、6年も続くKMFに出演できることを光栄に思っている。先輩たちのように日本でも活動できるよう一生懸命準備して行く。「沢山、応援して下さい!」とエネルギー溢れるメッセージ。自信があると言うヴォーカルでアカペラを披露する予定。初ステージへの期待が高まる。

更に日本でもお馴染み大人気K-POPアイドルU-KISSが出演し、既存のコンサートとは一味違ったオムニバスコンサートとして期待される。




K.Will、U-KISS、MR.MR出演!「KMF2013」メッセージ動画到着!!

ほっとコリア 2013年7月17日

「KMF2013」出演アーティスト
U-KISS、K.Will、MR.MRよりメッセージ動画到着!!

「KMF2013~最強K-POP祭り」出演アーティストより、公演に出演する喜びと、ファンに向けた笑顔溢れる楽しいメッセージ動画が到着!

◆日本でも大活躍中のU-KISSのメッセージは、流暢な日本語!
実は、U-KISSとKMFは「2008」という共通キーワードを持っている。「僕達がデビューしたのは、2008年!‘KMF’が始まったのも2008年と同じです!頑張ってきましたね。僕達と同じだけ年を重ねてきた‘KMF’に出演できて、すごく光栄!!」とキーワードの秘密を明かすと共に、KMFへの出演喜びを元気いっぱいに伝えている。また「子供達のためのGFSC (Good Friends Save the Children)チャリティー公演で、ファンの皆と会えて嬉しい。KMFだけの特別なステージを準備していきます! 期待していて下さい!」と最後はファンに向け、沢山のハートを送り、キュートな姿で締めくくっている。

◆2009年のKMFで日本初登場したK.Will
「久しぶりにKMFを通して皆さんにご挨拶することになりました。お元気でしたか?KMFを通して初めて札幌に行き、皆さんに挨拶した記憶が今もなお鮮明に残っています」と特有の優しい笑顔でメッセージを伝えている。今や、K-POPソロ歌手として超売れっ子になったK.Will。「(KMFで)沢山応援してくれたおかげで、日本で公演できるようになり、たびたび訪れるきっかけになりました。今回も沢山のよい曲を用意していくので、沢山期待して下さい! その時にお会いしましょう!」と、最後に投げキス&ピースサインも! 日本活動の原点となるKMFへの再登場にK-POPファンからの関心はとても熱い。成熟を増した歌声を楽しめる「KMF2013」で、K-POPを牽引し続けているK.Willの人気の秘訣を体感したい!

また、昨年10月に韓国でデビューを果たし、「KMF2013」で念願の日本初舞台に挑む男性5人組の新人MR.MRは、「6年も続くKMFに

◆「KMF2013」で念願の日本初舞台に挑む男性5人組の新人MR.MR
「6年も続くKMFに出演でき本当に光栄。僕達も、日本でよい活動ができるよう一生懸命、準備していきます! 先輩達のように、僕たちも沢山、応援して下さい!」と、初めての日本公演にワクワクしている様子が見て取れ、フレッシュルーキーらしい溌剌としたエネルギーが感じられる。また、‘ヴォーカルに自信がある’というMR.MRは自慢の歌唱力でアカペラを少し披露し、初ステージへの期待を高めている。MR.MRは現在、最新曲『Waiting For You』で、男性美あふれるパワフルなパフォーマンスで活動中だ。メッセージ動画の初々しいチャーミングな姿と、ステージで見せるカリスマ溢れるパフォーマンスのギャップも魅力のひとつ。MR.MRの日本初公演に期待大だ!




KMF2013に出演するK.will&MR.MRから笑顔溢れる楽しいメッセージ動画到着

韓流Mpost 2013年7月17日

【9月15日(日)ニトリ文化ホール、9月16日(月・祝)渋谷公会堂】に出演するK.will、MR.MRから、公演に出演する喜びと、ファンに向けた笑顔溢れる楽しいメッセージ動画が到着した!

