日韓の主要行事






フォーラム
  • 東京伝説
  • GOOD FRIENDS Charity Premium Concert
日韓スペシャル企画

マスコミ掲載

▼最新のマスコミ掲載記事

「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」Red Velvet、NCT127スペシャルバージョンの“Meet&Greet”決定!アーティストオフィシャル特別先着先行、12/8~開始!

韓流Mpost 2016年12月8日


来年2月11・12日、Zepp Sapporoにて開催する「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」。
追加出演者として発表されたRed Velvet、NCT127が、文化芸術を通し東日本復興支援及びアジア貧困地域子供教育支援を行っているGFSC(Good Friends Save the Children)を応援するGFSCチャリティー“Meet&Greet”への参加が決定した!

「Meet&Greet」は、憧れのアーティストと間近に出会えることもあり、近年LIVEには欠かせない人気の企画となっているが、GFSCチャリティー公演でもある本公演では、趣旨に賛同したJUNHO(From 2PM)、Red Velvet、NCT127、UP10TION、OH MY GIRL、IMFACTの温かい協力のもと、GFSC Charity後援キャンペーンを展開する。
今回Red Velvet、NCT127から、「初めての札幌公演なので、思い出に残るMeet&Greetにしたい」との申し出により、SMから出演する2組は、前回発表された「“Meet&Greet”GFSCスペシャルチャリティーハイタッチ会」と内容を少し変え、Red Velvet、NCT127スペシャルバージョンの“Meet&Greet”を用意する。特別招待されたGFSC後援者とのRed Velvet、NCT127スペシャルバージョン“Meet&Greet”内容は、当日までのお楽しみ。
これにより、今回のGFSC Charity後援キャンペーンは、第一ラインナップで発表されたJUNHO(From 2PM)、UP10TION 、OH MY GIRL、IMFACTとの「“Meet&Greet” GFSCスペシャルチャリティーハイタッチ会」に加え、11日にはRed Velvet、12日にはNCT127のスペシャルバージョン“Meet&Greet”で、楽しみ2倍!最初で最後かもしれないほど超豪華な“Meet&Greet”となりそうだ。
GFSC後援者とアーティストが「Meet&Greet」を通し、共に温かい愛を分かち合いGFSCチャリティー活動を応援する!

また、追加アーティスト決定に伴い、K-POP人気スターと間近でであえる「GFSC新規後援者様限定!!GFSCチャリティー“Meet&Greet”」第2次募集エントリー受付を12月14日(水)10:00~先着順にて行うことも決定した。
特に今回のGFSC Charity後援キャンペーンは、さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL9周年の感謝を込め、対象者となるGFSC新規後援者を2月11日、12日の両日1回ずつ、合計2公演のGFSCチャリティー“Meet&Greet”へ先着順にて特別招待する!

「GFSC新規後援者様限定!!GFSCチャリティー“Meet&Greet”」は、11日・12日、各部ともに300人限定。第2次募集は、人数に達し次第キャンペーン及び募集受付を終了する為、希望する方は早めのお手続きを。参加方法など詳細は、オフィシャルHP<www.japankorea.org>にて12月8日発表予定。

※<GFSC(Good Friends Save the Children) 夢・希望プロジェクト>
http://www.japankorea.org/img/kf2017/11/gfsc2016.pdf

本公演では、これまでほぼ毎年のようにGFSCチャリティー活動として、出演アーティストが児童福祉施設を訪問し、逆境にも負けずに元気に頑張る子供を励まし、プレゼント贈呈やゲームなどで温かい交流を続けてきた。今回も児童福祉施設を訪問し、子供達との心温まる日韓交流を持つ予定だ。
ピュアな雪景色が美しい札幌から発信する文化芸術を通じた愛を分かち合うチャリティー精神は、アジア人の心に暖かい<Love&Peace>メッセージを刻みこむことになるだろう!
北の大地、札幌から発信される冬の音楽祭「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」に乞うご期待!

全ての韓流ファンの為「アーティストオフィシャル&メディア特別先着先行」決定!
2016年12月8日(木)10:00~2016年12月18日(日)23:30まで<http://w.pia.jp/p/snowfes-kpop17am2/
※GFSCチャリティー“Meet&Greet”への出演者及び内容は変更になる場合がございます。


Red Velvet&NCT127「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」“Meet&Greet”に参加決定!

Kstyle 2016年12月7日

2017年2月11日と12日、Zepp Sapporoにて開催する「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」。追加出演者として発表されたRed Velvet、NCT127が、文化芸術を通し東日本復興支援及びアジア貧困地域子供教育支援を行っているGFSC(Good Friends Save the Children) を応援するGFSCチャリティー“Meet&Greet”への参加が決定した。

“Meet&Greet”は、憧れのアーティストと間近で会えることもあり、近年ライブには欠かせない人気の企画となっているが、GFSCチャリティー公演でもある本公演では、趣旨に賛同したジュノ(From 2PM)、Red Velvet、NCT127、UP10TION、OH MY GIRL、IMFACTの温かい協力のもと、GFSCチャリティー後援キャンペーンを展開する。

今回Red Velvet、NCT127から、「初めての札幌公演なので、思い出に残るMeet&Greetにしたい」との申し出により、SMから出演する2組は、前回発表された「“Meet&Greet”GFSCスペシャルチャリティーハイタッチ会」と内容を少し変え、Red Velvet、NCT127スペシャルバージョンの“Meet&Greet”を用意する。特別招待されたGFSC後援者とのRed Velvet、NCT127スペシャルバージョン“Meet&Greet”の内容は、当日までのお楽しみ!

これにより、今回のGFSCチャリティー後援キャンペーンは、ラインナップ第1弾で発表されたジュノ(From 2PM)、UP10TION、OH MY GIRL、IMFACTとの「“Meet&Greet” GFSCスペシャルチャリティーハイタッチ会」に加え、11日にはRed Velvet、12日にはNCT127のスペシャルバージョン“Meet&Greet”で、楽しみも2倍! 最初で最後かもしれないほど超豪華な“Meet&Greet”となりそうだ。

GFSC後援者とアーティストが“Meet&Greet”を通し、共に温かい愛を分かち合いGFSCチャリティー活動を応援する。

また、追加アーティスト決定に伴い、K-POP人気スターと間近で出会える「GFSC新規後援者様限定!!GFSCチャリティー“Meet&Greet”」第2次募集エントリー受付を12月14日(水) 10:00~ 先着順にて行うことも決定した。

特に今回のGFSCチャリティー後援キャンペーンは、さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL9周年の感謝を込め、対象者となるGFSC新規後援者を2月11日、12日の両日1回ずつ、合計2公演のGFSCチャリティー“Meet&Greet”へ先着順にて特別招待する。

「GFSC新規後援者様限定!!GFSCチャリティー“Meet&Greet”」は、11日、12日、各部ともに300人限定。第2次募集は、人数に達し次第キャンペーン及び募集受付を終了する為、希望する方は早めのお手続きを。参加方法など詳細は、公式ホームページにて12月8日に発表予定だ。

<GFSC(Good Friends Save the Children) 夢・希望プロジェクト>

本公演では、これまでほぼ毎年のようにGFSCチャリティー活動として、出演アーティストが児童福祉施設を訪問し、逆境にも負けずに元気に頑張る子供を励まし、プレゼント贈呈やゲームなどで温かい交流を続けてきた。今回も児童福祉施設を訪問し、子供達との心温まる日韓交流を持つ予定だ。

ピュアな雪景色が美しい札幌から発信する文化芸術を通じた愛を分かち合うチャリティー精神は、アジア人の心に暖かい“Love&Peace”メッセージを刻みこむことになるだろう。

北の大地、札幌から発信される冬の音楽祭「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」に乞うご期待! ※GFSCチャリティー“Meet&Greet”への出演者及び内容は変更になる場合がございます。


2PMジュノら出演、第68回さっぽろ雪まつり9th K-POPFESTIVAL2017 Red Velvet、NCT127も参加! 最初で最後かもしれないほど超豪華なGFSCチャリティー“Meet&Greet”決定! アーティストオフィシャル特別先着先行、12/8~開始!

Korepo 2016年12月7日

来年2月11・12日、Zepp Sapporoにて開催する「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」。
追加出演者として発表されたRed Velvet、NCT127が、文化芸術を通し東日本復興支援及びアジア貧困地域子供教育支援を行っているGFSC(Good Friends Save the Children)を応援するGFSCチャリティー“Meet&Greet”への参加が決定した!

「Meet&Greet」は、憧れのアーティストと間近に出会えることもあり、近年LIVEには欠かせない人気の企画となっているが、GFSCチャリティー公演でもある本公演では、趣旨に賛同したJUNHO(From 2PM)、Red Velvet、NCT127、UP10TION、OH MY GIRL、IMFACTの温かい協力のもと、GFSC Charity後援キャンペーンを展開する。

今回Red Velvet、NCT127から、「初めての札幌公演なので、思い出に残るMeet&Greetにしたい」との申し出により、SMから出演する2組は、前回発表された「“Meet&Greet”GFSCスペシャルチャリティーハイタッチ会」と内容を少し変え、Red Velvet、NCT127スペシャルバージョンの“Meet&Greet”を用意する。特別招待されたGFSC後援者とのRed Velvet、NCT127スペシャルバージョン“Meet&Greet”内容は、当日までのお楽しみ。

これにより、今回のGFSC Charity後援キャンペーンは、第一ラインナップで発表されたJUNHO(From 2PM)、UP10TION 、OH MY GIRL、IMFACTとの「“Meet&Greet” GFSCスペシャルチャリティーハイタッチ会」に加え、11日にはRed Velvet、12日にはNCT127のスペシャルバージョン“Meet&Greet”で、楽しみ2倍!最初で最後かもしれないほど超豪華な“Meet&Greet”となりそうだ。
GFSC後援者とアーティストが「Meet&Greet」を通し、共に温かい愛を分かち合いGFSCチャリティー活動を応援する!

また、追加アーティスト決定に伴い、K-POP人気スターと間近でであえる「GFSC新規後援者様限定!!GFSCチャリティー“Meet&Greet”」第2次募集エントリー受付を12月14日(水)10:00~先着順にて行うことも決定した。
特に今回のGFSC Charity後援キャンペーンは、さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL9周年の感謝を込め、対象者となるGFSC新規後援者を2月11日、12日の両日1回ずつ、合計2公演のGFSCチャリティー“Meet&Greet”へ先着順にて特別招待する!

「GFSC新規後援者様限定!!GFSCチャリティー“Meet&Greet”」は、11日・12日、各部ともに300人限定。第2次募集は、人数に達し次第キャンペーン及び募集受付を終了する為、希望する方は早めのお手続きを。参加方法など詳細は、オフィシャルHP<www.japankorea.org>にて12月8日発表予定。

※<GFSC(Good Friends Save the Children) 夢・希望プロジェクト>
http://www.japankorea.org/img/kf2017/11/gfsc2016.pdf

本公演では、これまでほぼ毎年のようにGFSCチャリティー活動として、出演アーティストが児童福祉施設を訪問し、逆境にも負けずに元気に頑張る子供を励まし、プレゼント贈呈やゲームなどで温かい交流を続けてきた。今回も児童福祉施設を訪問し、子供達との心温まる日韓交流を持つ予定だ。
ピュアな雪景色が美しい札幌から発信する文化芸術を通じた愛を分かち合うチャリティー精神は、アジア人の心に暖かい<Love&Peace>メッセージを刻みこむことになるだろう!

北の大地、札幌から発信される冬の音楽祭「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」に乞うご期待!

全ての韓流ファンの為「アーティストオフィシャル&メディア特別先着先行」決定!

2016/12/8(木)10:00 ~ 2016/12/18(日)23:30まで<http://w.pia.jp/p/snowfes-kpop17am2/
※GFSCチャリティー“Meet&Greet”への出演者及び内容は変更になる場合がございます。


Red Velvet&NCT127「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」に出演決定!

Kstyle 2016年12月2日

2017年2月11・12日、Zepp Sapporoにて開催される「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」。JYPエンターテインメントから出演するジュノ(from 2PM) に続き、新たにSMエンターテインメントからRed Velvet、NCT127の最強新星2組の出演が決定!

これまでSHINeeが2010年、2014年の「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL」に2度出演し、多彩な音楽で魅了してきたのはもちろん、GFSC(Good Friends Save the Children) チャリティー活動にも積極的に賛同し、さっぽろ雪まつり、そして本行事を熱く温かく盛り上げてきた。

そんなSHINeeのバトンを引き継ぐのは、Red Velvet、NCT127というSMの未来を担う輝く2組だ。

2月11日(土)「9th K-POP FESTIVAL2017」に出演するRed Velvetは、SMエンターテインメントの女性グループとしてはf(x) 以来5年ぶりとなる2014年8月4日に、「Happiness」でデビュー。Red Velvetは強烈で魅惑的なカラー「Red」と、女性らしく柔らかい雰囲気の「Velvet」から連想する感覚的なイメージのように、“多彩で洗練された音楽とパフォーマンスで全世界を魅了する”というコンセプトから誕生した。

2日目の12日(日)「最強新人祭りK-POP FESTIVAL2017」には、期待の超大型新人ボーイズグループNCTの中から、日本人メンバー、ユウタがいるNCT127が、「最強新人祭り」に最も相応しいメインゲストとして出演が決定した。

SM新星2組出演決定に伴い、今回特別にチケット一般発売に先駆け、「アーティストオフィシャル&メディア特別先着先行」も決定!

