日韓の主要行事






フォーラム
  • 東京伝説
  • GOOD FRIENDS Charity Premium Concert
日韓スペシャル企画

マスコミ掲載2012年1月~4月

▼2012年1月~4月のマスコミ掲載記事

‘韓流スター’ チョン・イル 高句麗の集落訪問…訪れる場所ごとに日本のファンが集結

東亞日報 2012年4月11日

次世代の韓流スター、チョン・イルが‘4th日韓友情フェスタ2012’へ韓国の代表俳優として参加、高麗郡建郡1300周年記念行事に招待され、ファン達と意味深い触れ合いを行った。

去る 4月9日、チョン・イルが日本国内では異例的に運行された、貸切臨時特別列車にファン達と一緒に乗車。埼玉県の高句麗の集落を訪れ、特別な行事を行った。 チョン・イルと一緒に貸切臨時特別列車に乗れる人数は300名で、申込み開始後たった5分で終了されるほど、日本でも熱い反応を呼び起こし話題にもなった。

ファン達と一緒に貸切臨時特別列車に乗った、チョン・イルは1300年の歴史を持った埼玉県の高句麗の集落を訪問し哀歓を慰労し、韓流の史劇をずっと愛して来た日本のファン達と地域住民に直接会い、日韓の交流と慈善行事に参加。韓国の代表として位相を高めた。

広開土王碑建設寄付金を贈呈し高句麗の歴史と文化を振り返るなど、意味深い時間を過ごすチョン・イルの取材の為、彼が行くところには、いつも東京現地の多くのマスコミが熱い取材競争を繰り広げ、1000名を超える日本のファン達が殺到し熱い声援を送っていた。

チョン・イルは自分を見るために、ずっと待っていてくれた1000名のファン達と一緒に即座に現地で団体写真を撮るなど、韓国の代表俳優として繊細な姿を見せ、ファン達を感動させた。

高句麗の集落を訪問した後、チョン・イルは“高句麗人の魂が残っている所で、日本のファン達と交流する時間を持つ事ができ、とても意味深かった"とし"とても特別な時間であり、良い思い出になりそうだ"と気持ちを伝えた。

一方、チョン・イルはMBC‘太陽を抱いた月’終演以降、休みを取りながら広告撮影をしながら、次期作を検討中だ。




チョン・イル、Monday Kiz出演「4th日韓友情フェスタ2012」

ほっとコリア 2012年4月11日

チョン・イル、Monday Kiz、バラダンが出演した「4th日韓友情フェスタ2012」の模様をレポート!
イベント概要
開催 2012年4月8日
会場 東京・渋谷公会堂
出演 チョン・イル、Monday Kiz、バラダン


観客を魅了したバラダンによる演奏とMonday Kizのライブ!

「日韓友情フェスタ」は、毎年4月に行う日韓交流スペシャル企画として韓国歴史ドラマをテーマに、文化交流&チャリティに貢献するスペシャルイベント。毎回、日韓両国で話題性と注目度が高く、チャリティに尽力している俳優やアーティストを招聘。4回目となる今回は、大ヒット韓国歴史ドラマ『太陽を抱いた月』で悲運の王子ヤンミョンを熱演したチョンイル、『太陽を抱いた月』のOSTにも参加したボーカルグループMonday Kizが出演! 4月8日、桜が満開の東京で開催されたイベントの模様をレポート!

オープニングは、“韓流の世界”を奏でる室内管弦楽団・バラダンによる演奏。『太陽を抱いた月』のほか、日本でも大ヒットした『朱蒙』などのOSTを心に染みる美しい音色で演奏し、観客を韓流の世界に誘った。『太王四神記』、『チャングムの誓い』などのOSTメドレーのラストを力強い太鼓で締めくくり、観客の心をしっかりと引き込んでMonday Kizにバトンタッチ!


オープニング映像に続きMonday Kizが登場し『行かないで』『Bye Bye Bye』『影(太陽を抱いた月OST)』と3曲を立て続けに熱唱。パワフルな歌唱力と抜群のハーモニーで会場を魅了した。続いてMCのYumiさんが登場し、メンバーそれぞれが日本語で自己紹介。「僕はMonday Kizのハンサム担当ハンビョルです」「Monday Kizのリーダー、イ・ジンソンです。よろしくお願いします」「はじめましてMonday Kizのナンバー2ハン・スンヒです。よろしくお願いします」


ジンソンが「こんな素敵な舞台に立たせていただいてすごく光栄に思っています」と挨拶。ハンビョルは先ほど歌った、ドラマ『太陽を抱いた月』のOST『影』について「悲しいシーンや涙を誘うシーンで流れる“ザ韓国”というイメージの曲」と紹介した。続いてYumiさんのリクエストに応え、アカペラでハーモニーを披露し会場を盛り上げた。また「美声担当、ソフトボイス(ハンビョル)」「ミディアムボイス(ジンソン)」「ストロングボイス(スンヒ)」と、それぞれがアカペラの歌を交えて担当を紹介し、歌唱力を見せつけた。


アップテンポの『愛した記憶が僕を泣かせる』、『ドラマOSTメドレー』を披露し、再び観客を魅了。続くトークタイムでは“ネパール図書館プロジェクト”のチャリティ公演でもある今回のイベントについて「僕たちの歌声を届けることで皆さんの力になれればと思い、駆けつけた」と語った。また、「韓国からバンドメンバーを引き連れて日本でライブを開催する予定がある」と明かした。最後にファンからのメッセージが書かれた“応援幕”をファン代表の方から受け取り、スンヒが「みんな、本当にありがとうございます。次のコンサートまで僕たちのことを忘れないでください」と挨拶をし、ステージを後にした。


チョン・イル秘蔵品チャリティオークションなどで大盛況!

スクリーンにチョン・イル出演のドラマシーンが流れると、会場は一気に大盛り上がり。映像が終わり、ステージにライトが灯るとチョン・イルが! イベントの幕開けはドラマ『イケメンラーメン屋』のOST『君という人』。歌い終わり「皆さん待ってたでしょ?」と問いかけると会場は大歓声に包まれた。「私も舞台裏で皆さんに会いたくてずっと待ってました。こんな風にまた皆さんにお会いできてとても幸せで嬉しいです。今日のために色々準備しましたので、ぜひ最後まで楽しんでいってください」さらに満面の笑みで「皆さん本当に・・・会いたかったでーす!」と、ここまですべて日本語でコメント。オープニングと同時にファンの心を鷲づかみにした。


今回のイベント出演について「すごく光栄に思っています。チェ・スジョンさんという大先輩もこの日韓友情フェスタに参加されたということで、僕も参加できてすごく嬉しいです」と語った。続いてスクリーンに映し出された高校生(チャ・チス)役を演じた『イケメンラーメン屋』の場面写真を観ながら、役柄に合わせて自ら監督にスタイリングを提案したなど、撮影エピソードを披露。上半身裸の写真が登場すると、ファンは大騒ぎ! 鍛え上げられた逞しい上半身は、たった一週間のトレーニングによるものだそう。またファンのリクエストで、会場に向かってチャ・チスのウインクと、さらに投げKissをプレゼント! ファンを大いに喜ばせた。