2009年のKMFで日本初登場したK.willは、「久しぶりにKMFを通して皆さんにご挨拶することになりました。お元気でしたか?KMFを通して初めて札幌に行き、皆さんに挨拶した記憶が今もなお鮮明に残っています」と特有の優しい笑顔でメッセージを伝えている。
今や、K-POPソロ歌手として超売れっ子になったK.will。「(KMFで)沢山応援してくれたおかげで、日本で公演できるようになり、たびたび訪れるきっかけになりました。今回も沢山のよい曲を用意していくので、沢山期待して下さい!その時にお会いしましょう!」と、最後に投げキス&ピースサインも!!
日本活動の原点となるKMFへの再登場にK-POPファンからの関心はとても熱い!成熟を増した歌声を楽しめる「KMF2013」で、K-POPを牽引し続けているK.willの人気の秘訣を体感したい!!

また、昨年10月に韓国でデビューを果たし、「KMF2013」で念願の日本初舞台に挑む男性5人組の新人MR.MRは、「6年も続くKMFに出演でき本当に光栄。僕達も、日本でよい活動ができるよう一生懸命、準備していきます!先輩達のように、僕たちも沢山、応援して下さい!」と、初めての日本公演にワクワクしている様子が見て取れ、フレッシュルーキーらしい溌剌としたエネルギーが感じられる。
また、'ヴォーカルに自信がある'というMR.MRは自慢の歌唱力でアカペラを少し披露し、初ステージへの期待を高めている!

MR.MRは現在、最新曲「Waiting For You」で、男性美あふれるパワフルなパフォーマンスで活動中だ。
メッセージ動画の初々しいチャーミングな姿と、ステージで見せるカリスマ溢れるパフォーマンスのギャップも魅力のひとつ!MR.MRの日本初公演に期待大だ!!

「KMF2013」は、K.will、MR.MR、更に日本でもお馴染み大人気K-POPアイドルU-KISSが出演する。
バラエティーに富んだ3組を演出するのは韓国MBC MUSIC!既存のコンサートとは一味違ったオムニバスコンサートとして期待が膨らむ!
「KMF2013~K-POP最強祭り~」の詳細は、www.japankorea.org  まで




U-KISS、K.will、MR.MRが出演! 「KMF2013~K-POP最強祭り(6th韓流ミュージックフェスティバル)」

KEJ Press - J-News 2013年7月1日

毎年9月に開催されるK-POP最強祭り「KMF2013~K-POP最強祭り(6th韓流ミュージックフェスティバル)」が、今年も札幌と東京で開催される。

「KMF(韓流ミュージックフェスティバル)」は、6年続く話題性抜群のGoodwillコンサート。K-POPを通じて分かち合いのチャリティーを行ってきている本コンサートは毎年9月に開催され、日本での本格的活動を見据えたK-POPアーティストが1番飛躍できる舞台としてショーケース的な役割を担ってきている。これまでにはK.willや2AM、SISTARなどの人気アーティストが日本初登場を遂げた。

そんな大注目のK-POP登竜門的オムニバスコンサート「KMF2013」に出演する3組のアーティストが発表され、今年はU-KISS、K.will,MR.MRが、「KMF」のステージに登場する。

次世代K-POPアイドルの中心とも言える万能エンターテイナーグループU-KISSは、08年に韓国でデビューした7人組ボーイズグループ。ダンスはもちろん演技やバラエティ、ミュージカル分野でも才能を発揮する彼らは、既に日本でも単独ツアーを行い、昨年は日本武道館公演も成功させるなどその人気は折り紙つき。4年ぶりに「KMF」のステージにカムバックするU-KISSが、どのようなステージを披露するのか期待が高まる。

また、09年に「KMF」で日本上陸を果たしたK.willも、今年「KMF」の舞台に帰還する。K.willは、現在のアイドルグループ全盛時代において、感性に響く甘い歌声で一線を画する男性ソロアーティストとして韓国歌謡界をリードしている。日本初登場から4年の時を経て、更に成熟した歌声を披露するため再び本公演の舞台に立つK.willにとって、そして「KMF」ファンとっても、意味のあるカムバックステージになることだろう。

そして、今年の「KMF」で日本初登場を果たす5人組ボーイズグループMR.MRは、昨年韓国デビューを迎えたばかり。"男の中の男"の意味を持つMR.MRは、メンバー全員が180cm以上の身長とモデル並みのルックスをj兼ね備え、ラッパーなしでメンバー全員がボーカルを担当するという高い歌唱力が魅力の注目グループで、ブレイクに期待がかかる今後大注目の新人だ。