また、GFSCを温かく応援してきてくれたSHINeeと同様に、Red Velvet、NCT127もGFSCチャリティー活動を応援する。今回、先に発表された第1次ラインナップのジュノ(from 2PM)、UP10TION、OH MY GIRL、IMFACTと共に、彼ら2組も超豪華な「GFSC“Meet&Greet”GFSCスペシャルチャリティーハイタッチ会」に参加する予定だ。

「GFSC“Meet&Greet”GFSCスペシャルチャリティーハイタッチ会」は、文化芸術を通し東日本復興支援及びアジア貧困地域子供教育支援を行っているGFSCを応援するため、アーティストとGFSC Charity後援者が共に温かい愛を分かち合う為に企画された、他とは一味違った「Meet&Greet」だ。

北の大地、札幌から発信される冬の音楽祭「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」に乞うご期待!


SMエンターテイメントから Red Velvet/NCT127 2組の新星出撃決定!「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」

Korepo 2016年12月2日

第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017
SMエンターテイメントから
Red Velvet/NCT127
2組の新星出撃決定!

2月11日(土) 「9th K-POP FESTIVAL2017」 Red Velvet
2月12日(日) 「最強新人祭りK-POP FESTIVAL2017」 NCT127
チケット一般発売に先駆け、「アーティストオフィシャル特別先着先行」決定!!

来年2月11・12日、Zepp Sapporoにて開催する「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」。
JYPエンターテイメントから出演するJUNHO(From 2PM) に続き、新たにSMエンターテイメントからもRed Velvet、NCT127 の最強新星2組出撃決定!

SMエンターテイメントは、BoA、東方神起、少女時代などK-POPを代表す超人気アーティストが数多く所属する韓国最大手芸能事務所で、これまでSHINeeが2010年、2014年の「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL」に2度出演し、多彩な音楽で魅了してきたのは勿論、GFSCチャリティー活動にも積極的に賛同し、さっぽろ雪まつり、そして本行事を熱く温かく盛り上げてきた。
そんなSHINeeのバトンを引き継ぐのは、札幌初登場となる Red Velvet、NCT127というSMの未来を担う輝く2組。

2月11日(土)「9th K-POP FESTIVAL2017」に出演するRed Velvetは、SMエンターテイメントの女性グループとしてはf(x)以来5年ぶりとなる2014年8月4日に、「Happiness」でデビュー。
Red Velvetは強烈で魅惑的なカラー「Red」と、女性らしく柔らかい雰囲気の「Velvet」から 連想する感覚的なイメージのように、“多彩で洗練された音楽とパフォーマンスで全世界を魅了する” というコンセプトから誕生した。
デビュー曲「Happiness」では、髪の毛先をカラフルに染めた独特のヘアースタイルで登場し、躍動感ある爽やかでエネルギッシュな可愛い魅力で大衆に印象づけ、「ソウルミュージックアワード2015」での新人賞をはじめ数々の新人賞を受賞した。
その後、カムバックする度にコンセプトを変え、5人5様のカラフルな 魅力を存分に発揮し、愛されている。

今年、9月に発表された3rdミニアルバムのタイトル曲「Russian Roulette」のMVが9月、アメリカ及び全世界で再生回数の最も多かったK-POPミュージックビデオランキング1位に輝いた。
また、韓国最大級の音楽授賞式「2016 MelOn MUSIC AWARDS」では、今年最高の活躍を見せ、音楽ファンから多くの支持を受けたアーティスト10人(組)のトップ10にも名を連ねた。さらには、「ミュージックビデオ賞」も受賞するなど、今、最も輝くガールズグループの一組となっている。
これまで「SMTOWN LIVE TOUR IN JAPAN」で日本登場しきたRed Velvetが、遂に、札幌に初登場する!

2日目の12日(日)「最強新人祭りK-POP FESTIVAL2017」には、SMエンターテイメントがEXO以来約4年ぶりにデビューした期待の超大型新人ボーイズグループNCTの中から、日本人メンバー ユウタがいるNCT127が、「最強新人祭り」に最も相応しいメインゲストとして出演が決定した!
NCT127は、NCT (Neo Culture Technology = 新しい文化技術) の頭文字と、ソウルの緯度を表わす127を足したもの。"ソウルを基盤とし、多国籍のメンバーたちによってグローバルな展開で活躍する" という抱負が込められている。
今年7月10日に、各種音楽サイトを通じてデビューアルバム「NCT #127」の全曲の音源を公開。
ヒップホップとトラップをベースにムーンバートン(Moombahton) のリズム的な要素を加えたフュージョンジャンルのタイトル曲「Fire Truck」は、聞くほどに中毒性を高め、きらびやかな群舞と休まずに繰り広げられる高難度のパフォーマンスで少女ファンを虜にした。
また、このミニアルバム「NCT #127」は、iTunes総合アルバムチャート全世界6地域1位、韓国アルバムウィークリー販売チャート1位、ビルボードのワールドアルバムチャート2位に上がるなど、グローバル音楽ファンたちからも良い反応を得ている。
11月16日に開催された「2016 Asia Artist Awards」では、歌手部門で新人賞に輝くなど、今年デビューしたボーイズグループの中でも一際輝きを放っているNCT127。
SMが輩出した超大型新人NCTの中で、今回NCT127が本公演への選出されたのは、SMから初めて日本人としてデビューしたユウタの存在も大きい!

これまで「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL」は、2005年の日韓友情年を記念して制作された「水原華城」、2009年の「韓国崇礼門(南大門)」、2010年「韓国・百済王宮」大雪像制作がきっかけとなり、韓国の人気音楽・文化を紹介しながら、日韓文化交流及び友情の輪をアジアに広げていきたい、そして、さっぽろ雪まつりを更に盛り上げたい!との思いから始まった。
特に2010年は、SHINeeを含む出演者たちが「韓国・百済王宮」大雪像特設ステージで、特別舞台挨拶とフォトタイムを行うなど、日韓交流・日韓友好親善に貢献してきた。
日本人で初めてSMからデビューしたユウタ。日韓友好親善にもなる本公演で、NCT127のメンバーとして華やかに歌い、踊るユウタの雄姿を見ることは、同じ日本人としても誇らしく、応援したくなるに違いない!
また、SHINeeが初めて札幌に登場した「第61回K-POP FESTIVAL2010」では、まだ日本デビュー前にも関わらず多くのファンがSHINeeに会う為、会場に駆け付けた。これまで聞いたことのないほど大きく割れんばかりの声援は会場を大きく揺さぶるほどの振動があったと、今も語り継がれるほどだ。
今回、出演するRed Velvet、NCT127も高難度のパフォーマンスで魅了するSHINeeの後輩らしく、また、名家SMエンターテイメントの威厳を見せつけるハイパーパフォーマンス、心を揺さぶる歌声、そしてどれほど大きな声援が集まるか、大いに期待したい!

ドーム会場、アリーナ会場などの大舞台で登場してきた2組。今回、会場もZepp Sapporoということもあり、より近くで迫力あるパフォーマンスを見届けられるのも本公演の魅力のひとつだ!このようなライブホールキャパで、SMアーティストもJYPアーティストも見られるのは2度とない超贅沢な公演といっていいだろう!奇跡のような2日間をお見逃しなく!

SM新星2組出撃決定に伴い、今回特別にチケット一般発売に先駆け、「アーティストオフィシャル&メディア特別先着先行」も決定した!!
2016/12/8(木)10:00 〜 2016/12/18(日)23:30まで<http://w.pia.jp/p/snowfes-kpop17am2/

また、GFSC(Good Friends Save the Children)を温かく応援してきてくれたSHINeeたちと同様に、Red Velvet、NCT127もGFSCチャリティー活動を応援する。
今回、先に発表された第一次ラインナップのJUNHO(From 2PM)、UP10TION、OH MY GIRL、IMFACTと共に、Red Velvet、NCT127も最初で最後かもしれないほど超豪華な「GFSC“Meet&Greet”GFSCスペシャルチャリティーハイタッチ会」に参加する予定だ。
「GFSC“Meet&Greet”GFSCスペシャルチャリティーハイタッチ会」は、文化芸術を通し東日本復興支援及びアジア貧困地域子供教育支援を行っているGFSC(Good Friends Save the Children)を応援するため、アーティストとGFSC Charity後援者が共に温かい愛を分かち合う為に企画された、他とは一味違った「Meet&Greet」だ。
今後、第2次募集を案内する予定。募集要項など詳しくは、オフィシャルHP<www.japankorea.org>を通じて発表される。

毎年2月、札幌の冬を彩る雪と氷の大祭典“さっぽろ雪まつり”期間中、さっぽろ雪まつり公式協賛行事として音楽ファンの目と耳を満足させている冬の恒例音楽祭「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL」は、来年2月11日(土)、「9th K-POP FESTIVAL2017」、2日目の12日(日)は「最強新人祭り」として、2日間に渡りZepp Sapporoにて開催。

11日(土)の「9th K-POP FESTIVAL2017」は、韓流トップスター!アジアNo.1野獣アイドル2PMボーカルJUNHO(From 2PM)が9回目のK-POP FESメインゲストとして登場する他、Red Velvet 、OH MY GIRL、IMFACTの4組が出演する。

2日目の12日(日)「最強新人祭りK-POP FESTIVAL2017」は、今回発表されたNCT127をメインゲストに迎え、人気急上昇中ボーイズグループUP10TION、2日間出演となるOH MY GIRL、IMFACTは、前日とは違うステージを披露する!

北の大地、札幌から発信される冬の音楽祭「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」に乞うご期待!


JUNHO(From 2PM)に続き、“NCT127”“Red Velvet”2組の新星出撃決定!「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」

韓流Mpost 2016年12月2日


来年2月11・12日、Zepp Sapporoにて開催する「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」。
JYPエンターテイメントから出演するJUNHO(From 2PM) に続き、新たにSMエンターテイメントからもRed Velvet、NCT127 の最強新星2組出撃決定!

SMエンターテイメントは、BoA、東方神起、少女時代などK-POPを代表す超人気アーティストが数多く所属する韓国最大手芸能事務所で、これまでSHINeeが2010年、2014年の「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL」に2度出演し、多彩な音楽で魅了してきたのは勿論、GFSCチャリティー活動にも積極的に賛同し、さっぽろ雪まつり、そして本行事を熱く温かく盛り上げてきた。
そんなSHINeeのバトンを引き継ぐのは、札幌初登場となる Red Velvet、NCT127というSMの未来を担う輝く2組。

2月11日(土)「9th K-POP FESTIVAL2017」に出演するRed Velvetは、SMエンターテイメントの女性グループとしてはf(x)以来5年ぶりとなる2014年8月4日に、「Happiness」でデビュー。
Red Velvetは強烈で魅惑的なカラー「Red」と、女性らしく柔らかい雰囲気の「Velvet」から 連想する感覚的なイメージのように、“多彩で洗練された音楽とパフォーマンスで全世界を魅了する” というコンセプトから誕生した。
デビュー曲「Happiness」では、髪の毛先をカラフルに染めた独特のヘアースタイルで登場し、躍動感ある爽やかでエネルギッシュな可愛い魅力で大衆に印象づけ、「ソウルミュージックアワード2015」での新人賞をはじめ数々の新人賞を受賞した。
その後、カムバックする度にコンセプトを変え、5人5様のカラフルな 魅力を存分に発揮し、愛されている。
今年、9月に発表された3rdミニアルバムのタイトル曲「Russian Roulette」のMVが9月、アメリカ及び全世界で再生回数の最も多かったK-POPミュージックビデオランキング1位に輝いた。
また、韓国最大級の音楽授賞式「2016 MelOn MUSIC AWARDS」では、今年最高の活躍を見せ、音楽ファンから多くの支持を受けたアーティスト10人(組)のトップ10にも名を連ねた。さらには、「ミュージックビデオ賞」も受賞するなど、今、最も輝くガールズグループの一組となっている。
これまで「SMTOWN LIVE TOUR IN JAPAN」で日本登場しきたRed Velvetが、遂に、札幌に初登場する!

