日韓の主要行事






フォーラム
  • 東京伝説
  • GOOD FRIENDS Charity Premium Concert
日韓スペシャル企画

KMA(Korean Media Association)Japan発足記念式典&レセプション

日時 2016年11月25日(金)
Korean Cultural Center(駐日韓国大使館 韓国文化院) ハンマダンホール


※ 無断転載を固く禁じます。


準備委員の代表として、ぴあ株式会社
染谷執行役員より挨拶

国士館大学教授、韓国財団法人秀林文化財団
申常任理事より祝辞

韓国から出席された社団法人韓国芸能マネージメン
ト協会 金 海外文化委員長からの祝辞

KMA準備委員、総括幹事である、NPO法人日韓文化
交流会任専務理事から経過報告と初代会長を推薦

韓流発展を祈願し、「記念祝賀ケーキカット」で用
意された華やかにデコレーションされた韓国伝統餅
 
 
 

SM・エンターテイメント・ジャパン、
株式会社JYPエンターテイメント・ジャパン、
Big Hit Entertainment、株式会社セブンシーズンズ、
会長団の代表者7人が日韓メディア、そして
エンターテインメントの一致団結を祈願し入刀

新しい韓流歴史の始まりを記念し、約100名の全
参加者で記念撮影「KMA Japanファイティン!」

KMA発足記念式典が終了後、早速、皆さん
名刺交換をしご挨拶

初代会長 株式会社デジタルアドベンチャー
李代表取締約社長が乾杯の挨拶

韓国の伝統料理・体に良い薬膳料理など、
この日のために特別に趙善玉料理研究院が用意

韓国伝統菓子などのデザートや10種類の韓薬材料が
入ったオリジナルの母酒(全州の伝統酒)も用意

「記念祝賀ケーキカット」で入刀された韓国伝統餅
も切り分けられ、参加者に振る舞われた

心温まる手料理に皆さん笑顔。「韓流再跳躍」へ
期待に胸を躍らせ、互いに交流を深める

メディア+エンターテイメント、韓流+日流
互いに交流を深める記念すべき1日となった

式典レポート

KMAJapan(Korean Media Association) 発足 

背景:

  • ✧ 昨今、韓流の最大市場である日本・中国で韓流が委縮している局面を打開するため、第2の韓流再跳躍と再点火のために<2017,韓流第2の跳躍のための東京宣言>が必要な時期。
  • ✧ 韓流があまりに画一的で段々と面白みにかけ、大衆から忘れ去られている韓流の無関心が深化している危機的状況。
  • ✧ メディアとエンターテインメントとの相互共存関係がひときわ日本で規制が高く、メディアに対する軽視によるメディアの位相低下に疲れ果て、意欲も喪失した状況で韓流の魅力をしっかりと発信するのが難しい現状。
  • ✧ 日流と韓流のコラボ、韓流と多様なジャンルとのコラボ、韓流とメディアと<相生>を通した相互シナジー創出と韓流の範囲拡散を通し、全般的な韓流コンテンツ産業の同伴成長のためのメディア連合体の必要性。

活動方向:

  1. 本協会は在日本で活動する韓流放送及び言論、SNS主要媒体で活躍する主要機関及び個人のメディアネットワークである。
  2. 韓流コンテンツ及び情報を扱うメディアとして<韓流活性化、新しいライト層(若者)の牽引、メディアとエンターテインメント相生関係定立>の求心的な役割遂行。
  3. 年4回の恒例的な会議及び勉強会を通して会員個々の知恵と力を一つに集め、仲間として共同の発展と韓流全体の発展の方針を模索していく(メディア個々人は個別的に力も弱く、制限的な状況が多いが、全ての力を一つに合わせ、手を握れば今よりもより力が大きくなり、停滞している韓流を今より一層活性化する機会になり得る)
  4. 日韓両国で開催される韓流のビッグイベントに個別取材と別途に共同取材団を構成し、共同で対応、取材活動を展開する。
  5. 韓流のシンクタンクの役割遂行:韓流の多様性と楽しい企画及びコラボを(ファッション、映画、ドラマ、フ―ド、音楽等、多様なジャンルとのコラボ及び連携するように一歩進んだブレインストーミングの場)通した韓流の魅力発信及び日韓双方向交流の支援協力。
  6. 本協会主管で年1-2回、韓流の底辺拡大と新しいライト層(若者)の牽引を遂行する為、共同キャンペーン展開。
  7. 本協会共同企画推進:年末、年間総決算メディアの韓流共同アンケート、レポート集計発表及びプレス個々人の表彰と次世代韓流コンテンツ及びスターを発掘、選定、育成、発信する。また中長期的に協会主管のAWARDを開催する。
  8. 韓国の主要韓流芸能団体及び、芸能ニュース担当者らとネットワーク及び提携、協力関係を構築し、年1回以上共同取材団を構成、韓国訪問をし、韓国主要のビッグイベント参加、取材活動及び各音楽放送取材、セミナー開催、主要所属社訪問、交流及び取材、韓国各芸能協会及び芸能ニュース担当者らと積極的で多様な相互交流を通し日韓相互情報共有及びシナジー効果を高める。
-KMAJapan(Korean Media Association) 発足 報道資料  2016.11.25 