「KMF2013」は9月15日に札幌公演、同16日に東京公演が行われる予定で、イベント詳細はオフィシャルHP( www.japankorea.org )を通じて随時発表される。イベントのお問合せは日韓文化交流会( info@japankorea.org / TEL050-5538-0304)まで。




「U-KISS」ら出演! ことしも札幌・東京で韓流Music Festival開催へ

WoW!Korea/Yahoo! JAPAN/goo/nifty 2013年6月30日


U-KISS

毎年9月、K-POPを通じて分かち合いのチャリティーを行ってきているGoodwillコンサート「K-POPの祭典 ~日韓Charity Premium Presents ~KMF 2013~K-POP最強祭り~(6th 韓流Music Festival)」がことしも札幌・東京と2都市開催決定。9月15日(日)札幌ニトリ文化ホール、9月16日(月・祝)渋谷公会堂にて行われる。

「KMF」は、日本での本格的活動を見据えたK-POPアーティストが一番飛躍できる舞台としてショーケース的な役割を担ってきており、過去K.will’、「2AM」、「SISTAR」など人気アーティストが日本初登場してきている。そんな大注目のK-POP登竜門的オムニバスコンサート「KMF2013」に出演する3組のアーティストが発表された。

1組目は、2011年に既に日本デビューを果たしている、次世代K-POPアイドルの中心グループ「U-KISS」。「U-KISS」は2008年に韓国でデビューした7人組ボーイズグループで、ダンスはもちろん、演技やバラエティー、ミュージカル分野でも才能を発揮する万能エンターテイナー集団だ。既に日本でも単独ツアーを行い、昨年、日本武道館公演も成功させるなど、人気は折り紙つき。

2組目は、2009年に「KMF」で日本初登場となったK.will。ことし、「KMF」の舞台に帰還する。K.willは、アイドルグループ全盛の時代の中において、感性に響く甘い歌声で一線を画する男性ソロアーティストとして韓国歌謡界をリードしている。日本初登場から4年の時を経て、更に成熟した歌声を披露する為、再び「KMF2013」の舞台に立つK.willにとっても、また「KMF」ファンにも、意味のあるカムバックステージとなるに違いない。


K.will

3組目は、「KMF」で日本初登場。フレッシュな風を吹き込む、昨年韓国デビューの5人組 「MR.MR」。「男の中の男」の意味を持つ「MR.MR」は、全員180センチ以上の身長とモデル並みのビジュアル、そしてラッパーなしで5人のメンバー全員がボーカルを担当する高い歌唱力が魅力だ。「KMF」で日本初登場したK-POPスターは、ブレイク必至となっている為、「MR.MR」の日本初登場には、是非とも立ち会いたいところ。

高い人気を誇る「U-KISS」、K.willの出演は、Good willコンサートとして更に、「KMF」のブランド価値をアップさせる事だろう。また、6年もの歴史を刻んできた「KMF」への出演で、彼らの更なる飛躍も期待でき、まさに相乗効果間違いなし。そして、「最高の新人登竜門」を引き継ぐ「MR.MR」と、今年の「KMF2013」はバラエティー豊かだ。

昨年同様、韓国放送局「MBC MUSIC」が直接演出を担当する為、アーティストの単独公演とは一味違ったコラボやフィナーレなどの演出も期待される。「KMF2013」でしか見る事のできないプレミア感たっぷりのスペシャルコンサートだけにチケット争奪戦は必至だ。


MR.MR

また、GFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーン(GFSCアジア貧困地域子供教育支援、GFSC東日本大震災復興支援)で、観客と共に「分かち合いの精神」を発信し、アジアの未来の子供たちに希望と夢をプレゼントする。




k-POPの祭典 ~日韓Charity Premium Presents ~KMF 2013~K-POP最強祭り~(6th 韓流Music Festival)!

Korepoニュース 2013年6月28日

次世代K-POPアイドルの中心!日本でも大人気!万能エンターテイナーグループ「U-KISS」 4年ぶりに「KMF」へ帰還!