2日目の12日(日)「最強新人祭りK-POP FESTIVAL2017」には、SMエンターテイメントがEXO以来約4年ぶりにデビューした期待の超大型新人ボーイズグループNCTの中から、日本人メンバー ユウタがいるNCT127が、「最強新人祭り」に最も相応しいメインゲストとして出演が決定した!
NCT127は、NCT (Neo Culture Technology = 新しい文化技術) の頭文字と、ソウルの緯度を表わす127を足したもの。”ソウルを基盤とし、多国籍のメンバーたちによってグローバルな展開で活躍する” という抱負が込められている。
今年7月10日に、各種音楽サイトを通じてデビューアルバム「NCT #127」の全曲の音源を公開。
ヒップホップとトラップをベースにムーンバートン(Moombahton) のリズム的な要素を加えたフュージョンジャンルのタイトル曲「Fire Truck」は、聞くほどに中毒性を高め、きらびやかな群舞と休まずに繰り広げられる高難度のパフォーマンスで少女ファンを虜にした。
また、このミニアルバム「NCT #127」は、iTunes総合アルバムチャート全世界6地域1位、韓国アルバムウィークリー販売チャート1位、ビルボードのワールドアルバムチャート2位に上がるなど、グローバル音楽ファンたちからも良い反応を得ている。
11月16日に開催された「2016 Asia Artist Awards」では、歌手部門で新人賞に輝くなど、今年デビューしたボーイズグループの中でも一際輝きを放っているNCT127。
SMが輩出した超大型新人NCTの中で、今回NCT127が本公演への選出されたのは、SMから初めて日本人としてデビューしたユウタの存在も大きい!
これまで「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL」は、2005年の日韓友情年を記念して制作された「水原華城」、2009年の「韓国崇礼門(南大門)」、2010年「韓国・百済王宮」大雪像制作がきっかけとなり、韓国の人気音楽・文化を紹介しながら、日韓文化交流及び友情の輪をアジアに広げていきたい、そして、さっぽろ雪まつりを更に盛り上げたい!との思いから始まった。
特に2010年は、SHINeeを含む出演者たちが「韓国・百済王宮」大雪像特設ステージで、特別舞台挨拶とフォトタイムを行うなど、日韓交流・日韓友好親善に貢献してきた。
日本人で初めてSMからデビューしたユウタ。日韓友好親善にもなる本公演で、NCT127のメンバーとして華やかに歌い、踊るユウタの雄姿を見ることは、同じ日本人としても誇らしく、応援したくなるに違いない!
また、SHINeeが初めて札幌に登場した「第61回K-POP FESTIVAL2010」では、まだ日本デビュー前にも関わらず多くのファンがSHINeeに会う為、会場に駆け付けた。これまで聞いたことのないほど大きく割れんばかりの声援は会場を大きく揺さぶるほどの振動があったと、今も語り継がれるほどだ。
今回、出演するRed Velvet、NCT127も高難度のパフォーマンスで魅了するSHINeeの後輩らしく、また、名家SMエンターテイメントの威厳を見せつけるハイパーパフォーマンス、心を揺さぶる歌声、そしてどれほど大きな声援が集まるか、大いに期待したい!

ドーム会場、アリーナ会場などの大舞台で登場してきた2組。今回、会場もZepp Sapporoということもあり、より近くで迫力あるパフォーマンスを見届けられるのも本公演の魅力のひとつだ!このようなライブホールキャパで、SMアーティストもJYPアーティストも見られるのは2度とない超贅沢な公演といっていいだろう!奇跡のような2日間をお見逃しなく!

SM新星2組出撃決定に伴い、今回特別にチケット一般発売に先駆け、「アーティストオフィシャル&メディア特別先着先行」も決定した!!
2016/12/8(木)10:00 ~ 2016/12/18(日)23:30まで<http://w.pia.jp/p/snowfes-kpop17am2/

また、GFSC(Good Friends Save the Children)を温かく応援してきてくれたSHINeeたちと同様に、Red Velvet、NCT127もGFSCチャリティー活動を応援する。
今回、先に発表された第一次ラインナップのJUNHO(From 2PM)、UP10TION、OH MY GIRL、IMFACTと共に、Red
Velvet、NCT127も最初で最後かもしれないほど超豪華な「GFSC“Meet&Greet”GFSCスペシャルチャリティーハイタッチ会」に参加する予定だ。
「GFSC“Meet&Greet”GFSCスペシャルチャリティーハイタッチ会」は、文化芸術を通し東日本復興支援及びアジア貧困地域子供教育支援を行っているGFSC(Good Friends Save the Children)を応援するため、アーティストとGFSC Charity後援者が共に温かい愛を分かち合う為に企画された、他とは一味違った「Meet&Greet」だ。
今後、第2次募集を案内する予定。募集要項など詳しくは、オフィシャルHP<www.japankorea.org>を通じて発表される。

毎年2月、札幌の冬を彩る雪と氷の大祭典“さっぽろ雪まつり”期間中、さっぽろ雪まつり公式協賛行事として音楽ファンの目と耳を満足させている冬の恒例音楽祭「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL」は、来年2月11日(土)、「9th K-POP FESTIVAL2017」、2日目の12日(日)は「最強新人祭り」として、2日間に渡りZepp Sapporoにて開催。

11日(土)の「9th K-POP FESTIVAL2017」は、韓流トップスター!アジアNo.1野獣アイドル2PMボーカルJUNHO(From 2PM)が9回目のK-POP FESメインゲストとして登場する他、Red Velvet 、OH MY GIRL、IMFACTの4組が出演する。

2日目の12日(日)「最強新人祭りK-POP FESTIVAL2017」は、今回発表されたNCT127をメインゲストに迎え、人気急上昇中ボーイズグループUP10TION、2日間出演となるOH MY GIRL、IMFACTは、前日とは違うステージを披露する!

北の大地、札幌から発信される冬の音楽祭「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」に乞うご期待!


「2017年韓流再跳躍の東京宣言」をスローガンに『KMA(Korean Media Association) Japan』が発足!

韓流Mpost 2016年11月29日

2016年11月25日、『KMA(Korean Media Association) Japan』が発足した。

『KMA Japan』は今日、日本で韓流を中心に活躍する各主要メディアを一つに結合した、日本で初めて構成されたメディアネットワーク。
韓流をリードするマスメディアと、SMエンターテインメント、JYPエンターテインメント、Big Hitエンターテインメントをはじめ、韓国の大手事務所などの約100名の代表、関係者が参加している。

この日、東京Korean Cultural Centerで発足記念式典が行われ、錚々たる顔ぶれの参加者が、メディア+エンターテインメント、韓流+日流、初の交流を深める新しいネットワーク『KMA Japan』発足への期待に胸を躍らせた。

また、発足記念式典の後に行われたレセプションでは、趙善玉先生によるマッコリに10種類の韓薬材料が入ったオリジナルの母酒(全州の伝統酒)という美味しくて体にいいお酒など、韓国でブームの薬膳や宮廷で出される料理が振る舞われた。

『KMA Japan』は、「2017年韓流の再跳躍と再スタート」をスローガンとして掲げ、韓流の範囲と底辺拡大のために、今後の活動方針を大きく、<メディアとエンターテインメントの相生関係の定立>、<韓流と多様なジャンル及びコンテンツとのコラボ企画支援(ファッション、映画、ドラマ、フード、音楽等)>、<新しいライト層(若者)を牽引する共同キャンペーンの展開>等を主要議題として設定し、韓流活性化と韓流の魅力発信に邁進していく。

『KMA Japan』の「2017年韓流再跳躍の東京宣言」が今後、韓流に再飛躍と再点火をもたらす大きな一歩となるだろう。


【イベントレポ】「2017年を韓流再跳躍の年に! 」KMA(Korean Media Association)発足記念式典・レセプション開催で、韓流再点火に期待

WoW!Korea 2016年11月27日


韓流をリードするマスメディアとSM、JYP、BigHitをはじめ韓国の大手事務所などの約100名の代表といった錚々たる顔ぶれが集まる中、「2017年韓流再跳躍の東京宣言」をスローガンに新しい韓流の歴史をスタートさせた。

11月25日(金)、メディア+エンターテイメント、韓流+日流、初の交流を深める新しいネットワーク”KMAJapan”が誕生した。KMA(Korean Media Association)発足記念式典には、韓流をリードするマスメディアとSM、JYP、BigHitをはじめ韓国の大手事務所などの約100名の代表、関係者が参加し、錚々たる顔ぶれが集まる中、「2017年韓流再跳躍の東京宣言」をスローガンに新しい韓流の歴史をスタートさせた。


韓流をリードするマスメディアとSM、JYP、BigHitをはじめ韓国の大手事務所などの約100名の代表といった錚々たる顔ぶれが集まる中、「2017年韓流再跳躍の東京宣言」をスローガンに新しい韓流の歴史をスタートさせた。

 2部ではレセプションが開かれ、乾杯、参加者のご挨拶が続き、韓国料理を楽しみながら、和やかな雰囲気に。

 本日の発足式及びレセプションは、韓流の再跳躍と再点火をもたらす大きな一歩になることだろう。互いに手を取りあり、メディア全ての知恵と力を合わせ、2017年、韓流を盛り上げる新たな時代を開いていくことに期待したい。



「取材レポ」”2017年を韓流再跳躍の年に!”KMA(Korean Media Association)発足記念式典・レセプション開催で、韓流再点火に期待!

Korepo 2016年11月26日

11月25日(金)、メディア+エンターテイメント、韓流+日流、初の交流を深める新しいネットワーク”KMAJapan”が誕生した。KMA(Korean Media Association)発足記念式典には、韓流をリードするマスメディアとSM、JYP、BigHitをはじめ韓国の大手事務所などの約100名の代表、関係者が参加し、錚々たる顔ぶれが集まる中、「2017年韓流再跳躍の東京宣言」をスローガンに新しい韓流の歴史をスタートさせた。

2部ではレセプションが開かれ、乾杯、参加者のご挨拶が続き、韓国料理を楽しみながら、和やかな雰囲気に。

本日の発足式及びレセプションは、韓流の再跳躍と再点火をもたらす大きな一歩になることだろう。互いに手を取りあり、メディア全ての知恵と力を合わせ、2017年、韓流を盛り上げる新たな時代を開いていくことに期待したい。


2PM ジュノ&UP10TION&OH MY GIRLら「さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」出演者から動画メッセージ到着!

Kstyle 2016年11月3日

さっぽろ雪まつり公式協賛行事「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」は、来年2月11日(土)、12日(日) にZepp Sapporoにて開催される。

1日目の「9th K-POP FESTIVAL2017」でメインゲストとして登場するジュノ(from 2PM)、2日目に行われる「最強新人祭りK-POP FESTIVAL2017」で札幌に初上陸するUP10TION、IMFACT、9月に行われた「KMF2016」に続き再び札幌にやって来るOH MY GIRLから、出演決定の喜びを伝える動画メッセージが到着!

9回目となる、「さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2017」のメインゲストとして出演することになったジュノの動画メッセージは、柔らかな笑顔、落ち着いた雰囲気の中にも隠しきれない光るオーラを存分に感じることができる。

「K-POP FESTIVALは冬を代表するとても伝統あるライブですし、チャリティーの良い趣旨の公演だとお聞きし、僕もぜひ参加したいと思い出演を決めました! 2月11日、Zepp Sapporoで楽しい思い出を一緒に作ってみましょう!」と、日本でも大活躍する韓流トップスターらしく、全て日本語でメッセージを伝えた。2PMとして東京ドーム公演も成功させているジュノの完璧なステージパフォーマンス、胸に響くバラードと多彩な音楽、圧巻のステージに期待大だ。

UP10TIONの動画メッセージは、8月に発表した10人10色の爽やかな夏彼に出会える「Tonight」のアカペラからスタート。リズミカルで楽しいUP10TIONの姿は、ファンならずとも思わず笑顔にさせるパワーが感じられる。「みんな! 事件が起きたぞ! ついに! 来年2月12日、UP10TIONが初めて札幌に行きます!」「事務所のTEENTOP(2011年出演) 先輩と同じ舞台に立てて光栄です」と、嬉しそうにファンに出演の喜びを伝えている。

また、GFSCチャリティーライブでもある良い公演に出演できた気分を「最高です!」と笑顔で表現。今回、札幌初上陸ということで、初めて会うHONEY10(ファンクラブ名) にむけアピールポイントとともにそれぞれ自己紹介をすると、「10人10色の個性があるので誰に会いたいですか?」と問いかけるお茶目な姿も。最後は、「2月12日はZepp Sapporoに集まれ~! 皆さん待ってま~す!」と笑顔で手を振った。

UP10TIONのグループ名に込められた「音楽とパフォーマンスで大衆のテンションを上げ、音楽界のトップになる10人の少年たちに注目(Attention) せよ」の思いが凝縮されてる動画メッセージだ。2月12日に彼らに出会えることを想像しただけでワクワクし、テンションがアップする。是非、お気に入りのメンバーを探しに会場に足を運んでもらいたい。

今年9月に開催された「KMF2016」で初めて北海道に上陸したOH MY GIRLの動画メッセージは、相変わらずキュートさ全開の日本語で、出演決定とミラクル(ファンクラブ名) との再会の喜びを伝えている。

今年、日本に沢山来たという彼女たちだが、ユアは「KMF」に来た際、観客が自分の誕生日をお祝いしてくれたことが本当に嬉しく一番印象に残っているという。またスンヒは、「2月は、必ず私が札幌の皆さんに会いに行きますので待っていてください!」と嬉しいコメントを伝えている。

「愛するミラクルの為に、私達が楽しいステージを用意します! 2月11日、12日Zepp Sapporoで待ってま~す!!」と手を振るOH MY GIRL。「KMF2016」でも観客に伝授し、動画メッセージの中でも披露している“お魚を掴むダンス”を覚えて、是非一緒に踊りたい。

今年1月にデビューしたIMFACTも、本公演で札幌初登場だ。末っ子ウンジェが作ったデビュー曲「Lollipop」を軽快に歌うところから動画メッセージが始まる。事務所の先輩ZE:A(2012年出演) やRAIN(ピ) 、ソン・シギョン、パク・ヒョシン、SHINee、防弾少年団など沢山の先輩歌手が出演してきた伝統ある本公演に出演でき、光栄だと伝えている。

「僕たちも先輩たちのように活躍できるよう 一生懸命準備しますので皆さん沢山の応援よろしくお願いします!」と、新人らしい初々しいメッセージに、応援したくなる気持ちになるだろう。

前日2月11日(土) の「9th K-POP FESTIVAL2017」にも出演するIMFACT。2日間公演に参加する彼らは、「異なるステージを用意し、雪が溶けるくらい情熱溢れるステージで観客と一緒に楽しめるようにするので沢山期待して!」と意気込みを伝えている。セルフプロデュースができるクリエイティブ集団IMFACT。自身の魅力を最大限にアピールしたインパクトあるステージに期待大だ。

来年2月11日に「9th K-POP FESTIVAL2017」を、翌日の2月12日には「最強新人祭り K-POP FESTIVAL2017」と、違うコンセプトで2日間開催し、日韓文化交流と韓流、そして、さっぽろ雪まつりを熱く盛り上げる。ピュアな雪景色が美しい札幌から、文化芸術を通した日韓友好親善に貢献すると共に、多彩な音楽とGFSC(Good Friends Save the Children) チャリティーキャンペーンを展開する温かい公演として発信してきた本公演。来年は、どんな感動と胸を躍らせる音楽が待っているのか。乞うご期待!


