日韓の主要行事






フォーラム
  • 東京伝説
  • GOOD FRIENDS Charity Premium Concert
日韓スペシャル企画

マスコミ掲載2012年4月~8月

▼2012年4月~8月のマスコミ掲載記事

日韓の学生たちが分かち合った ‘希望の太鼓の音’

チャンネルA 2012年8月21日

動画付きのニュースはこちら [韓国語のサイトです]
(以下はその日本語訳)

[アンカーコメント]

竹島をめぐる、韓国と日本の感情の溝が、どんどん深くなる中
一方では、日韓青少年たちが温かい友情を分かち合う行事が開かれた。

昨年、津波に襲われた日本の中学生たちが
当時、力になってくれた感謝を伝えるため
韓国へ訪れました。

[レポート]
興奮気味の学生達が歓迎の準備の真っ最中です。
慣れない日本語も練習します。
[現場の声]
「こんにちは、はじめまして~」
こちらに訪れるのは、日本の宮城県雄勝中学校の学生達です。
ドンドンと響く太鼓の音が講堂をいっぱいにし
力強い掛け声とキレのある手の動きが、たくましく似合っています。
この太鼓の音は1年前の彼らを立ち上がらせた
希望の音です。

[画面転換]
昨年3月、いきなり迫ってきた地震と津波。
町は瞬く間に廃墟となりました。
韓国の一つの市民団体が
絶望の中にいた彼らの手を取りました。

廃タイヤにテープを貼り、作った輪太鼓で
子供たちは希望をたたきました。

挫折の中で響いた太鼓の演奏は
日本社会に多きな感動を与えました。

[インタビュー]カノ ユウホ/雄勝中学校
「助けていただいた多くの方に対し感謝の気持ちと津波の被害にあった時の気持ちを込めて太鼓をたたきました。」

韓国の学生達も、海を越えてやってきた友達のため
かっこいい演奏をプレゼントしました。

[インタビュー] イ・ユンジェ / 三政中 1年生
「太鼓を叩きながら、希望を持ち、また、これからも楽しく過ごしてくれればと思います。」

国境を越え響いた太鼓の音で
両国の学生達は心を分かち合いました。




【東日本大震災】 日本の中学生たち、ソウルで‘災害復旧支援に感謝’公演

共同通信 2012年8月21日


韓国の東日本大震災復興支援に感謝の気持ちを伝えようと、
ソウル市内で「復興輪太鼓」を演奏する宮城県石巻市立 雄勝中学校の学生達

東日本大震災と関連し韓国の支援に感謝の意を伝えるため、被災地の宮城県石巻市立 雄勝中学校の学生、約40名が21日ソウル市内の野外ステージで廃タイヤを利用した「復興輪太鼓」を演奏した。竹島問題で、日韓関係が凍り付いている中、開かれた公演だったが、迫力のある演奏に、会場に訪れた約300名の観衆たちからは大きな拍手を受けた。

雄勝中学校は校舎が津波に襲われ、学生たちが利用していた太鼓も流されてしまった。太鼓の代わりに廃タイヤにビニールテープをかぶせ‘輪太鼓’で練習をしながら鎮魂と復興に対する願いを込め、日本各地で演奏公演を繰り広げた。

津波で家を失った3年生伊藤祐汰(14)学生は「今、このようにここで太鼓演奏できるのも、多くの方々の支援のおかげです。今日は僕たち皆の演奏が良くそろい、感謝の気持ちがもっとよく伝わったと思う。」と満足そうな表情で語った。

これに先立ち、学生たちはソウル市庁を訪問し、パク・ウォンスン市長に会った。パク市長は「大変な環境でも挫折をせず、たくましく克服した皆さんの姿に感動を受けた。」と明かした。

学生達は19?23日の日程で韓国を訪問し、韓国の中学生とも交流を持った。熊谷雅幸教諭は「出発前は、保護者達からの不安の声もありましたが、実際に来てみて、皆さん全員に親切にしていただき安心した。 学生達にも忘れられない思い出になったと思う。」と明かした。




“感謝の気持ちを込めて” 日韓の10代達の‘希望の太鼓の音’

チャンネルA 2012年8月20日

動画付きのニュースはこちら [韓国語のサイトです]
(以下はその日本語訳)

[アンカーコメント]
「子供は大人の父」というシェイクスピアの詩にもありますが

昨年
残酷な地震の津波被害を受けた、日本の中学生たちが
当時、助けてもらった韓国を訪れ
感謝の意を音楽で伝えた。

[レポート]
興奮気味の学生達が歓迎の準備の真っ最中です。
慣れない日本語も練習します。
[現場の声]
「こんにちは、はじめまして~」
こちらに訪れるのは、日本の宮城県雄勝中学校の学生達です。
ドンドンと響く太鼓の音が講堂をいっぱいにし
力強い掛け声とキレのある手の動きが、たくましく似合っています。
この太鼓の音は1年前の彼らを立ち上がらせた
希望の音です。

[画面転換]
昨年3月、いきなり迫ってきた地震と津波。
町は瞬く間に廃墟となりました。
韓国の一つの市民団体が
絶望の中にいた彼らの手を取りました。

廃タイヤにテープを貼り、作った輪太鼓で
子供たちは希望をたたきました。

挫折の中で響いた太鼓の演奏は
日本社会に多きな感動を与えました。

[インタビュー]カノ ユウホ/雄勝中学校
「助けていただいた多くの方に対し感謝の気持ちと津波の被害にあった時の気持ちを込めて太鼓をたたきました。」

韓国の学生達も、海を越えてやってきた友達のため
かっこいい演奏をプレゼントしました。

[インタビュー] イ・ユンジェ / 三政中 1年生
「太鼓を叩きながら、希望を持ち、また、これからも楽しく過ごしてくれればと思います。」

国境を越え響いた太鼓の音で
両国の学生達は心を分かち合いました。




大地震の痛みを越え、希望・夢を分かち合う韓国の旅…雄勝中学校の学生など '友情の架け橋'

朝鮮日報 2012年8月18日

昨年の3月 日本の東日本大震災当時、5800名の死傷者が発生した、石巻市の雄勝中学校の学生と教職員、そして地域の文化芸術人など 80名が19~23日「希望・夢 韓国の旅プレゼント」という名前で韓国を訪れる。

彼らの韓国の訪問は日本のNPO法人日韓文化交流会と韓国の(社)メディア映像教育振興センターが主管しソウル市と韓国観光公社、駐日韓国大使館などが後援する。

彼らは訪問期間中、大地震当時に助けてもらった韓国の方に対し感謝の意を伝え、公演を通して多様な交流を持つ。

ソウル市と社会福祉共同募金会を訪問し、感謝の手紙を朗読する。特に、雄勝中学校の学生代表は、パク・ウォンスン市長に会い、災害当時ソウル市が行ってくれた援助に対する感謝の文を朗読する。 ソウルの森、蝶庭園を訪問し、蝶の成長過程を見守る時間も持つ。 三政中学校のモドゥム太鼓チームと一緒に両国間の友情の公演の場も準備された。私立東部老人専療養センターを訪問し慰問公演も行う。

彼らは、また21日仁寺洞の南仁寺広場で開かれる、日韓文化交流ハンマダンの公演に出演する。この場には、チョン・ヨンファ、パク・シネ、イ・ホンギなどの韓流スターとキム・ミョンスソウル市議会議長、イ・チャム韓国観光公社社長などが一緒に参加する。

一方、訪問団が韓国で過ごす5日間は日本のフジTVを通し、特別放送される予定だ。




大地震の痛みを越え、希望・夢を分かち合う韓国の旅…雄勝中学校の学生など '友情の架け橋'