スケジューラー役を演じた、ドラマ『私の期限は49日』については「本当に大切な作品ですし、場面一つひとつが全部宝物のような感じがします」と語った。続いて「そして皆さんにも印象的な場面があると思います」と、ウサギの耳をつけて写真を撮る場面がスクリーンに映し出され「観客の1人と一緒にウサギの耳をつけてポラロイド撮影をしようと思います!」と、ファン大喜びのプレゼント。抽選で選ばれたファンがステージに上がり、二人で顔を近づけて写真撮影! 会場が盛り上がる中、日本語で「ちょっと待っててね!」と次のステージの準備のため一旦ステージを降りた。

カジュアルな衣装に着替えたイルは何と、客席から登場するというサプライズ! 会場大興奮の中ステージに上がり、ドラマ『私の期限は49日』のOST『かかし』を披露。歌い終え、熱い声援を送ってくれたファンに対して「皆さんが熱い愛情を今日も僕に届けてくれた。いつも撮影をする時も皆さんから力を貰っている感じがします。ありがとうございます」と、ファンに感謝の気持ちを伝えた。


ドラマ『太陽を抱いた月』で演じたヤンミョンについて「愛している人に“愛してる”と口に出して言えない誰からも愛されることができない、とても可哀想な役。でも最後まで愛する弟、そして愛する人のために自分を犠牲にしてまで助けようとする、そんな素晴らしいキャラクター」と紹介。また「感情を表現するシーンがすごく多かったので、そこにすごく没頭しました。明るいイメージのシーンもありますがヤンミョンは王子なので、明るさも度を超さないようにと心がけながら演じた」と役作りについて語った。

スクリーンにイルとイ・フォン役のキム・スヒョンが、肩を寄せ合って座りながら寝ている写真が登場すると「ドラマの場面ではなく、撮影が終盤に差し掛かって皆疲れていたので、暇さえあればああやってくっついて寝てたんです」とエピソードを披露。キム・スヒョンとは「『思いっきりハイキック』以来、同い年の人と撮影することがなかなか無かったのですごく嬉しくて仲良くなった」そう。ドラマの見どころは「まずはヤンミョンを注目してください」と笑いをとりながら「心が揺れる部分が多いヤンミョンがどういう選択をするのかをしっかり見届けてくれると、ドラマがより面白くなるのではと思います」。今後の活動は「上半期は日本などに来てたくさんの皆さんの愛情、エネルギーを貰って、下半期はまた新しい作品でお会いできると思います」と語った。


次のコーナーは、イル愛蔵品のチャリティオークション! 注目の愛蔵品は、広告撮影時に着用したニット帽と舞台で着用し「すごく大事にしていた」というTシャツのセットと、NIKEの広告撮影時に着用したパーカー。さらにツーショット写真もプレゼントということで、会場はまたまた大盛り上がり。どちらも高額で落札され、イルは驚いた表情を見せていた。続いて「日本のファンの皆さんがたくさんの募金を集めて良い活動に役立ててくださっていると聞いています。愛は分けあうものだと思います。皆さんの小さな感心が、基金を受け取る人には大きな幸せになります」と語ったGFSCチャリティ基金を贈呈した。



ファンからのメッセージが書かれた“応援幕”をファン代表の方から受け取ると、嬉しそうな表情を浮かべ「イルオッパ、サランヘヨ」など、メッセージを読み上げた。続いて応援幕を肩に掛け、会場をバックにファンとともに記念撮影。続くマスコミとファンによるフォトセッションタイムでは、色んなポーズをしてくれたイル。ファンのフォトセッションの際は少しでも近づけるようステージの先端に座るなど、さらに大サービス! 最後に「とても短い時間でしたが皆さんと幸せな時間を過ごすことができてすごく楽しかったです。今年も何度か日本に来る機会があると思いますので、ずっとずっと皆さんと一緒にいたいと思っています。これからも新しい作品を通して、より素晴らしく成長した自分で皆さんのもとに帰って来たいと思います。そしていつも、僕の横、隣、後、前には皆さんがいると思っているので、皆さんも忘れないでください」と挨拶。爽やかな笑顔とともに、日本語で「皆さん愛してます」と伝えた。


イベントの締めくくりは出演者全員がステージに登場し、それぞれが挨拶。

バラダン:素晴らしいステージで演奏することができ、ありがとうございます。

Monday Kiz(ジンソン):素敵な舞台に立ててすごく光栄でした。皆さんまた会える日まで元気でいてくださいね!

チョン・イル:今日皆さんと過ごした時間は、思い出として僕の心に長く刻まれると思います。明日、高麗郷でお会いしましょう!


イルは最後に日本語で「ありがとうございます」と伝え、さらに会場に投げKissを送ってステージを後にした。なお、翌9日はファンとともに、韓国と縁の深い高麗郷・高麗神社(埼玉県日高市)へ貸切の臨時特別電車にて訪問。2日続けてファンとの触れ合いを楽しんだ。




チョン・イル 『日韓友情フェスタ』に参加、2千人余りのファンを虜に!

BNTニュース ジャパン 2012年4月11日

俳優、チョン・イルが韓国を代表する俳優として『4th日韓友情フェスタ2012』に参加し、日本列島を熱くした。

チョン・イルは4月8日に東京・渋谷公会堂で開かれた『日韓友情フェスタ』で約2,200人の日本のファンたちとともに自身が出演した前作の映像を鑑賞した。中でも『イケメンラーメン屋』、『太陽を抱いた月』が上映されると日本のファンからは絶え間なく熱い歓声が上がった。今後、この2作品が日本でどのような反応を見せるか、期待感を高めた。

『日韓友情フェスタ』は、2008年から毎年定期的に東京と埼玉の高句麗村で日本の放送局と特定非営利活動法人(NPO)とで開催してきたイベントだ。

この日チョン・イルはオークションで愛蔵品のパーカーやTシャツ、帽子などを寄贈、400万ウォンの落札価格を『GFSC(日韓友情フェスタ)』に寄付金として提供した。さらにチョン・イルの日本ファンクラブで自主的に募金活動して集まった寄付金も届け現場に感動を伝えた。

イベントの最後に約2時間をかけて行われたハイタッチ会では、日本のファンたち一人一人と視線を合わせて手を握りあった。チョン・イルの優しく多感な姿に『日韓友情フェスタ』に参加したファンは興奮した様子で『感動した。本当に最高だ』とチョン・イルを絶賛し続けたという裏話も。

今回のイベントに参加したチョン・イルは『今回の“日韓友情フェスタ”で韓流史劇を応援してくださった日本のファンたちとともに意義深い時間を過ごす機会を与えていただきとても感謝する。今後も韓国と日本が交流する機会があれば嬉しい』と伝えた。

韓国を代表する俳優として『日韓友情フェスタ』に参加し、新韓流スターとしての面持ちを見せたチョン・イルはドラマ『太陽を抱いた月』の放映終了後、休息を取り広告撮影とともに次期作を検討中だ。(写真提供:ファンタジオ)




日本の韓流ファン,韓流スターと高句麗の時間旅行

YTN 2012年4月11日

動画付きのニュースはこちら [韓国語のサイトです]
(以下はその日本語訳)

[アンカーコメント]

日本の韓流ファン達が、韓流スターと一緒に1300年前へ遡り高句麗の時間旅行を行った。

韓流のファン達は日本国内に残り、伝えられる高句麗の跡を訪れ高句麗人の息吹と向かい合い、楽しい一日を送った。

[リポート]