「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」出演者から動画メッセージ到着!アーティストオフィシャル&メディア先行決定!

Korepo 2016年11月3日


第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017
出演者から動画メッセージ到着!
アーティストオフィシャル&メディア先行決定!

さっぽろ雪まつり公式協賛行事「第68回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL2017」は、来年2月11日(土)、12日(日)にZepp Sapporoにて開催。
1日目の「9th K-POP FESTIVAL2017」でメインゲストとして登場するJUNHO(From 2PM)、2日目の12日に行われる「最強新人祭りK-POP FESTIVAL2017」で札幌初登場するUP10TION、IMFACT、9月に行われた「KMF2016」に続き再び札幌にやって来るOH MY GIRL から出演決定の喜びをファンに伝える動画メッセージ到着!
また、出演者動画メッセージ公開にあわせ、各アーティストのファン・全国すべてのK-POPファンの為に、アーティストオフィシャル&メディア先行が決定した!

※アーティストオフィシャル&メディア先行受付:11/3(木)~11/13(日) http://pia.jp/v/jkym17hp/

9回目となる、さっぽろ雪まつりK-POP FESのメインゲストとして出演することになったJUNHOの動画メッセージは、柔らかな笑顔、落ち着いた雰囲気の中にも隠しきれない光るオーラを存分に感じることができる!
「K-POP FESTIVALは冬を代表するとても伝統あるLIVEですし、チャリティーの良い趣旨の公演だとお聞きし、僕もぜひ参加したいと思い出演を決めました!2/11 Zepp Sapporoで楽しい思い出を一緒に作ってみましょう!」と、日本でも大活躍する韓流トップスターらしく全て日本語でメッセージを伝えた。
2PMとして東京ドーム公演も成功させているJUNHOの完璧なステージパフォーマンス、胸に響くバラードと多彩な音楽、圧巻のステージに期待大だ!

JUNHO(From 2PM)動画メッセージ<https://youtu.be/71RDNF2mlws



UP10TIONの動画メッセージは、8月に発表した10人10色の爽やかな夏彼に出会える「Tonight (오늘이 딱이야)」のアカペラからスタート!リズミカルで楽しいUP10TIONの姿は、ファンならずとも思わず笑顔にさせるパワーが感じられる!「みんな!事件が起きたぞ!ついに!来年 2月12日UP10TIONが初めて札幌に行きます!」「事務所のTEENTOP(2011年出演)先輩と同じ舞台に立てて光栄です。」と、嬉しそうにファンに出演の喜びを伝えている。

また、GFSCチャリティーLIVEでもある良い公演に出演できた気分を「最高~です!」と笑顔で表現。
今回、札幌初上陸ということで、初めて会うHONNY10にむけアピールポイントとともにそれぞれ自己紹介をすると、「10人10色の個性があるので誰に会いたいですか?」と問いかけるお茶目な姿も。
最後は、「2月12日はZepp Sapporoに集まれ~!皆さん待ってま~す!」と笑顔で手を振っている。
UP10TION のグループ名に込められた「音楽とパフォーマンスで大衆のテンションを上げ、音楽界のトップになる10人の少年たちに注目(Attention)せよ」の思いが凝縮されてる動画メッセージだ。
2月12日に彼らに出会えることを想像しただけでワクワクし、テンションがアップする!
是非、お気に入りのメンバーを探しに会場に足を運びたい!

UP10TION動画メッセージ<https://youtu.be/jGwTG-ykMB4



今年9月に開催された「KMF2016」で初めて北海道に上陸したOH MY GIRLの動画メッセージは、相変わらずキュートさ全開の日本語で、出演決定とミラクルとの再会の喜びを伝えている。
今年、日本に沢山来たという彼女達だが、ユアは「KMF」に来た際、観客が自分の誕生日をお祝いしてくれたことが本当に嬉しく一番印象に残っているという。

またスンヒは、「2月は、必ず私が札幌の皆さんに会いに行きますので待っていてください!」と嬉しいコメントを伝えている。
「愛するミラクルの為に、私達が楽しいステージを用意します!2月11日、12日Zepp Sapporoで待ってま~す!!」と手をふるOH MY GIRL。「KMF2016」でも観客に伝授し、動画メッセージの中でも披露している“お魚を掴むダンス”を覚えて、一緒に踊りたい!

OH MY GIRL動画メッセージ<https://youtu.be/toe2lVSjIZk



今年1月にデビューしたIMFACTも、本公演で札幌初登場だ!末っ子ウンジェが作ったデビュー曲「LOLLIPOP」を軽快に歌うところから動画メッセージが始まる。
事務所の先輩ZE:A(2012年出演)やRain、ソン・シギョン、パク・ヒョシン、SHINee、防弾少年団など沢山の先輩歌手が出演してきた伝統ある本公演に出演でき、光栄だと伝えている。
「僕たちも先輩たちのように活躍できるよう 一生懸命準備しますので皆さん沢山の応援よろしくお願いします!」と、新人らしい初々しいメッセージに、応援したくなる気持ちになるだろう!
前日の2月11日(土)の「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」にも出演するIMFACT。
2日間公演に参加する彼らは、「異なるステージを用意し、雪がとけるくらい情熱溢れるステージで観客と一緒に楽しめるようにするので沢山期待して!」と意気込みを伝えている。
セルフプロデュースができるクリエイティブ集団IMFACT。自身の魅力を最大限アピールしたインパクトあるステージに期待大だ!

IMFACT動画メッセージ<https://youtu.be/aaS96UGrtaE

来年2月11日に「第68回さっぽろ雪まつり 9th K-POP FESTIVAL2017」を、翌日の2月12日には「第68回さっぽろ雪まつり最強新人祭り K-POP FESTIVAL2017」と、違うコンセプトで2日間開催し、日韓文化交流と韓流、そして、さっぽろ雪まつりを熱く盛り上げる!
ピュアな雪景色が美しい札幌から文化芸術を通した日韓友好親善に貢献すると共に、多彩な音楽とGFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーン展開する温かい公演として発信してきた本公演。来年は、どんな感動と胸を躍らせる音楽が待っているのか!!乞うご期待!!
動画メッセージ、アーティストオフィシャル&メディア先行、公演詳細はwww.japankorea.org


仮設最後の「夢さんま祭り」を応援

東海新報 2016年9月27日,29日

(記事をクリックすると大きくなります。)

「夢さんま祭り2016」の詳細はこちらをご覧ください。


【公演レポ】「SNUPER」らが溌剌としたステージでファンを笑顔に! 4年連続出演の「MR.MR」は圧巻のステージで「9th KMF2016」卒業

WoW!Korea 2016年9月20日


「SNUPER」

毎秋恒例のK-POPを通じた分かち合いチャリティーGoodwillコンサート「9th KMF2016」が、9月17日(土)の札幌公演に続き、9月19日(月・祝)東京・Zepp DiverCity Tokyoにて昼夜2回公演で開催された。

 ことしのラインナップは、「SNUPER」、「KNK」、「OH MY GIRL」、「MR.MR」ら4組、総勢24名。これからのK-POPシーンを担う新進気鋭のアイドルたちが溌剌としたステージで来場したK-POPファンを魅了した。

 昼公演の最初に登場したのは、隣に住んでいそうな親近感が魅力の6人の“ナムチンドル”(=彼氏にしたいアイドル)「SNUPER」。黄色い歓声の中、爽やかな衣装で登場した彼らは「Platonic Love」 でフレッシュな魅力を爆発させると、「こんにちは! 『SNUPER』です」と元気に声を揃えてあいさつ。自己紹介の後、「皆さん、一緒に楽しんでください! 」のかけ声でドラマ「ジキルとハイドに恋した私 ~Hyde, Jekyll, Me~」OST、ミドルなナンバー「ポラロイド」を続けて披露すると、トークでは日本でのプロモーション活動で印象に残っていることを尋ねられ、スヒョンは「ここ(Zepp DiverCity)でファーストショーケースをしましたが、またこのステージに立って、そのときの思い出が浮かんできます」と初々しい日本語で話した。

 モデルドルとしても活躍する「SNUPER」。ランウェイウォークが披露されることになると、見事なウォーキングでステージ中央まで歩き、ポケットから小さなハートを取り出してポージングを決めるなどかっこよさと可愛さが同居した彼らのモデルドルぶりに「きゃ~」と悲鳴のような歓声が上がり続けた。

 再び韓国デビュー曲「Shall We Dance」、ドラマ「オー・マイ・ビーナス」OSTで会場を盛り上げると、「僕たち、10月26日に日本デビューが決まりました! 」とテウンが改めて発表。リリースイベントなどでファンともっと近くで会う予定だとし、「僕たちにもう一回会いたい人は友だちと来てくださいね。待ってま~す」とアピール。

 ファンは温かい拍手と声援を送った。そして日本デビューシングル「YOU=HEAVEN(JAP ver.)」、スペシャルステージとして「EXO」の「Growl」のカバーを披露し、会場を熱狂させた。


「KNK」

 続いて登場した「KNK」(クナクン)のステージは、しっとりとしたバラード「Angel Heart」から幕を開けた。ブラック&ホワイトの衣装に身を包み、落ち着いた雰囲気で情感たっぷりに歌い上げると、続く「KNOCK」では高身長を活かした華麗なパフォーマンスで視線を集めた。

 「アンニョンハセヨ、『KNK』です」と声を揃え、それぞれ自己紹介すると、末っ子のオ・ヒジュンが「日本で初めての公演をすることになって本当に感謝です」、リーダーのキム・ジフンも「日本の初舞台ですけど、こんなにたくさんの応援してくれる日本の皆さんが来てくれて、本当にありがとうございます」と続け、他のメンバーも口々に「ありがとうございます! 」と感謝を示した。

 東京は初めてだという「KNK」。パク・スンジュンは「日本のファンの皆さんに会いたかった! 」と気持ちを伝え、キム・ジフンは可愛いアニメ声で「東京ばんざ〜い」ととびきりの愛嬌を見せ、会場の笑いを誘った。

 続いて韓国のファーストミニアルバムから「Propose」、最新デジタルシングル「I Remember(How Are You These Days)」を披露。さらに「日本の皆さんのために特別に準備したステージ、聴いてください」と紹介し、歴代のKMF出演アーティストもカバーした名曲、東方神起の「Love in the Ice」を熱唱。歌い終わると、聴き入っていたファンからは大きな拍手と歓声が沸き起こった。

 パク・スンジュンは「このような大きなステージに立てて本当にうれしい」と話し、韓国でカムバックの準備をしていることを明かした。チョン・インソンも「たくさん日本でのコンサートを開催したいと思いますので期待してください」と伝え、さらにファンを喜ばせると、「皆さん、最後の曲です」とキム・ユジン。「え~」とファンの惜しむ声が上がる中、「Gone」、「Back Again」と続けて披露。大歓声の中で今年デビューしたばかりとは思えない「KNK」のシックなステージが終了した。

 3組目に登場したのは4年連続出演となった「MR.MR」。今回の公演を最後に「KMF」を卒業する彼らは、8月30日に発売したばかりの日本2nd Single「ROCK this WORLD」で“男の中の男”の魅力全開、力強い歌とダンスで客席の視線を引きつけた。

 「こんにちは! “男の中の男”『MR.MR』です」とあいさつの後、「1階の皆さん、2階の皆さん、おはようございます! 僕は『MR.MR』のピュアな男、サンヒョンです」、「MR.MRのリーダー、チャンジェです。よろしくお願いします」、「メインボーカルのテイです。よろしくお願いします」、「ボーカル、ドヨンです。よろしくお願いします」、「ジェミンです! よろしくお願いします」と自己紹介し、「最後まで盛り上がって行きましょう! 」とテイ。ジェミンも「最後までがんばりますので聴いてください」と伝え、バラード曲「夢の途中」で美しいハーモニーを響かせ、日本メジャーデビューシングル「Just 1 Light」でファンを盛り上げると、緩急つけたパフォーマンスで会場を熱狂の渦に。