中央日報 2012年8月18日

昨年の3月 日本の東日本大震災当時、5800名の死傷者が発生した、石巻市の雄勝中学校の学生と教職員、そして地域の文化芸術人など 80名が19~23日「希望・夢 韓国の旅プレゼント」という名前で韓国を訪れる。

彼らの韓国の訪問は日本のNPO法人日韓文化交流会と韓国の(社)メディア映像教育振興センターが主管しソウル市と韓国観光公社、駐日韓国大使館などが後援する。

彼らは訪問期間中、大地震当時に助けてもらった韓国の方に対し感謝の意を伝え、公演を通して多様な交流を持つ。

ソウル市と社会福祉共同募金会を訪問し、感謝の手紙を朗読する。特に、雄勝中学校の学生代表は、パク・ウォンスン市長に会い、災害当時ソウル市が行ってくれた援助に対する感謝の文を朗読する。 ソウルの森、蝶庭園を訪問し、蝶の成長過程を見守る時間も持つ。 三政中学校のモドゥム太鼓チームと一緒に両国間の友情の公演の場も準備された。私立東部老人専療養センターを訪問し慰問公演も行う。

彼らは、また21日仁寺洞の南仁寺広場で開かれる、日韓文化交流ハンマダンの公演に出演する。この場には、チョン・ヨンファ、パク・シネ、イ・ホンギなどの韓流スターとキム・ミョンスソウル市議会議長、イ・チャム韓国観光公社社長などが一緒に参加する。

一方、訪問団が韓国で過ごす5日間は日本のフジTVを通し、特別放送される予定だ。




日本の中学校と韓国芸能人の出会い・・・公演通じて緊密な交流を!

Innolife.net 2012年8月22日

日本の雄勝中学校の学生たちが21日午後、ソウル鐘路区仁寺洞南仁寺マダンで開かれた日韓文化交流フェスティバルに参加した。

俳優パク・シネ、FTIslandのイ・ホンギ、CNBLUEのチョン・ヨンファが雄勝中学校の学生たちへのサイン会を開いた。

雄勝中学校の学生たちが廃タイヤで作った太鼓の公演を披露している。

去年の東日本大震災当時、被害が大きかった石巻に位置する雄勝中学校の学生たちは“希望・夢、韓国の旅Present”という主旨で、自分たちを助けてくれた韓国人に感謝の気持ちを伝えて、太鼓公演を通じて韓国とより緊密な交流を持とうとソウルを訪問した。

韓国のサムジョン中学校の学生たちが太鼓公演を披露している。

俳優パク・シネ、FTIslandのイ・ホンギ、CNBLUEのチョン・ヨンファと雄勝中学校の学生たちが記念撮影をしている。19日から23日まで4泊5日の日程で韓国を訪問した雄勝中学校の学生たちは、自分たちに援助をしてくれたソウル市と社会福祉共同募金会で感謝の手紙を朗読し、市立東部老人専門療養センターを訪問して慰問公演も行う予定だ。




希望・夢 韓国の旅プレゼント

韓国日刊スポーツ 2012年8月21日

21日午後、ソウルの仁寺洞南仁寺広場の野外公演場で、韓国を訪問した雄勝中学校の学生たちがかっこよく太鼓の公演を披露している。昨年の東日本大震災当時、最も被害が大きかった石巻市に位置する雄勝中学校の学生たちは「希望・夢 韓国の旅プレゼント」を機会に自分たちを助けてくれた、韓国の人に感謝の気持ちを伝え、太鼓の公演を通し韓国とのより緊密な交流を持とうとソウルを訪問した。




'かっこいい太鼓の公演で報います'

asiatoday 2012年8月21日

‘東日本大震災当時、助けてもらった韓国に感謝します’
昨年の東日本大震災の災害克服の象徴、雄勝中学校の生徒たち訪韓

ソウルの三政中学校の‘モドゥム太鼓’チームと21日、仁寺洞で合同公演。日本のフジTV同行取材、友好的な日韓関係の発展のきっかけを作る。

昨年発生した、東日本大震災で最も大きな被害を受けた石巻市雄勝中学校の学生達が事故当時、助けてもらった韓国人に感謝の意を伝えるため訪韓した。
ソウル市は雄勝中学校の学生など80名の訪問団が、去る19日から来る23日まで 4泊5日間韓国を訪問すると20日明かした。
‘希望・夢 韓国の旅プレゼント’を機に、今回の日本の訪問団の訪韓は大地震当時、自分たちを助けてくれた韓国人たちに対する感謝の心を伝え、太鼓の公演を通して韓国とより緊密な交流を持つためだと市は説明した。
訪問団は訪韓の期間中、大地震で被害を受け当時、自分たちに多くの援助をしてくれたソウル市と社会福祉共同募金会で感謝の手紙を朗読し、市立東部老人専門療養センターを訪問、慰問公演を行う。
特に、彼らは21日ソウル市庁を訪問、パク・ウォンスン市長と対面した後、ソウル市のソウル三政中学校所属の‘モドゥム太鼓’チームと午後から仁寺洞の南仁寺広場で合同公演を行う予定だ。

市の関係者は「日本の訪問団は、訪韓期間中、昌徳宮、弘大ナンタ公演観覧など、ソウルの歴史と文化体験をすることになる。」とし「特に、日本のフジTVが彼らに同行取材し、特別放送する予定で、友好的な日韓関係の発展の契機になると期待する。」と語った。
一方、ソウル市は昨年3月の東日本大震災の被災地域に水10万本と救護物資を支援し、被害を受けた日本の留学生たちに奨学金を支援している。




大地震の被害に打ち勝った日本の中学生たちがソウルを訪れ感謝を伝える

アジアニュース通信 2012年8月20日

「太鼓を叩く」雄勝中学校の学生80名 感謝を伝えるためにソウルへ訪れる。

大地震の被害を勝ち抜いた日本の中学生たちが感謝の気持ちを伝えるために、ソウルを訪問する。
ソウル市は昨年3月、東日本大震災当時最も被害が大きかった石巻市の雄勝中学校の生徒など80人余りが "夢、希望、韓国旅行プレゼント"をきっかけに、自分たちを助けてくれた韓国人たちに対する感謝の気持ちを伝えるために21日ソウルを訪れると明らかにした。
雄勝中学校の生徒は特に韓国とのより緊密な交流を持とうと太鼓の公演を行う予定だ。
雄勝中学校の生徒たちは、"太鼓をたたく"学生として日本国内で有名である。
彼らは津波が学校はもちろん、家や家族、近所の人をさらって行ったすさまじい絶望を克服するために、廃タイヤにビニールテープを巻いて太鼓を作り叩き始めた。
最初は怒りから太鼓を打っていたが、その後はとても悲しくて鼓を打ち、挙句の果てには太鼓を打ってみると生きていることが申し訳なく、感謝の気持ちが入り、地域の文化芸術人から太鼓を叩く方法の指導を受け、周りの人たちに喜びと希望を分かち合うために太鼓公演を繰り広げ始めた。
彼らの太鼓公演は放送を通じて日本全域に紹介された。
19日から23日まで4泊5日の日程で韓国を訪問する雄勝中学校の生徒たちは、自分たちを助けてくれたソウル市と社会福祉共同募金会へ感謝の手紙を朗読し、市立東部老人専門療養センターを訪問し、慰問公演も行う予定だ。
特に21日にはソウル市庁を訪問し、パク?ウォンスン市長と会う予定であり、パク市長はこの日、雄勝中学の生徒たちに夢と希望を失わないように励ます予定だ。
これらはまた、ソウル市三政中学校を訪問し、韓国で太鼓を通じて青少年期に持つ様々な傷を克服し、学校生活や友人との関係を美しく昇華させた "モドゥム太鼓"チームと友情を交わし、21日午後仁寺洞南仁寺広場で合同公演も行う計画だ。
今回の合同公演にはテナー歌手オ・チャンホ、日本M's Japan Orchestra、韓国オリジン・オルなどが出演する。
彼らは訪問期間中、昌徳宮、南山、仁寺洞、ソウルの森、弘大ナンタ公演観覧などソウルの歴史と文化体験を通じて韓国に対する関心が増えることをソウル市は期待している。
これと共に、一連のすべての過程は日本のフジTVで同行取材して特別放送される予定なので、日韓関係の発展の契機になるとソウル市は期待している。
一方、ソウル市は昨年3月、東日本大震災の被災地に水10万本と救援物資を支援して被害を受けた日本留学生に奨学金を支援している。