早朝より東京の駅に300名の韓流ファン達が集まった。

貸切電車に乗り東京近郊の歴史探訪に出発した彼女らの表情は一様に浮き立った様子だ。

韓国の史劇ドラマの主人公と共にする、韓流ファン達の高句麗時間旅行は1300年前へ遡りました。

'高麗(コリョ)神社'という表記だが'高麗(コマ)神社'と呼ばれる、この神社は日本国内でもまれで、高句麗人の入植地として有名である。

[録音:高麗 文康, 高麗神社 宮司]
"約1300年前にこの地に来た、高句麗人達がここに多く住んでいました。その、高句麗人たちのリーダーだった人物(若光)を称えています。"

日本の韓流ファン達も、この地が歴史的に朝鮮半島と関係がある所だと知り、少なからず驚きもしました。

[録音:カノ, 横浜 在住の韓流ファン]
"チョン・イルさんのおかげで、この地が韓国と関係がある神社だということを、初めて知りました。"

新しい韓流スターとして浮上したチョン・イルさんも日韓間の歴史的な縁に特別な感慨を明らかにした。

[録音:チョン・イル, 俳優]
"ファンの皆さんと一緒に電車旅行を一緒にでき幸せでした。また、とても特別な時間でしたし、良い思い出になりそうです。"

来る2016年には広開土王碑を複製し、この地にそのまま建てる計画です。

[録音:パク・チョンバク, 高麗若光の会]
"日高市と高麗神社と相談し、高麗神社内に建てたいです。"

高句麗人の魂が脈々と受け継がれるこの地で、韓流スターを通した韓国と日本の交流は1300年が過ぎた今も行われています。




「日韓友情フェスタ」にチョン・イルが出演「ファンと会えて幸せ」

朝鮮日報エンタメコリア 2012年4月9日

 8日午後、「4th日韓友情フェスタ2012」が東京・渋谷公会堂にて開催され、ドラマ『太陽を抱いた月』『私の期限は49日』などで人気を博している俳優チョン・イルほか、『太陽を抱いた月』『鉄の王キム・スロ』などのOSTで知られる3人組ボーカルグループMonday Kiz(マンデーキッズ)、オーケストラ「バラダン」が出演した。

 韓国歴史ドラマをテーマに繰り広げられるチャリティーイベントである「日韓友情フェスタ」には、これまでチェ・スジョン、ソン・イルグク、キム・ナムギルが出演してきたが、4回目となる今年は次世代スターとしてチョン・イルが選ばれた。

 イベント前に会見に臨んだチョン・イルは「日本には、仕事と遊びで20回ぐらい来ている」とし、ファンとの対面を前に「うれしいし、気持ちがときめいている。意味のあるイベントに参加でき光栄に思う」と期待感を見せた。

先ごろ韓国で放送が終了した『太陽を抱いた月』は大ヒットで終えたが、「出演出来てすごく光栄。監督・スタッフに感謝している。こんなに視聴率が高くなるとは思っていなかったが、ファンの方に感謝しています」と喜びと感謝を示した。

チョン・イルは、イベントで『イケメンラーメン屋』のOST「君という人」、『私の期限は49日』のOST「かかし」の2曲を披露。

トークでは、『太陽を抱いた月』の前に出演した『イケメンラーメン屋』で高校生役を演じたことについて「高校生は(実際には)6年前。だが、今回の高校生役に負担はなかった。ひげも薄いタイプなので」と言って笑い「制服姿、似合ってましたか?」とファンに笑顔で声をかけると大きな拍手が沸いた。

また、同ドラマで上半身裸の姿も披露したが「1週間トレーニングした」と明かしたり、ウインクが話題となったことに触れると、ウインクして見せたりと、ファンを楽しませた。

『太陽を抱いた月』については、「愛している人に愛していると口に出して言えないかわいそうな人。最後まで愛する弟、愛する女性のために自分を犠牲にする」と自身の演じたヤンミョン役を説明。

共演のフォン役キム・スヒョンとは「『思いっきりハイキック!』以来の同い年の人との共演で、すごく親しくなった。今回も一緒に日本に行きたいと言っていた」と明かし、「今度、ソン・ジェリムさん(ウン役)と3人で日本に遊びに来るかも」と語るとファンから大きな歓声が起こった。

私物を提供したチャリティーオークションやハイタッチ会も行われ、ファンとの交流とチャリティーへの協力で充実した時間を過ごしたチョン・イル。その笑顔に癒されたファンにとっても忘れられない時間となったようだ。

チョン・イルはこの日のイベントに続き、翌9日には韓国との縁が深い高麗郷・高麗神社(埼玉県日高市)へ訪問する。高麗駅直行の貸し切り臨時特別電車でファンとともに現地に向かう予定で、「これまでホールでのファンミーティングしかなかったが、明日はファンの皆さんと電車に乗って旅行に行くような感じで楽しみ」とコメントした。




「4th日韓友情フェスタ2012」にチョン・イル参加!愛蔵品も寄附!

Innolife.net 2012年4月



4月8日(日)東京・渋谷公会堂にて、NPO法人日韓文化交流会主催、韓国歴史ドラマをテーマに繰り広げられるロマン溢れるチャリティスペシャルイベント「4th日韓友情フェスタ2012」が開催された。

毎年4月に開催されているこのイベントは今年で4回目、2008年『海神・テジョヨン』のチェ・スジョン、2009年『朱蒙・風の国』のソン・イルグク、2010年『善徳女王』のキム・ナムギルなどの人気・知名度ともに高い国民的俳優を毎年招待することでも知られている。4回目となる今年は、『思いっきりハイキック』で大ブレイク、『美賊イルジメ伝』『イケメンラーメン屋』そして、最高視聴率50%突破し上半期最大のヒットとなった韓国歴史ドラマ『太陽を抱いた月』に出演し、切ない演技で涙を誘った次世代俳優チョン・イルがメインゲストとして登場、『太陽を抱いた月』のOSTに参加した爆発的な歌唱力を持つ男性3人グループのMonday Kiz(マンデーキッズ)と上質な音楽を奏でる室内オーケストラ“バラダン”も出演した。

イベント前にはチョン・イルとMonday Kiz(マンデーキッズ)の記者会見が行われた。最初にMonday Kiz(マンデーキッズ)の三人が登場し、日本でのコンサートや握手会の開催で日本ファンと多くの出会いや触れ合いができて嬉しいと話し、今回は大変良い主旨のイベントに参加出来たことも光栄に思っていて、韓国を代表する歌手として日韓文化交流に力を発揮できることはとても嬉しいことですし、一生懸命に頑張りますとメッセージを伝えた。

続いて黒のパンツに真っ赤なジャケットで颯爽と登場したチョン・イルは多くのカメラのフラッシュの歓迎を受けた。「皆さんこんにちは、チョン・イルです」と日本語で挨拶。日本には、遊びと仕事をあわせて20回近く来ています。今回は花見シーズンの来日ですが、ファンミーティングの準備でずっとホテルにいたので、桜は移動中に車窓から眺めただけです」と語った。

イベント前の今の気持ちは「2ヵ月ほど前に『私の期限は49日』のイベントで日本のファンの皆さんにお会いしたばかりですが、もう一度日本のファンに会えるということですごく嬉しいですし、気持ちがときめいています。そして「日韓友情フェスタ」に参加できることをとても光栄に思っています」と語った。そして2日目は野外で電車に乗って旅行に行くというようなイメージなので、たくさんの皆さんといい思い出を作って幸せな時間を過ごせたらいいなと思うと話した。