 「KMF」の卒業を改めて告げた「MR.MR」。チャンジェが「僕たちを成長させてくれたステージに感謝します。ありがとうございました! 」と感謝を伝えると、卒業していく「MR.MR」に会場からは温かい拍手が送られた。

 彼らが最後に選んだのは疾走感のある「High way」。曲の終わりで光の中に浮かび上がった5人のシルエット。大きく成長した「MR.MR」にふさわしい貫禄のパフォーマンスで卒業ステージを締めくくった。


「OH MY GIRL」

 最後は紅一点、「B1A4」の妹分としてデビューした「OH MY GIRL」が、黄色と水色のセーラー服風の衣装で可愛らしさたっぷりに登場。男性ファンだけでなく女性ファンの大きな声援を受けながら、「CUPID」や「CLOSER」などキュートな歌とダンスで盛り上げた。

 「見つけた~! 『OH MY GIRL』です」と笑顔であいさつ。メンバーの名前を叫ぶ声が飛び交う中、「末っ子アリンです」、「みんなのユアです」、「こんにちは。ヒョジョンです」、「こんにちは、ジホです」、「初めまして。ビニと申します」、「ラッパーを担当しているレモンのようなミミと申します」と自己紹介。また今回来ることができなかったスンヒからのビデオメッセージが流されると、ファンはスクリーンに向かって「スンヒ~」「可愛い! 」などと声を上げた。

 キュートなダンスが魅力の「OH MY GIRL」。ユアが「掴む~、掴む~、魚! 魚を掴むダンスです(笑)」と言いながら「左と右と、魚を掴むです! 」と「Listen to my word」の手の振りをやって見せると、その可愛い教え方にファンはメロメロに。

 和やかな雰囲気で「One Step, Two Steps」、続けて8月1日に韓国でリリースされた「Listen to my word」が披露され、レクチャーされたばかりの“魚”の振り付けをファンも一緒に踊ってステージを盛り上げた。

 「皆さんの応援が本当にすごいですね」と熱い応援に感動した様子の「OH MY GIRL」。ビニが「本当にありがとうございます。最後まで私たちと一緒に遊びましょう! 」と声をかけ、「行きましょうかな! 」「行きましょうかな! 」と可愛らしい日本語で煽るメンバー。「WINDY DAY」、「LIAR LIAR」と愛らしいパフォーマンスの連続にファンのかけ声もバッチリ決まり、ボルテージは最高潮に。

 ジホが「次は私たちがスペシャルステージ『SUGAR BABY』を準備しました。最後の曲だから一緒に遊んでください! 」と伝え、手を振ったりハートマークを繰り出すなどファンとコミュニケーションしながら歌い、「以上、『OH MY GIRL』でした」と笑顔でステージを後にした。

 エンディングは出演者全員が再び登場してオム・ジョンファの「Festival」を熱唱。サインボールを投げ入れたり、「MR.MR」 のドヨンと「SNUPER」が肩を組んで歌うなどグループを超えたやり取りで会場を沸かせ、全員で「ありがとうございました! 」と来場の感謝を伝えた。

 終演後は全員とのハイタッチ会も開催され、憧れのアーティストとの触れ合いに最後まで笑顔が溢れた「9th KMF2016」。10周年のアニバーサリーイヤーを迎える来年のステージが既に待ち遠しい。


「速報」SNUPER、KNK、OH MY GIRLがフレッシュな魅力を!MR.MRは卒業ステージで華麗なパフォーマンスを披露!「9th KMF2016」開催!

Korepo 2016年9月19日

毎秋恒例のK-POPを通じた分かち合いチャリティーGoodwillコンサート「9th KMF2016」が、9月17日(土)の札幌公演に続き、9月19日(月・祝)東京・Zepp DiverCity Tokyoにて昼夜2回公演で開催された。今年のラインナップは、SNUPER、KNK、OH MY GIRL、MR.MRら4組、総勢24名。これからのK-POPシーンを担う新進気鋭のアイドルたちが溌剌としたステージで来場したK-POPファンを魅了した。


SNUPER

昼公演の最初に登場したのは、隣に住んでいそうな親近感が魅力の6人のナムチンドル(彼氏にしたいアイドル)、SNUPER。黄色い歓声の中、爽やかな衣装で登場すると「Platonic Love」「ハイドジキル」などを熱唱。トークではモデルドルとして活躍している彼らが華麗なランウェイウォークを披露し、かっこよくも愛嬌溢れるポージングを決めて会場を沸かせた。


KNK

続いて登場したKNKのステージは、しっとりとしたバラード「Angel Heart」から幕を開けた。ブラック&ホワイトのスーツ姿で情感たっぷりに歌い上げると、続く「KNOCK」では高身長を活かした華麗なパフォーマンスで視線を集めた。末っ子のオ・ヒジュンが「日本で初めての公演をすることになって本当に感謝です」と伝え、「ありがとうございます!」とメンバーも口々に感謝を示した。


MR.MR

3組目は4年連続出演となったMR.MR。今回の公演を最後に「KMF」を卒業する彼らは、8月30日に発売したばかりの日本2nd Single「ROCK this WØRLD」やカップリング曲「夢の途中」など緩急つけた圧巻のステージで会場を熱狂の渦に。「皆さん盛り上がって行きましょう!」と1階だけでなく2階席のファンにも呼びかけると、熱いステージを繰り広げた。


OH MY GIRL

最後は紅一点、B1A4の妹分としてデビューしたOH MY GIRLが黄色と水色のセーラー服風の衣装で可愛らしさたっぷりに登場。男性ファンだけでなく女性ファンの声援も受けながら、「CUPID」や「CLOSER」などキュートな歌とダンスで盛り上げた。またユアがダンスの振り付けをレクチャーするなどファンとのやり取りを楽しむ姿も見られた。最後は全出演者がステージへ。オム・ジョンファの「Festival」をグループの垣根を超えて熱唱。

終演後はハイタッチ会も開催され、憧れのアーティストとの触れ合いに最後までファンの笑顔が溢れた。


「OH MY GIRL」、「SNUPER」、「KNK」、「MR.MR」出演「KMF2016」公式CM映像完成! 配信スタート!

WoW!Korea 2016年7月29日


「9th KMF2016」史上、最もフレッシュラインナップ! 「OH MY GIRL」「SNUPER」「KNK」「MR.MR」出演! 公式CM映像完成!

 「KMF」は今年で9年連続開催してきている毎秋恒例のK-POPを通じた分かち合いチャリティーGoodwillコンサートで、オリジナル楽曲は勿論のこと、各出演者それぞれのスペシャルステージ、全出演者揃ったフィナーレなど、「KMF」でしか見る事ができないステージで構成し、音楽ファンを楽しませてきている。
韓国で話題のK-POPアーティストが、日本活動に弾みをつける新人登竜門としての役割を担ってきた日本で一番伝統ある「KMF」だが、今年は、よりイキイキとしたフレッシュな舞台が楽しめそうだ!

2015年にデビューした「OH MY GIRL」は、『WINDY DAY』発売に合わせ7月に東京で日本初の単独イベントを成功裏に終わらせた。その際、激しいチケット争奪戦が繰り広げられ、人気度の高さを証明した今話題の注目ガールズグループだ。
8月1日には2000年に発表された「パパヤ(Papaya)」の曲を2016年の夏に合わせてリメイクした『私の話を聞いてみて』でカムバックする! 新曲でもさわやかでラブリーな「OH MY GIRL」だけの特別なパフォーマンスを見せる計画で、期待を高めている。
また8月21日、22日の2日間、デビュー後初の単独コンサートも地元韓国で行うが、こちらの単独コンサートチケットを、わずか3分で完売させた!
超絶に可愛い8人の妖精たちが、残暑残る9月、「9th KMF2016」で再び日本に上陸し、さわやかでラブリーな「OH MY GIRL」だけの特別なパフォーマンスを見せる! 自由なレゲエ調のミュージックに合わせ、身体を動かしながら楽しみたい!

彼氏のような胸キュンアイドル「SNUPER」も2015年デビュー組。7月に穏かなメロディーから早いリフレーン部に移行する意外性と中毒性のあるメロディーが印象的な最新曲『YOU=HEAVEN』でカムバックし、可愛く爽やかな魅力で音楽番組を中心に活発な活動を繰り広げている。

2016年デビューのKNKは、最も背が高いメンバーのスンジュンが189cm、一番小さいメンバーのヒジュンが180cmというモデルドル(モデル+アイドル)。
アメリカビルボードの「2016年上半期にデビューした8組の前途有望なK-POP歌手」に選ばれるなど、強烈なカリスマを放つシックなアイドルグループで、「9th KMF2016」で待望の日本初登場を果たす!

また、日本2nd Single「ROCK this WORLD」を8月30日に発売するMR.MRは4年連続「KMF」出演。TBS系列全国放送「トコトン掘り下げ隊! 生き物にサンキュー!! 」の7月~9月度のエンディングテーマにも決定した新曲「ROCK this WORLD」披露! 日本セカンドシングル発売で勢いづくMR.MR(特別友情出演)のパワー溢れるステージにも注目したい!

「OH MY GIRL」「SNUPER」「KNK」は、伝統ある「KMF」初登場!
最新ラインジングスター達のフレッシュな魅力をいち早く、一度に堪能できる「9th KMF2016」は、コアなK-POPファンやK-POPビギナーまで、満足感いっぱいのGFSCチャリティー音楽イベントにもなっている。
アジアの子供達と東日本復興の為、独自の支援活動を継続的に行っているGFSCチャリティーキャンペーン支援で、何と、「9th KMF2016」全出演者総勢24名の超豪華なGFSCプレミアムチャリティーハイタッチ会で直接、憧れのアーティストと触れ合うことが出来る絶好のチャンス!
今年も、新たな感動と発見、感動を残す超フレッシュ「9th KMF2016」に期待大!
9月17日(土)Zepp Sapporo、9月19日(月・祝)Zepp DiverCity TOKYOの2都市で開催される、音楽ファン必見の「9thKMF2016」。この機会をお見逃しなく!!


「取材レポ」HOMME、MR.MR 再び出会った二組による感動と笑いが満載のステージ!「Good Friends Special Concert 2016〜好きだ♡〜」開催

Korepo 2016年7月18日


左からMR.MR(サンヒョン、チャンジェ) HOMME( チャンミン、イ・ヒョン)MR.MR(テイ、ドヨン、ジェミン)

男性デュオHOMMEと6人組ボーイズグループMR.MRが、7月16日(土)東京・ニッショーホール(日本消防会館)にて、「Good Friends Special Concert 2016~好きだ♡~」を開催した。二組は今年2月、第67回さっぽろ雪まつり8th K−POP FESTIVAL2016「バラードの祭典」で共演しており、5ヶ月ぶりの再集結となる。


左からサンヒョン、チャンジェ、テイ、ドヨン、ジェミン

先に登場したのは、抜群のルックスとパフォーマンスレベルの高さを誇るMR.MR。今回彼らは、先日の北海道公演にてコラボし大好評を博したミミバンドと再びコラボして、全ての楽曲を生バンドとフルセッションで構成。大きな歓声の中、黒を基調としたスタイリッシュな衣装を身に纏ったMR.MRが登場すると、迫力あるバンド演奏のもとMaroon 5の「This Love」を歌い上げてたちまち会場を熱くした。「来てくれてありがとうございます!」と笑顔であいさつすると、中毒的なサウンドの「Out」と日本の2ndシングルである「BIGMAN」を立て続けに披露。ファンたちはぴったりと息の合った掛け声で応援し、「BIGMAN」のセクシーなダンスでは会場のいたる所から黄色い歓声が上がった。



MCが登場し、改めて自己紹介をするメンバーたち。再びバンドとセッションできたことへの感想を尋ねられると、「バンドと初めてした時より、もっと息を合わせられたので気持ちがよかったです」と答えた。ここで、バンドの練習の際にドラムを演奏したというテイが実際ファンの前でドラムを演奏することに。一曲目の「This Love」を歌いながら、ハイレベルなドラム演奏を完ぺきに披露すると、初めて見るテイの格好いい姿にファンは大喜び。ピアノだけでなくドラムの演奏もできることを証明し、改めて音楽的才能の高さを見せつけた。



また、8月30日に発売されるMR.MRのニューシングル「ROCK this WØRLD」についてドヨンは、「挑戦的な歌詞があります。そして、ハリウッド映画『マッドマックス』のような強いソルジャーをコンセプトにして僕たちがミュージックビデオをとりましたのでぜひチェックしてみてください」と紹介。



続いて、テイ以外の4人によるステージがスタート。チャンジェ、ドヨン、サンヒョン、ジェミンと順々に登場しながら、L'Arc~en~Cielの「Drivers high」を熱唱。迫力あるバンド演奏と力強いメンバーたちの歌声が見事に絡まり合い、力強いステージでファンを熱狂させた。一方、テイはBruno Marsの「Just the way you are」と自身のソロ曲である「Dangerous」の二曲を、高い歌唱力でしっとりと歌い上げた。こちらもバンドメンバーと目配せを交わしながら、ぴったりと息の合ったパフォーマンスを披露。また、「Dangerous」にはメンバーのサンヒョンとジェミンがコーラスで参加し、曲の完成度を高めた。