- 2017年 韓流再跳躍の東京宣言 -

昨今、韓流は日本・中国市場の委縮により韓流はもちろんエンターテインメント業界自体が相当な危機の局面に置かれており、これを打開するために第2の韓流再跳躍と再点火のための<2017年 韓流再跳躍の東京宣言>として韓流全体のメディアの知恵と力を一つに合わせ、KMAJapan(Korea Media Association)を日本の心臓部である東京 Korean Cultural Centerで発足するに至りました。

昨今、日本国内で韓流はあまりに画一的且つ話題性とイシューの不足によって、大衆の関心を引くことが出来ず、韓流が一般大衆から段々と忘れ去られているのが現状です。
本来、韓流ブームはメディアの絶対的な影響が大きかったにもかかわらず、現在はメディアとエンターテインメントの相生及び協力関係が成り立たず、むしろメディアに対する軽視または規制深化により韓流の魅力をきちんと紹介できる機会さえ不足している事はもちろん、メディア自体の動力も韓流ブーム初期に比べると意欲の喪失に加え、かなりの数のメディアが消え去っています。

また韓流自体も範囲を自らK-POP、K-DRAMAにだけに狭め執着しているために、一般大衆の興味と支持を受けることが出来ずにおり、全般的に現地の文化及びコンテンツとのコラボレーション、ローカライズがきちんと成り立たずに停滞しているのが事実です。

今回発足するKMAJapanは今日日本で韓流を中心に活躍する各主要メディアを一つに結集した、日本で初めて構成されたメディアネットワーク(連合体)です。
KMAJapanは、本日この発足式を通して、2017年 韓流の再跳躍と再スタートをスローガンとして掲げ、韓流の範囲と底辺拡大のために今後の活動方針を大きく<メディアとエンターテインメントの相生関係の定立>、<韓流と多様なジャンル及びコンテンツとのコラボ企画 支援: (ファッション、映画、ドラマ、フード、音楽等)>、<新しいライト層(若者)を牽引する共同キャンペーンの展開>等を主要議題として設定し、韓流活性化と韓流の魅力発信に邁進する所存です。
またKMAJapanは放送局、メディア、エンターテイメント間の積極的な相互協力を通じたパブリシティイシューの開発と日韓間のクロスオーバー交流及びコラボレーション、メディア間相互の機密なネットワークと戦略的な提携等を通じた韓流全般のシナジー効果増大に挺する様にいたします。

KMAJapanの当面の課題として<メディア共同取材団の構成、次世代韓流コンテンツ及びスターの積極的な発掘及び育成、若いライト層牽引>のための年1回以上の共同キャンペーンの実施、多様なジャンル及び分野と韓流とのコラボレーション支援・協力を通してのシナジー効果と共に、積極的な韓流の魅力発信のアイコンとしてのメディア連合体の存在感を高めていきたいと思います。

この度、日本 東京Korean Cultural Centerでメディアの知恵と力を初めて一つに合わせ、発足した韓流メディアの連合体であるKMAJapan の <2017年 韓流再跳躍の東京宣言>が今後、韓流とメディアの相生による相互シナジー創出はもちろん、韓流全体の発展及び全般的な韓流コンテンツ産業の同伴成長のための韓流を今より一層活性化させるのに求心的な役割を遂行するための大きな一歩になれればと思います。

今後共、皆様の多くのご指導ご鞭撻及びご協力をお願い申し上げます。有難うございます。

-KMAJapan(Korean Media Association) 발족 보도자료  2016.11.25 

- - 2017년 한류 재도약의 동경선언 -

최근,한류는 일본・중국시장의 위축으로 한류는 물론 엔터테인먼트 업계 자체가 상당한 위기의 국면에 놓여 있어 이것을 타개하기 위해 제2의 한류 재도약과 재점화를 위한 <2017년 한류 재도약의 동경선언>으로서 한류 전체인 미디어의 지혜와 힘을 하나로 모아 KMAJapan(Korea Media Association)을 일본 심장부인 동경 Korean Cultural Center에서 발족하기에 이르렀습니다.