『太陽を抱いた月』が高視聴率を記録した今の気持ちは、出演できてすごく光栄で、そして素晴らしい仕事をして助けて下さった監督とスタッフに感謝をしている、視聴率がとても高くて驚いているが、この視聴率を出して下さった、そして作品を愛して下さったファンの皆さんにも感謝していると話した。そして、今回の時代劇が2回目だから簡単だったということは全くなく、いつも時代劇は難しいと思うし、一つひとつの作品に最善を尽くさないといけないので一所懸命、最善を尽くして演じたと言える作品だと熱く語った。

今まで演じた中で一番自分に合っている役、似ている役はという質問には、今まで演じた作品は僕が演じたので全部僕に似てきている、僕と共通している部分が出たと思う、全ての作品に愛情を持って演じているので、どれか一つということではなく全部だと思うと話した。

最後に日本のファンに向けて、「続けて作品に出ていたのでファンの皆さんに会う機会があまり無かったと思いますが、今回はとても素晴らしい趣旨のイベントに出演でき、いい機会を授かったと思います。とても楽しく幸せな時間を皆さんにお届けしたいと思います。これからもこういう機会を持って、日本のファンの皆さんとたくさんお会いしたいと思います」と笑顔で熱い思いをメッセージで残した。

この後フォトセッションが行われ会見は終了し、続いてイベントが開催された。オープニングは「癒しの芸術品」といわれる“バラダン”の壮大なスケールで韓国歴史ドラマをドラマチックに3曲演奏し、「太陽を抱いた月」より2曲、メドレーで「朱豪」「太王四神記」などの人気を博したドラマのテーマ曲4曲を演奏し、会場は魅惑のドラマ世界に浸った。

”パラダン”の演奏の後は、数々のドラマOSTに参加しているパワフルな歌声と爆発的な歌唱力が人気の男性3人組ボーカルグループ“Monday Kiz(マンデーキッズ)”が登場し、「行かないで」「BeyBeyBey」そして「太陽を抱いた月」OSTから「影」を含め7曲を披露し会場のファンを魅了した。続いて出演作品のダイジェスト映像が流れた後、熱い拍手と大歓声の中でメインゲストのチョン・イルが登場、『イケメンラーメン屋』のOST「君という人」、『私の期限は49日』のOST「かかし」の2曲をしっとりと披露した。

トークタイムでは『イケメンラーメン屋』で高校生役を演じたことについての質問に、高校生は実際には6年前だが、今回の高校生役に負担はなかった。ヒゲが濃い高校生なのではと言うツッコミには、ヒゲは薄いタイプなのでさらりと交わし、笑いながら「制服姿、似合ってました?」と会場のファンに声をかけると大きな拍手が沸き起こった。また、1週間トレーニングしたと明かした上半身裸の写真が゜映し出されると、会場からもため息。またウインクが話題となったことに触れると、その場でウインクして見せたりと、会場のファンを楽しませ、大いに盛り上がった。

『太陽を抱いた月』のヤンミョンについては、愛している人に愛していると口に出して言えないかわいそうな人、最後まで愛する弟、愛する女性のために自分を犠牲にする役ですと説明し、ダイジェストで秘蔵映像が流れたときにも会場のファンも胸を打たれる思いで見入っていた。共演のフォン役キム・スヒョンについての質問には、『思いっきりハイキック!』以来の同い年の人との共演だったのでとても親しくなった。今回もキム・スヒョンも一緒に日本に行きたいと言っていたと明かし、今後ウン役のソン・ジェリムと3人で日本に遊びに来るかもしれないと語ると会場から大歓声が沸き起こった。

チョン・イル愛蔵品を提供したチャリティオークションも行われ、高額で落札したファンとの写真撮影やファンからのメッセージ入の応援幕の贈呈、そして会場の観客全員との写真撮影とチョン・イルフォトタイムなど、チョン・イルとの心に残る熱い時間を過ごし、イベントは終了した。終了後はチャリティハイタッチ会も行われ、翌日9日には高麗郷・高麗神社(埼玉県日高市)へ高麗駅直行の貸し切り臨時特別電車でファンとともに向かい、車内でも全員とのハイタッチが行われた。春の暖かさと共に心も暖かくなるふれあいでひとときを過ごし、チョン・イルもファンも忘れられない思い出になったことだろう。




「日韓友情フェスタ」に人気俳優チョン・イルの出演決定!

WoW!Korea 2012年3月1日

 来る4月8日(日)渋谷公会堂にて、「日韓交流スペシャル企画 4th 日韓友情フェスタ2012」(NPO法人日韓文化交流会)が開催される。

 「日韓友情フェスタ」は、毎年4月に韓国歴史ドラマをテーマに両国で一番話題性と注目度が高く、チャリティー行事に尽力されている韓国俳優を特別招聘するチャリティーイベント。2008年の第1回には、「テジョヨン」「海神」主演俳優チェ・スジョン、2009年には「朱蒙」「風の国」主演俳優ソン・イルグク、2010年には、「善徳女王」に出演し人気爆発中だったキム・ナムギルが出演するなど、その年最高の視聴率を誇る韓国歴史ドラマの中心人物をメインゲストに招聘し開催しており、ことしで4回目の開催となる(※2011年は、東日本大震災の為中止となった)。

 チャリティーの土壌を育み続けるとともに、韓国との縁が深い高麗郷(埼玉県日高市)を辿り、日韓両国の文化交流と友好親善を高めながら、韓国の歴史の疎通の場として生かし、地元地域活性化と町おこしにも貢献する日韓交流スペシャル企画だ。

 4回目となることしは、「思いっきりハイキック」で大ブレイクし、「美賊イルジメ伝~帰ってきたイルジメ」や「イケメンラーメン屋」、そして、最高視聴率40%突破、現在最もホットな韓国歴史ドラマである「太陽を抱いた月」に出演し、切ない演技で視聴者の涙を誘った癒し系イケメン俳優チョン・イルがメインゲストとして登場する。

 メイン俳優とともに「日韓友情フェスタ」を盛り上げているのは、OSTに多数参加し、ドラマ人気に大きく貢献している実力派歌手の歌声だ。ことしのゲスト歌手は「太陽を抱いた月」や「鉄の王キム・スロ」のOSTに参加するパワフルな歌声と爆発的な歌唱力が人気の3人組 「Monday Kiz(マンデーキッズ)」。また、「癒しの芸術品」といわれる「バラダン」が、壮大なスケールで韓国歴史ドラマをドラマチックに演奏し、「日韓友情フェスタ」を盛り上げる。

 また、翌日9日(月)には、韓国との縁が深い高麗郷も訪問する予定だ。高麗郷は、望郷の思いを抱きながら日本建国に大きな影響を与えた高句麗の宝蔵王の王族とエリートたちが移り住んだ地域で、古代高句麗の里としても有名だ。2008年の本行事では、高麗郡建郡1300年(2016年に1300年を迎える)の記念・慰労と、高句麗と一番縁の深い都市である韓国・九里市に建立される高麗歴史記念館建立支援を行い、初めて縁ある町同士友好関係を結び、両国の地域町おこしと更なる親善交流・相互関係を深めていくきっかけとなった。




第63回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL2012

ランランエンタメ! 2012年2月15日

今年も雪と氷の大祭典“さっぽろ雪まつり”の協賛行事として、「第63回 さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL2012」が開催された。

この公演は、さっぽろ雪まつりを日韓交流の場として盛り上げ、又、日韓両国が力を合わせて国連のミレニアム目標である「貧困救済」と「普遍的基礎教育実施」へ貢献するべく、毎年、NPO法人日韓文化交流会と(社)札幌観光協会が共同開催(後援:駐札幌大韓民国総領事館)しているチャリティーコンサートだ。