MCでは再びニューシングル「ROCK this WØRLD」の話に。初めて衣装を見た時の感想についてチャンジェは、「正直言えば、これかっこいいかな?と思った。他のメンバーの衣装は結構格好よかったのに、僕の衣装はちょっとビミョー…,」と正直に話して笑いを誘った。




また、ドヨンが「僕は気に入った」と話すと会場中から「かっこいい!」という声が上がり、ドヨンは「そうですか」とうれしそうに返した。「盛り上がっていきましょう!」と言う掛け声とともに、ダンスナンバーの「High Way」を披露すると会場はさらにヒートアップ。熱い雰囲気のまま始まった最後の曲「And Yet」ではメンバーたちがステージを降りて会場中を走り回り、より近い距離でファンとコミュニケーションをとって、忘れられない素敵な思い出を作った。





MR.MRが惜しまれながらステージを後にすると、続いてHOMMEが薄ピンク色で揃えたスーツ姿で登場。一曲目は今年の4月に発売したばかりの「君、僕のところに来て」で、MR.MRの熱気冷めやらぬ会場を一気にHOMME色に染め上げた。「皆さんこんにちはー!」とあいさつする二人。チャンミンの「1・2・3!」という合図に合わせて、「いらっしゃいませ」とユニークな言葉でファンを歓迎した。チャンミンが「今日はどれぐらいの素敵なステージが待ってるのか、皆さん楽しみにしていてください」と力強く宣言すると、ファンは大きな拍手で応えた。


イ・ヒョン

チャンミン

二曲目はイ・ヒョンのアルバムの収録曲である「不可能だ」。圧倒的な歌唱力で、語りかけるように歌い上げる。次の曲の紹介でイ・ヒョンが「男らしく勇気を出して今日いらっしゃった女性の方々のハートを奪おうと思います!」と話すと、すかさずチャンミンが「不可能だよ〜」と曲名にちなんだつっこみを入れ、爆笑を誘った。和やかな雰囲気のまま始まった「3秒」は、ラッパーKisumとのコラボ曲で、すれ違う女性に3秒で恋に落ちてしまう男の感情を歌ったアップテンポな曲。可愛らしく歌うHOMMEの姿に会場中が虜となった。


「(皆さんのハートを)奪いにきたのに失敗したようですね」と話すチャンミンに、「胸キュン」を連発するイ・ヒョン。この他にも「諦めません。諦めたらそこで公演終了だよ!」や「冗談冗談マイケルジョーダン」など、矢継ぎ早に繰り出されるギャグに会場には笑いの渦が。日本のファンを楽しませるために、日本語のフレーズを一生懸命習得した二人の頑張りが垣間見えた。

チャンミンをイ・ミンホ、イ・ヒョンをチャン・ドンゴンだと思って聴いて欲しいという紹介で始まったのは、イ・ミンホ主演のドラマ「相続者たち」のOST「Moment」。この曲はもともとチャンミン一人の曲であるが、HOMME二人で歌うことによってまた違った魅力が生まれ、壮大かつ繊細な歌声に会場中がうっとりと聴き入った。歌い終わると、「目を閉じている方は目を開けてください」と呼びかけるチャンミン。「何が見えますか?それが現実ですよ」と続け、抜群の笑いのセンスを見せた。続いては、日本のファンのために準備したという曲で、前回の単独コンサートで披露した時感動のあまり涙を流したファンもいるというHYの「366日」。原曲の持つ訴えかけるようなストーリー性とHOMMEの圧倒的な歌唱力が見事に調和した圧巻のステージに、会場は大きな感動に包まれた。



「最後のステージはもっとテンションあげていきたいと思います!行きましょう!」と歌い始めたのはHOMMEの代表曲のひとつである「男だから笑うんだ」。突き抜けるような二人の歌声で盛り上がりが最高潮に達したステージを後にすると、すぐさま鳴り響くアンコール。熱いアンコールに応え再び登場したHOMMEは、「ご飯だけはちゃんと食べてたよ」と「僕の中で最高」の二曲を披露。曲中、チャンミンがイ・ヒョンの汗を拭いたタオルを客席に投げたり、一人のファンにマイクを向け歌わせるなど素敵なファンサービスも。それぞれ、イ・ヒョン「日本にはしょっちゅうは来れなかったんですが、来るたびに本当に、好きですね〜。僕たちは歌が世界一うまくも、イケメンでもないけれど、皆さんの応援に恥じないような舞台をお見せしたい」チャンミン「日本のファンの皆と会える機会が増えてほんとに嬉しいです。これからもずっと僕たちを信じて待ってくれますか?これからも命をかけて歌います」と話し、日本のファンへ温かい思いを伝えた。



最後に再びMR.MRが登場すると、出演者7名全員で故シン・へチョルの「あなたへ」を歌い、会場を多いに盛り上げた。全員で手をつなぎ深々とお辞儀をするHOMMEとMR.MRに、ファンたちは惜しみない拍手を送った。生バンドとともに圧倒的なパフォーマンスで迫力あるステージを見せたMR.MR、至高のボーカルとハーモニーで集まったファンを虜にしたHOMME、二組の魅力が遺憾なく発揮された約2時間に渡るステージは大盛況の中幕を閉じた。公演後にはアジア貧困地域子供教育支援、東日本大震災復興支援を目的としたチャリティーハイタッチ会も行われ、とても意味のあるコンサートとなった。




K-POP WORLD FESTIVAL 日本 韓流 蘇らせる!

KBS 2016年7月18日 <制作運営 NPO法人日韓文化交流会>

原文はこちら
(以下はその日本語訳)

<アンカーのコメント>
2000年代 初中盤に全盛期を誇った日本国内での韓国の大衆文化、韓流が再跳躍を準備している。

韓国の大衆歌謡、K-POP 歌手たちの挑戦と様々な行事が相次ぎ、韓流の人気が蘇る兆しを見せています。

東京からナ・シンハ特派員の報道です。

<リポート>

元気溌剌なダンスと歌が舞台を埋め尽くします。

激しくも節制された群舞の中に華やかな歌が続きます。

乱れることのない韓国のアイドルグループの公演は、日本のファンたちへの敬意の対象です。

<インタビュー> マキ(日本の韓流ファン) : "かっこいいです。歌もダンスも上手い、人柄も良いです。"

K-POPの魅力にすっかりハマった日本のファンたちが直接舞台の公演に挑戦しました。

<インタビュー> コジマ シヨリ(K-POPフェスティバル参加者) : "メロディーだけを聞いても中毒性があって、一回聞いても耳から離れない部分が魅力だと思います。"

3か月間、 8カ所の地域予選を通過した15チームが競演を行いました。

様々な理由で低迷していた日本国内の韓流が、最近また伸びを見せています。

<インタビュー> キム・ヒョンファン(駐日 韓国文化院長) : "沢山、また戻ってきていると思います。 K-POPやドラマ部分に対しても、確実に変化があると思います。"

K-POP歌手たちの日本の挑戦が活発になりながら、静かだった日本の韓流ファンたちも積極的な姿へと変わっています。

本全域で行われた、今回のK-POPフェスティバル行事は、しばらくの間停滞していた日本国内の韓流雰囲気をもう一度盛り上げるのに大きな寄与されると期待されます。


K-POP秋の音楽祭「9th KMF2016」第3弾出演アーティストにOH MY GIRLが決定!

Kstyle 2016年6月25日

今年で9年連続開催となる毎秋恒例のK-POPを通じた分かち合いチャリティー Goodwillコンサート「9th KMF2016」第3弾出演アーティストに、OH MY GIRLが決定した。

「9th KMF2016」を華やかにする紅一点となるガールズグループ、OH MY GIRLの童話の世界のような幻想的で可愛いステージに注目だ。

韓国で話題のK-POPアーティストが、日本活動に弾みをつける新人登竜門として注目されてきた「KMF」。今、ホットな新人グループであるOH MY GIRL、SNUPER、KNK(クナクン) は、KMF史上、最強フレッシュラインナップだ。日本での本格的な活動に向け、それぞれの魅力を超フレッシュな「9th KMF2016」で思う存分発揮するとみられる。

これまでのKMF同様、今年も各アーティスト代表曲を複数曲用意し、各出演者ごとのスペシャルステージ、全出演者揃ったフィナーレなど、「KMF」でしか見る事のできない新鮮さと新たな発見、感動を残す満足度の高い内容で構成。新鮮さとエネルギーに満ち溢れた今年の「9th KMF2016」に大いに期待したい。

「9thKMF2016」は、9月17日(土) Zepp Sapporo、9月19日(月・祝) Zepp DiverCity TOKYOの2都市で開催。

本公演はかねてより、温かい分かち合いの精神を発信するGFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンを展開してきている。本行事でもGFSCチャリティーキャンペーンを展開し、観客と共に「分かち合いの精神」を発信しアジアの未来の子供たちに希望と夢をプレゼントするイベントとなりそうだ。


K-POP秋の音楽祭♪「9th KMF2016」第2弾出演アーティスト“SNUPER”決定!

Korepo 2016年6月14日

9年目のK-POP秋の音楽祭♪今年も開催決定!新人登竜門!「9th KMF2016」第2弾 出演アーティスト発表!平均身長180cm微笑ましいビジュアルを誇る「Boys Next Door」新!彼氏アイドルSNUPER

今年で9年連続開催となる毎秋恒例のK-POPを通じた分かち合いチャリティー Goodwillコンサート「9th KMF2016」第2弾出演アーティスト“SNUPER”決定!

俳優ホン・ジョンヒョン、イ・ギウが所属する所属事務所「WID MAY」が初めて手掛けた男性6人組アイドルグループSNUPERは、隣に住んでいそうなコンセプトの「Boys Next Door」をモチーフに企画された。
グループ名である「SNUPER」は、「SUPER」よりさらに優れた(HIGHER THAN SUPER)という意味を持った英語の表現で、1人1人のスーパーマンが集まりさらに強力な“SNUPER”となるという約束を込めつけられている。

「動画」[MV] 스누퍼(SNUPER) _ 지켜줄게(Platonic Love)


平均身長180cm、抜群のビジュアルを兼ね備えた親近感のある兄、弟のような魅力を持つSNUPERは、2015年11月16日に1stミニアルバム「Shall We」でデビュー!
タイトル曲「Shall We Dance」は爽やかで軽快なビートに清涼感溢れるシンセサウンド、エレキギターのサウンドが印象的な曲で、SNUPERの清潔感のあるビジュアル、新鮮なイメージ、愛らしさがマッチし、コンセプト通り一躍、親しみの持てる新ナムチンドル(彼氏アイドル)に名乗りをあげた!

「Shall We Dance」の活動後、各方面から“注目される新人”として認められたSNUPERは、最もホットなライジングスターとして、新人男性アイドルグループとしては異例の化粧品の広告モデルに抜擢されるなど、その可能性を認められている。
3月には、レトロな雰囲気な曲調がハマる「Platonic Love」をリリースし、今年4月幕張で開催された「KCON 2016 Japan×M COUNTDOWN」で初来日し、コンベンションブースに2日間に渡り登場。華麗なパフォーマンス、トークで会場を盛り上げた。

また、11回目の開催となる国際的な授賞式「2016 Asia Model Festival in Suwon」では、モデルテーナー賞を授賞し、華麗なパフォーマンスも披露した。

小学3年から子役俳優として活躍してきたリーダー テウン。ドラマ「世宗大王」「タムナ~Love the Island~」「カン・チョルジュン 公共の敵1-1」などで子役として出演し、最近では「その冬、風が吹く」や「星から来たあなた」にも出演している。
また、セビンも映画「ヘルモニ」「ベテラン」「ファッション王」「明日へ」「少女怪談」などに出演してきた。
多彩な才能があつまるSNUPER。本格的な日本メジャー活動を前に、9回目となる伝統のある「KMF2016」で、6人のスーパーマンが合体した最強パフォーマンスに期待したい!

韓国で話題のK-POPアーティストが、日本活動に弾みをつける新人登竜門として注目されてきた「KMF」。
先日発表された「KNK」そして「SNUPER」は、先日放送された韓国MBC「ショー!音楽の中心」500回特集で、新人ボーイズスペシャルコラボとして共演し、Growl(EXOカバー)を披露するなど、韓国音楽プログラムでも活躍が期待される新人グループとして注目されている!

そんな期待の新鋭ボーイズグループ2組「KNK」「SNUPER」の出演で、「9th KMF2016」新人ラインナップは完成!日本での本格的な活動に向け、「KNK」「「SNUPER」は、それぞれの魅力を「9th KMF2016」で思う存分発揮する!
今後、第3弾出演アーティスト発表で、「9th KMF2016」全ラインナップを完成させる予定だ!