暖かく感性を刺激する歌声で魅了する男性ソロ「K.will」 日本初登場!昨年、韓国デビュー!

モデルのようなビジュアルと歌唱力が魅力!「MR.MR」 毎年9月、K-POPを通じて分かち合いのチャリティーを行ってきているGoodwillコンサート「KMF2013~K-POP最強祭り(6th韓流ミュージックフェスティバル)」が今年も札幌・東京と2都市開催決定!

【9月15日(日)札幌ニトリ文化ホール、9月16日(月・祝)渋谷公会堂】 「KMF」は、日本での本格的活動を見据えたK-POPアーティストが一番飛躍できる舞台としてショーケース的な役割を担ってきており、過去‘K.will’、‘2AM’、‘Sistar’など人気アーティストが日本初登場してきている。
そんな大注目のK-POP登竜門的オムニバスコンサート「KMF2013」に出演する3組のアーティストが発表された!
1組目は、2011年に既に日本デビューを果たしている、次世代K-POPアイドルの中心グループ‘U-KISS’ ‘U-KISS’は2008年に韓国でデビューした7人組ボーイズグループで、ダンスはもちろん、演技やバラエティ、ミュージカル分野でも才能を発揮する万能エンターテイナー集団だ。

既に日本でも単独ツアーを行い、昨年、日本武道館公演も成功させるなど、人気は折り紙つき。 2組目は、2009年に「KMF」で日本初登場となった‘K.will’。

今年、「KMF」の舞台に帰還する! ‘K.will’は、アイドルグループ全盛の時代の中において、感性に響く甘い歌声で一線を画する男性ソロアーティストとして韓国歌謡界をリードしている。
日本初登場から4年の時を経て、更に成熟した歌声を披露する為、再び「KMF2013」の舞台に立つ‘K.will’にとっても、また「KMF」ファンにも、意味のあるカムバックステージとなるに違いない!

3組目は、「KMF」で日本初登場!!

フレッシュな風を吹き込む、昨年韓国デビューの5人組 ‘MR.MR’ 「男の中の男」の意味を持つ‘MR.MR’は、全員180センチ以上の身長とモデル並みのビジュアル、そしてラッパーなしで5人のメンバー全員がボーカルを担当する高い歌唱力が魅力だ!

「KMF」で日本初登場したK-POPスターは、ブレイク必至となっている為、‘MR.MR’の日本初登場には、是非とも立ち会いたいところ。 高い人気を誇る‘U-KISS’、‘K.will’の出演は、Good willコンサートとして更に、「KMF」のブランド価値をアップさせる事だろう!

また、6年もの歴史を刻んできた「KMF」への出演で、彼らの更なる飛躍も期待でき、まさに相乗効果間違いなし!
そして、「最高の新人登竜門」を引き継ぐ‘MR.MR’と、今年の「KMF2013」はバラエティー豊かだ!

昨年同様、韓国放送局「MBC MUSIC」が直接演出を担当する為、アーティストの単独公演とは一味違ったコラボやフィナーレなどの演出も期待される!「KMF2013」でしか見る事のできないプレミア感たっぷりのスペシャルコンサートだけにチケット争奪戦は必至だ! 今後「KMF2013」詳細は、オフィシャルHP( www.japankorea.org )を通じて発表される!

今年も「KMF2013」から目が離せない! また、GFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーン(GFSCアジア貧困地域子供教育支援、GFSC東日本大震災復興支援)で、観客と共に「分かち合いの精神」を発信し、アジアの未来の子供たちに希望と夢をプレゼントする!




K-POPの祭典 「KMF 2013」札幌9/15・東京9/16で開催、K.will、U-KISS、MR.MR出演決定!

韓流Mpost 2013年6月28日

毎年9月に開催されるK-POPアーティストの登竜門!
K-POP最強祭り!今年も札幌と東京にやってくる!
6年続くK-POPファン注目の関心度が高い話題性抜群のGoodwillコンサート!