大地震被害の雄勝中学校の生徒たち、ソウルで感謝公演

KOREAN SPIRIT 2012年8月20日

2011年3月、東日本大震災当時最も被害が大きかった石巻市(5,800人死亡、または行方不明)の雄勝中学校の生徒など80人余りが "希望・夢、韓国の旅プレゼント"をきっかけに自分たちを助けてくれた韓国人たちに感謝の気持ちを伝え、太鼓の公演を通じて韓国とより緊密な交流を持とうとソウルを訪問する。

昨年3月に雄勝中学校の卒業式で "たくましく生きよ"という佐藤校長先生のお話の2時間後、津波が学校を襲って全てをさらっていった。全校生徒が安全に避難したが、生徒は目の前で、学校と家庭、家族や親戚が流されていく様子をただ見ているしかなかった、とても辛い経験は、子供の心に大きな傷となった。

このような絶望の状況を克服する方法として、廃タイヤをビニールテープで巻いて太鼓を作った。地域文化芸術人に太鼓の叩き方の指導を受け、最初は怒りで太鼓を打ち、その後はとても悲しくて太鼓を打っていた。容赦なく太鼓を打ってみると生きていることが申し訳なかったが感謝した。周囲の人々に喜びと希望を分かち合うために太鼓を打ちながら公演をして放送を通じ、日本に紹介された。

地震被害当時、自分たちに大きな助けを与えた韓国人の感謝の気持ちを伝えようと、雄勝中学校の生徒たちは韓国に行くことを切に願うようになった。彼らの夢がついに行われたのだ。雄勝中学校の生徒たちは、19日から23日まで4泊5日の日程で韓国を訪問する。

日本の学生は、自分たちに多くの助けを与えてくれたソウル特別市と社会福祉共同募金会へ感謝の手紙を朗読し、市立東部老人専門療養センターを訪問して韓国の高齢者のため慰問公演をする。 21日にはソウル市庁を訪問し、パク?ウォンスン市長と会う。パク市長は雄勝中学校の生徒たちが夢と希望を失わないように励ます予定だ。

また、ソウル市の三政中学校を訪問し、韓国で太鼓を通じて青少年期に持つ様々な傷を克服し、学校生活や友人との関係を美しく昇華させた "モドゥム太鼓"のチームと友情を交わし8月21日午後、仁寺洞の南仁寺広場で合同公演を行う。合同公演はテナー歌手のオ・チャンホ、日本M's Japan Orchestr、韓国のオリジン・オルなどが出演する予定だ。

韓国の訪問期間中に昌徳宮、南山、仁寺洞、ソウルの森、弘大ナンタ公演観覧などのソウル歴史と文化体験を通じ、韓国に対する理解と関心を高めることができるものと見られる。これらのすべての過程は日本のフジTVで同行取材して特別放送される予定で、友好的な日韓関係の発展の契機になると期待される。

一方、ソウル市は昨年3月、東日本大震災の被災地へ水10万本と救援物資を支援して被害を受けた日本留学生に奨学金を支援している。




大地震被害の日本の学生達、ソウル市訪問

ソウルタイムズ 2012年8月20日

昨年、東日本大震災の災難克服の象徴的存在、雄勝中学校がソウルの旅で治癒

石巻市及び雄勝中学校の津波被害現状。

去る2011年3月、東日本大震災当時最も被害が大きかった石巻市(5800人死亡または行方不明)に位置する、雄勝中学校の生徒など約80人が "希望・夢、韓国の旅プレゼント"とで自分たちを助けてくれた韓国人たちに対する感謝の気持ちを伝え、太鼓の公演を通じて韓国とのより緊密な交流を持とうとソウルを訪問する。
日本の学生は、この絶望的な状況を克服する方法として廃タイヤにビニールテープを巻いて太鼓を作り、地域の文化芸術人に太鼓の叩き方の指導を受け、最初は怒りで太鼓を打ち、その後はとても悲しく太鼓を打っていた。容赦なく太鼓を打ってみると生きていることが申し訳なくて感謝の気持ちが入り、周辺の人々に喜びと希望を分かち合うために太鼓を叩きながら公演する姿が放送を通じて日本中に紹介された。
地震被害当時、自分たちに大きな助けを与えた韓国人に感謝の気持ちを伝えようと、雄勝中学校の生徒たちは韓国に訪問したいという切実な夢を持つようになった。
雄勝中学校の生徒たちは、19日(日)?23日(木)4泊5日の日程で韓国を訪問し、ソウル市と社会福祉共同募金会へ感謝の手紙を朗読して市立東部老人専門療養センターを訪問し、韓国の高齢者のための慰問公演を繰り広げる。 21日(火)には、ソウル市庁を訪問し、パク?ウォンスン市長と会う予定だ。
また、ソウル三政中学校を訪問し、韓国で太鼓を通じて青少年期に持つ様々な傷を克服し、学校生活や友人との関係を美しく昇華させた "モドゥム太鼓"チームと友情を交わし、同日午後に仁寺洞の南仁寺広場で合同公演を行う。
一方、ソウル市は昨年3月、東日本大震災の被災地へ水10万本と救援物資を支援して被害を受けた日本留学生に奨学金を支援している。
市関係者は "韓国を訪問期間中に昌徳宮、南山、仁寺洞、ソウルの森、弘大ナンタ公演観覧などソウルの歴史と文化体験を通じ、韓国に対する理解と関心を高めることができるだろう"としながら "これらのすべての過程は日本のフジTVで同行取材して特別放送される予定で、友好的な日韓関係の発展の契機になると期待される "と話した。




"韓国 ありがとうございます"…日本の中学生たち感謝の訪問

nocutnews 2012年8月20日

日本の大地震の送金支援を受けた学生達、共同募金会に感謝の訪問

20日午前、宮城県の中学生など訪問団が感謝の意を伝えようと共同募金会を訪れ歓迎式を行った。(共同募金会 提供/nocutnews.co.jp)
独島領有権問題をめぐり韓日関係が険悪になっている中でも、昨年、東日本大震災当時の国民募金の支援を受け、日本の中学生が韓国を訪れて感謝の挨拶をした。
共同募金会によると、宮城県石巻市雄勝中学校の生徒40人と教師、地元のアーティストなど80人で構成され、訪問団が20日午前、ソウル市 愛の実会館を訪れ感謝の挨拶をした。

共同募金会は、昨年3月11日、大地震が発生したとき、国民募金180億ウォンを集め、日本の共同募金会に伝達し、寄付金は宮城、岩手、福島など地震被害が大きい5つの県の被害の復旧に使用された。

この日の訪問では、学生代表の伊勢直也(15)君は"昨年の災害で家や学校を失い、多くの挫折を覚えた。周囲からの多くの助けをもらい自分で立ち上がることができた"とし、 "将来日韓交流が促進することに貢献したい"と言った。

彼らの韓国訪問は、雄勝中学校の生徒と教師の要求に行われ、訪問団は4泊5日の日程で、ソウル地域の福祉施設を見学して観光などの日程を終えた後、23日に出国する予定だ。