今年は、ネパールの山岳地域に図書館建設と図書贈呈に貢献する「ネパール図書プロジェクト」に賛同した人気急上昇中のK-POPアーティスト3組が出演した。

Openingでは、ネパール図書館プロジェクトの奉仕活動を含めたGFSC(Good Friends Save the Children)の様々な活動の様子やメッセージが上映され、涙ぐむ観客の姿もあった。

トップバッターは、歌唱力抜群の新人グループ「CODE-V」

「正直に言うよ」日本でも人気ドラマ「製パン王 キム・タック」より「今、会いにいきます」や日本プレデビュー曲「addiction」などを披露した。

日本語も勉強中というCODE-Vは、質問にも日本語で答えるほどの実力。最近覚えた日本語は?と聞かれると、「皆さん!なまら寒いですね。」と北海道弁をあげ、会場のファンを喜ばせた。

自分達の魅力を聞かれると、「僕たちは、ひとりひとりがボーカルなのが魅力です!」

また、チャリティーへの思いを「僕たちが歌って、少しでも役にたてれば嬉しい。ネパール図書館プロジェクト ファイト!」と伝えた。

途中、ハーモニーグループらしくアカペラで「夜空ノムコウ」「Thank you」を披露すると、会場中から大きな拍手が巻き起こった。

続いて、セクシーアイコンG.NAが、ステージ中央からライトに照らされ「札幌~~!」とダンサーと共に登場。人気曲「TOP GIRL」の途中では、「札幌 Love you~~~!」でファンの心を掴む。立て続けに「BANANA」とテンポの良い曲で会場もヒートアップし、G.NAの公演を待ちわびていた男性ファンの熱い声援も飛び交った!

「このような意味深い公演に出演できて光栄です!」

「私の出身地であるカナダでも雪が沢山降ります。札幌の雰囲気ととてもよく似ていてびっくりしました!」

スタイルの秘訣は?と聞かれると「水を沢山飲む事です!そしてストレッチを心がけています」と美しさの秘訣を伝授。

また、「日本語なので、すごく緊張した」という「First love」を披露。G.NAの美しく響く声がこの曲によく似合っていた。

MVでの人気アイドルとの共演を聞かれると会場から、「可愛かった~~~」と声があがり、「マジで~~?」と眩しいほど可愛い笑顔で日本語も飛び出した!

チャリティーに関して聞かれると、「ネパールのチャリティー公演に、ファンの皆さんと一緒に参加できたので、とても嬉しいです。とても素晴しいことだと思います!」と答えた。

「日本でも活動したいので、皆さん呼んで下さいね。応援宜しくお願いします!愛してる~。」とファンに向けメッセージを残し、最後に大ヒット曲「BLACK&WHITE」を熱唱し、華やかに舞台を飾った。

この日トリを飾ったのはZE:Aだ!

実は、10日に札幌入りしたZE:Aは、NPO法人日韓文化交流会のセンターにて行われた「ネパール図書プロジェクト」セレモニーに参加。出演者を代表し、本公演のチャリティー贈呈が行われた。

そして、「子供が大好き!」というメンバーは、児童福祉施設を訪れ、子供達とゲームをするなど心温まる楽しい時間を過ごした。

この様子がオープニング映像として紹介され、会場のボルテージはどんどん上がっていく。

階段を下りてくる9人の姿に、会場からは黄色い大声援が飛び交った!

ステージ狭しと9人のダンスパフォーマンスが炸裂する!

「Heart For 2」「一日中」「Daily Daily」と立て続けに3曲を。

日本語も最近は、いっぱい勉強しているというメンバーは、沢山日本語で会場に話しかけていた。

9人の甘い歌声が響く「Love Letter」で、会場はロマンチックな雰囲気に。

可愛いダンス曲ナンバー 人気曲「Here I am」日本語曲「love Coach」と続き、ZE:Aの魅力なステージで魅了した。

途中、バースデーソングが会場に響き、ケーキが運び込まれた。

この日は、末っ子「ドンジュン」の誕生日。実は、2月誕生日が3人もいるZE:A。9日誕生日の「ジュニョン」そして、23日誕生日の「ケビン」を、会場に集まったファンと共にバースデーソングを歌い、喜びを分かち合った。

この公演には、昨日児童福祉施設に訪問した子供達も会場に駆けつけていた。

「昨日は、児童福祉施設に行って、子供達と遊びました。どこに来ているの?」とケビンが声をかえると、手を振る子供達の姿を見つけると、メンバー全員が嬉しそうに手をふり返し、「アンニョン!」と声をかけた。

この公演では、児童福祉施設の子供も含めて、札幌市内から約100名ほどの子供達を招待させていただいている。

チャリティーに関して聞かれると、ヒチョルが、「皆さんと一緒にこのような公演に参加できて嬉しい。そして、皆さん!沢山の後援をしてくださり・・感謝しています。これからも応援よろしくお願いします」と。

最後に「Mazeltov」で会場が一体となり、熱狂の中ZE:Aのステージは終了した。

エンディングには出演者3組がステージに集結し、観客と記念撮影。

甘い余韻を残し華やかな舞台は終了した。

公演後は、ネパールに「500円で1冊。600円で1ブロックを送ろう」と行われたチャリティー後援者と、全出演者とのスペシャルチャリティーハイタッチ会が行われ、道内外から集まったK-POPファンと共に音楽の楽しさと温かいチャリティーで愛を分かち合った。

また公演後に、昨年11月20日に横浜アリーナで開催し、多くの感動を残した「Good Friends Charity Premium Concert」を札幌にて開催予定だと発表された。遂に、札幌で初となるBiG K-POPコンサートだけに大きな関心と期待が集まるだろう。




第63回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL2012

ブロコリニュース 2012年2月15日

今年も雪と氷の大祭典“さっぽろ雪まつり”の協賛行事として、「第63回 さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL2012」が開催された。

この公演は、さっぽろ雪まつりを日韓交流の場として盛り上げ、又、日韓両国が力を合わせて国連のミレニアム目標である「貧困救済」と「普遍的基礎教育実施」へ貢献するべく、毎年、NPO法人日韓文化交流会と(社)札幌観光協会が共同開催(後援:駐札幌大韓民国総領事館)しているチャリティーコンサートだ。
今年は、ネパールの山岳地域に図書館建設と図書贈呈に貢献する「ネパール図書プロジェクト」に賛同した人気急上昇中のK-POPアーティスト3組が出演した。

Openingでは、ネパール図書館プロジェクトの奉仕活動を含めたGFSC(Good Friends Save the Children)の様々な活動の様子やメッセージが上映され、涙ぐむ観客の姿もあった。

トップバッターは、歌唱力抜群の新人グループ「CODE-V」
「正直に言うよ」日本でも人気ドラマ「製パン王 キム・タック」より「今、会いにいきます」や日本プレデビュー曲「addiction」などを披露した。
日本語も勉強中というCODE-Vは、質問にも日本語で答えるほどの実力。
最近覚えた日本語は?と聞かれると、「皆さん!なまら寒いですね。」と北海道弁をあげ、会場のファンを喜ばせた。
自分達の魅力を聞かれると、「僕たちは、ひとりひとりがボーカルなのが魅力です!」
また、チャリティーへの思いを「僕たちが歌って、少しでも役にたてれば嬉しい。ネパール図書館プロジェクト ファイト!」と伝えた。
途中、ハーモニーグループらしくアカペラで「夜空ノムコウ」「Thank you」を披露すると、会場中から大きな拍手が巻き起こった。