次世代K-POPアイドルの中心!日本でも大人気!万能エンターテイナーグループ「U-KISS」
4年ぶりに「KMF」へ帰還!暖かく感性を刺激する歌声で魅了する男性ソロ「K.will」
日本初登場!昨年、韓国デビュー!モデルのようなビジュアルと歌唱力が魅力!「MR.MR」

毎年9月、K-POPを通じて分かち合いのチャリティーを行ってきているGoodwillコンサート「KMF2013~K-POP最強祭り(6th韓流ミュージックフェスティバル)」が今年も札幌・東京と2都市開催決定!
【9月15日(日)札幌ニトリ文化ホール、9月16日(月・祝)渋谷公会堂】

「KMF」は、日本での本格的活動を見据えたK-POPアーティストが一番飛躍できる舞台としてショーケース的な役割を担ってきており、過去「K.will、2AM、Sistar」など人気アーティストが日本初登場してきている。
そんな大注目のK-POP登竜門的オムニバスコンサート「KMF2013」に出演する3組のアーティストが発表された!

1組目は、2011年に既に日本デビューを果たしている、次世代K-POPアイドルの中心グループU-KISS
'U-KISS'は2008年に韓国でデビューした7人組ボーイズグループで、ダンスはもちろん、演技やバラエティ、ミュージカル分野でも才能を発揮する万能エンターテイナー集団だ。
既に日本でも単独ツアーを行い、昨年、日本武道館公演も成功させるなど、人気は折り紙つき。

2組目は、2009年に「KMF」で日本初登場となったK.will。今年、「KMF」の舞台に帰還する!
K.willは、アイドルグループ全盛の時代の中において、感性に響く甘い歌声で一線を画する男性ソロアーティストとして韓国歌謡界をリードしている。
日本初登場から4年の時を経て、更に成熟した歌声を披露する為、再び「KMF2013」の舞台に立つ' target="_blank"にとっても、また「KMF」ファンにも、意味のあるカムバックステージとなるに違いない!


3組目は、「KMF」で日本初登場!!フレッシュな風を吹き込む、昨年韓国デビューの5人組 MR.MR
「男の中の男」の意味を持つMR.MRは、全員180センチ以上の身長とモデル並みのビジュアル、そしてラッパーなしで5人のメンバー全員がボーカルを担当する高い歌唱力が魅力だ!
「KMF」で日本初登場したK-POPスターは、ブレイク必至となっている為、'MR.MR'の日本初登場には、是非とも立ち会いたいところ。

高い人気を誇るU-KISS、K.willの出演は、Good willコンサートとして更に、「KMF」のブランド価値をアップさせる事だろう!
また、6年もの歴史を刻んできた「KMF」への出演で、彼らの更なる飛躍も期待でき、まさに相乗効果間違いなし!
そして、「最高の新人登竜門」を引き継ぐMR.MRと、今年の「KMF2013」はバラエティー豊かだ!

昨年同様、韓国放送局「MBC MUSIC」が直接演出を担当する為、アーティストの単独公演とは一味違ったコラボやフィナーレなどの演出も期待される!「KMF2013」でしか見る事のできないプレミア感たっぷりのスペシャルコンサートだけにチケット争奪戦は必至だ!

今後「KMF2013」詳細は、オフィシャルHP( www.japankorea.org )を通じて発表される!
今年も「KMF2013」から目が離せない!

また、GFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーン(GFSCアジア貧困地域子供教育支援、GFSC東日本大震災復興支援)で、観客と共に「分かち合いの精神」を発信し、アジアの未来の子供たちに希望と夢をプレゼントする!




U-KISS、K.Will、MR.MR出演!「KMF 2013~K-POP最強祭り~」9月開催!

ほっとコリア 2013年6月28日

毎年9月に開催されるK-POPアーティストの登竜門!
“K-POP最強祭り”が今年も札幌と東京にやってくる!
6年続くK-POPファン注目のGoodwillコンサート!!

毎年9月にK-POPを通じて分かち合いのチャリティーを行ってきているGoodwillコンサート「KMF2013~K-POP最強祭り~(6th韓流ミュージックフェスティバル)」が、今年も札幌と東京の2都市で開催!