大地震の痛みを越え、希望・夢を分かち合う韓国の旅…雄勝中学校の学生など '友情の架け橋'

NEWSis 2012年8月18日

昨年3月、日本の東日本大震災当時5800人余りの死傷者が発生した石巻市の雄勝中学校学生や教職員、そして地元の文化芸術人など80人が19?23日"希望・夢、韓国の旅プレゼント"という名前で韓国を訪れる。

彼らの韓国訪問は、日本のNPO法人日韓文化交流会と韓国の(社)メディア映像教育振興センターが主管して、ソウル市と韓国観光公社、駐日韓国大使館などが後援する。

彼らは訪問期間中、大震災当時助けてくれた韓国人たちに対する感謝の挨拶を伝え、公演を通じて様々な方式の交流を持つ。

ソウル市と社会福祉共同募金会を訪問して感謝の手紙を朗読する。特に雄勝中学校の生徒代表は、パク?ウォンスン市長に会い、災害時、ソウル市が見せてくれた支援に対する感謝の文を朗読する。ソウルの森蝶の庭を訪問して蝶の成長過程を見守る時間も持つ。

三政中学校のモドゥム太鼓チームと一緒に、両国間の友情の公演場も設けられる。市立東部老人専門療養センターを訪問し、慰問公演も行う。

彼らはまた、21日午後仁寺洞入口、南仁寺広場で開かれる日韓文化交流ハンマダンに出演する。この席にはチョン?ヨンファとパク?シネ、イ?ホンギなどの韓流スターとキム?ミョンス、ソウル市議会議長、イ?チャム韓国観光公社社長などが参加する。

一方、訪問団が韓国で過ごした5日は日本フジTVを通じて、特別放送される予定だ。




大地震の被害を乗り越え韓国を訪問した日本の学生たち

NEWSis 2012年8月21日


パク?ウォンスンソウル市長が21日午前、ソウル市庁別館で韓国を訪問した雄勝中学校の生徒たちと記念撮影をしている。昨年、東日本大震災当時最も被害が大きかった石巻に位置する、雄勝中学校の生徒たちは、"希望・夢 韓国の旅プレゼント"を機会に自分たちを助けてくれた韓国人たちに感謝の気持ちを伝え、太鼓の公演を通じて、韓国とのより緊密な交流を持とうとソウルを訪問した。




チョン・ヨンファ、パク・シネ、イ・ホンギ 東日本大震災の被災地の子供たちに‘心温かい激励’

hankooki.com 2012年8月13日

GFSC ‘希望・夢 韓国の旅プレゼント’ 行事に参加


ドラマ‘美男ですね’の主人公達が、意義深い席に集まる。

グループ CNBLUEのチョン・ヨンファ、FTISLANDのイ・ホンギ、俳優パク・シネが21日、 仁寺洞で昨年の東日本大震災で被害を受けた子供達を激励する。昨年3月、東日本大震災当時、被災地域に支援し元気を与えた彼らが、再び意味ある行事に参加する。

今回の行事はGFSC組織委員会で主催する‘希望・夢 韓国の旅プレゼント’の一環として企画された。東日本大震災の最大の被災地である、宮城県石巻市の雄勝中学校の学生たちと関係スタッフなど80名あまりが参加する。チョン・ヨンファ、イ・ホンギ、パク・シネは、この日サプライズ登場し、学生たちにプレゼントを贈呈するなど激励予定だ。

GFSC側は“今回の旅は韓国の美しい山河を見て、災害による辛い過去を克服し、今まで声援を送り続けてくれた韓国国民に被災地域の住民たちを代表し、心からの感謝の意を伝える場になるだろう”と語った。

‘希望・夢 韓国の旅プレゼント’は、19日から23日まで行われる。南山、弘大、徳昌宮、仁寺洞などソウルの主要地域を観光し、日韓交流のため文化公演も行われる。




Kポップ3組 被災地支援 15日、札幌で慈善コンサート

北海道新聞 2012年8月28日

(記事をクリックすると大きくなります。)




B1A4、Dalamtian、A-JAXが出演の「KMF2012」が即日ソールドアウト!急遽、東京会場追加公演が決定!

K-fan★me 2012年7月30日

B1A4
B1A4(ビーワンエーフォー)

K-POP界新進気鋭の、B1A4、Dalmatian、A-JAXが出演する「KMF2012 ~K-POP最強の新人祭り~」のチケットが、28日一般発売されるとともに即日完売。追加公演を望むファンから多くの声が寄せられ、急遽、東京会場での追加公演が決定した。

先日、出演者3組からの動画メッセージが公開され話題が集まっているが、その中には「ファンと一緒に良い事をしながら楽しみたい!」というメッセージも。アーティストとファンが共に愛を分かち合う場面が増えることとなった今回の追加公演決定のニュースは、ファンにとっても、アーティストにとってもグッドニュースとなった。

\B1A4、Dalmatian、A-JAXの動画コメント/
http://youtu.be/SoioWNq6JX0


追加公演の最速チケット抽選受付開始は、7月31日(火)から。詳しくは、こちらのサイト( www.japankorea.org )でチェックを。

「KMF2012」は、アジア貧困地域子供教育支援・東日本大震災支援GFSCチャリティーキャンペーンとして、主旨に賛同したアーティスト達が子供達の夢を応援し、参加者と共に愛を分かち合うチャリティーコンサートとしても知られている。


KMF 2012(5th 韓流Music Festival)
★出演者:B1A4、Dalmatian、A-JAX

■2012年9月15日(土)札幌公演(会場:ニトリ文化ホール)
開場 15:00/開演 16:00
■2012年9月17日(月・祝)東京公演(会場:渋谷公会堂)追加!!
一部┃開場 14:00/開演 14:45
■2012年9月17日(月・祝)東京公演(会場:渋谷公会堂)Sold Out!!
二部┃開場 17:45/開演 18:30

\追加公演の最速チケット抽選受付開始は、7/31(火)から/
※チケット購入に関する詳細は、NPO法人日韓文化交流会のサイトにて。
http://www.japankorea.org/modules/tinyd0/index.php?id=485

【主催】KMF実行委員会
【共催】MBC MUSIC 、NPO法人日韓文化交流会
【後援】GFSC(Good Friends Save the Children)
【企画進行】J.K Dream




B1A4、ダルメシアン、A-JAX出演の「KMF 2012」東京追加公演が決定!

ほっとコリア 2012年7月30日

B1A4
B1A4
ダルメシアン
ダルメシアン
A-JAX
A-JAX

「B1A4」「Dalmatian」「A-JAX」快進撃!
即日ソールドアウト!「KMF2012」急遽、東京会場追加公演決定!!

K-POP界新進気鋭の「B1A4」「Dalmatian」「A-JAX」が出演する「KMF2012~K-POP最強の新人祭り~」<9月15日(土)札幌、17日(月・祝)>のチケットが、28日一般発売され、好調なスタートを切った!
特に、東京会場での反応がひときわ熱く快進撃を見せ、チケットは即日完売! チケットを入手できなかったファンから追加公演を望む声が多数寄せられ、急遽、東京会場での追加公演が決定した!

「KMF2012」は、アジア貧困地域子供教育支援・東日本大震災支援GFSCチャリティーキャンペーンとして、主旨に賛同したアーティスト達が子供達の夢を応援し、参加者と共に愛を分かち合うチャリティーコンサートとしても知られている。
アーティストとファンが共に愛を分かち合う場面が増える事となった今回の追加公演決定のニュースは、ファンにとっても、アーティストにとってもグッドニュース!