최근,일본 국내에서 한류는 너무나 획일적이며 화제성과 이슈의 부족함으로 대중들의 관심을 끌지 못하고 한류가 일반 대중들에서 점점 잊혀져가고 있는 것이 현실입니다.
본래 한류붐은 미디어의 절대적인 영향이 컸음에도 불구하고 현제는 미디어와 엔터테인먼트의 상생 및 협력 관계가 이루어지지 못 하고, 오히려 미디어에 대한 경시 또는 규제심화때문에 한류의 매력을 제대로 소개할 수 있는 기회마저 부족한 것은 물론,미디어자체의 동력도 한류붐 초기에 비하면 의욕상실과 더불어,상당수의 미디어가 사라지고 있습니다.

또한 한류 자체도 범위를 스스로 K-POP,K-DRAMA에만에 좁혀 집착하고 있기 때문에 일반대중들의 관심와 지지를 받지 못하고 있고, 전반적으로 현지문화 및 콘텐츠와의 콜라보, 로컬라이즈가 제대로 이루어지지 않고 정체하고 있는 것이 사실입니다

이번에 발족하는 KMAJapan은 금일 일본에서 한류를 중심으로 활약하고 있는 각 주요 미디어를 하나로 결집한 일본에서 처음으로 구성된 미디어 네트워크(연합체)입니다.
KMAJapan은 오늘 이 발족식을 통해 2017년 한류의 재도약과 재스타트를 슬로건으로 걸고 한류의 범위와 저변 확대를 위해 향후의 활동 방침을 크게 <미디어와 엔터테인먼트의 상생관계의 정립>,<한류와 다양한 장르 및 콘텐츠와의 콜라보 기획, 지원: (패션,영화,드라마,푸드,음악 등)>、<새로운 라이트층(젊은사람)를 견인하는 공동 캠페인의 전개>등을 주요 의제로 설정해 한류 활성화와 한류의 매력 발신에 매진하고자 합니다.
또한 KMAJapan은 방송국, 미디어, 엔터테인먼트간의 적극적인 상호협력을 통한 퍼브리시티 이슈 개발과 일한간의 크로스 오버 교류및 코라보레이션, 미디어간 상호 기밀한 네트워크와 전략적인 제휴등을 통한 한류 전반의 시너지 효과 증대에 앞장서도록 하겠습니다.

KMAjapan의 당면의 과제로서 <미디어 공동 취재단의 구성,차세대 한류 콘텐츠 및 스타의 적극적인 발굴 및 육성, 젊은 라이트층 견인>을 위한 1년에 한 번 이상의 공동 캠페인 실시, 다양한 장르 및 분야와 한류와의 콜라보 지원・협력을 통한 시너지 효과와 함께 적극적인 한류의 매력 발신의 아이콘으로서의 미디어 연합체의 존재감을 높여 가려고 합니다.

이번, 일본 동경Korean Cultural Center에서 미디어의 지혜와 힘을 처음으로 하나로 모아, 발족한 한류 미디어의 연합체인 KMAJapan 의<2017년 한류 재도약의 동경 선언>이 앞으로 한류와 미디어의 상생에 의한 상호 시너지 창출은 물론,한류 전체의 발전 및 전반적인 한류 콘텐츠 산업의 동반성장을 위한 한류를 지금보다 한층 활성화 시키기를 위해 구심점인 역할을 수행하기 위한 큰 한 발이 됐으면 합니다.

앞으로 여러분들의 많은 지도 편달과 협력을 부탁 드립니다. 감사합니다.

お問い合わせ
 NPO法人日韓文化交流会 (E-mail) info@japankorea.org (TEL) 050-5538-0304

一般会員募集中!!



マイページ
日韓・GFSCサポーターズ大募集!!

カレンダー

movie

リンク

MR.MR JAPAN OFFICAIL WEBSITE
愛知県で韓国語を学ぶなら HaHaHa韓国語学院
アンニョン!韓国語学堂学生割引特別応援キャンペーン

アクセスカウンタ

  • 総訪問者数:
ページ上部へ戻る