CODE-V

続いて、セクシーアイコンG.NAが、ステージ中央からライトに照らされ「札幌~!」とダンサーと共に登場。人気曲「TOP GIRL」の途中では、「札幌 Love you~!」でファンの心を掴む。立て続けに「BANANA」とテンポの良い曲で会場もヒートアップし、G.NAの公演を待ちわびていた男性ファンの熱い声援も飛び交った!
「このような意味深い公演に出演できて光栄です!」
「私の出身地であるカナダでも雪が沢山降ります。札幌の雰囲気ととてもよく似ていてびっくりしました!」
スタイルの秘訣は?と聞かれると「水を沢山飲む事です!そしてストレッチを心がけています」と美しさの秘訣を伝授。
また、「日本語なので、すごく緊張した」という「First love」を披露。G.NAの美しく響く声がこの曲によく似合っていた。
MVでの人気アイドルとの共演を聞かれると会場から、「可愛かった~」と声があがり、「マジで~?」と眩しいほど可愛い笑顔で日本語も飛び出した!
チャリティーに関して聞かれると、「ネパールのチャリティー公演に、ファンの皆さんと一緒に参加できたので、とても嬉しいです。とても素晴しいことだと思います!と答えた。
「日本でも活動したいので、皆さん呼んで下さいね。応援宜しくお願いします!愛してる~。」とファンに向けメッセージを残し、最後に大ヒット曲「BLACK&WHITE」を熱唱し、華やかに舞台を飾った。

G.NA

この日トリを飾ったのはZE:Aだ!
実は、10日に札幌入りしたZE:Aは、NPO法人日韓文化交流会のセンターにて行われた「ネパール図書プロジェクト」セレモニーに参加。出演者を代表し、本公演のチャリティー贈呈が行われた。
そして、「子供が大好き!」というメンバーは、児童福祉施設を訪れ、子供達とゲームをするなど心温まる楽しい時間を過ごした。
この様子がオープニング映像として紹介され、会場のボルテージはどんどん上がっていく。
階段を下りてくる9人の姿に、会場からは黄色い大声援が飛び交った!
「Heart For 2」「一日中」「Daily Daily」と立て続けに3曲い、最近沢山勉強しているというメンバーは、沢山日本語で会場に話しかけた。
9人の甘い歌声が響く「Love Letter」で、会場はロマンチックな雰囲気に。
可愛いダンス曲ナンバー 人気曲「Here I am」日本語曲「love Coach」と続き、ZE:Aの魅力なステージで魅了した。
途中、バースデーソングが会場に響き、ケーキが運び込まれた。
この日は、末っ子「ドンジュン」の誕生日。実は、2月誕生日が3人もいるZE:A。9日誕生日の「ジュニョン」そして、23日誕生日の「ケビン」を、会場に集まったファンと共にバースデーソングを歌い、喜びを分かち合った。

この公演には、昨日児童福祉施設に訪問した子供達も会場に駆けつけていた。
「昨日は、児童福祉施設に行って、子供達と遊びました。どこに来ているの?」とケビンが声をかえると、手を振る子供達の姿を見つけると、メンバー全員が嬉しそうに手をふり返し、「アンニョン!」と声をかけた。
この公演では、児童福祉施設の子供も含めて、札幌市内から約100名ほどの子供達を招待させていただいている。
チャリティーに関して聞かれると、ヒチョルが、「皆さんと一緒にこのような公演に参加できて嬉しい。そして、皆さん!沢山の後援をしてくださり・・感謝しています。これからも応援よろしくお願いします」と。

最後に「Mazeltov」で会場が一体となり、熱狂の中ZE:Aのステージは終了した。

エンディングには出演者3組がステージに集結し、観客と記念撮影。
甘い余韻を残し華やかな舞台は終了した。

公演後は、ネパールに「500円で1冊。600円で1ブロックを送ろう」と行われたチャリティー後援者と、全出演者とのスペシャルチャリティーハイタッチ会が行われ、道内外から集まったK-POPファンと共に音楽の楽しさと温かいチャリティーで愛を分かち合った。

また昨年11月20日に横浜アリーナで開催し、多くの感動を残した「Good Friends Charity Premium Concert」を札幌にて開催予定だと発表された。札幌で初となるBIG K-POPコンサートだけに大きな関心と期待が集まるだろう。

児童福祉施設訪問したZE:A




さっぽろ雪まつりのチャリティーコンサートにZE:A、G.NAらが出演

ブロコリニュース 2012年2月15日

11日、雪と氷の大祭典“さっぽろ雪まつり”の協賛行事として、「第63回 さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL2012」が開催された。

この公演は、さっぽろ雪まつりを日韓交流の場として盛り上げ、又、日韓両国が力を合わせて国連のミレニアム目標である「貧困救済」と「普遍的基礎教育実施」へ貢献するべく、毎年、NPO法人日韓文化交流会と(社)札幌観光協会がチャリティーコンサートとして共同開催(後援:駐札幌大韓民国総領事館)している。

今年はネパールの山岳地域に図書館建設と図書贈呈に貢献する「ネパール図書プロジェクト」に賛同した9人組ボーイズグループZE:A、ソロシンガーG.NA、日本メジャーデビューを控えるCODE-Vが出演した。

エンディングには出演者3組がステージに集結し、観客と記念撮影。
公演後は、ネパールに「500円で1冊。600円で1ブロックを送ろう」と行われたチャリティー後援者と、全出演者とのスペシャルチャリティーハイタッチ会が行われた。

また10日に札幌入りしたZE:Aは、NPO法人日韓文化交流会のセンターにて行われた「ネパール図書プロジェクト」セレモニーに参加。出演者を代表し、公演のチャリティーを贈呈。
そして、「子供が大好き!」というメンバーは、児童福祉施設を訪れ、子供達とゲームをするなど心温まる楽しい時間を過ごした。

児童福祉施設訪問したZE:A G.NA CODE-V



「第63回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2012」フォトレポート

WoW!Korea 2012年2月14日

雪と氷の大祭典「さっぽろ雪まつり」の協賛行事として、2月11日(土)ニトリ文化ホール(北海道)にて、「第63回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2012」が開催された。この公演は、「さっぽろ雪まつり」を日韓交流の場として盛り上げ、また、日韓両国が力を合わせて国連のミレニアム目標である「貧困救済」と「普遍的基礎教育実施」へ貢献するべく、毎年、NPO法人日韓文化交流会と(社)札幌観光協会が共同開催(後援:駐札幌大韓民国総領事館)しているチャリティーコンサートだ。ことしは、ネパールの山岳地域に図書館建設と図書贈呈に貢献する「ネパール図書プロジェクト」に賛同した人気急上昇中のK-POPアーティスト3組が出演した。

歌唱力抜群の新人グループ「CODE-V」 セクシーアイコンG.NA トリを飾った「ZE:A」 2月が誕生日の「ZE:A」メンバー 「第63回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2012」出演者 ハイタッチ会のようす NPO法人日韓文化交流会のセンターにて行われた「ネパール図書プロジェクト」セレモニー 会場のようす 児童福祉施設の子供たちと 「第63回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2012」出演者



K-POPスター3組が「さっぽろ雪まつり」に登場

WoW!Korea/Yahoo! JAPAN/Goo/@nifty 2012年2月14日

 ことしも雪と氷の大祭典「さっぽろ雪まつり」の協賛行事として、2月11日(土)ニトリ文化ホール(北海道)にて、「第63回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2012」が開催された。