K-POPファンだけでなくマスコミからも注目を浴びている新進気鋭3組が出演する「KMF2012~K-POP最強の新人祭り~」は、プレミア感たっぷりの人気公演、会場の盛り上がりは確実!!
この先、K-POP界に大きな旋風を巻き起こすであろう3組の生のステージを是非、体感していただきたい。この機会をお見逃しなく。なお、追加公演の最速チケット抽選受付開始は7/31(火)となっている。
東京会場 追加公演など詳しくは、公式サイト( www.japankorea.org )をチェック!

≪開催日程≫
◆9月15日(土)札幌公演 会場:ニトリ文化ホール 開場:15:00 開演:16:00
◆9月17日(月・祝)東京公演 会場:渋谷公会堂
 一部 開場:14:00 開演:14:45(追加公演)
 二部 開場:17:45 開演:18:30(sold out)
◆出演者:B1A4、Dalmatian、A-JAX
◆主催:KMF実行委員会
◆共催:MBC MUSIC 、NPO法人日韓文化交流会
◆後援:GFSC(Good Friends Save the Children)
◆お問合せ:050-5538-0304




「KMF2012」急遽、東京会場追加公演決定!

WoWKorea 2012年7月30日

 K-POP界新進気鋭の「B1A4」「Dalmatian」「A-JAX」が出演する「KMF2012~K-POP最強の新人祭り~」<9月15日(土)札幌、17日(月・祝)>のチケットが、28日一般発売され、好調なスタートを切った。

 特に、東京会場での反応がひときわ熱く快進撃を見せ、チケットは即日完売。出演アーティストが新人であるにもかかわらず、高い人気を証明した。チケットを入手できなかったファンから追加公演を望む声が多数寄せられ、急遽、東京会場での追加公演が決定した。

 先日、出演者3組からの動画メッセージが公開され話題が集まっているが、その中で「ファンと一緒に良い事をしながら楽しみたい! 」とのメッセージも配信されている。

 「KMF2012」は、アジア貧困地域子供教育支援・東日本大震災支援GFSCチャリティーキャンペーンとして、主旨に賛同したアーティスト達が子供達の夢を応援し、参加者と共に愛を分かち合うチャリティーコンサートとしても知られている。

 K-POPファンだけでなくマスコミからも注目を浴びている新進気鋭3組が出演する「KMF2012~K-POP最強の新人祭り~」は、プレミア感たっぷりの人気公演、会場の盛り上がりは確実。現在、札幌公演も好評発売中だ。

 追加公演の最速チケット抽選受付開始は7月31日(火)~。東京会場追加公演など詳しくは、公式サイト( http://www.japankorea.org )まで。




注目! KMF2012 5th韓流ミュージックフェスティバル
期待の大型新人3組が共演

北海道新聞 2012年7月24日


(記事をクリックすると大きくなります。)




「B1A4」ら出演 北海道・東京で「韓流ミュージックフェス」開催へ

WoWKorea/yahoo/Goo/nifty/Asahi.com 2012年6月25日

B1A4
B1A4

来る9月15日(土)札幌・ニトリ文化ホール、9月17日(月・祝)東京・渋谷公会堂にて、日韓 Charity Premiumコンサート「KMF(韓流ミュージックフェスティバル)」が開催されることが決定した。

「K-POPの卓越したメロディーと素敵なハーモニーを通して、チャリティーの美しい精神を分かち合いたい! 」とのコンセプトのもと、アジア貧困地域子供教育支援、東日本大震災支援のGFSCチャリティーキャンペーンで構成され、毎年9月に開催する恒例行事として、ことしで5回目を迎えるGoodwillコンサートだ。

「毎年誰が出演するのか」と話題性の高い「KMF」だが、ことしはデビューラッシュに沸くK-POP界の中でも大注目される新進気鋭のニューフェイス3組が夢の競演を果たす。「B1A4」、「Dalmatian(ダルメシアン)」、「A-JAX」が出演、新人でありながらも、母国韓国では既にトップアイドルである彼らが、札幌と東京を熱くする。

A-JAX
A-JAX

また、本公演は、GFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーコンサートにもなっている。GFSCは、国連のミレニアム開発目標(MDGs)の中、「貧困救済」と「普遍的基礎教育実施」に貢献することを目標としており、アジア貧困地域子供教育支援・東日本大震災支援GFSCチャリティーキャンペーンとして、主旨に賛同したアーティストたちが子供たちの夢を応援し、参加者と共に愛を分かち合うチャリティーコンサートとしても大きな感動を残してきた。

特に「KMF2011」では、東日本大震災で被災した宮城県石巻市雄勝中学校の子どもたちの輪太鼓演奏がオープニングを飾り、ひたむきで前向きな姿に会場中が大感動。涙と拍手で包まれた。この舞台に出演した子どもたちから、「韓国の皆さんが、応援してくれてとてもうれしい。韓国にも行ってみたい! 」との声があがり、ことし8月19日、ついに、子供たちへ韓国修学旅行がプレゼントされることになったという。

ダルメシアン
ダルメシアン

過去出演したアーティストは、韓流のGood Will向上に貢献し、日本のK-POPファンからも愛を分かち合うアーティストとして、アジア全土へ活躍の場を広げる機会を作っている。詳しくは、公式ホームページ( http://www.japankorea.org/ )まで。




韓流ミュージックフェスティバル開催! B1A4、ダルメシアン、A-JAX出演!

ほっとコリア 2012年6月22日

B1A4
B1A4
ダルメシアン
ダルメシアン
A-JAX
A-JAX

毎年9月に開催されるK-POPアーティストの登竜門!
K-POP最強の新人祭り!今年も札幌と東京にやってくる!
5年続くK-POPファン注目の関心度が高い話題性抜群のGoodwillコンサート!

日韓 Charity Premiumコンサート「KMF(韓流ミュージックフェスティバル)」が、来る9月15日(土)札幌、17日(月・祝)東京にて開催決定!!

「K-POPの卓越したメロディーと素敵なハーモニーを通して、チャリティーの美しい精神を分かち合いたい!」とのコンセプトのもと、アジア貧困地域子供教育支援、東日本大震災支援のGFSCチャリティーキャンペーンで構成され、毎年9月に開催する恒例行事として今年で5回目を迎えるGoodwillコンサートです!!

「毎年誰が出演するのか?」と話題性の高い「KMF」ですが、今年はデビューラッシュに沸くK-POP界の中でも大注目される新進気鋭のニューフェイス3組が夢の競演!!

新人でありながらも、母国韓国では既にトップアイドルである彼らが、札幌と東京を熱くします! 今年、日本デビューの彼らの卓越された歌とダンスが一挙に楽しめる「KMF2012」にご期待下さい。

≪開催日程≫
◆9月15日(土)札幌公演 会場:ニトリ文化ホール
◆9月17日(月・祝)東京公演 会場:渋谷公会堂

・出演者:B1A4、Dalmatian、A-JAX
・主催:KMF実行委員会
・共催:MBC MUSIC 、NPO法人日韓文化交流会
・後援:GFSC(Good Friends Save the Children)
・企画進行:J.K Dream




隣国の文化に触れる 大船渡で日韓交流会

東海新報 2012年7月17日


(記事をクリックすると大きくなります。)




津波の絶望を追い払った呪文は「가갸거겨(ガ,ギャ,ゴ,ギョ)」であった。

東亜日報 2012年5月4日

<日本語訳>

日本の被害地域の仮設住宅が韓国語を学び、希望探し


韓国語教師
ユン・ファンシクさん

“ハングルを学び辛い事を忘れます.” 東日本大震災から1年余りぶりの 4月 27日、日本の岩手県大船渡市の被災者たちが大きな笑いを作った。

“大変だと躊躇してばかりでいられますか?立ち上がらなきゃ。韓国語の勉強は私達に大きな力となっています。”