2013年は、次世代K-POPアイドルの中心!日本でも大人気!万能エンターテイナーグループ“U-KISS”、4年ぶりに「KMF」へ帰還!暖かく感性を刺激する歌声で魅了する男性ソロ“K.Will”、日本初登場!昨年韓国でデビューしたモデルのようなビジュアルと歌唱力が魅力の“MR.MR”の3組が出演! 昨年同様、韓国放送局「MBC MUSIC」が直接演出を担当するため、単独公演とは一味違ったコラボやフィナーレなどの演出も期待される。「KMF2013」でしか見ることのできない、プレミア感たっぷりのスペシャルコンサートだ。

今後「KMF2013」詳細は、オフィシャルHP( www.japankorea.org )を通じて発表される。今年も「KMF2013」から目が離せない!
また、GFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーン(GFSCアジア貧困地域子供教育支援、GFSC東日本大震災復興支援)で、観客と共に「分かち合いの精神」を発信し、アジアの未来の子供たちに希望と夢をプレゼントする。




U-KISS、K.will、MR.MRが出演!『KFM 2013』が、9月に東京&札幌で開催

K-fan★me 2013年6月28日

U-KISS(ユーキス)

毎年9月、K-POPを通じて分かち合いのチャリティーを行ってきているGoodwillコンサート『KMF2013~K-POP最強祭り(6th韓流ミュージックフェスティバル)』が、今年も札幌・東京と2都市開催決定。U-KISS、K.will、MR.MRの3組が出演する。

『KMF』は、日本での本格的活動を見据えたK-POPアーティストが一番飛躍できる舞台としてショーケース的な役割を担ってきており、過去に、K.will、2AM、Sistarなど人気アーティストが日本初登場してきている。

そんな大注目のK-POP登竜門的オムニバスコンサート「KMF2013」に出演する3組のアーティストが発表された。

1組目は、2011年に既に日本デビューを果たしている、次世代K-POPアイドルの中心グループ、U-KISS(ユーキス)。ダンスはもちろん、演技やバラエティ、ミュージカル分野でも才能を発揮する万能エンターテイナー集団だ。すでに日本でも単独ツアーを行い、昨年、日本武道館公演も成功させるなど、人気は折り紙つき。

2組目は、2009年に『KMF』で日本初登場となった、K.will(ケイウィル)。今年、『KMF』の舞台に帰還する。K.willは、アイドルグループ全盛の時代の中において、感性に響く甘い歌声で一線を画する男性ソロアーティストとして韓国歌謡界をリードしている。

3組目は、『KMF』で日本初登場を果たすことになる、昨年韓国デビューした5人組、MR.MR(ミスターミスター)。“男の中の男”の意味を持つMR.MRは、全員180センチ以上の身長とモデル並みのビジュアル、そしてラッパーなしで5人のメンバー全員がボーカルを担当する高い歌唱力が魅力だ。『KMF』で日本初登場したK-POPスターは、ブレイク必至となっているので、MR.MRの日本初登場には、是非とも立ち会いたいところ。

昨年同様、韓国放送局「MBC MUSIC」が直接演出を担当するため、アーティストの単独公演とは一味違ったコラボやフィナーレなどの演出も期待される。『KMF2013』でしか見ることのできないプレミア感たっぷりのスペシャルコンサートだけにチケット争奪戦は必至だ。今後の詳細は、『KMF2013』オフィシャルHP( www.japankorea.org )をチェック!




KMF 2013~K-POP最強祭り~(6th 韓流Music Festival)出演:U-KISS/K.will/MR.MR

新大久保コリアンタウン ホットガイド 2013年6月27日

毎年9月に開催されるK-POPアーティストの登竜門!
K-POP最強祭り!今年も札幌と東京にやってくる!
6年続くK-POPファン注目の関心度が高い話題性抜群のGoodwillコンサート!