今年から「9thKMF2016」は、会場をライブホールZeppに移し、9月17日(土)Zepp Sapporo、9月19日(月・祝)Zepp DiverCity TOKYOの2都市で開催する。

これまでのKMF同様、今年も各アーティスト代表曲を複数曲用意し、各出演者ごとのスペシャルステージ、全出演者揃ったフィナーレなど、「KMF」でしか見る事のできない新鮮さと新たな発見、感動を残す満足度の高い内容で構成。

本公演はかねてより、温かい分かち合いの精神を発信するGFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンを展開してきている。
本行事でもGFSCチャリティーキャンペーンを展開し、観客と共に「分かち合いの精神」を発信しアジアの未来の子供たちに希望と夢をプレゼントする!


K-POP秋の音楽祭「9th KMF2016」第一弾出演アーティスト発表!KNKからメッセージが到着

Kstyle 2016年5月24日

9年連続開催となる、毎秋恒例のK-POPを通じた分かち合いチャリティー Goodwillコンサート「KMF」。今年は会場をライブホールZeppに移し、9月17日(土) Zepp Sapporo、9月19日(月・祝) Zepp DiverCity TOKYOの2都市開催が決定した。

韓国で話題のK-POPアーティストが、日本活動に弾みをつけるスター登竜門として注目されてきた「KMF」。日本で複数のアーティストが共演する合同コンサートは、1回限りのスペシャル企画LIVEとして開催されることが多いが、「KMF」は9年もの間、今後の活躍が期待されるアーティストを多数日本に紹介し続けてきた唯一無二のK-POPコンサートだ。その為、本公演を楽しみにしているK-POPファンも多く期待も大きい。

第一弾として発表されたのは、「9th KMF2016」に相応しい大注目グループだ。今年3月に「KNOCK」で韓国デビューした男性5人組“KNK(クナクン)”が日本初登場!平均身長185cmの高身長、男性的で魅力的なビジュアルと大人の雰囲気を感じる華麗なパフォーマンス。魅力的な歌唱力を備えた男の魅力満載の今、大注目のグループだ。メンバーたちはBig Hitエンターテインメント、TSエンターテインメント、FNCなど大手事務所での練習生生活を経て、YNBエンターテインメントで歌手になる夢を掴んだ。KNKは、デビューと同時に多方面から注目を集め、わずかデビュー1ヶ月で中国の音楽授賞式である「第20回CHINA MUSIC AWARDS」に次世代K-POPの代表ランナーとして招待されている。

今回、「KMF2016」第一弾アーティスト発表と同時に公開されたKNKの動画メッセージでは、「重要なお知らせがあります!遂に僕達KNKが日本に行きます!」「僕達が日本で初めて公演をすることになるのですが、まだデビューして間もないのに、9年間続く伝統あるKMFに招待頂き本当に光栄に思っています」と身体全身で喜びを伝えている。

「KMF」ではこれまで、K.will、2AM、Sistarなど人気アーティストが日本初登場してきた。また、本行事は日本での本格的活動を見据えたキム・ボムス、MBLAQ、B1A4、U-KISS、VIXX、BtoB、MR.MR等も出演してきており、今後の活躍を予感させるエネルギッシュなステージをいち早く楽しむことができる公演として音楽ファンを楽しませてきている。

基本5年という長い練習期間を経て、しっかりとした実力を育ててきた期待の次世代グループKNK。日本での初めての公演である「KMF2016」を足掛かりに、グループ名に込められた「この上なく大きい人間になれ」の思いのごとく、大きな世界に飛び立つ準備は万端だ。

9年間もの間「KMF」が支持されてきたのは、複数組のアーティストが出演する合同公演ながらも、しっかりと曲数が準備され、オリジナル曲やスペシャルステージ、全アーティストでのフィナーレなど、最新K-POPがたっぷり堪能できる他、新鮮さと新たな発見、感動を残す満足度が高い公演を行ってきた為。今回、第一弾として発表されたKNKも、「一生懸命練習してKMFでカッコいい姿をお見せできるよう努力します!」と意気込みを伝えている。

この公演はかねてより、温かい分かち合いの精神を発信するGFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンを展開してきている。
今回の行事でもGFSCチャリティーキャンペーンを展開し、観客と共に「分かち合いの精神」を発信しアジアの未来の子供たちに希望と夢をプレゼントする予定だ。

今後「9thKMF2016」詳細は、オフィシャルHPを通じて発表されるとのことだ。


長身ドル!KNK(クナクン)遂に日本初上陸!9年目のK-POP秋の音楽祭♪第一弾 出演アーティスト発表!9月開催決定!

Korepo 2016年5月23日

9年目のK-POP秋の音楽祭♪今年も開催決定!スター登竜門!9th KMF2016 第一弾 出演アーティスト発表!K-POP界の門も、女心も熱烈ノックする長身ドル!KNK(クナクン)

9年連続開催となる、毎秋恒例のK-POPを通じた分かち合いチャリティー Goodwillコンサート「KMF」。
今年は会場をライブホールZeppに移し、9月17日(土)Zepp Sapporo、9月19日(月・祝)Zepp DiverCity TOKYOの2都市開催決定!

韓国で話題のK-POPアーティストが、日本活動に弾みをつけるスター登竜門として注目されてきた「KMF」日本で複数のアーティストが共演する合同コンサートは、1回限りのスペシャル企画LIVEとして開催されることが多いが、「KMF」は9年もの間、今後の活躍が期待されるアーティストを多数日本に紹介し続けてきた唯一無二のK-POPコンサートだ。その為、本公演を楽しみにしているK-POPファンも多く期待も大きい!

第一弾として発表されたのは、「9th KMF2016」に相応しい大注目グループ!
今年3月に「KNOCK」で韓国デビューした男性5人組“KNK(クナクン)”が日本初登場!
平均身長185cmの高身長、男性的で魅力的なビジュアル!大人の雰囲気を感じる華麗なパフォーマンス!魅力的な歌唱力を備えた男の魅力満載の今、大注目のグループだ!

メンバーたちはBig Hitエンターテインメント、TSエンターテインメント、FNCなど大手事務所での練習生生活を経て、遂にYNBエンターテイメントで歌手になる夢を掴んだ。
KNKは、デビューと同時に多方面から注目を集め、わずかデビュー1か月で中国の音楽授賞式である「第20回CHINA MUSIC AWARDS」に次世代K-POPの代表ランナーとして招待されている。

今回、「KMF2016」第一弾アーティスト発表と同時に公開されたKNKの動画メッセージでは、「重要なお知らせがあります!遂に僕達KNKが日本に行きます!」
「僕達が日本で初めて公演をすることになるのですが、まだデビューして間もないのに、9年間続く伝統あるKMFに招待頂き本当に光栄に思っています」と身体全身で喜びを伝えている。

「KMF」ではこれまで、‘K.will’、‘2AM’、‘Sistar’など人気アーティストが日本初登場してきた。また、本行事は日本での本格的活動を見据えた‘キム・ボムス’、‘MBLAQ’、‘B1A4’、‘U-KISS’、‘VIXX’‘BtoB’、‘MR.MR’等も出演してきており、今後の活躍を予感させるエネルギッシュなステージをいち早く楽しむことができる公演として音楽ファンを楽しませてきている。
基本5年という長い練習期間を経て、しっかりとした実力を育ててきた期待の次世代グループ“KNK”。
日本での初めての公演である「KMF2016」を足掛かりに、グループ名に込められた「この上なく大きい人間になれ」の思いのごとく、大きな世界に飛び立つ準備は万端だ!

9年間もの間「KMF」が支持されてきたのは、複数組のアーティストが出演する合同公演ながらも、しっかりと曲数が準備され、オリジナル曲やスペシャルステージ、全アーティストでのフィナーレなど、最新K-POPがたっぷり堪能できる他、新鮮さと新たな発見、感動を残す満足度が高い公演を行ってきた為。
今回、第一弾として発表されたKNKも、「一生懸命練習してKMFでカッコいい姿をお見せできるよう努力します!」と意気込みを伝えている!

本公演はかねてより、温かい分かち合いの精神を発信するGFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンを展開してきている。
本行事でもGFSCチャリティーキャンペーンを展開し、観客と共に「分かち合いの精神」を発信しアジアの未来の子供たちに希望と夢をプレゼントする!

今後「9thKMF2016」詳細は、オフィシャルHPを通じて発表される!!


「速報」ソ・ガンジュン"意味深いイベントに参加できて光栄です!" 5urprise&MR.MR、「 8th 日韓友情フェスタ 2016」でファンと特別な日を過ごす

Korepo 2016年4月3日

「日韓友情フェスタ 2016」が4月3日(日)、埼玉・日高アリーナで開催された。同イベントは、韓国との縁が深い高麗郡建郡(埼玉県日高市)1300年を祝いながら、日韓両国の文化交流を図るもので、今年で8回目を迎える。これまでもチョン・イル、チ・チャンウクなど毎回時代劇に出演した人気のスターが参加している。今年はドラマ「華政」に出演したソ・ガンジュンと5urprise、MR.MRが参加し、ファンと意味深い一日を過ごした。

ソ・ガンジュン、ユイル、高麗駅到着!

同イベントは始まりから特別だ。ソ・ガンジュン、そして5urpriseのリーダー・ユイルはこの日の午前、池袋駅から150人のファンとともに高麗駅までの特別列車に乗り込んだ。ファンの座っている車内をハイタッチをしながら歩いてあいさつをし、ファン一人ひとりに記念のお餅を配るなどして触れ合った。高麗駅でファンとともに記念撮影を終えると日高アリーナへ向かった。

第一部の最初にはクラシックスタイルのオーケストラのバラダンが登場、スペシャルメドレーを披露して会場を盛り上げた。その後登場したMR.MRはバラダンとコラボしたドラマ「シークレットガーデン」のOST「その男」をしっとりとした歌声で披露。テイは「バラダンさんとは何度もコラボをさせてもらっていますが、とてもうれしいです。きれいなメロディでテンションが上がっています」とうれしそうに話した。また「Do you feel me」「Just 1 Light」ではMR.MRらしいパワフルなダンスと歌声で会場を熱くした。

MR.MRの次にはソ・ガンジュンが登場。大歓声で迎えられたソ・ガンジュンは時代劇「華政」出演について「自分にとって大きな機会であると思ったし、時代劇をやってみたいという思いもあり出演しましたが、作品を通してここに来れたこともとても意味深いです」と語った。そしてピアノの生演奏まで披露しファンを感激させた。その後の公演やトーク、ゲームには5urpriseのユイルとコンミョンも合流。スケジュールのため今回参加できなかったカン・テオとは生電話を繋いでファンへのメッセージを届け、イ・テファンは第二部から参加した。

フォトセッション&ハイタッチ

チャリティーオークションでは、ユイル、カン・テオ、ソ・ガンジュンの愛用品を出品。特にソ・ガンジュンがドラマ「怪しい家政婦」に出演して初めての給料で購入したという香水は、熾烈な値段合戦の末、高額で落札され、メンバーたちもこれには驚きの表情を見せた。イベント最後にユイルは「意味のある日にこのイベントに参加することができて光栄です。これからも日本で活動をしていくのでたくさん愛してください」と話すとコンミョンも「また会いましょう。愛してる」と日本語で続けた。

一部の公演が終わると全員によるハイタッチ会で笑顔でファンを見送った。そしてその後MR.MRは会場に残ってイベントを、ソ・ガンジュンと5urpriseは高麗神社に向かった。桜が見事に満開になった高麗神社を大勢のファンに見守られながら歩いた3人は、参拝や記念撮影、ファンへの飴まきなどを行い、忘れられない思い出を作った。

歌とダンス、そして演技で私たちを楽しませてくれるMR.MR、ソ・ガンジュン、5urprise。今回の日韓交流において意味深いイベントを皮切りに、今年もさまざまな場面での活躍を期待したい。


「GFSC広報大使MR.MR日本メジャーデビュー大感謝祭『ミミSpringパラダイス☆ ~君に会いに行く Part.2~』」開催決定!

Korepo 2016年2月26日

2月9日に発表した日本メジャーデビュー曲「Just 1 Light」がオリコンデイリーチャート1位、ウィークリーチャート5位と、日本メジャーデビューを成功させた男性グループMR.MR。
これまで温かく支え応援してくれたファンと共に日本メジャーデビュー成功のお祝いと、いつも温かく応援してくれたファンへ感謝を込め、2014年9月に開催した「君に会いに行く」シリーズをグレードアップし、「MR.MR 日本メジャーデビュー大感謝祭 ミミSpringパラダイス☆ ~君に会いに行く Part.2~」を思い出の地 北海道で約2週間に渡り開催する!
約1年間に渡る日本活動を終え、韓国活動を予定しているMR.MRは、今年上半期の集大成となる特別企画を通じ、今のMR.MRの全てを見せると共に、ファンと共にゆっくりとヒーリングの時間を持ち、感謝の気持ちをしっかり伝える考えだ。
2週間滞在の中、第1弾として発表されたのは、5月29日(日)旭川市民文化ホール、6月4日(土)、5日(日)小樽GOLD STONEで開催する「Spring Special Live2016」。
公演は1日2回、計6公演が予定されており、LIVEやファンミなどで様々な音楽ジャンル、トークなどで構成し、全公演に参加しても違った発見、感動が体験できる内容となっている。
特にオーラスとなる5日 2部18:00~の公演では、事前にファンから『リクエスト曲』を大募集し、ライブ内容に反映させる「ミミリクエストSpring Special LIVE2016」をお届け。
メンバーに歌って欲しかった曲、もう一度聞きたいあの曲、懐かしのダンス曲など幅広いリクエスト曲の中から直接メンバー達が選曲する。
メンバー全員がメインボーカルを担当できるほどの高い歌唱力、180センチを超えるモデル並みのスタイル、男性のセクシーさを際立たせるダンスパフォーマンスで魅了してきたMR.MRの新たな魅力を開花させるのは、ファンからのリクエスト曲かもしれない!
また、ライブ後に行われる特典についてもリクエストにより決定される。北海道滞在最後に、MR.MRがファンに伝える感謝の方法とは?大いに期待したい!