昨年、東日本大震災で大きな被害を受けた日本 大船渡市の仮設住宅の団地に‘希望の花’が咲いた。人口4万名の大船渡市は1800世帯が被害にあった。
たった一日で全てを失い、避難民として転落した被災者たちの苦痛は今も変わらない。しかし、地震から1年ぶりにもう一度立ち上がる力をもらい始めた。希望の種になるのは韓国語学びであった。

被災者達は先月の13日から隔週の金曜日の夕方に会い、2時間ずつ韓国語を学んでいる。先日、記者が教室を訪ねた時は、20名の学生が2回目の授業を行っていた。 教室といっても、仮設商店街の2階に用意された仮設の建物だったが情熱だけは熱かった。
“狭く、劣悪な仮設住宅に住んでいると、ストレスが沢山たまります。しかし、住民達と一緒に何かを行ってみると調子が良くなった気がしました。その何かというのが韓国語だったんです。”

韓国語の勉強会のアイディアを出した上野英明(?61)さん。彼は“仮設住宅には、お互いに知らない人が集まって生活しているため、‘お隣’という連帯感が希薄します。会話や疎通がほとんど無いため、孤独死や自殺の原因になったりもします。”と言い“津波で家と店、全てを失い仮設住宅に住んでいた私も喪失感を克服するのが最優先だった。”と話した。

問題は韓国語講師を探すことだった。上野さんはこの地域でボランティア活動を行っている日本の市民団体‘チャイルド・ファンド・ジャパン’にお願いした。チャイルド・ファンド・ジャパンは日本で活動する、韓国の市民団体‘NPO法人日韓文化交流会’に依頼し、この地域に住んでいる韓国人のユン・ファンシクさんを紹介した。15年前に日本へ来日し、日本の女性と結婚したユンさんは現在大工として働いている。彼は、“誰かに教えたことがないため、迷ったが彼らの熱い思いに感心した。”と言い“同じ被災者として、かえって私が力を貰っている。”と話した。

彼らが韓国語を学ぼうとしたのには、韓流の影響が大きかった。 2年前から韓国ドラマにのめり込んだという 50代の女性、志田裕子さんは“韓国ドラマを見ると、胸が温かくなる。韓国には1歳でも年が多ければ、年上の方を尊敬し、家族に対して愛情が溢れてる。そんな韓国を見ていて韓国文化、韓国語を学びたくなった。”と話した。芸能人のソン・スンホンさんが好きで、別名が‘ソン・幸子’という大塚幸子さんは“数日前、一緒に勉強している人達だけで4時間韓国について話をしながら笑って騒ぎました。”といい“韓国語を学ぶ日は辛い事を忘れられて幸せです。”と話した。チャイルド・ファンド・ジャパンの船?義和さんは“韓国語教室の開設の話が広がり、授業初日の10名を超え受講者が24名に増えた。”といい“最近は様々な同好会が作られたが韓国語教室が一番活発です。”と話した。韓国語の教材などを支援しているNPO法人日韓文化交流会は、今後、大船渡で韓国の食べ物祭や芸能人の訪問行事などを開き、韓国語教室を間接的に支援する予定である。


<韓国語記事>
韓国語記事




「冬のソナタ10周年記念コンサート」7月3日開催!!

ランランエンタメ! 2012年4月20日

10年の時を経て実現した、感動のソナチアン同窓会!

冬のソナタ10周年記念コンサート

日本列島に空前の韓流ブームを巻き起こした「冬のソナタ」から10年!

心にしみる思い出が、今再び蘇る!あの感動をもう一度!!

2002年、韓国で放送された好評を博した「冬のソナタ」は、誰もが心に秘めている「初恋」をテーマに、甘酸っぱさと切なさが怒涛のように展開する珠玉の純愛ドラマだ。

日本で紹介されるや否や、俳優達の素晴らしい演技、繊細な感性で描き出す美しい映像、情緒感溢れる音楽に、多くの女性が心を奪われ、日本での韓流ブームの先駆けとなった。

あの感動から10年。ドラマ人気を支えたソナチアン感動の同窓会!「冬のソナタ 10周年記念コンサート」が、来る7月3日(火)「アプリコ<大田区民ホール>にて開催される。

スペシャルゲストは、作品にスパイスを加える味のある演技が魅力的!ヨングク役の“リュ・スンス”!

リュ・スンス
情感溢れるソフトな歌声で、「冬ソナ」人気を支えるシンガーソングライター“Ryu”!

Ryu
感動の小さなオーケストラ“バラダン”の演奏が、ドラマの感動を再び呼び起こす!!

Baladin
3部に構成されたプログラムの中、第2部にはスペシャルゲストとして、ヨングク役でお馴染みのリュ・スンスが登場する!!味のある演技で、ホームドラマから映画まで幅広い作品で活躍しており、「冬のソナタ」主演俳優ぺ・ヨンジュンの親友としても有名だ。

当時を振り返り、今だから明かせる撮影秘話、故パク・ヨンハとの思い出トークの他、歌も披露する予定!

オープニングを飾るのは、「冬のソナタ」以降、韓流の音楽を届け続け2009年、ぺ・ヨンジュンと共に東京ドームのステージに立った感動の小さなオーケストラ“バラダン”。

ドラマチックな演奏で、観客を再びドラマ世界に誘う。

第3部に登場するのは、冬ソナ主題歌『最初から今まで(はじめからいままで)』や『My Memory』のRyu。

甘く切ない歌声は、ドラマ名場面を思い起こさせる!!

また、ドラマ人気に拍車をかけたRyuの歌声とバラダンのコラボステージにも注目だ! 

さらには、出演者とのスペシャルチャリティーハイタッチ会も決定!

チュンサンとユジンが初めて出会う街の風景、煌めく雪が、せつなく美しい恋の舞台となった白銀の世界、子供のように波と戯れ、かもめを追いかけた最後の海・・・

心にしみる思い出が、今新たに蘇る感動のコンサートにご期待下さい!!




「冬のソナタ 10周年記念コンサート 」開催決定!!

padox.jp 2012年4月

10年の時を経て実現した、感動のソナチアン同窓会!

2002年、韓国で放送された好評を博した「冬のソナタ」は、誰もが心に秘めている「初恋」をテーマに、甘酸っぱさと切なさが怒涛のように展開する珠玉の純愛ドラマだ。

日本で紹介されるや否や、俳優達の素晴らしい演技、繊細な感性で描き出す美しい映像、情緒感溢れる音楽に、多くの女性が心を奪われ、日本での韓流ブームの先駆けとなった。

あの感動から10年。ドラマ人気を支えたソナチアン感動の同窓会!「冬のソナタ 10周年記念コンサート」が、来る7月3日(火)「アプリコ<大田区民ホール>にて開催される。

3部に構成されたプログラムの中、第2部にはスペシャルゲストとして、ヨングク役でお馴染みのリュ・スンスが登場する!!味のある演技で、ホームドラマから映画まで幅広い作品で活躍しており、「冬のソナタ」主演俳優ぺ・ヨンジュンの親友としても有名だ。

当時を振り返り、今だから明かせる撮影秘話、故パク・ヨンハとの思い出トークの他、歌も披露する予定!

オープニングを飾るのは、「冬のソナタ」以降、韓流の音楽を届け続け2009年、ぺ・ヨンジュンと共に東京ドームのステージに立った感動の小さなオーケストラ“バラダン”。

ドラマチックな演奏で、観客を再びドラマ世界に誘う。

第3部に登場するのは、冬ソナ主題歌『最初から今まで(はじめからいままで)』や『My Memory』のRyu。

甘く切ない歌声は、ドラマ名場面を思い起こさせる!!

また、ドラマ人気に拍車をかけたRyuの歌声とバラダンのコラボステージにも注目だ! 

さらには、出演者とのスペシャルチャリティーハイタッチ会も決定!