 この公演は、「さっぽろ雪まつり」を日韓交流の場として盛り上げ、また、日韓両国が力を合わせて国連のミレニアム目標である「貧困救済」と「普遍的基礎教育実施」へ貢献するべく、毎年、NPO法人日韓文化交流会と(社)札幌観光協会が共同開催(後援:駐札幌大韓民国総領事館)しているチャリティーコンサートだ。ことしは、ネパールの山岳地域に図書館建設と図書贈呈に貢献する「ネパール図書プロジェクト」に賛同した人気急上昇中のK-POPアーティスト3組が出演した。

 オープニングでは、ネパール図書館プロジェクトの奉仕活動を含めたGFSC(Good Friends Save the Children)のさまざまな活動の様子やメッセージが上映され、涙ぐむ観客の姿もあった。

 トップバッターは、歌唱力抜群の新人グループ「CODE-V」。「正直に言うよ」、日本でも人気ドラマ「製パン王キム・タック」より「今、会いにいきます」や日本プレデビュー曲「addiction」などを披露した。日本語も勉強中という「CODE-V」は、質問にも日本語で答えるほどの実力。最近覚えた日本語は、と聞かれると、「皆さん、なまら寒いですね」と北海道弁をあげ、会場のファンを喜ばせた。自分たちの魅力を聞かれると、「僕たちは、ひとりひとりがボーカルなのが魅力です」と話し、また、チャリティーへの思いを「僕たちが歌って、少しでも役にたてればうれしい。ネパール図書館プロジェクト、ファイト! 」と伝えた。途中、ハーモニーグループらしくアカペラで「夜空ノムコウ」、「Thank you」を披露すると、会場中から大きな拍手が巻き起こった。

 続いて、セクシーアイコンG.NAが、ステージ中央からライトに照らされ「札幌~~! 」とダンサーとともに登場。人気曲「TOP GIRL」の途中では、「札幌 Love you~~~! 」でファンの心を掴む。立て続けに「BANANA」とテンポの良い曲で会場もヒートアップし、G.NAの公演を待ちわびていた男性ファンの熱い声援も飛び交った。G.NAは、「このような意味深い公演に出演できて光栄です」「わたしの出身地であるカナダでも雪が沢山降ります。札幌の雰囲気ととてもよく似ていてびっくりしました」と述べた。スタイルの秘訣を聞かれると「水を沢山飲む事です。そしてストレッチを心がけています」と美しさの秘訣を伝授。また、「日本語なので、すごく緊張した」という「First love」を披露。G.NAの美しく響く声がこの曲によく似合っていた。チャリティーに関しては、「ネパールのチャリティー公演に、ファンの皆さんと一緒に参加できたので、とてもうれしいです。とても素晴しいことだと思います」と話した。「日本でも活動したいので、皆さん呼んで下さいね。応援宜しくお願いします。愛してる~」とファンに向けメッセージを残し、最後に大ヒット曲「BLACK&WHITE」を熱唱し、華やかに舞台を飾った。

 この日トリを飾ったのは「ZE:A」だ。実は、10日に札幌入りした「ZE:A」は、NPO法人日韓文化交流会のセンターにて行われた「ネパール図書プロジェクト」セレモニーに参加。出演者を代表し、本公演のチャリティー贈呈が行われた。そして、「子供が大好き」というメンバーは児童福祉施設を訪れ、子供たちとゲームをするなど心温まる楽しい時間を過ごした。この様子がオープニング映像として紹介され、会場のボルテージはどんどん上がっていく。階段を下りてくる9人の姿に、会場からは黄色い大声援が飛び交った。

 ステージせまし9人のダンスパフォーマンスが炸裂する。「Heart For 2」「一日中」「Daily Daily」と立て続けに3曲を。日本語も勉強しているというメンバーは、日本語で会場に話しかけた。9人の甘い歌声が響く「Love Letter」で、会場はロマンチックな雰囲気に。可愛いダンス曲ナンバー「Here I am」、日本語曲「love Coach」と続き、ファンを魅了した。途中、バースデーソングが会場に響き、ケーキが運び込まれた。この日は、末っ子「ドンジュン」の誕生日。そして、2月誕生日が3人もいる「ZE:A」。9日誕生日の「ジュニョン」、23日誕生日の「ケビン」を、会場に集まったファンとともにバースデーソングを歌い、喜びを分かち合った。

 この公演には、前日に訪問した児童福祉施設の子供たちも会場に駆けつけていた。「昨日は、児童福祉施設に行って、子供たちと遊びました。どこに来ているの? 」とケビンが声をかえると、手を振る子供たちの姿を見つけ、メンバー全員がうれしそうに手をふり返した。

 この公演では、児童福祉施設の子供も含めて、札幌市内から100名ほどの子供たちを招待。チャリティーに関して聞かれると、ヒチョルが、「皆さんと一緒にこのような公演に参加できてうれしい。そして、皆さん、沢山の後援をしてくださり、感謝しています。これからも応援よろしくお願いします」と述べた。最後に「Mazeltov」で会場が一体となり、熱狂の中「ZE:A」のステージは終了した。

 エンディングには出演者3組がステージに集結し、観客と記念撮影。甘い余韻を残し華やかな舞台は終了した。

 公演後は、ネパールに「500円で1冊。600円で1ブロックを送ろう」と行われたチャリティー後援者と、全出演者とのスペシャルチャリティーハイタッチ会が行われ、道内外から集まったK-POPファンと共に音楽の楽しさと温かいチャリティーで愛を分かち合った。




第63回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL2012
Kstreet 2012年2月14日

今年も雪と氷の大祭典“さっぽろ雪まつり”の協賛行事として、2012年2月11日に札幌・ニトリ文化ホールにて「第63回 さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL2012」が開催された。

この公演は、さっぽろ雪まつりを日韓交流の場として盛り上げ、又、日韓両国が力を合わせて国連のミレニアム目標である「貧困救済」と「普遍的基礎教育実施」へ貢献するべく、毎年、NPO法人日韓文化交流会と社団法人札幌観光協会が、駐札幌大韓民国総領事館の後援のもと、共同開催しているチャリティーコンサートである。

今年は、ネパールの山岳地域に図書館建設と図書贈呈に貢献する「ネパール図書プロジェクト」に賛同した、ZE:A、G.NA、CODE-Vといった人気急上昇中のK-POPアーティスト3組が出演!

オープニングでは、ネパール図書館プロジェクトの奉仕活動を含めたGFSC(Good Friends Save the Children)のさまざな活動の様子やメッセージが上映され、会場には涙ぐむ観客の姿も見られた。

トップバッターを飾るのは、歌唱力抜群の新人グループ、CODE-V!

「正直に言うよ」や、日本でも人気のドラマ「製パン王 キム・タック」のOSTから「今、会いにいきます」や日本プレデビュー曲「Addiction ~君なしには、生きられない」などを披露!

日本語も勉強中というCODE-Vは、質問にも日本語で答えるほどの実力。

“最近覚えた日本語は?”という問いには、「皆さん!“なまら”寒いですね!」と北海道弁をあげ、会場のファンを喜ばせた。

また、自分達の魅力については、「僕たちは、一人ひとりがボーカルなのが魅力!」とアピール!