次世代K-POPアイドルの中心!日本でも大人気!万能エンターテイナーグループ「U-KISS」
4年ぶりに「KMF」へ帰還!暖かく感性を刺激する歌声で魅了する男性ソロ「K.will」
日本初登場!昨年、韓国デビュー!モデルのようなビジュアルと歌唱力が魅力!「MR.MR」

毎年9月、K-POPを通じて分かち合いのチャリティーを行ってきているGoodwillコンサート「KMF2013~K-POP最強祭り(6th韓流ミュージックフェスティバル)」が今年も札幌・東京と2都市開催決定!
【9月15日(日)札幌ニトリ文化ホール、9月16日(月・祝)渋谷公会堂】


1組目は、2011年に既に日本デビューを果たしている、次世代K-POPアイドルの中心グループ‘U-KISS’
‘U-KISS’は2008年に韓国でデビューした7人組ボーイズグループで、ダンスはもちろん、演技やバラエティ、ミュージカル分野でも才能を発揮する万能エンターテイナー集団だ。
既に日本でも単独ツアーを行い、昨年、日本武道館公演も成功させるなど、人気は折り紙つき。

2組目は、2009年に「KMF」で日本初登場となった‘K.will’。今年、「KMF」の舞台に帰還する!
‘K.will’は、アイドルグループ全盛の時代の中において、感性に響く甘い歌声で一線を画する男性ソロアーティストとして韓国歌謡界をリードしている。
日本初登場から4年の時を経て、更に成熟した歌声を披露する為、再び「KMF2013」の舞台に立つ‘K.will’にとっても、また「KMF」ファンにも、意味のあるカムバックステージとなるに違いない!

3組目は、「KMF」で日本初登場!!フレッシュな風を吹き込む、昨年韓国デビューの5人組 ‘MR.MR’
「男の中の男」の意味を持つ‘MR.MR’は、全員180センチ以上の身長とモデル並みのビジュアル、そしてラッパーなしで5人のメンバー全員がボーカルを担当する高い歌唱力が魅力だ!
「KMF」で日本初登場したK-POPスターは、ブレイク必至となっている為、‘MR.MR’の日本初登場には、是非とも立ち会いたいところ。

高い人気を誇る‘U-KISS’、‘K.will’の出演は、Good willコンサートとして更に、「KMF」のブランド価値をアップさせる事だろう!
また、6年もの歴史を刻んできた「KMF」への出演で、彼らの更なる飛躍も期待でき、まさに相乗効果間違いなし!
そして、「最高の新人登竜門」を引き継ぐ‘MR.MR’と、今年の「KMF2013」はバラエティー豊かだ!

昨年同様、韓国放送局「MBC MUSIC」が直接演出を担当する為、アーティストの単独公演とは一味違ったコラボやフィナーレなどの演出も期待される!「KMF2013」でしか見る事のできないプレミア感たっぷりのスペシャルコンサートだけにチケット争奪戦は必至だ!

今後「KMF2013」詳細は、オフィシャルHP( www.japankorea.org )を通じて発表される!
今年も「KMF2013」から目が離せない!

また、GFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーン(GFSCアジア貧困地域子供教育支援、GFSC東日本大震災復興支援)で、観客と共に「分かち合いの精神」を発信し、アジアの未来の子供たちに希望と夢をプレゼントする!




NPO法人日韓文化交流会「FIXと共にK-POPで学ぶ韓国語」レポ

韓流Mpost 2013年5月19日

4月23日、新大久保にある日韓文化交流会の韓国語学堂で、韓国語を学ぶ人にとってはお得で楽しいイベントが行われました。
今回で2回目となるこのイベントは、「FIXと共にK-POPで学ぶ韓国語」と題し、K-POPアーティスト『FIX(픽스)』が先生となって、韓国語の歌を教えてくれるというものです。
FIXはオソン(VOCAL)、チョンウク(VOCAL)、ヌリ(RAP)の3人組で、マンネ(末っ子)のチョンウクは、あのSUPER JUNIORのリョウクのいとこということもあり、デビュー曲「말하지마」のミュージックビデオにウニョクが出演したことでも話題になったグループです。

2月に行われた第1回目の授業の時は、韓国ドラマ『パダムパダム』のOST「너니까」というスローテンポの切ない曲が課題曲になっていましたが、今回はメンバーのオソン自身も出演していた韓国ドラマ『イケメンアイドル☆ビッグヒート』のOSTから「SONG FOR YOU」というアップテンポな明るい曲が課題曲になりました。アップテンポな分、今回の方が高レベルです。