チュンサンとユジンが初めて出会う街の風景、

煌めく雪が、せつなく美しい恋の舞台となった白銀の世界、

子供のように波と戯れ、かもめを追いかけた最後の海・・・

心にしみる思い出が、今新たに蘇る感動のコンサートにご期待下さい!!




「冬のソナタ」10周年記念コンサート開催へ

WoW!Korea/yahoo/goo/nifty 2012年4月17日


俳優リュ・スンス

 2002年、韓国で放送された好評を博した「冬のソナタ」は、誰もが心に秘めている「初恋」をテーマに、甘酸っぱさと切なさが怒涛のように展開する珠玉の純愛ドラマだ。日本で紹介されるや否や、俳優達の素晴らしい演技、繊細な感性で描き出す美しい映像、情緒感溢れる音楽に、多くの女性が心を奪われ、日本での韓流ブームの先駆けとなった。

 あの感動から10年。ドラマ人気を支えたソナチアン感動の同窓会「冬のソナタ 10周年記念コンサート」が、来る7月3日(火)アプリコ<大田区民ホール>にて開催される。

 3部に構成されたプログラムの中、第2部にはスペシャルゲストとして、ヨングク役でお馴染みのリュ・スンスが登場する。味のある演技で、ホームドラマから映画まで幅広い作品で活躍しており、「冬のソナタ」主演俳優ペ・ヨンジュンの親友としても有名だ。当時を振り返り、今だから明かせる撮影秘話、故パク・ヨンハとの思い出トークのほか、歌も披露する予定だ

 オープニングを飾るのは、「冬のソナタ」以降、韓流の音楽を届け続け2009年、ぺ・ヨンジュンと共に東京ドームのステージに立った感動の小さなオーケストラ“バラダン”。ドラマチックな演奏で、観客を再びドラマ世界に誘う。


Ryuとバラダン

 第3部に登場するのは、冬ソナ主題歌「最初から今まで(はじめからいままで)」や「My Memory」のRyu。甘く切ない歌声は、ドラマ名場面を思い起こさせる。また、ドラマ人気に拍車をかけたRyuの歌声とバラダンのコラボステージにも注目だ。

 さらには、出演者とのスペシャルチャリティーハイタッチ会も決定。チュンサンとユジンが初めて出会う街の風景、煌めく雪が、せつなく美しい恋の舞台となった白銀の世界、子供のように波と戯れ、かもめを追いかけた最後の海…心にしみる思い出が、今新たに蘇る感動のコンサートに期待だ。




「4th 日韓友情フェスタ2012」 イベントレポート

アジアエンタメLIFE 2012年4月12日

日韓友情フェスタは、日韓の友情とあたたかいチャリティーの精神を発信することを目的にしている。出演者も普段からチャリティー活動され、日韓両国で最も話題性と注目度の高い方々が、毎年招かれている。今年は韓国で視聴率50%を突破し爆発的な人気の「太陽を抱いた月」の”チョン・イル”、韓国ドラマのOSTを歌っている”Monday Kiz”、そして癒しの芸術品と言われる”バラダン”が出演した。今回の公演は、GFSCネパール図書館プロジェクトとして、教育環境の整っていないネパール山岳地域に、図書館を建設し図書を贈るというチャリティー公演である。

MCはイ・ユミさん


オープニングに、日韓GFSCの映像が流される。

<バラダンの演奏>


(セットリスト)
・「朱蒙」より「愛の記憶」
・「ファン・ジニ」より「健やかに~野花」
・「王と私」より「千年愛」
・「太陽を抱いた月」より「時間に逆らって」
・メドレー「善徳女王」プロローグ~アラロ~「太王四神記」運命~「イ・サン」約束~「チャングムの誓い」フェブガ

バラダン(室内管弦楽団)は、クラシック・スタイルのオーケストラで、編成はピアノ、ヴァイオリンⅠ・Ⅱ、ヴィオラ、チェロ、オーボエ、パーカッションⅠ・Ⅱの8名で構成されている。確かな技術に裏づけされた演奏は、囁くような緻密な音から大きく響く音まで、感受性豊かな表現を可能にし、韓流世界の音楽を中心にして各地に「癒しの芸術品」を届けている。(「バラダン(Baladin)」=フランス語で "旅するアーチスト"の意味)

バラダンの演奏に会場は、韓国時代劇のワンシーンがよみがえったかのように誰もが魅了された。

<Monday Kiz>

「行かないで」、「Bye Bye Bye」、「影(太陽を抱いた月OST)」の3曲を続けて歌のハーモニーを披露。

Monday Kiz:「影(太陽を抱いた月OST)」は、「日本で「太陽を抱いた月」が放送される時に、映像を見ながら聴いて欲しい。哀しいシーンや涙を誘うシーンにこの曲が流れてきますので注目して欲しい。」

MCからの”日本の印象や好きなものは?”という質問にMonday Kizは”寿司、牛丼、ラーメン”と好きな食べ物を答え、そして”日本の春はいかがですか?”と問いかけると「桜です。(スンヒの花柄のネクタイを指さすハンビョルとジンソン。しかし、花は薔薇の花柄で桜ではなかった。)春らしくネクタイの柄を合わせてみました。」と笑いを誘う場面も。

また、「先週、日本でコンサートを行いました。新しいアルバムが発売されましたので、応援して下さい。」と語り、アカペラを披露する一面も。

続いて、「愛した記憶が僕を泣かせる」ドラマメドレー「鉄の王 キム・スロ」「アクシデントカップル」「検事プリンセス」を歌いドラマの世界へと誘う。

”本公演は、GFSCが行なっているネパール図書館プロジェクトの一環ですが、本日は、どのような思いで参加されたのですか?”という問いには、「僕達の歌声を届けることによって、少しでもみなさんの力になればという気持ちで駆けつけました。僕達ができることは歌を歌うことなのです。」「いらっしゃているみなさんが、とても美しいので光栄です。(笑)」

「新しいアルバムが出ましたので、今後はライブを中心とした活動をしていきたいと思います。韓国からバンドメンバーも連れてきて、日本でライブをするという計画をしています。」と今後の活動予定を話し、Monday Kizに応援幕の贈呈が行われた。そして、最後にMonday Kizは「次に会う時まで、僕達を忘れないで下さい。次は一生懸命日本語を勉強してきます。」と約束をした。

<チョン・イル>

会場には「太陽を抱いた月」「思いっきりハイキック」「美賊ー枝梅伝」「お嬢さんをお願い」「私の期限は49日」「イケメンラーメン店」のチョン・イルをメインとしたダイジェスト映像が流れると会場に歓声があがった。そして、暗闇からスポットライトに照らされチョン・イルが登場。「イケメンラーメン屋」より『君という人』の歌を披露、会場は一瞬にして黄色い歓声が響き渡り、チョン・イルに魅了された。

チョン・イル:舞台の後ろで、みなさんに会いたくてずっと待っていました。こんな風にまたみなさんにお会いできて、とても幸せです。嬉しいです。今日のためにいろいろ準備しましたので、是非最後まで楽しんで下さい。みなさん、本当に会いたかったです。どうぞ、宜しくお願いします。(日本語で挨拶をしたチョン・イル)

MC:最初に歌で登場しましたが緊張しましたか?
チョン・イル:いつも歌を歌うときは緊張してしまいます。

MC:今回このイベントで4回になりますが、チェ・スジョンさん、ソン・イルグクさん、キム・ナムギルさんと伝統のバトンを受け継ぎましたが、どんな気持ちですか?
チョン・イル:とても光栄に思っています。

MC:高視聴率「太陽を抱いた月」に出演されて今の気持ちは?
チョン・イル:「イケメンラーメン屋」と「太陽を抱いた月」と連続で出演しましたが、正直「太陽を抱いた月」が、高視聴率になるとは思っていませんでした。まだ、日本では「太陽を抱いた月」は放送されていないですが放送されたら是非見て楽しんでいただきたいと思います。