さらに今回の目玉企画はMR.MR初となる、6月1日、2日の1泊2日で北海道有数のリゾート地ルスツリゾートで開催する「日韓MISO Springヒーリングキャンプ&大運動会」だ!
かねてより「ファンと一緒にリゾート地で遊びたい!」というメンバーの夢を叶えたスペシャル企画であると共に、ファンにとっても1泊2日でたっぷり、ゆっくり、メンバーと一緒に過ごせる夢のような企画だ。
「ミミスペシャルディナーパーティー」「ミミと共にする春の運動会&ピクニックランチ」「ミミと共にする春の大レクリエーション」などの他、当日発表の驚きの超ロマンチックなヒーリングシークレット企画も準備され、盛り沢山の内容が予定されている!
これまで、日本活動を駆け足で走り抜けてきたMR.MRとファンにとって、大自然の中でゆっくり心も身体も癒す1泊2日でのルスツリゾート滞在は、セカンドステージへの鋭気を養う貴重な時間となるだろう。

MR.MRにとって北海道は日本の故郷といっても過言ではないほど愛着のある地域。
2013年9月の「6th KMF2013」で日本初登場後、翌年7月には念願の初単独公演のグランドフィナーレを小樽で迎えた。
さらに同年9月には「9月はMR.MRといつも一緒~君に会いに行く~」と題し、初めて旭川、室蘭でLIVEや韓国語教室を行い、密着型の行事で地元の音楽ファンを楽しませ日本デビューの足掛かりを固めた。
またアジア貧困地域子供教育支援や東日本大震災復興支援活動などを行っているGFSC (Good Friends Save the Children)の広報大使として任命されたのも2年前の「第65回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL 2014」だ。
任命以降、GFSC広報大使として児童福祉施設訪問を定期的に行い子供達と温かい交流を深めている他、東日本大震災での被災地である岩手県大船渡市“夢さんま祭り”に2年連続で応援に駆け付けチャリティーライブなどを行い被災者にエールを送った。
今回の北海道滞在では、日本初登場以降、彼らの成長を家族のように温かく一喜一憂しながらずっと温かく支え、応援し続けてくれたファンへ感謝を伝える“大感謝祭”となる。
全国各地での公演やプロモーション活動で磨きをかけたMR.MRの今持てる全てをLIVEで披露し、もう一段上のステージへ続くwinding roadを駆け上がる!
日本メジャーデビューは終わりではなく新たな挑戦へのスタートと捉えているMR.MRとMISOのSpring Story。
北海道からスタートする濃密な10日間をお見逃しなく。

「MR.MR 日本メジャーデビュー大感謝祭 ミミSpringパラダイス☆ ~君に会いに行く Part.2~」
詳細はこちら www.japankorea.org


「イベントレポ」第67回さっぽろ雪まつり8th K-POP Festival 2016 バラードの祭典開催!

Korepo 2016年2月17日

まず一番目に登場したのは今回アーティストの舞台をさらに引き立たせ、美しい演奏を届けてくれたバラダン。「最初から今まで」、「冬の愛」、そして「忘れないで」と韓国ドラマファンなら誰でも知っている名曲を演奏すると、韓国ドラマの名場面、感動が思い起こされ胸が熱くる。ロマンチックな雪の札幌にピッタリな素晴らし演奏に大きな拍手が送られた。

そしてバラードを中心に美しいハーモニーで魅了する甘いマスクを持った4人組TRITOPS✳が登場。
バラダンの演奏にのせ、オリジナル曲「PRIDE」では男らしいシックな4人が力強い歌声で歌い上げると観客は既に彼らの虜に。バラダンの生演奏でさらに迫力と重厚あるステージに。

続いてドラマ好きにはたまらないOSTは韓国時代劇「夜警日誌」より「涙だけ溢れ」を披露。感情がこもった歌声で思わずドラマの情景が浮かんでくるようだった。

MCでは今回2回目の札幌訪問で雪まつりを見に行ったことについて聞かれると興奮気味に「大好きな進撃の巨人がいた。綺麗だった。」と話すおちゃめな姿も。
歌っているときには見られない、可愛らしい姿が垣間見えた。

「僕達の大好きな日本の歌手の先輩の歌をカバーします」と言って披露してくれたのは「Mr. Children」の「しるし」。
リーダーのヒョンムンによるギターの生演奏で歌ってくれた。

そして彼らのオリジナル曲「会いたい」、「ノラネコ」では心がこもった歌声に観客も聞き入った。
4人それぞれが違う個性を持った歌声が一つのハーモニーになったとき、彼らの最大の魅力が発揮された。名残惜しそうに舞台を去っていく彼らに会場からは大きな拍手が送られた。

続いて登場したのは前日とはがらりと雰囲気を変え真っ白い衣装に身を包んだMR.MR。
北海道ファンも楽しみにしていたバラダンの演奏にのせ「She is so beautiful」を爽やかに歌い、目の前にいるファンを見つめ笑顔で微笑む姿が印象的だった。
大人気ドラマ「シークレットガーデン」から「その男」を歌うと、そのゆったりとしたテンポに合わせファンもペンライトを振りうっとりと聴き入る。バラダンの演奏が上手くマッチし、さらに彼らの歌唱力を引き立たせた。

MCでは「4月3日も(埼玉ひだかアリーナ)で再びバラダンの皆さんを同じステージに立ちます」と「8th日韓友情フェスタ2016」に出演することを語った彼ら。
5月に予定されている2週間にわたる北海道滞在に関しても「皆さんに感謝の気持ちを込めてスペシャルな企画を準備しているので楽しみにしていてください!」と5月の再会を約束した。

この日の為にソロステージとデュエット曲を特別に準備したメインボーカルのテイと末っ子ジェミン。一部ではジェミンとテイの「会いたい」、テイの「愛さない」という切ないバラードで観客の心を震わせた。末っ子メンバーのジェミンを、テイがしっかりとリードし歌っている姿が微笑ましかった。

二部ではジェミンは「This love」、テイは「レイニーブルー」のソロ曲を披露した。
「This love」でのジェミンの腰を使ったセクシーなダンスと、「レイニーブルー」でのテイがファンの手を握って歌うという演出にはファンから黄色い声援が上がった。

続いて日本メジャーデビュー曲の未公開カップリング曲として温めていた「And Yet」を初披露!彼ら自身も特に気に入っている曲だと明かした。
最後は日本メジャーデビュー曲「Just 1 Light」。「これからも頑張りますので皆さんどうぞ応援宜しくお願いします」と強い意気込みで踊り、歌いあげた!

トリを務めたのは一段と大きな声援で迎えられたHOMMEの二人。

一瞬の静寂の中、韓国でも愛されるこの時期ぴったりな名曲「雪の華」を。
雪もハートも溶かすほど甘い歌声で日本語と韓国語を使い分けながら圧倒的な歌唱力で歌い上げる。
切ないバラードに思わず感情移入し、HOMMEの世界へ引き込んだ。
「男だから笑うのさ」「It Girl」では余裕あるパフォーマンスで安定した歌声を披露。甘く優しく歌いかける姿にうっとり聞き入るファン達。

MCでは日本語堪能のチャンミンが「札幌のビールが一番おいしいです!」、イ・ヒョンは「数ある雪スポットの中でも札幌が一番美しいです」と札幌の魅力を語ってくれた。

舞台だけでなくMCを盛り上げるのも得意な彼ら。MCに「魅力をアピールしてください」と言われると、チャンミン「持ってきましたよ~。顔です!」と答える場面も。「冗談ですよ」の絶妙な言葉に観客も思わず笑顔に。
また、特別にアカペラを少しだけ披露すると、これぞHOMME!というほど素晴らしいハーモニーで格の違いを見せつけた。笑いありアカペラありと、サービス精神がとっても旺盛な二人。

最後の曲「ご飯だけはよく食べるね」になると「立ってください」と客席に声をかける2人。観客席の後ろまで行き、ファンとハイタッチしたり、ファンにマイクを向けて一緒に歌い最後までファンを盛り上げ、大人の成熟したステージで魅了した!

そして最後に全3組が一緒になって歌ったのは「You raise me up」。バラダンの演奏に合わせ、各チームが異なるカラーのボーカルで心に響く歌を届けた。思わず鳥肌が立ってしまうようなその力強く透明感ある歌声は実力派のこの3組ならではのパフォーマンス。観客は贅沢なひと時を味わうと共に大感動の中、幕を下ろした。


韓国アイドル登場に歓声 札幌児童養護施設訪問し交流

北海道新聞 2016年2月6日

(記事をクリックすると大きくなります。)


「速報」防弾少年団、MR.MR、MADTOWNの豪華アーティスト3組が札幌に集結!「最強K-POPの祭典 Winter Special」開催!

Korepo 2016年2月6日

防弾少年団、MR.MR、MADTOWNをはじめ、豪華アーティストが札幌に集結し、2月6日(土)、Zepp Sapporo にて「最強K-POPの祭典 Winter Special」を開催し、大盛況を飾った。

この日は昼、夜の2回の公演が行われ、午後1時にスタートした昼公演は詰めかけたファンの熱気に包まれ、会場は開演前からヒートアップ。

日本はもちろん、アジアでも高い人気を誇る7人組アイドルグループ防弾少年団。
2月9日に待望の日本メジャーデビューを控えているMR.MRは、昨年に続き、2度目の出演となる。

そして、MBLAQの所属事務所からデビューした7人組のボーイズグループMADTOWNの豪華アーティスト3組がそれぞれ、魅力溢れるライブステージで寒い冬の札幌を熱く盛り上げた。

イベントのトップランナーはMADTOWN。
赤と黒をベースにした衣装で登場。
1曲目「YORO」で会場を温めた後は「OMGT」や未発表のバラード曲など届け、新人とは思えないパワフルなパフォーマンスで札幌のファーストステージを成功させた。

MADTOWNからバトンを受けて登場したMR.MRは、“男の中の男”の代名詞がぴったりの「BIG MAN」でセクシーなダンスを披露し、大人の男の魅力を発揮し、さらに中島美嘉の「グラマラススカイ」をカバー。
2月9日にリリースする日本メジャーデビュー曲「Just 1 Light」では、ジャケットを使った独特のダンスで会場のテンションをさらに引き上げ、全6曲を披露して次のステージへ繋げた。

最後に登場したのは防弾少年団。
会場に響き渡る大歓声が彼らの人気の高さを裏付ける。
1曲目「RUN」で瞬時にイベントを最高潮へと牽引すると、「いいねPT.2」など3曲立て続けに迫力のステージを展開し、「FOR YOU」など、ステージの端から端までを使った圧巻のパフォーマンスで会場を熱狂の渦に巻き込んだ。
「進撃の防弾」では客席に水を撒くパフォーマンスでさらに会場を熱くした。

トークでは、初めて訪れた北海道・札幌にちなんだ自己紹介で道産子ファンの心をつかみ、さらに、ジミンから「めんこい」と北海道の方言が飛び出すと会場を喜ばせた。

北海道に初上陸した感想をラップモンスターは、「北海道は初めて来ましたが、あちこちに雪があってびっくりしました。いろいろなところに行きましたが、ここ北海道が一番きれいです」と満面の笑みを浮かべて話すと会場は大歓喜に包まれた。
GFSCの広報大使としてのチャリティ活動で前日に児童福祉施設を訪問し、子供たちと交流したことについて、ジョングクは「本当に癒されました」と目を輝かせて話すとジェイホープも「僕たちも本当に癒されましたし、たくさんの感動をもらいました」とメンバーも子供たち同様、大切な思い出を作ったと明かした。

子供のころの夢について聞かれるとシュガは、「僕たちはみんな子供のころから歌手になるのが夢でした。みなさんが応援してくれるので、こうして舞台に立っています」とファンに感謝すると、会場からは大きな拍手が送られた。

フィナーレでは防弾少年団をはじめとした全出演者が一緒のステージに立ち、「赤い夕焼け」でを歌い、イベントを締めくくった。

豪華3組がそれぞれ、魅力溢れるライブステージで寒い冬の札幌を熱く盛り上げてくれた。

抽選で選ばれた300人がハイタッチを行い、直接交流した。

GFSC(Good Friends Save the Children)の活動を紹介する映像や、Dance de Smileによるカバーダンスも披露された。


一般会員募集中!!



マイページ
日韓・GFSCサポーターズ大募集!!

カレンダー

movie

リンク

MR.MR JAPAN OFFICAIL WEBSITE
愛知県で韓国語を学ぶなら HaHaHa韓国語学院
アンニョン!韓国語学堂学生割引特別応援キャンペーン

アクセスカウンタ

  • 総訪問者数:
ページ上部へ戻る