この授業では毎回、韓国語の歌詞(ハングル)とその読み方(カタカナ)、歌詞の意味(日本語)が書かれた歌詞カードが配られるので、初心者でも安心して受講することができます。
まずは、先生であるFIXが先に何小節か歌ってくれるので、それを聞いて、「せーの」で生徒みんなで歌います。そう、FIXの生歌が間近で聞けてしまうんです、それもアカペラで。これがまたとても上手で、実力派グループと言われているのも納得のクオリティなんです。


そして、前回よりも高レベルになったのはテンポだけではありません。
今回はなんと"ラップ"のパートがあったんです!
前回はラップのパートがない曲だったので、ヌリが少し寂しそうに見えましたが、今回はとても生き生きしていました。
普通の歌の部分は、みなさんとても上手に歌うので、FIXもとても驚いてほめてくれたのですが、生徒のみなさんはラップなどやったことのない方がほとんど(?)だったので、ラップのところになると、急にみんな声が小さくなります。


すかさず、「急に声が小さくなりましたよ!」というFIXのツッコミが入りましたが、諦めずに、ゆっくり丁寧に教えてくれました。グループ分けをして何度か練習をするうちにみなさん少しずつ慣れてきたのですが、やはり、プロのようには上手く行かず...「・・・・ ・・・・ ・・・・ コベケ!」のように最後に出てくる言葉だけみんなが大きく歌うので、FIXは大爆笑していました。

一通り歌い終わったら、今度は歌詞の中に出てくる、「사랑할거야(愛するよ)」、「내거야(私のもの)」などのFIXがぜひ覚えてほしい言葉を勉強します。
まずは、ホワイトボードに貼られた単語をオソンが読んで説明してくれるのですが、その単語の使い方は何とFIXがちょっとした寸劇で教えてくれるんです。
そうです、よくテレビの語学講座などで出てくる、あのスキットのような感じです。
その寸劇がまるでショートコントのようで、激しいツッコミもあったりして面白いので、単語の意味や使い方、メンバーの中の良さがよ~くわかりました。

最後は先日訪問した福島の感想とともに、GReeeeNの「キセキ」をアカペラで歌ってくれて、講義終了となりました。
終了後は握手&記念撮影があり、この時に韓国語でメンバーに話しかけてみる、というのも一つの楽しみになっています。
料金もお得ですし、こういう機会はなかなかないので、お勧めのイベントです。
私も今回2度目の受講でしたが、毎回面白いので、次回もぜひ参加したいと思っています。




K-POPのFIX, 福島復興祭り参加報告

アジアエンタメLIFE 2013年4月23日

優れた歌唱力を誇るFIXがGFSC広報大使として先週19日から21日まで福島復興祭りで企画された「ふくしま&韓国・食の祭典2013」に参加して、郡山の人たちを魅了しました。今回の祭典は食を中心して日韓文化交流と福島の食の安全性を対外にアピールする目的で、郡山に避難している被災地の住民たちも多数参加しました。
FIXは“福島と言えば心配する人がまだ多いと思いますが、私たちが直接来てみると、食事も美味しいし、人たちは笑顔で私たちを迎えてくださって、むしろ私たちが感動しました”と言いました。郡山市日和田ショッピングモールで開かれた祭典でFIXは毎日2回公演し、歌だけではなく、子供たちのためのダンス教室で子供たちとの触れ合い時間も持ちました。そして、町全体が避難されている富岡町には支援物資も手渡しました。

3日目の21日公演はいきなり雪が降る悪天候の中でもFIXは室内特設舞台に立ち、福島の人々に9曲の歌を披露しました。東京、名古屋からも駆けつけたファンがいるほど、今回FIXの福島公演は盛況でありました。FIXは今回公演の感想として“福島の皆様の心を繋いで、感謝と喜びそして、慰労と希望を共にする良い友達として皆さんの心に残りたいです。”と話しました。

FIXは大阪(27日)、東京(29日)で2nd SHOW CASE&ファンミーティングを行います。そしてK-POPで学ぶ韓国語教室(東京23日、大阪24日)も行います。




一般会員募集中!!



マイページ
日韓・GFSCサポーターズ大募集!!

日韓カレンダー&movie

リンク

愛知県で韓国語を学ぶなら HaHaHa韓国語学院
アンニョン!韓国語学堂学生割引特別応援キャンペーン

アクセスカウンタ

  • 総訪問者数:
ページ上部へ戻る