「イケメンラーメン屋」の写真がスクリーンに映され、高校生役を演じたチョン・イルの制服姿に会場から黄色い歓声があがり、花ウィンクを披露する場面も。続いて、「私の期限は49日」のうさぎの耳をつけた写真が映され、会場の中から選ばれた1名がドラマと同じ、うさぎの耳を付けてツーショット写真を撮影するサプライズイベントが行われた。

一旦ステージから離れたチョン・イル。「太陽を抱いた月」の秘蔵映像が流され、客席中央の扉からチョン・イルが登場しステージ上へ。ドラマ「私の期限は49日」より「かかし」を歌った。「太陽を抱いた月」の撮影時の写真と共に撮影エピソードを語った。アクション俳優ではないが、ドラマの中ではアクションシーンが多かったこと。そして、役のヤンミョンは心が揺れ動き、どのような選択をするのかを見届けていただきたいと見どころを紹介。また上半期は日本にも来てエネルギーを貰い、下半期は違う作品でお目にかかりたいと今後の活動予定を語った。

チョン・イルの愛蔵品のGFSCチャリティーオークションでは、ニット帽とTシャツ、フード付きパーカーを出品し、落札者とツーショット写真の撮影も行われた。そして、会場で集まった募金をチョン・イルが代表し、GFSCチャリティー基金の贈呈が行われた。引き続きチョン・イルに応援幕が贈呈され、会場の観客との記念撮影と、フォトセッションが行われた。
最後にチョン・イルは新しい作品を通して、成長した姿での再会を約束した。




チョン・イル、Monday Kiz 「4th 日韓友情フェスタ2012」公式合同記者会見

アジアエンタメLIFE 2012年4月12日

毎年4月に開催している日韓友情フェスタは、日韓の友好親善とあたたかいチャリティーの場を育むことを目的にしている。出演者も普段からチャリティー活動され、日韓両国で最も話題性と注目度の高い方々が、毎年招かれている。2008年はチェ・スジョン、ユ・スンホ、2009年はソン・イルグク、2010年はキム・ナムギル、今年は韓国で視聴率50%を突破し爆発的な人気の「太陽を抱いた月」のチョン・イルと、「アクデントカップル」「検事プリンセス」「鉄の王 キム・スロ」「太陽を抱いた月」などのドラマのOSTに参加しているMonday Kizが出演。今回の公演は、GFSCネパール図書館プロジェクトとして、教育環境の整っていないネパール山岳地域に、図書館を建設し図書を贈るというチャリティー公演である。チョン・イルは翌9日、日韓の更なる友好のため、高麗郷として知られる日高市にある高麗神社へ、貸切ノンストップ臨時特別電車で訪問することが予定されている。イベントに出演のチョン・イルとMonday Kizの公式記者会見が、イベント前に行われた。


MC:イ・ユミさん

<Monday Kiz>

MC:日本は何度目ですか?
Monday Kiz:コンサートでの来日は4回目です。個人的にも観光や遊びなどで、日本には来ています。最近では先週東京でコンサートをしました。

MC:日本は桜が咲いてて凄く綺麗ですね?
Monday Kiz:綺麗ですね。

MC:今回は桜を見てまわりましたか?
Monday Kiz:今回、個人的に日程が入っていましたので、それまでに東京で桜見物をさせていただきました。

Q:春は別れの季節でもあり、出会いの季節でもありますが、嬉しい出会いなどはありましたか?
Monday Kiz:先週は日本で初めてのアルバムを出しましたので、タワーレコードでファンの方との握手会がありました。やはり、日本のファンの方との出会いが一番大きな出会いだったのではないかと思います。

Q:それぞれのグループでの役割は?
ハンビョル:Monday Kizはヴォーカルグループですので、僕の場合は美しい声と書いて美声担当です。
スンヒ:高音ではなく中低音の太い声を担当しています。
ジンソン:僕はリーダーを担当しています。僕達の曲の作詞作曲、そしてアルバム全体のプロデュースなどを担当しています。

MC:日本のファンの方へのメッセージを?
ハンビョル:アルバムが発売されましたので、応援を宜しくお願いします。
ジンソン:今回、新しいアルバムで、日本のファンのみなさんと会えて、凄く嬉しかったです。そして、今回はとても良い主旨のもと公演に参加することができることをとても光栄に思っています。一生懸命歌いますので見守っていて下さい。
スンヒ:僕達が韓国を代表とする歌手として、日韓の文化交流に力を発揮できることは、とても嬉しいと思います。そして、日本での公演がいろいろと予定されていますので、ファンのみなさんとも何ども会えたら良いなと思います。

<チョン・イル>

MC:日本へは何度目来られたのでしょうか?
チョン・イル:たくさん来ました。20回くらい遊びにも来ましたし、仕事でも来ました。

MC:この春、桜が咲いた時期に来ているのですが、桜の見物などはされたのでしょうか?
チョン・イル:車で移動するときに、車窓から眺めたくらいです。今回、ファンミーテイングの準備で、ずっとホテルにいたので、歩いて桜の見物に行ったということは残念ながらできていません。

チョン・イル:およそ2ヶ月前に「私の期限は49日」のイベントで、日本のみなさんにお会いしたばかりなのですが、もう一度このように日本のファンに会えるということは、凄く嬉しいですしときめいています。そして、日韓友情フェスタという主旨のもと開かれているイベントに、僕が参加できることはとても光栄に思っています。

Q:久しぶりの時代劇「太陽を抱いた月」に参加され、高視聴率で終わったことについて感想は?
チョン・イル:「太陽を抱いた月」という作品に出演できて光栄だと思いました。そして、素晴らしい仕事をして下さり、助けて下さった監督やスタッフに感謝しています。視聴率がこんなに高くなるとは思っていなかったので、実際視聴率が高くて驚いています。この作品を愛してくれたみなさんに感謝しています。

Q:今日、明日とファンの方と一緒の時間をどのように過ごそうと思いますか?
チョン・イル:明日は電車に乗って旅行に行くというふれあいの形になると思いますので、たくさんのみなさんと良い思い出を作って、幸せな時間を過ごせたらと思っています。

Q:いろんな役を演じていますが、今まで演じた役の中で一番自分に合った役、また似ている役はありますか?
チョン・イル:今まで僕が演じてきた役は、僕が演じましたので、全部僕に似ているので、どれかひとつというよりも全ての作品に愛情を持って演じていますので、どれかひとつということではなく全部だと思います。

Q:「イルジメ」の経験が、今回の時代劇に影響やプラスになったことは?
チョン・イル:「イルジメ」を撮った場所が似ていて、凄く親しみを感じるような場所で撮影できたことは大きかったですね。時代劇も2回目だから簡単だということはありませんでした。時代劇は難しいと思いますし、一つ一つの作品も最善を尽くさないとできませんので、一生懸命最善を尽くしてやりました。

MC:日本のファンの方へメッセージを?
チョン・イル:僕は続けて作品に出ておりましたので、ファンのみなさんと会う機会があまりなかったのですが、素晴らしい主旨のイベントで皆さんにお会いでき嬉しく思います。とても楽しく幸せな時間をみなさんにお届けしたいと思います。そして、これからも皆さんにお会いできる機会を作って、日本のファンのみなさんとたくさんお会いしたいと思います。




一般会員募集中!!



マイページ
日韓・GFSCサポーターズ大募集!!

カレンダー

movie

リンク

愛知県で韓国語を学ぶなら HaHaHa韓国語学院
アンニョン!韓国語学堂学生割引特別応援キャンペーン

アクセスカウンタ

  • 総訪問者数:
ページ上部へ戻る