今回のチャリティーへの思いを「僕たちが歌って、少しでも役に立つことができたらうれしいです。ネパール図書館プロジェクト、ファイト!」と、力強いメッセージを伝えた。

ハーモニーの美しさが自慢の彼ららしく、アカペラで「夜空ノムコウ」「Thank you」を5人の声で重ねると、会場中からは大きな拍手が巻き起こり、観客を魅了していた。

続いて、セクシーアイコンG.NAが、ステージ中央からライトに照らされ「札幌~~!」とダンサーとともに登場!

人気曲「Top Girl」の途中では、「札幌、Love you~~~!」とファンの心をわしづかみ!

立て続けに「BANANA」とテンポの良い曲で会場もヒートアップし、彼女の公演を待ちわびていた男性ファンの熱い声援も飛び交う。

「このような意味深い公演に出演できて光栄です!」と、まずチャリティーへの賛同の気持ちを述べながら、「私の出身地であるカナダでも、雪がたくさん降ります。札幌の雰囲気ととてもよく似ていてびっくりしました!」と、迫力のステージとはまた違う、キュートな一面をのぞかせた。

バツグンのスタイルに定評がある彼女。 美しさの秘訣は、ずばり「水をたくさん飲むこと!」続いて「ストレッチを心がけています!」と日々の努力も必要のようだ。

「日本語なので、すごく緊張した」という「First love」も披露。G.NAの美しく響く声がこの曲によく合っていた。

MVでの人気アイドルとの共演を聞かれると、会場からは「可愛かった~~~」と声があがり、日本語で「マジで~~?」と応える。まぶしいほど可愛い笑顔!

チャリティーに対して「ネパールのチャリティー公演に、ファンの皆さんと一緒に参加できたので、とてもうれしいです。とてもすばらしいことだと思います!」と答えていた。

「これから日本でも活動したいので、皆さん呼んでください。応援よろしくお願いします!愛してる~!」というメッセージを残し、最後に大ヒット曲「Black&White」を熱唱し、華やかに舞台を飾った。

この日、トリを飾ったのはZE:A!

実は、後援前日の10日に札幌入りしたZE:Aは、NPO法人日韓文化交流会のセンターにて行われた「ネパール図書プロジェクト」セレモニーに参加。出演者を代表し、本公演のチャリティー贈呈が行われた。

そして、「子供が大好き!」というメンバーは、児童福祉施設を訪れ、子供たちとゲームをするなど心温まる楽しい時間を過ごした。

この様子が映像に紹介されると、会場のボルテージはどんどん上がっていく!階段を下りてくる9人の姿に、会場からは黄色い大声援!ステージ狭しと9人のダンスパフォーマンスが炸裂!Heart For 2」「All Day Long」「Daily Daily」と立て続けに3曲を披露する。

最近、日本語をたくさん勉強しているというメンバー。観客にも積極的に日本語で話しかけるなど、日頃の成果をここで発揮することになった。「ラヴ☆レター」では、9人の甘い歌声で会場はロマンチックな雰囲気になった。そして「Here I am 」や「Love Coach (Japanese ver.)」と、キュートなダンスナンバーと続き、魅力あふれるステージングを繰り広げる。

サプライズイベントも準備されていた。バースデーソングが会場に響き、ケーキが運び込まれた。なんとこの日は、末っ子「ドンジュン」の誕生日!実はZE:Aには、2月に誕生日を迎えるメンバーが3人もいる。ドンジュンのほかには、9日のジュンヨン、そして23日のケビン。会場に集まったファンとともに、3人を囲みバースデーソングを歌い、よろこびを分かち合った。

そして、この公演には、前日児童福祉施設に訪問した子供たちも会場に駆けつけていた。「昨日は、児童福祉施設に行って、子供たちと遊びました。どこに来ているの~?」とケビンが呼びかけると、客席から子供たちが手を振る。そんな姿を見つけると、メンバーたちも目を細め「アンニョン!」と手を振り応えていた。なお公演には、児童福祉施設の子供も含めて、札幌市内から約100名ほどの子供たちを招待していた。

ヒチョルも「皆さんと一緒に、このような公演に参加できてうれしいです。そして、皆さん!たくさんの後援をしてくださって…感謝しています。これからも応援よろしくお願いします」と、熱い胸の内を明かした。

そしてラストの「Mazeltov」で、会場がひとつになり、熱狂の中、ZE:Aのステージは終了した。

エンディングには出演者3組がステージに集結し、観客と記念撮影。甘い余韻を残しながら、惜しまれつつも華やかな舞台は幕を閉じた。

公演後は、ネパールに“500円で1冊。600円で1ブロックを送ろう”と行われたチャリティー後援者と、全出演者とのスペシャルチャリティーハイタッチ会が行われ、道内外から集まったK-POPファンとともに、音楽の楽しさと温かいチャリティーで愛を分かち合った。また公演後に、昨年11月20日に横浜アリーナで開催し、多くの感動を残した「Good Friends Charity Premium Concert」を札幌にて開催する予定だというアナウンスも発表された。ついに、札幌で初となるビッグなK-POPコンサートだけに、大きな関心と期待が集まるだろう。




K-POP FESTIVAL 2012 雪まつり彩るライブ
北海道新聞 2012年1月24日


(記事をクリックすると大きくなります。)



「さっぽろ雪まつり」出演「ZE:A」から日本ファンに温かいメッセージ
WoW!Korea 2012年1月23日

 300万人もが訪れる雪と氷の大祭典「さっぽろ雪まつり」の期間中に合わせて開催される「第63回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2012」にメインアーティストとして出演する「ZE:A」から出演にあたっての喜びとともに、日本のファンに向けた温かいメッセージが届いた。

 動画メッセージは、「ZE:A」らしく明るく元気なあいさつからスタート。「『さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL』は、日韓友好親善とアジア貧困地域の子供達の支援をするとても意味ある韓流チャリティーコンサート。この行事を通じて日韓友好と、僕達の音楽で少しでも力を与えられたらと思い、出演を決めました。僕達は、日本で多くの愛を受けているので、ファンの方も待っていてくれると思います。幼い子供達にも愛を分けてあげたい。一生懸命準備しているので、皆さん期待していて下さい」と伝えている。

 また、「今ここにシワン君がいませんが、シワン君も一緒に一生懸命準備しているので、期待して下さい! 」と、姿が見えないことを心配するであろうシワンファンへ向けても温かい心遣いを見せた。「日本のファンを楽しませたい! 」と熱心に準備をしている「ZE:A」のステージに注目だ。

 本公演は9人の個性が光り輝く圧倒的なパフォーマンスで注目される人気グループ「ZE:A」のほか、札幌初登場のキュートなセクシーアイコン、歌姫G.NA、歌唱力抜群の5人組「CODE-V」というフレッシュな3組が夢の競演を果たす。チャリティーハイタッチ会も決定しており、たっぷりと歌とパフォーマンスを披露し、「さっぽろ雪まつり」を熱く盛り上げる。

 「第63回 さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2012」は、 GFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーコンサートとしても開催。「アジア貧困地域子供教育支援」の一環として、今回は「ネパール図書館プロジェクト」に貢献するため、ネパールの山岳地域での教育環境が厳しいところに図書館を建設し、図書を支援する計画だ。




一般会員募集中!!



マイページ
日韓・GFSCサポーターズ大募集!!

日韓カレンダー&movie

リンク

愛知県で韓国語を学ぶなら HaHaHa韓国語学院
アンニョン!韓国語学堂学生割引特別応援キャンペーン

アクセスカウンタ

  • 総訪問者数:
ページ上部へ戻る